いのちおり - 本来の自分に還るために

人生をよりクリエイティブに生きたいあなたに贈る
   悦月(えつき)のブログ(旧ブログタイトル:たまむすひ)
                                    

タグ:夢を叶える

outdoor-advertising-constructions-vector_GyLQ1-wu_L

新幹線の窓から見えたある看板。

白地に大きく赤で「727」と書かれていました。

新幹線に乗りながら考え事をしていて、ある問いを立てて、
何気なく外を見たときに、この「727」看板が目に入りました。

「727? 何かヒントがあるのだろうか?」
と思うと同時に「なんの看板?」という疑問が湧きました。

727の正体を探るべくスマホで検索したら、ありました!

727看板物語


やっぱ、みんな疑問に思うのかな?

とはいえ、何度も新幹線に乗って同じところを走ってますが、
私が気づいたのは今回が初めて。
あんまりぼーっと外を眺めてないせいかもしれません。

宣伝のための看板だそうですが、謎が残ると知りたくなりますね。

インターネットがあるからすぐ検索できます。
今だからこそできることですね。

人はストーリーや謎が好きですから。
そしてつい、SNSにアップしたくなります。
私もFacebookに載せました。


それはともかく、そこに自分の問いへの答えのヒントがあるかなー?
と思いを馳せました。

点在する看板。意味不明。
知りたくなる。

点と点をつなぐ行為。

自分のしていること。
自分の中の点と点。
それをつないでいく作業。

私自身も点。
本体は別。


この日の朝、場について、ふとひらめいたことがありました。

場が先にできあがり、物が現れる。
いのちは場が本体。

「727」の看板。
点在しているけど、意図があってそこに存在する。

そこに表されているのは、思い、目的。


例えば、心臓だけがそこにおかれていても、その本来の機能は果たさない。
体とつながって、各臓器や血管、細胞などと連携して動くことで、その機能を発揮する。

そして体は、生きるという意図を始め、
何らかの意図を持って、一つの個体として行動する。

「私」という場があるが、それはもっと大きな場があるからこそ、生じている。

しかし「私」という自我意識が生じなければ、一切を私は体験することができない。
それはなにもない、無に等しい。


人は死を恐れるが、生きている間に個(自我)というゲシュタルトを超え、
もっと大きな場のゲシュタルトに覚醒すれば、死は恐ろしいものではなくなる。
この世から離れるのを残念には思うだろうが。

"個体意識" から、もっと大きな ”場意識” に広がること。

そこに存在する物はそれ単体で存在しているわけでなく、
その単体には気づけないつながり(ゲシュタルト)が存在する。

点在した「727」の看板の背景に会社の意図があるように。

先に実現したいなにがしかがあるからこそ、物体は存在する。

「727」の看板は、リアルに設置されているものだけど、
今の時代、インターネットを使えば、いろんな形で「点」(目印、ヤードマーク)をおける。

網を張って獲物を待っている蜘蛛のようなもの。

と考えてて、つながりました。


意識の場の中に「727」看板のようなものをセットすること。

一人一人の意識の中に眠る何か。

まだ見ぬゴールに対して、あちこちにタネを植える。
本人さえ気づいていない本当のゴールに見当をつけ、そのタネをまく。

全体像の実現方法はわからなくても、ヒントはそこかしこにある。
点として転がっている。

大事なのは気づきとリンクづけ。

言い方を変えれば、物の背景にあるみえない
ゲシュタルトに気づくことがゴール設定と言えるでしょう。


私たちは通常、看板をゴールと勘違いしています。
看板を見て、もっといい看板を作りたい、世界一の看板にしたいとか考えます。

しかし本当は、いい看板を作ることではなく、
(いい看板を作ることもいいゴールになり得るが)

物質としての看板を超えたところにある思いや意図、
なぜをそれをしたのか? 何を求めているのか?

そこに願いがあり、ゴールがあります。


これは例えだけど、言い換えれば、年収1000万になりたいとか、
いい家を買いたい、世界一周旅行をしたいというのが看板と同じということ。

なぜそれをしたいか、そうなりたいか、
その向こうにあるものを見つめてみましょう。

なぜ?なぜ?なぜ?と聞いていくとだんだんと見えてきます。

なぜ1000万?
安心したい?不自由したくない?

そうなると何ができる?
誰が幸せになる?
なぜ幸せになりたい?

突き詰めていきましょう。


「727」の看板そのものは、
鉄か何かでできた看板とそこに書かれた数字です。

1万円札がただの紙切れであるように、
看板や数字そのものはそれでしかありません。

しかし1万円に、いろんなものと交換できる付加価値があるように、
看板から派生するリンクは、727の化粧品、数字の看板を点在させた理由、
そこにまつわるストーリーなど、違う価値が現れ始めます。

物そのものより、そこから広がるリンク。
その背景、ストーリー、その他諸々。

五十音のいろんな組み合わせにより、
私たちはいろんな表現ができるし、知識も広がります。

それは50個の文字による無限の組み合わせ。

どう組み合わせて、そこにどういう意味づけをするか?
そこに新しい創造が生じます。

そんなことを思わせてくれた727の看板でした。


<セミナーのお知らせ>

点と点をつなぐ作業は、目的や意図があってこそできること。

点と点をつないで何を作り出すのか?
それがわからないと、点はただの点で終わります。

いかにゴール設定をするのか?
どういう意識を持って日々暮らすがいいのか?

セミナーでお話しします。

■ 東京
日時:1/20(日)13:30〜15:30
場所:東京都内 八丁堀付近
参加費:8000円

■ 京都
日時:1/16(水)14:00〜15:50
場所:京都市内、烏丸御池駅付近
参加費:8000円

お申し込みはこちらから

「ご希望のセッション」欄にどれに参加されたいか、お書きください。
その他詳細はお申し込みされた方にメールでお知らせします。

メルマガ登録はこちら! メルマガ登録

  

人気ブログランキング  ぜひポチッとクリックお願いします!

アファメーションや願望達成で、なりたい状況をリアルにイメージするといいと言われますが、「そのようにしているつもりだけど、願望が実現しません」という人は結構います。

わかりやすくその方法を見せてくれていたのが、映画の「メッセージ」でした。
その話はこちらにも書きましたが、その続きです。

「現状の外にゴールを設定しなさい」と私が学んだコーチングでは言います。
その達成方法はわからなくていい。そこに向かう途中で方法は見えてくるから、と。

まさにその通りです。

やり方がわかる範囲内でゴール設定すると、そのゴール自体が小さなものになるので、
自分の可能性を広げることなく、今の自分を変えることなく、進んでいってしまいがちです。

映画では、主人公の女性は、未来を観る力を得て、未来を観て、今すべき行動をとりました。
それがすごくビジュアライゼーションの参考になります。

すでに起こっている未来。
それをさかのぼっていくと、今、自分がいるところに到達するという流れ。

「未来の現実」の中で、自分が過去に何をしたかを知り、
「現在の自分」がそのために行動します。

未来ビジョンをありありと観ることも大事ですが、
それよりもそのビジョンを信じられるか?というところがキモです。
ありありと観るから信じられるということもあるでしょうが。

一瞬、あるビジョンが自分の脳裏をよぎり、それを見たときに「これだ!」と
自分のするべきことやなるべき姿を悟った、という話を聞くことがあります。

これは一瞬、その映像を観ますが、その一瞬の映像がとても鮮明でリアル感あり、
感覚的に「そうなるのがわかった」という類のもの。
一瞬の映像でも強烈に自分に響いて「これだ!」と信じてしまう。

するとそれだけで、自分のセルフイメージが書き換わり、それに向かって行動するようになります。
なぜなら未来にそうなることを知っている(信じてしまった)から。


じゃあ、どうやってその強烈な映像を観るの?って話ですね。
待ってるだけでは来ません。

そのためには、自分がやりたいこと、欲しいこと、好きなもの、知りたいことなどに興味を持ち、いい質問を投げかけ、それに向かって行動していることが大事です。

ただし固執しないことも大事。

実際に観るビジョンがあなたが思っていることとは限りません。
「まさか!」と思うことの方が多いでしょう。
なぜなら、今の自分が思いつかないことの場合が多いからです。


「神の声」という類のものを聞いたことがある人はわかると思いますが、
(チャネリングのことではないです)

突然「・・しなさい」と啓示がきます。
今の自分には無理と思えることを命じられますが、そこには「イエス」の答えしかなく、
断ることができないというか、断る選択肢を持とうと思わない。

なぜか、やっちゃう。
大変だけど楽、という状態。NOが存在しないから迷いがない状態という楽さ。
でも実際は、相当なチャレンジ。


この映画でも、彼女が未来を見て、突飛な行動に出るわけですが、それはその未来を信じたから。
そして自分が今しなければならないことをしたわけです。


過去こうだったから、過去これがあったから、
今の私はこうだし、未来に向けて行動できない。

というのであれば、同じストラクチャーの考え方が過去に対して起こっていると考えられます。

過去こうだったから、今こうだし、未来もこうなる、という流れ。

過去に対して起こせるのなら未来に対しても起こせます。

未来こうなるから、今これするし、だから過去にあれがあった、という流れ。

意識を切り替えてみましょう。

映画ではもう一つ違う未来についても描いています。
ここではそれについては書きませんでしたが。


メルマガ登録はこちら! → メルマガ登録


人気ブログランキングへ ←ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

↑このページのトップヘ