いのちおり - 本来の自分に還るために

人生をよりクリエイティブに生きたいあなたに贈る
   悦月(えつき)のブログ(旧ブログタイトル:たまむすひ)
                                    

カテゴリ: 「和音」

blogranking←ワンクリックで12月のパワーアップ♪

今月のメッセージは、自分でもなにが出てくるか興味がありましたが、穏やかなものがでてきました。自分でもあまり危機感は感じていないので、私が今いる世界ではそうなのかもしれないなーと思いました。

では、12月のメッセージです。


12月は始まりの月です。
2012年12月21日でマヤ暦が終わることでいろいろと言われていますが、最近のいろいろな変化にはたくさんの人が気づいています。

これからますます既成の概念の枠組みがはずれていきます。
新しいパラダイムとなっていきますが、今回のそれは人知を越えたレベルでの大きなパラダイムシフトとなりますので、大きく価値観も社会構造も変わっていくことになるでしょう。

それは一瞬の変化と長い時をかけての変化とが共存したようなかたちでおきます。

もうすでに今までずっと気になっていたことが全く気にならなくなったり、不安や恐れが減ってしまい、なるがままに任せている自分を発見している人も多いでしょう。

常に新しい変化に気づくようにしてください。
変わるまいと古い価値観やエネルギーにしがみつくことは崩壊を生み出します。

砂浜で作った砂の城が波にさらわれてどんどん崩れていくように、形あるものや固定されていたもの(考えも含む)が消えてなくなっていきますが、そういう時にいるのだとただ見守ってください。

消えてなくなったあとには、それに固執しない限りはもっと楽になっていきます。物事をただ良い風にとらえるというポジティブ思考とはちがいますが、今まで所有していたと思うものが消えてなくなっていったとしても、新しい流れがやってくるためと受け取ってください。

このブログを読んでいる大半の人にとっては楽しい12月となると思います。
重荷が消えて、自然に自分のしたいことを楽しめる人が増えます。

ここで理性がブレーキをかけるかもしれませんが、できるだけそれをやめ、子供心に過ごしましょう。

私たちは本当に狭い価値観、世界観、感覚の中で生きています。
本当はそんなことはないのですが、その世界観しか体験していなので、そういうものだと思い込んでいます。

既成の世界観がどんどんと薄れてなくなっていきますので、できるだけ新しいもの、奇想天外なもの、あり得ないと思うこと、ワクワクすること、楽しいことなどに注意を向けるようにして、新しい経験を積んでいってください。

自分がこうだと思っている世界(それは、知覚、感覚、思考、感情などいろんなことにあてはまります)を手放せば手放すほど新しい世界が開けます。

「であるべきだ」「ねばならない」「すべき」という考えや、「でも」「だって」「しかし」「そうはいっても」は,思考の枠を狭める言葉です。
これらを使っていたら、自分が限定している世界に気づいて枠を取り去るようにしてください。

人と同じであろうと思うより、人と違ってあたりまえ、人と違うことをしようとするほうがいいでしょう。


「自分に正直になる」ということがとても大切になります。
常にそれに気をつけて、自分の本当の気持ちに背くことあれば、即やめてください。

自分の感情がマイナスに揺れる時は必ず自分に不正直になっています。
また、自分にとって何が一番大切なのかをしっかりと知っておいてください。
そうすれば自分に正直になりやすいです。

自分にとって一番大切なことを最優先させることが自分に正直になるということです。

人のためにとか、いい人であろうとしてふるまうとか、嫌われないようにとか、社会のルールがこうだからとか、親にそのようにいわれてきたからとか、そういうものをとっぱらって、自分自身に忠実に生きることが大事です。

それをしていたら必ずなるようになります。
これからはそのように生きる人が幸せになれる時代となっていきます。

今月の冬至あたりが終わりではなく、始まりです。
終わりは始まりを意味し、古いエネルギーパターンは去り、新しいそれに取って代わりますので、早くその状態になった人が波に乗っていきます。

気にしない、悩まない、不安にならない、楽しむ、自分を愛する、自分に正直になる、、、というところに気をつけていれば問題はありません。
あまりアセンションに対して神経質にならないように。

今、あなたのいる世界は、いくつかの可能性を経て、無事に移行しつつありますので、はがれ落ちていく古い思考にとらわれないようにしてください。

新しい地球はすでに形成されつつあります。

これからはがんばらなくてもなんだか楽しかったり、自分を好きになっていたり、これでいいんだと思えるようになっていきます。

今の自分ではダメだから、変わるためにももっとがんばらねばと力む必要はありません。
それはすでに古いエネルギー形態です。

人類が大災害などでたいへんな状態になっていく可能性もありますが、今、あなたのいる世界はそれを選んでいませんので、わざわざそちらに移行することのないようにしてください。

自分に素直に正直に日々過ごしていれば、良い状態になっていきます。
それだけでよいと思います。

自分に素直に正直に。

自分の気持ちがわからなかったり、ブロックがかかっている人はその部分にちゃんと向き合いましょう。

大事なことをあとまわしにしてきたか、「わからない」「ブロックがある」「・・を直さなければ」と思い込んでいるだけで、実はすでに自由、、、なのかもしれません。

思考のワナをチェックしてください。

「自分は・・・だ」という思い込みも解放しましょう。

ゆるゆると過ごしてください。
理性やエゴは横において、子供心を大切にしましょう。

「和音」2012.12.3

2012年:新しいエネルギーにおける人間関係と感情


blogranking
↑ポチッと波動チェンジ!いつもありがとうございます m(_ _ )m

blogranking←ワンクリック・100波動アップ♪


毎朝昇る太陽の輝きは 常に輝ける身にて
自ら輝けること知らず。

川を泳ぐ魚は そこに水があることを知らず。

大地の上に住む人間は 
そこに大地あることを意識せず。

あたりまえにあるものやおこなっていることは、
当人にとってはあたりまえすぎて、
それをしていることすら気がつかない。

自分を愛することも元はそう。

あまりにも当たり前すぎて、
愛していることを忘れてしまっている。

本当の自分が自分を愛していなかったことなどないのだ。
宇宙がいつもあなたを愛しているように。

まんべんなくある愛に気づきなさい。

どんなものや事の中にも愛があることに気づけば、
宇宙も自分も、自分を愛さなかったことなどなかったことに気がつくでしょう。

(K.Tさまへのえなふメッセージ  2011.12.23)



いやはや、レバノンでふたつの太陽が現れたそうです。すごいタイミングだ。
ニビルか?という懸念もあるようですが、、、。




裏の太陽がもう表に出ちゃったね

あたりまえがあたりまえでなくなる時代、、、
不可思議があたりまえになる時代、、、

もう古いエネルギーにはさよならしましょ〜。

2012年:新しいエネルギーでの創造


blogranking
↑新しい時代にポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

blogranking←ワンクリック・100波動アップ♪

前回の記事の続きです。話のつなぎで最初のところだけくり返します。


しかし、内面を変えるべきと思うと、外の世界を追いかけ出します。

これを得れば、、、
これを学べば、、、
この人なら私を変えてくれるかもしれない、、、

今の自分にダメの烙印を押して、なりたい自分に向かおうとします。

その努力はOKですが、条件付きになり、「・・でなければ」が発生しやすいので気をつけたいものです。


「自分に対する思考をすべて捨てる」とは、そういうものも捨てて裸になるということです。

理想の自分も良い子の自分も捨てる。
ただある状態に甘んじてみる。

なんでもないあなた。

あなたがそれに直面することができてやっと魂の扉が開き始めます。

エゴは「何者でもない自分」になることを極端に恐れていますので、必死になって何者かになろうとします。
そうすることが覚醒や悟りにつながっていくと。

が、反対です。
すべてのものを脱ぎ捨てた自分に対峙した時、新たな扉が現れます。

強制的にこれが起きると、リストラ、失恋,離婚、裏切り、死、失敗など、たいへんになりますので、強制リセットされる前に自分でそちらに向かう方が無難です。

がんばるのをやめてみる、良い人になるのをやめる、したくないことはしない、自分に正直になる、あるがままの今の自分を良しとする、というような今すぐにでもできる身近なことから取り組んで実行していってください。

ほとんどその大きな山を抜けている人もたくさんいるでしょうが、人それぞれ大なり小なり持っています。

手放せば手放すほど、今度は未来創造に関わることになります。

今の自分が創り出している未来に責任を持つということです。
そのために内面の浄化、調整をしていきます。

だんだんとそれは自分のことだけでないとわかってくるので、いつのまにか自分のこととしてでなく、地球、宇宙全体のこととしてとらえていくようになります。

そうなると今ここにいる自分は自分でありながら自分ではなく、もっと大きな意志のもとにある何かであると気づきます。

するとその意志とともに動くようになり、それは無為な状態となります。

それはあるがままでもありますが、自分のエゴがすでに全体と融合し、エゴでありながらも全体の調和の中で動くことになります。

本来のエゴの働きに戻ります。
大海の中で自由に航海する船のようなものです。

つまりはエゴ(個)のために大神さまが用意してくれた旅が新たな段階に移ることであり、今までの経験はエゴの成長のために起こっていた宇宙の愛の賜物なのです。

そしてそういう気づきと経験を糧に宇宙(大神さま)も成長していきます。
相互作用なのです。

アセンションで騒がれていますが、あなたの未来は今のあなたが決めていきます。

「今のあなた」は今だけでなく、連続する「今」の中にいますので、これを書いている今(と言っている間に、その「今」は次の「今」になっていますが)だけでなく、絶え間なくやってくる今が未来を創造していますので、そのことを忘れないように。

「和音」2012.11.18

blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

blogranking←ワンクリック・100波動アップ♪

だんだんと時は近づいてきています。
新たな扉がまた開き、また一歩新しい世界に足を踏み出します。

新しい世界はあなた(たち)が今作っている世界なので、そのところを忘れないようにしてください。

「これから先どうなるだろうか?」「・・なこと言われているけど、、、」ということにとらわれないようにしてください。

「今、あなたが何を創造(想像)しているか?」に気をつけてください。


「アセンションで騒がれているけど大丈夫だろうか?」と思っていたら、『今、心配している』ということですね。

すると『心配することができる未来』をあなたは創ったことになります。

毎瞬毎瞬のそれが毎瞬毎瞬の未来をつくっていきますので、修正もいつでも可能です。

ただ思考の実現のスピードも早くなっていますので、起こってほしくないことばかりを考えていると、それがたくさん起きますから、なかなかよい方向に思いを向けづらくなります。なので、修正が難しくなります。


この先一ヶ月ぐらい徹底的に内面浄化をしてもいいと思います。

自分が今どんな状態で、どんな人間かということはどうでもいいのです。

それは直線的時間枠にとらわれた過去からの経験で得たことの蓄積で、記憶に残っているものですが、正直、現在に当てはめてみると、残像,残骸なのです。

でも私たちはそれを本当と思いがちです。

あなたのあなた自身に対する思考,判断,評価をすべて捨ててみてください。

先入観で判断を加えずに、まっさらな状態においてみてください。
そうして心の奥深く、魂の奥深くを探ってみてください。

あなたは本当はすでにわかっているのです。
何をしたいのか? どうすべきか? 

でも記憶の中に埋め込まれた様々な思いや経験がそれをストップさせているのです。

この一ヶ月間、内面の浄化の強化を、と書きましたが、すべきことは、この純粋な核の部分の自分に気づくということです。

それには、エゴの「・・しなければ」「・・でなければならない」を取り去る必要があります。

静かに純粋に自分の心と魂の奥深く欲していることを探り(感じ)、それに従うようにすることです。

仕事があるから、家族がいるから、お金がないから、時間がないから、それができない、、と思う人も多いでしょう。

でもそれは言い訳です。

そうやってあなたはずっとあなた自身を裏切ってきました。
最期に墓に入るまで、そうやって自分を裏切り続けるのもいいでしょう。
あなたの中には、家族のために、○○のために自分を犠牲にしてがんばったという自負なのか、言い訳なのかわかりませんが、自分を正当化しようという心の動きがあるでしょう。

それでもいいのです。あなたが選んだことだから。

後悔しながら一生を終える人生が悪いのか?というとそんなことはありません。
そういう経験が必要な人もいるでしょうから。

でももしそれがあなたの心底の望みでないとわかっているのなら、自分を裏切り続けることはやめましょう。

誰かのためにそれをしているつもりでも、実際はその相手にとってもよくなかったりします。
それは今は見えないかもしれませんが。

あなたがあなたらしく生きることで迷惑する人はいません。
それで迷惑する人はそこに課題がある人です。

なのでOKです。

あなたがどう生きようと人生は展開していきます。

結局のところ、なんであれOKですけど、自分自身が一番それにOKをだしていないでしょう。


しがらみから脱出する、、、

それは外的なことより、結局は内面にあるこだわりなのです。
それを外の世界に投影しています。

自分が外の世界に見る問題は必ず自分の中の問題(と思っている部分)にリンクします。
外の世界に働きかけるとともに内面世界にも働きかけるべきです。

しかし、内面を変えるべきと思うと、外の世界を追いかけ出します。

これを得れば、、、
これを学べば、、、
この人なら私を変えてくれるかもしれない、、、

今の自分にダメの烙印を押して、なりたい自分に向かおうとします。

その努力はOKですが、条件付きになり、「・・でなければ」が発生しやすいので気をつけたいものです。

「和音」2012.11.18

(つづく)


概念に覆われている私たちの真実 - 「自分を忘れる&思い出す」


blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

blogranking←ワンクリック・100波動アップ♪

「しん」たるは何かを知れ。

「しん」は芯、一本のぶれない軸。
「しん」は真、真の心をもって接すれば良し。
「しん」は信、信じる心が「しん」を作る。
「しん」は神、神の意識、神聖なる意識を保て。

 信じる心は信念を生む。
 何を信じるかは自由意志に任せられている。
 自分の得たいものを思い描きなさい。

 しんは心臓、ハートの真(まこと)。
 自分のハートに忠実でありなさい。

 素直にまっすぐに心美しくあれ。
 それがあなたの生き方です。

(N.K様へのえなふメッセージ 2011.4.5)


blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

blogranking←ワンクリック・100波動アップ♪

太古の息吹を感じなさい。
新しい風が吹いています。

一刻も早くその風に乗り、フロー状態になってください。
ほとんど何も考えず(言葉にならない状態で知覚して)動いていけるようにしてください。

目覚めた状態というのは、すでに「知っている」状態です。
理屈や論理や理由づけがなく、そうだとわかっている状態、腑に落ちている状態です。
その状態のまま動くことができるのがフロー状態です。

だんだんとそのエネルギー場が広がってきています。

ほとんど時間の感覚も消え失せ、「今ここ」ということが、今までとはまた別の感覚で認識されることでしょう。

光の12日間といわれているものはすでに始まっていますが、ある日、目が覚めたらすべてが輝いていた!なんてものではありません。
気がつかないように自然に知覚が開いていっていますので、わからない人も多いです。

唯一の問題は,エゴの思考が限定した領域を意識に与えてしまうことです。

思い込みや信じきっていることがあると、その他を見えなくしますので、できるだけ無、空の状態にいてください。

無や空の状態がゴールではなく、そこが始まりです。
悟りがゴールではなく、出発点です。

やっと人間に与えられた可能性をもっと活かしていける地点に立つということです。

雑念が消えた、穏やかなあるがままをそのまま体験することができる状態になっていると、自然と物事が運びますので、その中でまた今までと同じように気づき、学び、成長していきます。

が、それは新しい段階に入っているレベルですので、これまでのそれとは違います。
意識せず、息をしているような感じで、物事をこなしていく感じです。

あなたもそろそろその領域に入りますので、不必要なことを考えるよりは、自分をフロー状態におけるような環境作りをしてください。
理屈や損得でもって何かをしようとするよりは、その方がよっぽど近道です。

「和音」2012.9.12

blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

blogranking←ワンクリック・100波動アップ♪

11月は始まりの月です。
本格的な始まりは12月、現実界にはっきりとわかるようになるのは来年になってからですが、12月には敏感な人やそういう方向に気を向けている人の大半は変化に気づきます。

今月はその予兆。
もうすでに新しい変化が始まっていると思っていいです。

次々に古い価値概念や道徳観、習慣などが薄れていきます。
「なんか、どうでもいいわー」と、以前こだわっていたことが気にならなくなってきます。

もちろんその度合いはどのくらいエゴの支配から自由になっているかによりますが。

一見アバウトな、物事をあきらめてしまったような感覚に陥る人もいるでしょう。
これでいいと思ったのに「本当にそれでいいんだろうか?」とエゴが首をもたげてしまうかもしれません。

でもそれでいいのです。

エゴが関わる時間と、宇宙意識がかかわる時間概念とは全く異なるものなので、常識や習慣に必ずしも従う必要はありません。

宇宙意識はあなたが思っているよりはるかに賢いですから心配無用。

ここでいう宇宙意識は、潜在意識と無意識をあわせたもの、存在を実感できる意識とそうでない意識をひっくるめたものを表しています。


新しい時代の幕開けはもう目の前です。
すでに序章は始まっています。

飛行機の例で言うと、着陸間近で、飛行機の中から地上が見え、だんだんと迫ってきている状態。
ボートの例で言えば、すでに上陸して新地を探検している感じでしょうか。

もう古い概念や記憶に縛られないようにしてください。
今は過去の産物にこだわる時ではなく、新開地での新しい生活をいかにしていこうかと策を練る時です。

策を練ると言っても、今までのように目標設定を逐一したり、努力したりという感じではありません。
マインドをまっさらにして、何が来るかと待ち受ける感じです。

自分に来るギフトをそのまま受け取って、すべきだと思うことをしていけばいいです。

クリスマスは来月ですが、サンタさんにプレゼントをお願いしたあとは、望んだものがこようが、望まないものがこようが、手元に来たものがあなたのギフトなのです。

それをどう活用するかはあなた次第。
意識しようとしまいと、あなたはすでにギフトオーダーをしているのですから、それを受け取ることになります。

また、顕在意識→潜在意識→宇宙意識という順にオーダーがいきますので、潜在意識フィルターがどれほどクリーンかによって、もらうギフトが違ってきます。

これからはより潜在意識が働くようになっていきますので、欲しいものがやってこないと思う人は、早めにフィルター掃除が必要です。

12月になったら,潜在意識の具現化が今までの常識を越えたところで起こり始めます。
あまりパニクりたくない人は今月中に静かな境地に心がいくよう、準備してください。

今までさんざん書いてきたことですから、もうなるようになるしかないという気もしますが。


個人の意識は少しずつ薄れていきますので、それに固執しないことです。

自分と思っていたものが自分でなかったと気づいても、そのまま受け入れてください。

アイデンティティを求めるのは自我です。

それにとらわれなくなると、殻を一つ破り、もっと大きな自分に目覚めます。
その方が心地よいかと思います。

焦らないでくださいね。
焦りはあなたを反対の方向に導きます。

マインドを忙しくするより、心の安らぎに浸るほうが早道です。

なんにもしていない、なんにも進歩していないようにみえたとしても、今の時期はそれに悩まず、順調であると思う方が適切です。

自分を責めるほうに向かうより、宇宙を信頼してください。

「これでいいのだ」と。

そうすることで今まで見えてなかった道が見えてきます。

「和音」2012.11.3


今回、個人の内面の話が主になったかと思いますが、全体の話はまた追々書いていきたいと思います。

あなたにとって実り多き秋となりますように!


PS.
「11月は始まりの月です。」って、11月11日あたりか14日の新月ぐらいなのかなー?とふと思った私でした。もうとっくに始まっている感あるけど、実はまだ幕開け前で、もっと「始まる」んでしょうね。


blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

blogranking←ワンクリック・100波動アップ♪


自分がこの世に生まれてきた目的がなんであるか?

それを知ろうとすることはいいことだ。

が、しかし、それにとらわれてしまえば、
本当のところを見逃してしまう。

私たちは知らずして、その目的に沿って生きているのだから、
探すことに躍起になる必要はない。

今をしっかりと楽しみ、
目の前にくることにきちんと取り組み、生きていたら、
自然にその目的を達成しているのだ。

焦らず進みなさい。

自分であることを楽しんでいれば、
必ず世の中のお役に立っています。

(K.I さまへのえなふメッセージ 2011.8.29)


blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

blogranking←ワンクリック・100波動アップ♪

そなたに問うぞ
そなたは何者じゃ?

ずうとずうと問いかけてみなされ
深く深く意識の彼方へ

扉はすでに開いておる
が、外に扉を探すなよ
心の目で観るのだぞ

そなたが探すのを、求めるのをやめた時
初めてそこがどこかを知るのだ

外の世界はあって、ない
本当の世界がどこにあるか、探せ

探さずして探せ

(Y.Yさまへのえなふメッセージ 2011.5.3)


あなたの中の満ち足りた女性性を引き出す秘符「胞衣(えな)符」


blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

blogranking←ワンクリック・100波動アップ♪

10月の京都での対面セッションの空き状況です。
平日は 11,12,19,23,26,29日。週末は27日です。

エネルギーワーク(遠隔)は夜間も可能です。
上記日程に関わらず、ご希望日時を3つお知らせください。
都合が合う日時で調整させていただきます

お申し込みフォーム


*************************

10月のメッセージ後半です。(前半はこちら


7月はバネが押さえられて反転するのを待っている状態、9月はまだ離陸前と書きました。
バネは反転しましたが、急速な展開をするのではなく、ゆっくりと、あるいは急速に、新しい方向に動き出しています。

「ゆっくりと、急速に」と書くと、どっちやねん?という感じですが、もはやどちらがどっちということなく、両方があてはまります。
時間はすでに相対的となっていますので、限定されない曖昧なものとなっています。

もしあなたが毎日決まりきったように動く生活時間から、生活のために働かなくてはならないというルーティンから解放されたいと思ってるのなら、もうそろそろ行動に移したほうがいいのかもしれません。

そのためには限定された時間枠で過ごすという生活から思い切って抜け出す必要があります。
その中で生活していたらなかなか変わりにくいですから。

しかしながら今すぐに仕事を辞めるというのはむずかしいかもしれません。
ならば、時間に追われていると思うことの何かを手放して、違う流れを作ってみてください。小さなことでもいいです。

「ない」と思うことから「ある」と思うことへの移行が大切ですので、なんでもいいので、自分が「ない」と思っている何かに対して「ある」と思って過ごしてみてください。


また自分の未来ビジョンをもう一度見直してみてください。

世間一般が良いとしている「幸せ」が自動的に組み込まれていないか?
本当に自分の欲していることなのか?

例えば、たくさんのお金が欲しいと思ってがんばっているけど、本当は家族が仲良く健康であれば十分だとか、モテたいと思っているけど、本当は気の合うパートナーが一人いれば十分だとか、海外旅行がたくさんできるようになりたいと思っているけど、本当は自然に触れるのが好きなだけとか。

いろんなものをそぎ落としていった時、残るもの、それをしっかりとふまえられるようになるといいですね。

それは最初の電車の例えにつながります。
いろんなものが通り過ぎ去るのですが、その動きの中にある「静」を知ることが新しい世界構築の鍵となります。


世界はますます流動的になっていますので、「今月はこんな月になります」というより,「今月はこういうエネルギーの流れがありますから、こういうことに意識を向けているほうがいいですよ」という言い方になりました。

先月の「離陸前」という言い方からすれば、すでに離陸をした、、、というか、飛行場にあった離陸前の飛行機が姿を消しているから、多分飛び立っていったんじゃあなかろうか?という感じです。

あったものがなくなったので、多分行っちゃったんだろうけど、誰も飛んでいくのを見た者がいない、、、という感じです。

本当のところはわからないので想像に任すしかないという手探りするような、つかみどころのないような、そういうところに私たちは今います。

確固としたものがなくなってきた、、、それを離陸したと呼べるのかもしれません。

「和音」2012.10.1


素晴らしい10月となりますように!


blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

blogranking←ワンクリックで最高の10月を♪

いつもこのブログをお読みくださり、ありがとうございます。
早いもので、もう10月となりました。
昨日の台風ですっかり秋の気配ですね。


10月の京都での対面セッションの空き状況です。
平日は 11,12,19,23,26,29日。週末は27日です。

エネルギーワーク(遠隔)は夜間も可能です。
上記日程に関わらず、ご希望日時を3つお知らせください。
都合が合う日時で調整させていただきます

お申し込みフォーム

フェイスブックの「自分に捧げる言葉」にたくさんの「いいね!」をありがとうございました うれしいでちゅ


*************************

光陰矢の如し。

月日が過ぎ去るのがますます速くなっているように感じられます。
10月も例にもれずあっという間に過ぎ去るでしょう。

しかしながら時間の幻想がだんだんと崩れつつある今、電車が目の前を通り過ぎるのを見ているのか、走り去る電車のまわりの景色を見ているのか、というかたちの現象が起きてきます。

景色と電車とその風景の中にいるあなたは同一時空間の中にいるのですが、あなたの意識が目の前を通り過ぎる電車に向かえば、とても速いスピードで時間は去っていきます。

が、通り過ぎる電車を見ながらも、まわりの動いていない風景に意識をフォーカスしていると、ベールをはがしたうしろの世界が見えてきます。

これもいつものごとく例えで言っているのですが、走り去る電車とそこにそのままある景色とそれを見ている自分を同時に認識するという意識を持ちたいものです。

電車に乗っていると、景色が過ぎ去り、自分は電車と共に動いているので、すばやく移動しているとは思いません。

先ほどの、通り過ぎる電車と景色とそれを同時に認識している自分を意識するという状態は、そのまま電車の中にいてる自分とリンクします。

この例えはわかりにくいかもしれませんが、なんとなく感覚で感じてください。理屈を当てはめようとしないように。

電車を見ている自分と電車の中にいる自分が同時にいて、電車の中で時間と共に移動している自分や過ぎ去る風景、電車の外にいて、過ぎ去る電車と動かない風景、そしてそれらを一度に認識する感覚(視点というより感覚です)を今月は養っていただきたいと思います。

その感覚(知覚といってもいいかもしれません)はこれから先に役立ちますので、今から少しずつ身につけていってほしいと思います。

いったい何を言っているのかわけがわからんという方は、時間というものが固定化された変わらないもの、時計の時間に拘束されたものでないということを意識するようにしてください。

これからの私たちは,限定された時間から自由になっていくべきです。
時間から自由になるということは、限定された思考、意識からも自由になることですので、新しい流れに向かうには必要なことだといってもいいでしょう。

今までは、30cm定規の長さは30cmだったのですが、これからは1mmを半分にして、またその半分にして、と半分にし続けると永遠に半分にし続けていけるという認識の世界が開き始めていきます。

つまり30cmだと思っていた定規には無限の長さがあるのだということになります。

時間にもあてはまります。
その他のことすべてにもあてはまります。


この先何年もかけてこの認識が定着していきます。
今はまだ始まりですが、入り口はすでに開いていますので、気づいた人はいつのまにやら(そう、いつのまにやら、なんです)そちらのあり方に関わっていることになります。

その世界では失うものはなにもないですから(本当は今までの世界もそうなんですけどね)、生み出すだけとなります。

でも実際は今の世界となにも変わらないんです。

ただ「足りないから持っていないから、得ようとする」意識から、「すべてはあるので、ただ自分が作り出せばいい」という意識が基盤の世界に移ります。

移るといっても、その認識に達した人たちだけがそこにいるようになります。


追記:
電車の例えで、もう少し適切な言い方は、過ぎ去る電車を見ながら、中にいる人たちや車内の光景を、その場にいるように見ているという状態、というのがいいかもしれません。

過ぎ去る電車の中にいる人をあたかも静止している人を見るかのように見る感じです。
その時、動いていく電車には気を取られず、中の光景を見ているので、電車のスピードには気を取られないことになります。

電車の速さを過ぎ去る時間とすれば、電車を見ていればあっという間に過ぎ去りますが、車内の状態はゆっくり時が流れているように思えるという状態。

両方の時間感覚があるということです。実際はもっと柔軟にありますが。

(続く)

「和音」2012.10.1


blogranking
↑今月初のポチッを!いつもありがとうございます m(_ _ )m

この人生で与えられていることは
もともとあなたの同意が得られているものばかりです。

すべての物事の裏には、
慈しみの心とかけがえのない愛が隠れています。

それを見つけるために、
ややこしい設定をして人生を歩んでいきます。

それが手に入りそうにないと思う時が一番その近くにいます。

(I.Mさまへのえなふメッセージ 2012.3.8)


------------------------------------------

新しくフェイスブックページを作りました
 ↓ ↓ ↓
「自分に捧げる言葉」

勇気づけられたり、癒されたり、ポンと背中を押してくれることばやストーリー、イメージ集にしていこうと思います。 ブログともダブルかもしれませんが。
気に入ったら「いいね!」とシェアを〜♪


こんなのもあります。こちらは毎日メールにて配信。
自信のない人、自己否定の強い人、自分を愛したい人へ。
 ↓ ↓ ↓
「自分に捧げる言葉365日」



blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

blogranking←今月もまたよろしく♪

9月のセッションのお知らせ

今月は、週末対面セッションは22日(土)のみ残っています。
平日対面セッションは、5、6、11、12、13、18日からお選びください。
遠隔セッション「たまゆい」は夜間もありますので、上記日程に関わらず、ご希望日時を3つお知らせください。都合が合う日時で調整させていただきます。
ネームリーディングは随時、受け付けております。



さて、9月のメッセージです。

9月は始まりの月です。
6月からの流れは引き続き続いており、6〜7月で準備、8月で搭乗手続き(先月は『ボートに乗る』と表現)、今月は離陸前となります。

飛行機でいえば、離陸前の機内の中で動き出すのを座って待っている状態ですね。
先月の表現でいえば、まだボートに乗って行くべきところ(本船、上陸)に向かって進んでいるところです。

もうしばらくの調整があり、スタートします。

新しい世界はすでに始まっているのであり、旧世界と新世界が今は重なっているような状態です。
レイヤーが重なっているので一つの世界のように見えますが、層は別なので、同じようで異なります。

飛行機で離陸を待つときはあとはなすすべもなく、飛行機の安全をパイロットに任せ、飛行機が動き出すのをじっと待つしかありません。
それでも自分の心、マインドの中は自由自在に変えられますので、先の世界にワクワクしながら待つ方が楽しいでしょう。

今まで十分に時があったのですからもうそろそろいいのではないでしょうか?
時期が来たと思ってください。

何の時期?と思うかもしれませんが、それは神のみぞ知る。

あなたのそれと私のそれは違いますから、自分の心に尋ねてください。
安全で快適な旅になることを祈ります。

飛行機に乗るとき、たいてい1〜2人遅れてくる人がいますので、ギリギリセーフで乗り込める人もいるでしょう。

これは実際に未来へのパスポートがあってそれを得たのか?次元移行に間に合ったか、という話ではなくて、全体の流れの話を例えで書いているだけですので、乗った、乗り損ねたと心配する必要はありません。

それぞれが自分のスタンバイをしている状態ということです。

その流れに沿っていっている人もいれば、全く気づかず過ごしている人や逆行、停滞している人もいるわけで、何度も何度もお伝えしていますが、その結果を見るのは自分自身ということになります。

エネルギー的には8月は夏休みっぽくのんびり感がありましたが、9月からはそうもいかないようです。
暗黒の闇がぽつぽつと現れてきて、人々を恐怖に陥れていくようになります。

すでにその闇に呑まれない力を得た人は冷静に判断、行動していきますが、今まで自分を省みることのなかった人や旧パターンに固執している人たちは、闇(スターウォーズでいう「ダークフォース」みたいなもの)にとらわれてしまいますので、自分が何者かわからなくなっていきます。

少なくともこれを読んでいるあなたはその波に巻き込まれることなく、おだやかに過ごしてください。


「夜明け前は一番暗い」ということを常に心にとめておいてください。

本来の地球のエネルギーに基づいた新しい(というか、もともとの)基盤の世界はすでに構築されつつあります。
その波動に共鳴した人がレイヤーにてその層の地球に移行しますので、ほとんどの人がその移行に気づきません。なぜなら全く同じ世界が展開されているように見えるからです。

いわゆるパラレルワールドと思っていいですが、波動共鳴で構成される世界なので、同じ振動数の波動が共鳴し合い、作り出す世界にあなたはいるようになります。

これまでにあなたが心の中で描いた世界がいつのまにか実現しているという感じで、移行感はないんです。しいて言えば、あれ、以前と感覚が違う?とか、エネルギーが変わった?とか思うぐらいです。

なので、引き続き、自分の心の安定、マインドの方向性に注意を向けてください。
望まない方向に気を向けないように。

といっても、ポジティブ思考のようにいやなものを見ない、いい風にばかりとらえるというのとは違います。

自分の心が作り出しているものにはしっかりと向き合い、対応してください。

一番の闇は自分の中に潜んでいますから。

宇宙と調和した状態で無心で行動することです。

心の安定がない状態でいるということは、何か本来の方向とずれているということなのです。(それが意図のもとにある場合もありますが)

この世界には無駄なものは一つもありませんが、どういう世界を作り上げていくかは一人一人の自由意志に任されています。

無数の宇宙の中のひとつひとつの小宇宙が交じり合い、関わり合うことで、全体のバランス、均衡も変わっていきます。

あなたの心の状態が大宇宙の創造に関わっていることを知ってください。

宇宙は今も成長を続けています。
それは宇宙のあらゆるもののひとつひとつの意識、無意識によって構成され続けていますので、永遠に現在進行形で成長しています。

私たちが経験している新しい段階へのシフト、それをなし得ることにより、宇宙(私たち)はまたひとつ成長できます。
自分のことのみでなく、広い認識を持ってください。

話が少し逸れましたが、今月は自己の殻を破って、大海に飛び込んでいくような感覚を得てほしいと思います。

離陸直前です。
ジャンプする準備をしておいてください。

「和音」2012.8.29


blogranking
↑今月の運気アップにポチッ!いつもありがとうございます m(_ _ )m

blogranking←ワンクリック・100波動アップ♪


果てしなき海の向こうに見えるは月。
手に届かぬと思えども 
水面に映りし月光は
波に揺らめき漂う海月(くらげ)のごとく。

月本体は遠かれど
月光は大地にいるあなたに十分に届く。


屋内にいようと屋外にいようと
毎晩、月光はあなたに降り注いでいる。

女である限り、意識していなくても
にじみ出ているものがある。

意識すればなお輝く。

自分は光り輝く月だと思いなさい。
輝いてまわりを優しく照らしなさい。

(J.Mさまへのえなふメッセージ 2011.6.26)



明日31日は、今月2回目の満月ですね。
きれいなお月さまが見えますように。

blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

blogranking←ワンクリック・100波動アップ♪

「原罪と性的交わり1」 の続きです。


この世界はなぜ二元性の世界か?

男女、昼夜、陰陽、左右、天地、二つのものは同じ種でも性質は全く違います。
神がこの世を創りたもうたものなら、わかりあえるように近い性質で創ればよいのに、 と思ったことはないでしょうか?

二つを全く違う性質にしたのは、お互いの違いを受け入れるため、 全く違っているのに、凹凸がピタリと合うような快感、悦びを感じるため、 完全に受け入れる、受け入れられるということがどういうことかを知るため、 二つの違うものがひとつに合わさることで大きなパワーを放つ、その悦びを知るため。

エデンの園はその悦びに満ちているところです。
二つの相反する存在がつながり合うことで起こる歓喜、悦び、 それが満ちているところがエデンの園でした。

神聖なる性エネルギーとは、創造の瞬間の悦びを表します。
そのひとつになる感覚は、宇宙との、神との合一の瞬間でもあり、 神の創造の瞬間を理解することになります。

その合一のエネルギーは生の活気に満ちたもので、 地球上の存在にすべて活気と生気を与えています。

人間の交わりだけでなく、動物、植物、すべてそうです。
が、動物は自意識というものが人間ほどないので、合一感などはあまり感じません。
種の継続のためにやっている可能性の方が高いです。
もちろん波動的に外部にも影響を与えます。

性の交わりで大きなエネルギーを放てるのは人間です。
イルカなどの高等な生物もそうです。

エデンの園では、人間は裸でした。
あれは羞恥心がない様子を表しているのではなく、 性の自由さというか、性行為による自我からの解放と自然との調和を表しています。

また、性が恥ずかしいものでなく、おおっぴらにできるものであり、 神聖なものであるということも表しています。

蛇がイブをそそのかしてリンゴを食べさせ、イブがアダムをそそのかしたおかげで、 人間は園を追われるとありますが、これも解釈の仕方でずいぶん変わります。

今までの支配者にとっては、女が悪い存在で、男をそそのかすものとしておく方が都合がよかったのです。
女の本来のパワーが目覚めては困るのですから。

本当は、蛇は男根、あるいは、支配しようとする者を表し、リンゴは女性を表します。
蛇(男、支配者)にそそのかれ、おのれに傷をつける(食べる)ことで(女性卑下)、 女性は劣っている、悪である、そのせいで、男もエデンを追われた、 性は恥ずかしいもの、よくないもの、と塗り替えてしまいました。

そのおかげで、人間は本来の調和のパワーを失ってしまいました。
調和の方法を否定された人間は、その存在を否定されたように感じ、 自分のことを恥じて、罪深いと思うようになりました。

性行為がよくないものとなり、そこから生まれる人間は罪深い存在となりました。
そこからたくさんの問題が生まれることになるのです。

実は、セックスとは、最高の「神とつながる方法」であり、 誰もが悟ることができる道なのです。

その行為の中から生まれてくるエネルギーは、 自然に活気を与え、地球全体を輝かせ、元気にすることができます。

イザナミのエネルギーが解放されたことにより、 性のあり方、考え方も少しずつ変わっていくでしょう。

「和音」2009.9.10


注)
神話や逸話は象徴言語ですから、幾通りの解釈ができるものと私は思っています。ここでのアダムとイブの話はそのうちのひとつと思ってください。

また、男性/女性がいい/悪いという二元論的話ではありませんので、そのように受け取らないでくださいね。

blogranking
↑男女の和合に!いつもありがとうございます m(_ _ )m

blogranking←ワンクリック・100波動アップ♪

夢を見ている時は、夢の世界が現実だ。
夢から覚めると、今の世界が現実となる。

もしも夢から目が覚めなければ、
その世界を現実として生きていくだろう。

今、あなたのいる世界も
もしかすると夢かもしれない。

この夢から目覚めたら、
あなたはどこにいるのだろうか?

目覚めた時にどんなところにいたいのか、
今から思い描いておくと良い。

夢と現実の狭間は思っているほど深くない。
背中合わせの夢心地。

夢から目覚めたその時に
またもうひとつの夢が始まる。

(T.Nさまへのえなふメッセージ 2011.10.30)




blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

blogranking←ワンクリック・100波動アップ♪

常世とは、こちらから見れば死後の世界。
この世は、あちらから見れば幻想の世界。

どちらも本当であり、どちらも本当でない。

真実はあなたの中にのみ存在する。

あなたが見ているものは、
あなたが作り出しているもの。

光を見れば、光が生まれ、
闇を見れば、闇が生まれる。

そのどちらもがあなたを生かしている。
ふたつにひとつということはない。
ふたつでひとつ。

ふたつにわけることすら、本来必要ないのだ。
なぜなら本当の意味で、分かれたことなど決してないのだから。  
  
(I.Uさまへのえなふメッセージ 2011.6.30)



blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

blogranking←女性性の目覚めに一票!

地球が目覚め、自身の核とつながったことで、地上のものたちも影響を受けています。

人間においては、女性たちが感じています。
満月周辺に生理が連鎖して起こりやすいように、いろいろなエネルギーが連鎖しやすくなります。
まず敏感な女性たちがしっかりと地球とつながります。

その女性たちが、感じることを波動や言葉、言動で発します。
周りの女性たちは、意識しようがしまいが影響を受けます。
すでに地球につながっている自覚のある女性たちはすることがわかっているので、それぞれするべきことをしていきます。

第二弾の女性たちも自覚します。
第三弾目あたりの女性たちは、なんとなくそんな気がするとぼんやりと受け取っています。
残りの女性はほとんど気がつきません。無意識のまま、影響を受け、気がついたらそうなっていたという感じです。

抵抗&邪魔をする女性たちもいます。
確率的に必要な存在なので、放っておけば、時が来たら、自滅するか、変化せざるを得なくなります。

いわゆる「赤椀の世直し」の現代版が始まりました。
が、今回は改革すべきは三次元的なところではなく、波動による調整と進化、変化です。

女性たちは表向き、普通に暮らします。
個人個人がそれぞれの精神、心、身体の変化を起こすことで、女性全体の流れを変え、男性を変え、社会を変えていきます。
100匹目のサル現象の連鎖が起こるような感じです。

個人の内面の変化が先で、それが他の女性に影響を与え、それが男性と社会に影響を与えていきます。
内側から外側に向かいます。
先導する女性たちが地球と共に集合体として動き、それが他の女性たちの目覚めを促し、少しずつ地球全体に広がっていきます。

そのうち宇宙から地球を見ると、女性たちがひとつの生物のように見えるようになるでしょう。
女性たちの無意識(?)が地球とつながり、様々な流れを作り出していくようになります。

こうなると男性たちはたちうちできません。
昔、その力を封じましたが、今回は人間のみの話でなく、地球自身もその力に目覚めましたので、女性たちが統合してしまえばどうするすべもありません。
それを認め、従う方が無難です。

しかしそうなるには、男性の協力も必要です。
先導者となる女性たちはすでにそれを心得ていますので、彼女らと共にいる男性たちが手伝ってくれるでしょう。

要は、女性自身の中にある性エネルギーを解放すること、つまり、宇宙と一体となるエクスタシーを体験することです。地球上でのその回数が増えれば増えるほど、女性の中にも地球にも創造的エネルギーが増えますので、全てが活気づいてきます。

男性性、女性性のバランスのとれたパートナーシップは、男を男らしく、女を女らしくします。
その本来のバランスは、物事のあり方を自然に沿ったかたちに戻し、心に平安をもたらします。

そのような女性は最初は少数ですが、彼女らはしなければならないことをわかっているので、それを少しずつ連鎖させていきます。
ある臨界値に達した時にぐんとエクスタシーを感じる女性が増えるようになるでしょう。

そのころには男女関係も社会も今とずいぶん変わっているでしょう。
今、その第一歩がはじまったところです。

特に女性は、思考を入れずに自分の感覚を大切にして、それに従うようにして下さい。
何かのサインかもしれません。

「和音」(09.8.30)


もともと2009.9.10に載せていた記事ですが、この現象がやっとこさ現実社会に現れ始めてきましたので、ここに

blogranking←ワンクリック・ワン波動アップ♪

blogranking←ワンクリック・100波動アップ♪

8月は目覚めの月です。
6〜7月に起こっていたことは、表向き(社会的には)どんどんと良くない方向に向かっているようですが、その過程の中で、自分がどう対応していたかが鍵となる部分でした。

この2ヶ月間で自分が以前と比べてどう変わったか、違いを考えてみてください。はっきりとわからなくても、なんとなくでもいいです。

世の中も確実に変わっていっています。
この6〜7月にあなたの中で起こったことが種となり、これから芽生えていきます。

6〜7月に起こったこととはいえ、その予兆は少しずつ蓄積されてきたものですから、ピンポイントでわかる人もいれば、この2ヶ月に限定されない人もいるでしょう。
流れの中で物事を見ていってください。

今月は新しい流れに乗っていく人は、その迎えのボートに乗るのだと思ってください。

もちろんこれは比喩ですが、そのまま岸に残る人、やってくるボートに乗ってそれぞれがそれぞれの向かう先に出発する、そんな時期です。
行く先は人それぞれです。
(ボートと書いているのは、ボートから船に乗り換えるというような、まだ仮の移動であるという比喩です)

以前もお伝えしましたが、今起こっていることは,夏至が来て日が短くなっていくのに暑さは増していく、立春が来て暦の上では春なのにますます寒くなる、という風に、暦上と実際に起こることが逆な感じがします。

表面上(現実的に)起こっていることと水面下(エネルギーレベル)で起こっていることの違いとみればいいでしょう。

つまり現実界上の崩壊や混乱は、水面下での再構築、新規ルート、調整によるものだということです。

これから先、人によっては絶望感を感じる場合もあるでしょうが、そこを突き抜けた先に新しい世界があるのだと希望を捨てないでください。

個々の行き先はこの2ヶ月でおおよそ決まってしまった感があるのですが、その人次第でいくらでも変更可能です。

ただ今までにそれをしなかったのなら、これからそれをするのはより難しくなるというだけです。人によっては火事場のバカ力や九死に一生を得る的に大転換をする人もいるでしょうが。


今月はエネルギー的にはそうそうアップダウンせず、なだらかです。
今までの延長という感じで進みそうです。

しかし、そんななか、密かにボートに乗っているわけです。
本人すら気づかないうちに。

あなたが「しまった!」と思うか、「やった!」と思うかは、もう岸からずいぶん離れ、乗り換えることも岸に戻ることもできなくなった時でしょう。

姑息な思いで動いている人はじゅうぶんに用心を。
宇宙はすべてを見透かしていますので、へたな小細工は通じません。

また自分の本心にうそをついていい人を演じている人も要注意です。
閻魔大王様はすべてを見透かして、各人をボートに乗せるという感じです。

それでもこの宇宙は自由意志が尊重されますから、あなた次第でいつでも変更可能だということは覚えておいてください。
自分の領域で正直に最善を尽くすよう心がけてください。

「和音」2012.8.2


blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

blogranking←ワンクリック・100波動アップ♪

めくるめく人生の舞台の片隅に
ひっそりとたたずむ花。

決して大きく目立ちはしないが、
見る人の心に座す。

道ばたの雑草の花は、
人に見られようと見られまいと、
踏みつけられようと、切り取られようと、
不平を言わずに咲いている。

人の賞賛、評価など必要ない。
なぜなら花はすでに花であることを
知っているから。

(Sさまへのえなふメッセージ 2010. 11.4)


都はるみ - 愛は花、君はその種子


blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

↑このページのトップヘ