いのちおり - 本来の自分に還るために

人生をよりクリエイティブに生きたいあなたに贈る
   悦月(えつき)のブログ(旧ブログタイトル:たまむすひ)
                                    

タグ:女性性

angels_fJxUJP9u

周りの影響を受けやすい”えなフィー” な人たちに。

一番いいのは影響を受けなくなることですよね。
その方が楽。

人に合わせようとするから疲れるし、ストレスがたまります。

なぜ人の顔色を伺って合わせようとするのでしょうか?

影響を受ける一番の理由は、自分軸がしっかりとしていないから。
自分をちゃんと持っていないからブレます。

そこに潜む自分の思いを探っていくと、
あなたにそうさせてしまう思い込みがあります。

人に嫌われるのは悪いことだ、
みんなと仲良くなるべきだ、
いい人にならないといけない、

というような。

何を恐れているのか、探ってみましょう。


大切なのは自己尊厳。
自分を尊重する姿勢。

「自分なんて」という思いは、自分を低める行為。

あなたと一生を共にするのはあなた自身です。

一生涯を共にする人を大切せず、「幸せになりたい」と思うのは
思考と行動がマッチしていないです。


「誰かいい人に巡り会えば幸せになれる」
と世の中の女性は思いがちです。

でもそれは依存です。

「誰かに幸せにしてもらおう」は自分の人生を人に任せてます。

私を幸せにしてくれる人に出会ってない私は不幸せだ、、、。
そういう人がいないから不幸せだ。

なんか変ですよね。
自分を幸せにしてくれる人に出会わないと幸せになれないなんて。

本当は、そういう思考の仕方があなたを不幸にします。

「出会えてないから」というのはとってつけた言い訳に過ぎません。

また、出会いたいなら、いわゆる”運命の出会い”を
引き寄せられる自分になっていることが大事です。

自分の内面が外側に現れてきます。


メルマガ登録はこちらから

本質を探る女性へのメルマガはこちら。
えなふ通信

woman-alone-on-top-of-the-clouds-reading-her-bible_HQgiQyfx0

アンダーグラウンド的に続けているメルマガ「えなふ通信」から。

12月のえなフィーリングレポートで、イザナギとイザナミの話が出てました。
年末にきたメッセージは、その部分をもっと癒す必要あり、ということ。

次に進むのにまだ癒すべきエネルギーがあります。
かなり根っこの部分です。
このあたりのエネルギーは「えな符」に通じます。

イザナミの傷。
女性性の集合意識の修復。

先月のヒーリングレポートに
「深層からじわじわときて、表に現れるのは少々時間がかかる」
とありましたが、今、それに取り掛かるべき時期となりました。

年末に「えなフィー」という言葉が出てきました。
また新しい言葉が生まれました。

「えなフィー」とは、あちらとこちらの世界の媒介役になるような
巫女的性質を持った女性たちのことです。
男性原理の時代が始まった後はいい方向に機能してませんでした。

感受性が高い人たちなので、周りの影響を受けやすく、人のことが気になります。

人の気を我が事として受けやすく、ストレスになりやすいので
人付き合いはあまり好きではありません。

争いを好まず、平和主義で、自分がスポンジのような役となり、
周りの毒を無意識に吸収してしまいがち。

そのせいもあるのか、被害者意識や自己否定になりやすいです。

とはいえ、そんなことをしているとは当人は気づいていない場合が多いかも。

周りに気を使い、自分に自信が持てず、迷いが生じます。
人と一緒にいるのがストレスになりやすく、大衆、体制、多数派を苦手とします。

自然や内なる世界に親しみを覚え、もっとそういう世界と繋がりたい
と思う反面、その方面の能力が開花することに恐れを感じています。

自分の才能を発揮したらどうなるんだろう?という恐れがあるのは、
過去世でそういうことをして叩かれた記憶があるのかもしれません。

もしかすると魔女狩りの被害者たちの集合意識につながっているのかもしれません。

が、そのところにつながってしまうとしたら、
自分の中に何かそれに関連する感情や記憶があるということでしょう。

もともとこれらの人たちは見えない世界とコミュニケーションをとり、
それを現世の人たちに何らかの形で伝えてきた人たち。

巫女タイプの人たちです。
女性シャーマンですね。

必ずしも巫女やシャーマンをしていたとは限りませんが、
そういう媒介者的な役割を担っています。

今までの世界はそういう女性たちにとって辛いことが多い時期でした。
仲間はいないし、虐げられているし、変な人だと思われるし、理解されない。

なので、自分のそういうところは出さないようにして周りに合わせて。

キラキラ系、ポジティグ系、ワクワク系などの明るい系がいい、みたいな雰囲気もあったし。

そういうことも含め、イザナミの傷ついたフィールドを回復させる必要性が
今、また浮上してきています。

今までも何年もかけて調整されてきたフィールドではありますが、また
働きかけが必要な時期になったようです。


自分が「えなフィー」に該当すると思った人は、
えなふ通信」に登録してみてください。解除はすぐできます。(女性のみ)

あなたが探しているものがそこにあるかもしれません。
密かに月1〜3回配信しています。

通常のメルマガはこちらです メルマガ登録

  

人気ブログランキング  ぜひポチッとクリックお願いします!

前回の記事で、

『女性の内的集合宇宙、宮的育み、、つまりは内面で育てていく作業。
 孵化作業みたいなもんですね。』

と書きましたが、今日はそれについて。

もしかすると以前もどこかに書いたかもしれませんが、
女性の質のひとつとして「育む」ことがあると思います。
男性は、外側に構築していくことにたけてますね。

一番のそれは「子を育てる」ことでしょう。
一人の人間を育てていくのですからたいへんなことです。

父親や他の家族、その他環境などの影響ももちろんありますけど、
やはり生まれてしばらくは母子間のつながりが一番強いでしょう。

十月十日自分の体内で育んできた生命が生まれ出ても、
母子が共有している内的世界は目に見えるかたちでは現れません。

言葉では説明しがたいけれどもそこには育まれたものがあり、
生まれ出てからも「つながり感」や「一緒感」があるでしょう。

「場」を共有しているわけですが、いつもどこかでつながっている感じ。
一緒にいなくても多少離れていても感じる共有している「場」。

ここでいう「場」は、実際にある特定の場所ではないので「ここだ」と限定されません。
共有されているエネルギー場のことです。

母子でなくても、心が繋がっている人同士であれば、感じ得ますね。


女性はもともと共感力のある人が多いですから、ことばにならなくても
なんとなく察知することに長けています。
ずっと昔はもっとその部分が発達していたんだろうなと思います。


縄文時代は、「円」社会でした。
家の造りも円形。村の造りも円形。
円は循環であり、自然の循環した流れに沿って暮らす。

とんがったところがないから戦争が起こらず、1万年以上も続くことができたのでしょう。

火を焚いてそれを囲んで話をすれば、穏やかに腹を割って話せそうだし。

縄文時代に寺子屋みたいなのがあったかどうかわかりませんが、
子供達に何かを教えるのも円になって教えていたかもしれません。

集う時は円形が基本だったのではないでしょうか?


女性たちが手作業や子育てをする時は、今と変わらず、ぺちゃくちゃ楽しくおしゃべりをしたり、歌を歌ったりしながらそれをしていたでしょう。

以前、あるイベント準備で女性たちで手作業をしていましたが、
自然と歌が始まって、みんなで歌いながらやってたことありました。


女性は共感力が強いと思いますが、そういう環境において、
自然と彼女らが育んでいたものがあったと思います。

彼女らが時をかけて作るものは、今なら「祈り」や「願い」という意味合いで解釈されそうですが、織物に込められた思いや、胎児がお腹の中にいる時など、自分が育んでいるものに対する思いを育んでいたと思います。

アーティストや職人さんが作る作品なども同じようなものかもしれません。
魂が込められたものはやはり見た感じからして違います。

心を込めるという意味では、男性女性は関係ないと思いますが、それをその場で共有するという意味では、男性より女性の方がはるかにその方面、強かったと思います。


長い間、男性原理社会だったので、そういうところがおなざりにされ、
統制側にとっては不都合なことなので徹底的に弾圧されてしまいました。

女性の集合無意識は傷つき、今その復活で少しずつ変化していっていますが、これから女性性の時代になっていくにつれ、今一度、女性たちの内的豊かさを取り戻すことが大事だなと思います。


男性の女性性が豊かになることも大事ですが、まずは女性がもう一度、
その集合意識的な「情報場」に気づき、アクセスできるようになることが大事かと思います。

それはふわふわスピ系的なものではなく、あえて言えば、すごく土着な感覚。
大地に根ざしてて、大地につながった女性なら当たり前のごとくしていたこと。

たくさんの魚がひとつの生き物のごとくになって泳いでいるような、
あんな感性が備わっていると思います。

長い間、そのバイパスが遮断されていた感ありますが、再びゲートが開き始めたようです。
言い方を変えると、天体の影響や人々の意識の変化がその情報場の存在を知らしめてくれているということでしょう。

その集合意識のラジオ局にあたる部分は地球の意識なのかもしれません。

これからその感覚、ゆっくりと強まっていくと思います。

女性の精神性を高めることが大事ですね。

男性の精神性は、「神」に向かうというか、直線状に上に行く感じありますが、
女性の精神性は、広がる感じ。共鳴共感して響き合ってその場から四方八方に広がっていく。

この両方がバランスよく混ざり合うと、進化と内的成長と一体感がうまく融合しそうです。



今回書いたような内容のメルマガはこちら →えなふ通信

通常は、こちらのメルマガでは日々の心の持ち方などを書いています → メルマガ登録


セッションメニューはこちら!


人気ブログランキングへ ←ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

blogranking←ランキングにプチッと応援お願いします!


遠隔ヒーリングの時の話。

その時に気づいたのが女性性、女らしさにもいろいろあるということ。

優しさ、セクシュアリティー、母性、賢さ、強さ、しおらしさ、包みこむ力、感覚的、直感的、非論理的、弱さ、ずる賢さ、小悪魔的、etc...


「女らしさ」というと誰もが似たイメージをすると思います。
こういう人が女らしいという一般的なイメージが普及していますから。

そしてたくさんの女性たちがそのようになろうとして、
化粧品やら美容、エステ等が流行ります。

女性がきれいになるのはいいと思いますが、
ワンパターン化するのは私はあまり好きではありません。

「モテる女」像が固定されると、そこに見合わないと思うがゆえに
劣等感を持って悩む女性も続出します。

世の中が決めた基準にそぐわないのは良くないことだと
女性も男性も思ってしまいがちですね。


「女性性」は、女性だけにあるものではなく、男性にも女性性があります。
男性も女性も、男性性と女性性の両方を持っています。

遠隔ヒーリング時に感じたのは、いろんな資質がその人に備わっているんだけど、どれが表に出ているか、どれが強く現れているかによって、その人のあり方が決まっているんだなということでした。

つまりバランスですね。

弱さが前面に出ているなら強さは奥に引っ込んでいるだろうし、
女性性が多く比重を占めていたら男性性の現れは少ないです。

自分が女らしくない、または男らしくないと悩む人は多いと思います。
それはあなたに何かが欠けているという話ではなく、ただバランスが均等でないだけです。

そう、すべての要素はあるけれど、どれがより多く/少なく表に出ているか、
あるいは主導権を握っているかの話です。

両天秤の秤のように、片方が重くなれば、反対側は上に上がります。

新たに何か足すわけでも抜き取るわけでもなく、
過剰なものを減らしていくと自然と足りなかったものが増してきます。
またはその反対。

なぜならもともとあるのですから。


メルマガでもいろいろ書いています。
ぜひ登録してみてくださいね。 解除はすぐできます。→ メルマガ登録

遠隔ヒーリングはこちら

セッションメニューはこちら

blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

blogranking←ランキングにプチッと応援お願いします!


2009年から配らせていただいていましたえな符の配布受付が終了しました。

たくさんの方にお持ちいただけて、たくさんの感謝のお言葉をいただいています。
今まで掲載した感想もさることながら、載せていない感想、体験談もたくさんあり、今回の配布終了に伴っても感想をたくさんいただきました。

えな符が本当に良いお供となってくれていたようで、私もとてもうれしいです。


えな符は私がかたちにしたものとはいえ、私が編み出したものでもなく、いわば天から降ってきたものです(アイデアが)。

私はそれをかたちにしてお配りするつなぎ役となりました。

エネルギーの変化に伴い、今のえな符は終了するので、今のかたちのえな符が再び配布されることはありません。(→ えな符配布終了のお知らせ


えな符でとても思ったのは、「場」「エネルギーフィールド」「情報空間」。

どの言葉を使ってもいいですが、「えな符」を媒体に、その「場」につながると同時にその「場」の形成にも関わっていきます。
その場を形成するエネルギーが良くなれば、その場につながっているものたちの波動も上がります。


「えな符」の原型、あるいはルーツとなるべきものはすでにあって、それがわたしのところにある「シンボル」としてやってきて、私はそれをある形に包み込みました。
そこで一つのまとまりができました。

物質で言えば、絵が描かれたただの紙。
それだけ見るとだましのようですが、そこから広がる情報空間がなによりも大事です。


えな符に限らず、シンボルや形にもエネルギー(波動)があります。

私たちは見えるものだけに価値を起きがちですが、その背後に広がる見えないものにはもっと大きなエネルギーとパワーがあります。


えな符にそれを感じた人は少なくなかったようです。
長い間、えな符をご愛顧くださり、ありがとうございました。

新しいえな符が配布されることになりましたら、またお知らせいたします。
今のところは未定です。


悦月のセッション詳細

無料メルマガ登録


blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

blogranking←ランキングにプチッと応援お願いします!


2009年から女性性を活性化、整える護符として「えな符」の配布を始めてから、たくさんの方々がお求めくださり、たくさんのお喜びの声をいただいています。まだまだ掲載されていない感想があります。

日本国中、および海外にも行き渡りました。
えな符を持つことでその方の女性性が癒され、自分らしくなって生きやすくなられたと思います。
念願のお子様が授かった方もけっこういらっしゃいます。

大地との関わりが深いえな符です。
人間のみならず、地球との関わりも深いようですので、あちこちの女性が持ってくださることにより、大地のエネルギーも修復されていったと思います。

魚座の時代が終わり、水瓶座の時代が始まり、地球のエネルギーも変化していっています。

エネルギー変化に伴い、もうそろそろ現在の形でのえな符は終了させていただく時期となりました。

全体意識の女性性のパートが整ってきたのでしょうね。

個人レベルではまだまだいろいろ抱えた方がいらっしゃいますし、これから激動の時代になるかもしれません。
しかし仮想領域での情報場としては必要値に達したようです。

なので、現在のえな符の役割も終了ということになります。

役割が終了と言っても、すでに情報場(エネルギーフィールド)としてのえな符の場はあります。
もう符はなくても、一度持たれたことのある方ならそこにつながることは可能です。


現在、お配りさせて頂いているえな符は無料符、有料符ともに1月27日で配布を終了させていただきます。

有料符のお申し込み受付締切は1月23日です。
先着順で、定員になりましたら締切ります。

現在のえな符をご希望の方はお早めにお求めください。

有料符と無料符のお申し込みはこちらです。


現在の形でのえな符の配布は終了しますが、次なる形はだいぶん前から来ています。
少しずつ形を変えて今に至るのですが、まだお渡しする時期でないのか、まだゴーサインがでません。配布に至るのかはわかりません。
もし新たなえな符ができましたらまたお知らせします。

あなたがステキに輝いて飛び立ちますように!


京都にて、手相リーディング&コーチングします!→ セッション詳細
お申し込み〆切は1月29日です。

Change the World 〜世界を変えるコーチング〜 1/17 沖縄で開催です!

blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

blogranking←ワンクリック・ワン波動アップ♪

前回、女性性の話になったので、今日は久しぶりにいただいていたえな符の感想を。
えな符についてはこちらを

最近、3名様の方から続けて「妊娠して安定期にはいりました!」とのご報告をいただきました。
おめでとうございます!
体調も順調に、元気な赤ちゃんが生まれますように。



私では無いんですが、悦月さんからえな符を頂いて、一つを妊娠中の友人に渡しました。それから今で半年くらいかな。。
お腹で赤ちゃんが逆子になっていて、
(その子は、親子兄弟みんな逆子体質だそうです。)逆子体操したり、逆子マッサージしても中々治らなかったそうですが、この前産院へ検診に行った時、トイレでえな符を落としてしまったらしく、落胆しながら検診を受けたら、
逆子が治っていたそうです!!
彼女は来月臨月ですー。
経過も順調☆
ありがとうございました!!
Rakiさんからブログにコメント


えな符。母娘で、たいへんお世話になっています。
ムスメの変化には、超おどろきです。
髪を梳かしたり歯を磨いたりがすきではなかったのに丁寧に毎朝鏡を見ていたり、掃除や食器洗いもしてくれるようになったんです!ありがとうございます!!
(M.C さま)


いつもお世話になっております。
えな符を頂いて、腹まきのポケットに入れて過ごしておりました。
そして、私に奇跡が起きてくれました。
新しい命を授かることができたのです。
実は第1子を亡くし、失意の中なかなか新しい命に恵まれず、悩んでおりました。
本当にありがとうございました。
これからもえな符を大切にして、元気な赤ちゃんを産みたいです。
(匿名希望さま)


届いた日からえな符をお腹の辺りに一日中つけていました。
すると、なんとなくイライラして普段は流せるような家族の言動にもカチン!ときていました。
えな符の好転反応?かもしれないと思い、枕の下に置いて寝る時だけ傍に置くようにしたら落ち着いてきました。

私の中のネガティブな感情がえな符で浄化されていくといいなと思います。

毎日23時に届く「えな符ことば」を日記にそのまま書き写しています。
初めて書いた時はすごく違和感があり、「私はそんな女性じゃない。嘘っぽい!」と反応している自分がいました。
今は少しずつ「そんな女性になれたらいいな。こんな風に自分に言ってあげるのも悪くないな」と思えるようになりました。

素敵なえな符をどうもありがとうございました。
また何か変化がありましたらご報告いたします。
(K.Oさま)


昨年、無料えな符を頂いてからしばらくして、生理が定期的にくるようになり、それは1年前から今でも続いています。えな符を損傷してしまい、来月の生理がちゃんと来るかどうか、ドキドキです。(妊娠できるかどうかもかかっているので)

謹製えな符を頂いてからは、スピリチュアル的な変化が起きはじめたように感じています。具体的には、「本来の自分へ戻りなさい」「古い感情を手放しなさい」というメッセージを頻繁に感じ、そのように動けるように(少しずつ)なってきました。以前ほどエゴの脅しに騙されなくなりました。
(M.Sさま)


えな符をいただいて来月で1年になります。ありがとうございます。
公私ともにいろいろあり、初めての生理不順に不正出血…泣くことの多かった2年前と比べると、去年は本当に楽しい1年になりました。
今年も順調に過ぎて行ってます。
本当にありがとうございます。
今年はいい恋愛をして〜素敵な家庭を持ちたいと願ってます。
今の自分を信じていれば、きっといい恋愛もできる。そんな風に思えるようになりました。
(M.Tさま)


えなふのつけてか?わかりませんが、ここのところ高温期が続いてます。
もしかして?とすこし期待をしているところです。
それだけではなく、えなふをつけてからはなぜだか穏やかな気持ちになれます。
それまでは治療でホルモンのバランスがくずれていたようでイライラして旦那にあたったりしていました。
いい報告ができるよう焦らずがんばろうって思ってます。
(E.Oさま)


いただいて早速腹巻のポケットにいれたのですが、皆さんの感想にあるように体がぽかぽかして、汗をかくような感じになり驚きました。
今もじわ〜と下腹部があたたかく、いつもおかしな始まり方をする生理も順調にくるのかも!?と期待しております。
ありがとうございました!

無料えな符のイラストも不思議な印象ですね。
内臓のような、マグマのような・・・
いただいたメッセージの「今の幸せに感謝」というのも腑に落ちるメッセージです。
ささやかな幸せに感謝しながら少しずつパワーアップしていけたらと思います☆
(Y.Kさま)


届いた夜には腰にあてて休んだのですが、『えなふ』自体がとても暖かく感じました。
そして、メッセージもまさに今自分がそうして行こう!!と考えていたことでしたのでとても驚きましたが、この方向で間違いがなかったのだと後押しをしてもらえる気持ちになりました。
お願いして良かったと本当に思っております。
(M.Hさま)


数日前に、洗濯してしまったえな符をみつけました。
燃やして感謝しようととっておいたのに、夫に捨てられてしまったようで見当たりません。(苦笑)
同時に、私の中で浄化が起こっているのをはっきりと自覚しているところです。
えな符はやっぱりすごいです。
(M.Sさま)


先日、正直なところ半信半疑で無料えな符を頂いたのですが届いてからの変化にビックリです!!
(S.Sさま)


お腹に辺りに入れていますと、安心感があります。
その安心感はとても大切なことだなと思いました。(Fさま)


いただいたえな符のお陰で、いつもの頭痛や整理痛が軽くなって、大変感謝しております。
(K.Aさま)


えな符のお申し込みについて
「えなふことば」(ページ下方にあります)


blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

悦月のセッション詳細はこちらから

↑このページのトップヘ