いのちおり - 本来の自分に還るために

人生をよりクリエイティブに生きたいあなたに贈る
   悦月(えつき)のブログ(旧ブログタイトル:たまむすひ)
                                    

タグ:龍

話は春分の日にさかのぼります。

先日、三上山、石山寺と行った流れで、
春分の日にはどうしても佐久奈度神社に行きたくなり、行ってきました。

佐久奈度神社には3回ぐらい行っています。
ありがたいことに毎回、人に車で連れて行ってもらってました。
なので土地勘なく、辺鄙なところにあるとずっと思ってました。
スクリーンショット 2019-04-13 21.54.43
地図を見て、こんなところにあるのかと思いました。
ちょうど瀬田川が曲がっているあたりです。

勝手に交通の便が悪いと思ってて、ペーパードライバーの私はどうやって行こうか?と思いあぐねてましたが、なんと、1時間に4本ぐらいバスが走ってました
それも石山駅発、終点下車でわかりやすい。
ラクラク行けちゃいました ♪

バスは川沿いに進んでいきましたので、琵琶湖から佐久奈度神社までの川の様子が見てとれました。

IMG_4394

IMG_4417
琵琶湖から唯一の水の出口である瀬田川は、始まりは大きな川のゆるやかな流れです。

それがだんだんと細くなっていきます。

そして、山の川というか、岩がゴロゴロあって、そこを勢い良く流れる川に変化しています。


ちょっと不思議な感覚でした。
IMG_4415
通常、山から湧き出た水が集まってきて谷川となります。
それがどんどん大きくなり、ゆるやかな流れの大きな川になって、海に注いでいきます。

なのに、瀬田川は逆でした。

琵琶湖という湖から始まり、ゆるやかな流れの大きな川が、だんだんと細く、流れの激しい山の川になっていくのです。

山から琵琶湖に注ぐ川と勘違いしそうです。

琵琶湖から流れ出て川になって、山沿いをぬって淀川に合流して、海に向かいます。

今回は佐久奈度神社までしか流れを見ていないので、そのうち淀川に合流するところまで行きたいです。
IMG_4407
そんなところに、祓戸四神が祀られている佐久奈度神社があるんですね。


三上山山頂からは、琵琶湖からの流れと山々による龍脈が見えました。
そして瀬田唐橋からは、琵琶湖が瀬田川に変容していく風景が見えました。

そこから石山寺という龍の気配のあるところがあり、川沿いに進んで、佐久奈度神社となります。

佐久奈度神社ではしばらく河原にいました。
IMG_4416

この小旅を通して感じたのは、川を生き物のように感じたこと。

川沿いに行かなければ、そう感じなかったでしょうが、琵琶湖が川になり、谷川になっていく様をずっと横で感じていたら、「この川は生きている」と感じるようになりました。

「川」という生き物。

その感覚は今も抜けなくて、今では琵琶湖も瀬田川も、生き物のように感じています。
川というより、水の集合体にそう感じているのかもしれませんが。

『蟲師』というアニメで、移動する「生き沼」の話がありました。
そんな風に、形を変えながら移動しながら、海に至るまでの旅をしているような。

人間に血液が流れているように、大地には水が流れている。
水や自然を生きていないもののように感じる人間の感覚がおかしいんでしょうね。

自然界の精霊は、こういうエネルギーがもっと凝縮したものか、
それを敏感に感じ取る人間がそう受け取るのか?

それはわかりませんが、川の流れのうしろで息づく”何か” を感じ続けた一日でした。
この感覚を得たのは大きな収穫でした。

佐久奈度神社のあとは、立木観音にお参りして、立木山〜袴越山をまわって温泉に寄って帰りました。
IMG_4421

立木山からの風景(写真上)では、左に石山寺のある石光山が見え、その向こうに琵琶湖が広がっています。
瀬田川は中央にチラリと見えますが、すでにだいぶん小さな川になっています。
IMG_4426

温泉は「南郷温泉 二葉屋」。
川沿いにあり、貸切状態で気持ちよかったです。

今度は岩間山に行くことになりそうです。








メルマガ登録はこちら! メルマガ登録

新しいブログを始めました。

三上山奥宮から見た風景からいろいろと思うところあり、
気になった石山寺に行ってきました。

石山は何度となく電車の乗り換えで通り過ぎてました。
石山寺があることも知ってましたが、お寺にあまり興味のない私は素通りしてました。

が、今回行ってみて、ビンゴ!
すごく良かったです。ここはお勧めです。

石山寺というだけあって、まさに石の山にお寺があるって感じでした。
行ってみて、紫式部や松尾芭蕉が滞在して物書きをした理由がわかりました。

禅寺などとまた違った趣。
自然と人工物がうまくマッチした静かで心地よい空間です。

物書きをする人にはすごくいい場所に思えました。
しばらく滞在していると、インスピレーション湧きそうです。
宿泊所があれば、私もしばらく滞在してみたいですね。
IMG_4384
一番良かったのは八大龍王社。
この寺の他の場所とはまた違ったおごそかな空気感でした。

ここには龍がいるな...という感じ。
社の上の木の枝も龍っぽく。
昔、儀式が行われていた雰囲気ありました。

以前、同じく琵琶湖西岸の八大龍王が降臨したと言われる場所の探索に行きました。
その奥の山と雰囲気が似てました。
(参考:琵琶湖の龍を追って

この琵琶湖の南の地域は八大龍王との関わりが濃いようです。

三上山奥宮から見た時、生駒山あたりに流れが集結しているように見えました。
調べて見たら、生駒山に龍光寺という八大龍王総本山を見つけました。
やはりちゃんとあるんですね。そういうところには。

龍光寺は、御開祖 弘法大師 (空海)となっています。
空海は3ケ月間、石山寺に籠もって修行したと言われています。
近くにある立木観音にも弘法大師の逸話があります。
平安時代前期、山に光を放つ霊木を見つけられた弘法大師が瀬田川の急流で渡れずにいる所、白い雄鹿が現れて、大師を背中に乗せて川を跳び越えられ、霊木の前まで導き、雄鹿は観世音菩薩のお姿になられました。以来、この地は「鹿跳(ししとび)」と呼ばれています。
大師は自身が42才の大厄の年にあたっていたため、観音さまに導いていただいたのだと歓喜され、自身のみならず、未来永劫の人々の厄難・厄病を祓おうと発願し、霊木を立木のままに聖観世音菩薩を刻まれ、一宇の堂を建てて安置したと伝えられています。
大師はその後、高野山を開基されたので、立木観音は「元高野山」とも呼ばれています。
立木観音

昔、三上山頂上にも八大龍王の祠があったようです。
御上神社

三上山からのあの風景を見た私としては筋が通っているように思います。

石山寺のある石光山の隣に伽藍山があるので、そこにも登ってきました。
石山寺では龍のエネルギーが感じられましたが、
伽藍山はすぐ近くなのに、ごく普通の山って感じでした。

その後、俵藤太のムカデ退治の話に出てくる瀬田唐橋に行きました。
IMG_4392

IMG_4395
ここから三上山は見えなかったように記憶してます。

なぜ瀬田唐橋と三上山なのか?

昔はこの橋は大事な拠点でした。
向こう岸に行こうと思えば、この橋を渡るか、琵琶湖か瀬田川沿いをぐるりと回るか、船で渡るかだったようです。

IMG_4394

琵琶湖の水はこの瀬田川だけが出口です。

琵琶湖は見慣れてましたが、いつも見ている大きな湖が
川になっていくところに出会うのは感慨深いものがありました。


石山寺と反対岸にある、唐橋近くの建部大社にもお参りしました。
近江國一之宮と言われ、古くからある神社です。

日本武尊が主祭神。
のちに大己貴命が権殿に祀られています。
ヤマトタケルの家臣や親族がたくさん祀られているのはなんか違和感を感じました。

八大龍王、日本武尊、大己貴命、ムカデ退治...

以前白山に登った時に、大蛇と大百足の出迎えに会うということがありました。
白山の蛇たち(後半部分)』

石山寺の八大龍王社で、3つの言葉(忘れてしまった)をいただき、
「岩の間」と閃いて、岩間寺にも行かねばな、と思いました。

調べてみたら、岩間寺は、加賀白山を開いた泰澄大師が
722年(養老6年)建立したことに始まるそうです。
だから岩間寺か、と思いました。

八柱神社からは熱いエネルギーが感じられました。
祭神:藤時平、融大臣、事代主命、市杵嶋姫命、素盞男命、豊玉彦命、櫛名多姫命

瀬田橋龍宮・秀郷社は、この時に気づかず、行きそびれてしまいました。
近くだったのに。

石山寺はまた行きたいので、その時、この社にも行こうと思います。

(自分の備忘録兼ねて書いてます)


メルマガ登録はこちら! メルマガ登録

新しいブログを始めました。
これからは主にそちらに記事を載せていきます。

こちらのブログは個人的ブログとして、時々、
日々の気づきやマイワールドの話などを載せていく予定です。

しばらく前に、滋賀県にある近江富士と呼ばれる三上山に登りました。
三上山は近江富士と言われるだけあってきれいな形です。

対岸からは、北斎の東海道五十三次の絵のように、
いつも三上山が対岸に見えるので気になっていました。
IMG_4218

三上山から見たら対岸にある志賀八幡宮、そこを通り過ぎて
山中にある樹下神社を通るラインは下鴨神社に到達します。
三上山、志賀八幡宮、樹下神社、下鴨神社は意図的に並んでいるようです。
(地図の星印右からの順)
スクリーンショット 2019-03-18 2.26.51IMG_4352志賀八幡宮の鳥居のちょうど正面には三上山が見えます。(写真の赤い矢印のところ)

志賀八幡宮の裏から山に向かう道があります。

その道は近江と京都を結ぶ昔ながらの道で、「山中越え(志賀越え)と言われたそうです。
崇福寺(今は跡だけ)、志賀峠を通って、山中町に入ると、樹下神社があります。
そこから京都の北白川の道に出て、その道に沿って行くと下鴨神社にでます。

一度このルートを歩いてみるのもいいかなと思います。
樹下神社までは無謀にもチャリで行ったことがありますが。


余談ですが、樹下神社を地図で検索したら、なんと琵琶湖沿いに8社もありました。
が、他地区にはないようです?スクリーンショット 2019-03-18 2.55.03

下鴨神社〜三上山のラインを東に行くとどうなるんだろうなと思ったら、なんと熱田神宮を通って富士山に至りました。
こちらはもっとズレがあると思うので、すごく大まかなラインになります。

なんかまた、いろんなヒントをいただいたなと思います。


話変わって、今回「オートマティック・ライティング講座」を京都市内で開催しました。
それが瀧尾神社の近くでした。

私が参拝した時、神社のもっと北のほうに何かあると感じました。
帰ってから地図を見たら、下鴨神社〜鞍馬、貴船がありました。

これを伸ばすと、鵜瀬(福井)〜串本(和歌山)ラインとなります。
この縦ライン、以前私が関わったラインだったので、そうきたか!と思いました。
(昔の関連記事:「自然と共に生きる」

3回目の講座は下鴨神社の少し北にある会場でしたので、下鴨神社に参拝しました。

そういう流れがあり、3回目の講座前には三上山に行っときたいと思ったので、
やっとこさ重い腰をあげたのでした。


「オートマティック・ライティング講座」は、いわゆる自動書記をできるようになろうという講座です。
これは、完全なトランス状態になって書くのではなく、しっかりと意識は持ちならが書きます。

自分が意識できている領域と、感じるけど言葉にならない領域、
そして気づいていない領域。

瀧尾神社から三上山に行くまでの流れができました。
その後、その流れを汲んで石山寺にもいきました。

またもや水関連ですが、琵琶湖周辺にも行くところがたくさんありそうです。

参加者の方もそれぞれメッセージが来ていたり、リンクする場所に赴いておられたりと、
何やら見えないところでつながりが起きているように感じます。

三上山に登った時の話を書きたいと思ったのに、前置きが長くなりました。
続きは次回に。

”イザナミのダークサイド”と私は呼んでいるのですが、
昨年12月に女性性のエネルギーのネガティブ面が非常に重く感じられる時期がありました。

11〜1月あたりしんどかった人はそのエネルギーを感じていたり、
自分の中からその部分が浮上していたのでしょう。

もう消えていくために、そして未解決なことは解決されるがために浮上してきたようです。

1月〜立春にその集合意識に対してのヒーリングジャーニーを行い、
いろんなことが出てきました。

このブログに記事アップしていた何年か前の出来事とも繋がったりして、
記事にして残しておくことも大事だなと思いました。

そのヒーリングで最終的に出てきたことは「龍とはなんぞや?」でした。
それについてはいろいろと思うところありますが、
それはまたおいおい書いていきたいと思います。


今日は先日の龍リサーチについて、自分の記録として書いておきます。

京都から琵琶湖西岸に住み始めてはや5年目ですが、
琵琶湖と龍についてほとんど知らんかったなーと気づきました。
しばらくは琵琶湖周辺を探索しそうです。

八大龍王が降臨したらしいという場所が気になったので、2月最終日に行ってきました。
実際にそこかどうかはわかりませんが、ネットで写真を見てすごく気になりました。

その前に、茶臼山古墳、小茶臼山古墳に行きました。

ここに「彦坐王」が祀られているのにびっくり。
この方は、以前、記事にしていたので、まさかこんなところで再会するとは!と驚きました。
日子坐王

ここに秋葉神社があります。
そこには大友皇子とその家臣6名が祀られています。
奥の場所は今もその物悲しさが感じられ、涙が出そうになりました。
死ぬことになった口惜しさではなく、家臣の皇子を思う心に涙が出ました。

”イザナミのダークサイド”では「報われてない思い」が強く残っています。
この場には恨みの念が残っていたわけではないですが、世の中の無常さへの虚しさを感じました。

その後は八大龍王が祀られているという行場に行きました。裏に磐座があり、その後ろにも磐座かと思しきものがあります。「登ってよろし」とのことだったので登りました。

急な斜面で、登るはいいけど降りれるかな?と心配しながら登りました。登ってみれば、尾根が続いており、しばし歩きました。

そこは一つの龍の道というか、気が流れているところだったようです。
IMG_3168

降りて戻ろうとしたら、龍白大明神に「あっちは行かんの?」と呼び止められ、はたともう一つの目的地を思い出しました。


それは地図で見たその先にある池。
谷川に沿って道があったのでそこを歩いて行きました。





IMG_3173


そこを歩いて初めて気づいたけど、
行場の磐座はほんの鼻先。

この山自体が大きな磐座になっているようです。
かなりでかい。

その道を行けばいくほど、まわりの自然が息づいてきて、トトロの世界というか、岩や草木が話しかけてきてもおかしくないような非日常な雰囲気の森でした。

IMG_3175
IMG_3176

など思いながら歩いていたら突然、目的地の池が目の前に。

これには背筋がぞくっとしました(いい意味で)。
久々に畏敬の念に打たれました。
IMG_3177

池自体は普通の池といえば、普通の池なのですが、
その水の色が、池の主が金の斧を持って現れてきそうな感じ。
IMG_3182

池沿いにはまるで龍かと思われるような木がありました。
IMG_3183

行場はほんの入り口なんだと思いました。
IMG_3180


もしここが私の来るべきところだったらサインがあるはずと思っていたら、岩笛を吹いていた時、なんと魚が二匹、足元に現れました。

これにも感激しました。
こういうことがあるから楽しいですね!

龍の形をした木と魚が二匹現れたこと、
その夜、雨が降ったこと。

これはサインと見ました。


帰りは引き返さず、そのまま道を進んで行ってぐるりと回って戻りましたが、
この道はまったく普通の山道で、先ほどの非日常的な雰囲気はまったくありませんでした。

翌日は春の嵐。北海道は雪嵐で真っ白、栃木か千葉では白の竜巻、
沖縄石垣島では地震震度5と続きました。

これは関係あるかないかはわかりませんが、白のキーワードが...。
二匹の魚はキリストを思い起こしますね。

琵琶湖周辺には龍が封印されているスポットがいくつかあるようです。

これらが見せてくれる現象の背後にある情報をちゃんととらえていかねばと思います。

これからしばらく龍の探求は続きそうです。
意識の古層にある情報場、遺伝子あたりとも繋がっていくように思います。

人の意識が覚醒していくためにも、女性性の時代が始まるためにも、
龍の情報がオープンになっていく段階なんでしょうね。


メルマガ登録はこちら! メルマガ登録

  

人気ブログランキング  ぜひポチッとクリックお願いします!

↑このページのトップヘ