いのちおり - 本来の自分に還るために

さあ、未来の自分に還る旅に出よう!
人生をよりクリエイティブに生きたいあなたに贈る
   悦月(えつき)のブログ(旧ブログタイトル:たまむすひ)
                                    

カテゴリ: 毎月のメッセージ

vvv-0216-img_2749-894

11月は柔らかな空気が流れています。
小休止というところでしょうか?

今月は比較的穏やかな月となります。
10月にガッツリと自分と向き合った方もいらしたことでしょう。

今月はゆっくりと骨休めをしてください。
穏やかな心地のする時期ですが、これがずっと続くわけではなく、一時のものです。
次の試練に向けての準備期間ととらえる方がいいかもしれません。

物事はなるようになっていきますが、その方向性は誰が決めるのか?
もちろんあなたの意志もありますが、もっと大きな意図が動いています。

それに乗っかっていくほど人生は充実したものになっていきますが、
やり遂げ感の欲しい人には物足りないかもしれません。

なぜならその流れに乗れば乗るほど、自分でやってる感が減ってくるからです。

やらされている感だったり、自分は宇宙という全体の中の駒の一つな感じがします。

自分とは何か? 私とは誰か?の疑問が生じる人もいるでしょう。

今までの概念での「個」はもう変わっていきます。
この流れに乗っていく人はまったく違う価値観の世界に入っていきます。

今まで通りに進む人は今まで通り。
我を主張するとやりづらくなることもあるでしょう。

それは人に対しての話ではなく、自分の人生の流れに対しての話です。

自分の我でもって「ああしたい」「こうしたい」「こうやらねば」
と思っているとしんどくなってきますし、それがあるがために
本来のあなたが願っている望みが現れてきません。

日々の顕在意識で考える思考が強すぎると、本当の望みも力も現れてきません。
そういう意味で、今月はゆるりと思考を休ませて過ごされると良いでしょう。

これからいろいろな変化が起きていきますので、
その前に内面の体制を整えておきたいものです。

今月はそのために天から与えられた小休止期間であり、
内面の切り替えをするための自省の時期でもあります。

自分から解き放たれた人がこれから自在に活動していけます。

従来の枠組みにとらわれることなう、
自由な発想を持って進んでいきましょう。

「和音」2017.11.1


メルマガ登録はこちら! → メルマガ登録


人気ブログランキング ←ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

fire-visualization_zJaZi7cd

10月は無意識領域の認知の拡大です。無意識領域の話なので、顕在意識上ではなんとなく感じてて、認識までされていない状態ですが、今まで感知していた以上のものを感知できるようになります。

それはぽっかりと空いた穴のように、空洞が広がっている感覚です。
ぽっかりと広がった空洞なので、そこを観る(感じる)人の心がそのまま投影されます。

なんか虚しいと感じる人、怖いと感じる人、わくわくする人、不思議な感覚のする人、
その空洞はみんな、それとなく心の中で感じますが、それをどう受け取るかは人それぞれです。

ポッカリと目の前に大きく広がった真っ暗闇の空洞をイメージしてみると
どんな感じかわかるでしょう。

そこに入っていく、行かないも人それぞれ。
背を向けて去っていく人もいるでしょう。

未知の世界に飛び込むか、それとも今までの生活をこのまま続けるか?
という一つの選択がなされるでしょう。

これからもこれは何度となくやってきますので、準備ができた人は入っていくことになります。強制的ではないので、行く行かないは自由です。

無意識の世界のある領域へのアクセスが可能になったという言い方もできます。

今までは気づかなかった無意識レベルのある部分に気づきだし、それは今は言葉で言い表すこともできず、なんであるか認知もできず、心の隅に”あるような感じ”だけど、掴めない、存在も確認できないけど、確かにある、、、と感じる何か。

私たちは子供の頃からこれを感じていたわけですが、大人になるにつれ、目の前のことに忙しくなり、そんなところに気を向けることは忘れて久しく、すっかり感じることができなくなっていた、というのが現状です。

そこがもっと感じやすくなっています。
以前より、皆の心、意識の中で「知りたい」という欲求が増してます。

暗闇から「おいで、おいで」と手招きする手が見えて、怖いながらも行ってみたい、でも怖いと、子供の頃にそんな思いをしたことがある人は少なくないでしょう。

行ってしまったら帰ってこれなくなるんじゃないか?
行ってしまっていなくなった子供のうわさはある、
などと昔話や都市伝説的な話はありますが、似たような感覚です。

あなたの心(意識)の中にある領域が「おいで、おいで」と手招きをしていますが、
好奇心はそそられるけれども、行ってしまったら今の暮らしを失うのじゃないか?
帰ってこれないのではないか?となんとなく感じています。

心の片隅で気になるけど放置していながら、
時々、沸々とそれを思い出している状態。

その気配が増してくるのが今月です。

その領域に行く行かないは自由ですが、行きたい人だけ行けばいいでしょう。

それを待ち望んできた人はワクワクしているはずです。
ずっとこれを待っていた、行きたい、と飛び込むでしょう。

不安、怖さがあって躊躇する人はまだ準備ができてないと思いますので、
やめておく方が無難です。

闇に呑まれます。

ただその影はつきまとうがもしれないので(あなたが気にしていたら)、
どうしたいかを決める方が楽でしょう。

準備して行くのか、今のままで居続けるのか?

ずっと抽象的な言い方をしていますが、
全体意識の変化に伴って、個人がどう選択するかという話です。

これは背景にあるものなので、もっと具体的に落とし込めば、
一人一人の日常に起こる何かしらに現れますので、
それは個々人が当てはめて対応してください。

意識の奥で起きている話ですが、感じる人は感じています。

だんだんと映画や漫画、SFなどの世界と現実との境目が曖昧になってきています。

非現実が現実になりうるこの頃ですので、自分がどういう未来にいたいのか、望むのか、どうなっていたいのか、などをちゃんとつかんでおくと、命綱のようにあなたを引っ張っていってくれます。

今まで以上に、あなたが思い描いている内面世界と外の世界のとの境界が揺らぎます。

内面の、良くないことをもたらしかねない思考は
できるだけ取り去っておくようにしましょう。

「和音」2017.10.1



もっと具体的に、どう生きたらいいか?とか、どうやったら楽しく過ごせるか?など、
日々の考え方や心のあり方などはメルマガで書いています。


人気ブログランキング ←ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

mg-img_5650
9月は荒れ狂う嵐です。
新旧のエネルギーがまみれて混ざり合い、一見、嵐が吹き荒れているようです。
混沌とした状態の中、一つのゲシュタルトが崩れ、新しいゲシュタルトが構築される、
そんな時期となります。

わけがわからない感あります。
全体の表面的なエネルギーがそのような感じです。

その嵐を感じて、慌てたり不安になったりする人と、
嵐が通り過ぎる間、家の中で落ち着いて過ごす人といます。

表面が荒れても大きな静かな流れに気づいていれば、大丈夫です。

どこまでそれを感じることができるか?が、今月のポイントです。


事象の背景に静かに流れるもの。
そこにフォーカスしていれば、激動が起きていても、それは過ぎ去るものとわかります。

いろんな組み換えが起こります。
それは未来のために必要あって起こっています。

心の奥に潜む来るべき未来をきちんと見据えていれば、特に問題はありません。

喉元過ぎれば、暑さ忘れるという感じで、起こる事象は通り過ぎる事象として
とらわれずに流していきましょう。

しかし未来をきちんと見てないと、混沌の中、行き先がわからなくなり、迷い子になります。

その点、気をつけてお過ごしください。


追記:
自分の中に眠る龍に気をつけましょう。
荒れ狂うと書いたのは、龍的なエネルギーと思ってください。

無意識の奥に眠る原初的な意識の目覚め。
脳の忘れていた箇所を突かれるような感覚。

外の事象と内面の事象はリンクしています。

内面を見つめれば、外の事象がわかります。

この根源的な創造のエネルギーに居場所を与えて解放してあげるなら、
面白い流れになっていくでしょうが、人によってはそれをすることがとても恐ろしく感じます。

何かを壊されるのではないか?
今まで大切にしてきたものを崩されるのではないか?
と思って守りに入りがち。

頑なになってしまうと反発を呼びますので苦しくなります。

子供心を持って大きな心を持って受け入れてあげると、自分のいた小さな世界に気づき、
また一つ殻を破って進んでいけます。

そういう嵐を今月はくぐり抜けてください。



メルマガ登録はこちら! → メルマガ登録

セッションメニューはこちら!



人気ブログランキングへ ←ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

a-woman-sleeps-under-a-blanket-made-of-stars_SmtZT0WgA

8月は、深海魚の夢のごとく、です。

どういうことかと言いますと、
意識の深いところに眠っている深海魚のような存在がまどろむ夢。

つまり、かなり意識の深いところで起こっていることが
夢のような感覚で感じられるというユニークな時期です。


ふっふっと沸き起こる一瞬の映像や感覚。
注意を向けようとすると消えてしまう。

意識できるもの、できないものを含め、
ふと現れては消え、何度もそれが起こることにより、
情報の組み換えが起こり、新しい現実が紡ぎ出され始めます。


簡単にいえば、レールの組み換えが起こり、
いつのまにか「あら、景色が違うわね」なんてことになっています。

あっちにいくかと思ってたら、こっちに来てました、というように。

そのレールの組み替えは自然に起こるので、
気づかないにうちに新しい路線に乗っかっています。

深層意識からあぶくのようにふっと湧いてくる感じ。

情報が現れては、違うものに置き換えられたり、リンクされ直したりして、またそこに戻り、
そこで新たな現実の種が生まれ、この先のあなたの現実を変えていきます。

だから今、どうするか?といっても、自然に任せて心地よく過ごすぐらいしかできません。

できれば瞑想などして、顕在意識の思考を静めるといいでしょう。

かなり奥の古い意識の再編成となるようです。
たくさん寝て、夢を見るといいでしょう。

その時に良い夢が見られるよう、寝る前には、不安や悩み、恐れなどについて考えず、
明るい未来や楽しいことを考えながら寝付くとか、
より良き未来を得るための質問を投げかけておくといいでしょう。


今月は目の前の現実世界より、深層意識の方に舞台が移っているような感覚です。

人によっては、朝起きたら、あるいは、ぼーっとしていてふと我に返った時などに、
どこか遠くに旅に行っていたような感覚を得るかもしれません。

それでいいのです。
それについては特に何もしなくてもいいので、
思い出そうとしたり、意味を考えなくてもいいです。


ただ日々過ごすにあたって、無意識が良い方向に結び直しをしてくれるよう、
良い質問と前向きな思考が必要となります。

先のことや自分のことを悩まず、今を楽しみ、リラックスして、
楽しい幸せな未来をやんわりとイメージしているといいでしょう。


今月は、深層意識に主たるステージが移っていますので、
現実世界では動きが鈍く感じたり、あまり何も起きていない感あるかもしれません。

でも無理して動かなくてもいいです。

怠惰にサボっているのは良くないですが、
精神的に良い状態で行動(現実)が止まっている分は、
水面下で活発に動いているので問題ありません。

受身的な感覚で、気配に耳をすますと良いでしょう。

では、静かで濃い8月をお過ごしください。

「和音」2017.8.1


メルマガ登録はこちら! → メルマガ登録


text-on-beach-2_M1uF0UKu

7月はざっくばらんとしたとりとめのない月です。
いろんなものがバラバラに解体され、再編成されるような感覚の月となります。

当然ながら7/1から7/31までと区切られるものではないですが、
ここ数年でいろんな価値観が変わっていくなかで、またまたそれを後押しするように、
バラバラと思い込みが崩壊していきます。

今回は、それが怖いと恐怖を感じるというより、
もう好きにしてくださいと放置感漂う感じです。

あんまり真面目に向き合いたくない感じ、
どうせ変わっていくんだから崩れるにまかすわ、とあまり一生懸命になりません。

砂浜で砂のお城を作っても、大きな波が来たらさらわれて崩れてしまいます。

崩れゆく砂の城を保とうとすること自体、無駄な努力だとわかるので、
崩されるままにしてしまいます。

所詮、私たちが積み上げて来たものは砂の城のような儚いものだったんだな
と長いものに巻かれる気分となります。

でもこれは無力感というよりは、無駄な努力はやめようという気づき、
所詮、自分のエゴの力で頑張っても限界がある、そこにこだわるのではなく、
波にさらわれても砂浜はずっとそこに残り、大海とつながっていくように、
私たちの中に潜むもっと大きなものに気づくべき時が近づいているということです。

あれもこれも自分でがんばろうとしていたけど、それを止める方が物事がうまくいくし、
いろんなことがバランス取れていくことがわかってきます。

人間のエゴの力なんて、自然の力に比べたら、非力、小さなもの。

そこでがんばるよりももう一度、自分たちも自然であることに立ち戻り、
内なる自然の力と共に生きていくにはどうしたらいいか?と考える良い月となりそうです。

あなたの中に眠る自然力を目覚めさすにはどうしたらいいか?探ってみましょう。

「和音」 2017.7.2



7月は大雨になりやすい時期です。
案にそういうことも含まれてるのかなあ?と思うメッセージです。

行間を読むと、太古の力、竜の力が元気になってくるのかな?と思います。
理性で抑えられた力を解放していく時期に入ってきたのでしょうね。

今月はそれが起こる前の無力感、嵐の前の静けさというところでしょうか。

これから長い時をかけて、人間に本来備わっている太古の力が
活性化していくプロセスが始まるのでしょう。



東京セミナーのお知らせです。

「広がる自我の結び直しのと多次元宇宙」

7月9日(日)14:00~16:30
場所:東京都中央区内
料金:8000円

お申し込みフォームはこちら

メッセージ欄に「7/9セミナー参加」とお書きください。

7月23日からコーチング料金が値上がりします。
セミナー後、コーチングコースにご興味のある方には相談の時間をとります。
メッセージ欄に「コーチング相談希望」とお書きください。


メルマガ登録をぜひどうぞ! → メルマガ登録


人気ブログランキングへ ←ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

the-story-of-jonah-and-the-whale-in-the-bible_B7eGyfxR
6月は穏やかに流れる月です。

ここ数ヶ月、自分の中で新しい展開が始まり、
それに対して葛藤が起きていた人も少なくなかったと思います。

新しい流れに乗っていくために不必要なものを捨てていく段階ですが、
私たちはなかなかそれに気づけません。

今日と同じ明日がこの先も続いていくとなんとなく思っていて、
自分の考えや習慣を変えようとしません。

「変わりたい」「こうなりたい」という思いはありますが、
実際に動くかどうかは別問題です。思っているだけが心地よいです。

変化には痛みが伴うこともあります。
それは今まで慣れ親しんでいたことが変わるという悲しさ、寂しさ、苦しさです。

が、もし変化後の状態の方が楽しいとしたら、
あなたは変化するのにワクワクするのではないでしょうか?

6月はその移行への抵抗が少なくなります。

力があまり入らず、これでいいんかな?と長いものに巻かれる感があります。

今、集合意識の方の変化が大きいですので、その影響が個人レベルにも起きます。
集合意識は、個々の意識の変化により変化していきますが、逆輸入的に個人の意識に影響を及ぼしていきます。

守られている感、私ががむしゃらに頑張らなくてもお天道様がちゃんと見てくださっている感が起こります。大きな自然界の仕組みの中に取り込まれて動いていることに納得している自分を見つけることでしょう。

自然界の一部として、大きな流れの中で動いている自分、そこから異なったいびつな動きをするのではなく、その流れの中で自分がやるべきことをやっている感が出てきます。

自分が何か大いなるものによって動かされている感を得て、
これでいいのだという気になってきます。

今までがむしゃらに自分で頑張ってきてたのがなんだったのかな?
と思えるぐらい目が覚めた感が出てきます。

一つのとらわれていた意識から出て、新しい展開をすんなりと受け入れて
自然に動き出している感あります。

ある意味、サレンダー感(降参)ありますが、心地よいサレンダーとなるでしょう。

では楽しい6月をお過ごしください。


「和音」2017.6.2


メルマガ登録をぜひどうぞ! → メルマガ登録

セッションメニューはこちら!



人気ブログランキングへ ←ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

a-man-stands-on-a-hill-and-looks-out-over-the-world_BX6zfkMlA

5月はオープンシークレットです。

すでにたくさんの人が知っていること(でもいちいち認識していないこと)が
何(者)かによって、意識化されることにより、みんながそれに気付き出します。

言われてみれば、「すでに知ってるよ」ということなのですが、
言われてみて初めて「すでに知っていた」ことを思い出した、あるいは再認識した、
となるでしょう。

本当にオープンになっているのに、それに関心を払う人がほとんどいませんでした。

空気みたいなもので、いつも目の前にあるのに気づかずに過ごしています。
誰かに「空気があるでしょ」と言われたら、「そんなの知ってるよ」となりますが、
改めて「ああ、空気があるから息ができてるんだなあ」と思います。

隠し物のプロは、一番目立つところにそれを隠すと言います。
それはすっかり姿を見せているのに、人々の目にはその存在が映らないか、映っても
認識されないのです。

明るみに出るものが何なのか?

個人レベルでのそれもあるでしょう。周知のレベルでもあるでしょう。

また、気づく人もいれば、気づかない人もいます。

長い間、オープンに隠されてきた秘密が明らかになります。

言い換えれば、隠していたわけではなかったけど、今までの私たちには気づけなかった、
それそのものはずっとそこにあったけど、私たちに見る目がなかった、ということです。

正確に言えば、隠されていたというより、私たちに気づく力がなかったということになります。

それに関心がなかったんでしょうね。

それに気づき出す人には、近いうちに新しい扉が現れるでしょう。(比喩ですけど)

意識の進化は着々と進んでいて、いろんなもののサポートもあり、遠くない将来、
100匹目の猿現象のような劇的な変化(でも静かに密かに)が起こるでしょう。

それは今月でも来月でもありませんが、
その予兆として自然界から興味深いギフトがあるようです。

関心のある人にとっては、ものすごく興奮するようなことです。

でもあまりにも公然としているので、気づく人がそういないかもしれません。

なぞなぞのようですが、「目の前にあるのに見えないものはなあに?」

探すと見つからず、探さないとそこにある。
5月自体がそのような月となるでしょう。

では、楽しい5月をお過ごしください。

「和音」2017.5.2


メルマガ登録をぜひどうぞ! → メルマガ登録

DM_bench&fog

4月は引き続き、混沌の中です。

混沌というと、「え?私はそんなことないよ」という人もいるでしょう。

3月の葛藤が続いている人はもうしばらく続きそうです。

混沌と言っても「混乱」ではありません。

新旧混ざり合って混沌としている、
古い秩序が壊れ、新しいオーダーになっていくプロセスの中での混沌です。

なんとなく物事が決まりきらず、漠然としている感じです。

決まったと思ったら修正を強いられたりと、
進んでは戻り、進んでは戻り、を繰り返すような流れです。

そうしながらも少しずつ物事は変わり始め、
気がついたらすっかり春になっているのと同じように、
気がついたらずいぶん進んだなあと感じるでしょう。

混沌の中で右往左往している間は、どのくらい進んでいるかがわかりません。
霧のなかでほとんど進んでいないように感じるでしょう。

でも霧が晴れてみたら、とても良い景色のところにすでに進んでいた、
なんてことが起こります。

今月はまだ霧の中を模索している感があります。

あなたがしっかりとたどり着きたいところを見ているのなら、
霧が晴れる頃は、はるか彼方まで進んでいることに気がつくでしょう。

今月はそんな月です。
では、お楽しみください。

「和音」2017.4.1


「自分に捧げる言葉」新年度メッセージの募集が始まりました!
詳しくはこちらをご覧ください。 →「自分に捧げる言葉」新年度メッセージ

メルマガ登録もぜひどうぞ! → メルマガ登録
セッションメニューはこちら!


人気ブログランキングへ ←ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

a-woman-finds-a-huge-hourglass-in-the-forest_rmP30WgA

3月は救済の月です。

「救済」、救う、済む。救って済ませる。そして次の段階へ向かう。

そんな流れのある月です。

救うのは人の場合もあれば、自分の場合もあります。


「すくわれる」

命が救われる場合もあれば、足をすくわれることもあるでしょう。
足をすくわれる場合は、自分の信念が揺らいでしまいますから、それこそ救済です。

救済が必要となるか、それ自体が救済なのか、短期間の視点ではわからないところです。

どちらにしろ、起こることはすべて「救済」であると信じていれば、そうなります。


人が死ぬということは、生きている人にとっては怖いことです。
なぜならその先を知らないから。

エゴが一番恐れていることは自分の消滅です。

自分が消えてなくなることにとても恐怖を抱いています。
どうにかしてその存在を価値あるものにしようとします。

その存在価値を認めてもらうことで、
やっと自分の存在を揺るがないものにできるように感じています。

本当にそうなのかはともかく、自分を認めて欲しい思いが強いです。

自分で自分の存在を受け入れられるようになれば、
今度はそれを手放していく段階に移ります。

そしてさらに大きな自己に向けて統合されていきます。

自己の死が起こることにより、救済される者が出てくる。

3月の象徴的意味合いはそのようなところです。

実際に死ぬわけではないですが(もちろん死ぬ人は毎月のごとくいますが)、
自己の死と復活を体験できる人は、その後は今までと違った人生を歩むようになるでしょう。

つまり自分を認めてもらうために生きるのではなく、もっと大きな意識と統合して
新たな冒険に出かける、その過程で新しい発見や試み、経験をしていくことになります。


今月「ひぇ〜!」と思うことが起きた人はラッキーと思ってください。

あなた自身の再構築です。
再編成されるあなたはもっと自在な存在になるでしょう。

人それぞれ、段階は違いますので、
今のあなたに合わせた崩壊が起きる(または、起きない)でしょう。

季節の変わり目でもありますし、意識の衣替えと思って過ごしましょう。

では、変化と共に進んでいってください。

「和音」2017.3.1


*書いた後で、「自己の死」ではなくて「自我の死」では?と思い、書き直してみたら、
 いや、やっぱ「自己」らしいということで、そのままにしました。


  

3月27日(月)久しぶりに東京で個人対面セッションをします。
 
マインドアウェアネス・セッション

トライアルコーチングをご希望の方もこの日にどうぞ!

  

一斉遠隔ヒーリング「ワンポイント・グラウンド」を3月9日(木)22:30から行います。

「ワンポイント・グラウンド」は、繰り返される思い、痛み、感情、思考パターンなどの軽減に向いています。
また何かを加速させたい、前に進みたいという時にブロックになっているものを取り除くことにも適しています。

詳細はこちらから
「ワンポイント・グラウンド一斉遠隔ヒーリング」


メルマガ登録をぜひどうぞ!→ メルマガ登録



人気ブログランキングへ ←ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

AS6_8018-82

2月は癒しと革新の月です。

どういうことかと言いますと、新しいエネルギーに移っていくに従って、
古きエネルギーは消えていきます。

今までがんばってきた自分をねぎらい、自然の摂理から外れた行為は反省し、
軌道を本来の流れに戻すべく、まずは癒しです。

許しもまた癒しです。

自分のしてきたこと、後悔していること、できなかったこと、
また人に対しての思い、やり残し感などにとらわれているのであれば、
それをすべて水に流してしまいましょう。


新しい時代に向かうのに、古い家をいくら修理しても、
使っている素材がすでに朽ちているのなら、いっそのこと
素材を新たに、新しく建て替えるほうがいいでしょう。

柱や壁にできた傷が元に戻らない、、、と、そこに一生懸命になるよりは
違うところに目を向けるほうがいいでしょう。

新しいアイデアに進んでいくときには、クォンタムリープのように一気に変化が起こります。

それは家を建て替えるようなものですから、柱や壁の傷を気にする必要はありません。

ただ姿、形が消えたとしても、自分の中の思いは自分がこだわれば残りますから、
残像にいつまでも執着するよりは、純粋な眼を持って物事を見つめましょう。

これが革新です。

今までの概念、価値観、知識にとらわれず、新しいものを受け入れていく姿勢と、
新しいアイデアを生み出す力、そちらに目を向けるようにしましょう。

この素地ができてないと、人によっては混乱します。

過去の断捨離、整理整頓が残っている人は引き続き、それに対応することになります。

それが済んでいる人は、新しい段階に向けての準備期間となりますので、
しっかりと準備していきましょう。

3月にテイクオフを目安に進んでいきましょう。

これから何段階にも分かれてテイクオフがやってきます。
そのつどジャンプしていけば、どんどん楽になっていきます。

できるだけ来るもの拒まず、去るもの追わず。

「自分は何も所有していない」というぐらいの感覚でいるほうが気持ち的には楽でしょう。
楽しんでください。

(「和音」2017.2.2)


「革新」をタイプしたら、同じ音で「確信」「核心」もありました。
「核心」を「確信」して「革新」する時でもあるんでしょうね。

核心に近づくには、純粋な心が大切ですねー。

ということで、心と物の断捨離がいるのでしょう。


毎月、メルマガのみで告知してました一斉遠隔ヒーリング「グラウンド・サークル」、
今月はこちらでもお知らせします。(無料)
   
「グラウンド・サークル」

メルマガ登録もどうぞ! → メルマガ登録

セッションメニューはこちら!



人気ブログランキングへ ←ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

vintage-entrance-gate_GyM-KAaO
年初めなので、2017年のメッセージを書き下ろしてみました。
  

2017年は橋を渡っている時と思ってください。

今までの古い時代からこれからの新しい時代へ、
価値観や考えが大きく変わっていく変換期です。

今まで以上に柔軟に物事に対応していってください。

変わらないものを変えようとするより、
変わっていくもの、新しく入ってくるものを受け入れる姿勢でいましょう。

自分が「変わりたくない人」になっているのなら、もっと変化を受け入れるがいいです。
守りに入るよりは自らが旅に出るような心地で、新境地に向かっていってください。

この変化はまだほんの入り口なので、この入口を通過したら、ますます変化は加速します。

IoTについては既に色々と言われています。
私たちの意識だけでなく、環境もどんどんと変化していきます。
常に新しい流れを見極めるようにしましょう。


この流れに乗っていくには、もう不必要になっているものを捨てること。
物も、考えも、思いも、人も。

いろんな再構成がありますので、自分の向かうべき未来と一致するもの、
しないものを見極めて、いらないものは手放すがいいです。

そうするとまた新しいものがやってきますし、手放すことで手放された方も自由になり、
それ(その人)に必要なもの(状況)を得ることができますので心配はいりません。

一年かけて次の段階に移るための断捨離をするつもりでいましょう。


いろんな物事が変化していく過渡期ではありますが、
新しい地には足をつけていると思ってください。

先ほど橋を渡っている最中と書きましたが、
大きな意味での上陸は済んでいると思っていいです。

進級して小学生から中学生になったけど、
まだ入学式は始まっていない春休み中、ってなところです。


今年は得ようとすることより、捨てることが大事かもしれません。
今までに得てきた知識、物、人脈、etc.

必要なものは残し、もういらないものは手放す。

その見極めが難しいかもしれませんが、心は知っていますので、
自分の本心に忠実になりましょう。

捨てることで絞られていく、、、そんな感じです。

シンプルになっていく過程なのかもしれません。
シンプルになれば、より柔軟になり、本質が見えやすくなります。


自分の本心に忠実になっていくに従って、自分の中の見たくないものが出てくる人も
少なくないですが、「だから、どうした?」です。

見たくないもの、嫌なものは自分が嫌だと思うからそう感じます。
それ自体は悪いものではありません。

そこにいろんな観念、
「人は・・・であるべきだ」「私はこんな人間だ」などこだわりがあります。

それらを捨てることで、よりシンプルで自然体になっていけます。

その過程を踏んでいくのが今年の流れのようです。

今年が終わることには、リラックスした自然体の自分が、
自分の好きなように生きているよう、この一年、切磋琢磨しましょう。

「和音」2017.1.3


メルマガ登録をぜひどうぞ! → メルマガ登録

セッションメニューはこちら!



人気ブログランキングへ ←ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m


mg-9i5a0706
新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

今年は一昨年、昨年以上に「移行期」です。
もう新しい段階に到達はしていますが、
それがより現実生活、日常生活の中に現れてきます。

ちょうど向こう岸にいくための橋を渡っているようなところです。
人によっては切れそうな吊橋に感じるでしょう。

ハラハラワクワク乗り切ってください。


さて、今月1月ですが、まだ定まらぬ感があります。
人々の中で、これからうまくいくだろうと思うところと、
どんどんと生きづらい現状がやってくるのではないだろうか?という不安とがあり、
自分はどちらを選んだらいいのだろうか?と思いあぐねているような状態です。

あなたが潜在的に選ぶところがあなたの現実となっていきます。

これからはますます意識がクリアになり、思ったことが実現しやすくなります。
意識の中の塵がだいぶんと掃除され、通りが良くなっていると思えばいいでしょう。

思うことは、意識的に思うこともあれば、無意識に思うこともあります。
意識的に思うことは調整ができますが、
無意識的に思うことは、普段気づいていないので少々厄介です。

その人がいる環境も大きな影響を与えます。
まずは周りの人がどんな言葉を吐いているか、気をつけてみましょう。

前向きの人が多いのか、足を引っ張るような言葉が多いのか、
それはそのままあなたが自分自身に言っていることと似たり寄ったりです。

自分にふさわしくないなら、そういうことを言うのをやめるか、
意識的に環境を変え、自分の使う言葉も変えていきましょう。

自分の価値を下げるような環境にいるのなら、
自分が自分を過小評価しているということなので、それはやめましょう。


褒めてくれる人が多いところにいるよりも、
自分を成長させてくれるところにいる方がいいです。

なぜならそういうところは周りの人も向上心を持って進化し続けますので、
良い波がやってきやすいからです。

あなたが橋を渡っている時、もうすでに向こう岸は決まっていると思うかもしれませんが、
実はそうではなく、向こう岸はあなたが橋を渡っている間にも変化し続け、
それはあなたが橋を渡り終わるまで続きます。

つまりあなたの気持ちによって向こう岸は変わり続けます、ということです。


あなたがあきらめる時、それは自我が自分の望みをあきらめるだけなので、
あなたの本当の望みはまだそのまま残ります。(*注:「自我」はあなたの一部です。)

チャンスはいつまでたっても消えません。

もし思っていることが現実化していないと思うのなら、
目先で思っていることと心の底で思っていることが違うのでしょう。


だんだんと自分の本性が現れてきます。
本性というか、今の状態がシビアに映し出されます。

隠して見ないようにしていたこともあからさまになっていきます。
人に、ではなく、自分に対して。

つまり自分に嘘がつけなくなっていくということです。

自分を取り繕っても本当は取り繕っていることを知っていますから、
それを続けていると苦しくなります。


一番いいのは、どんな自分も受け入れてよしとすること
等身大の素の自分を受け入れること。

素直に、ダメなところ、いいところ、過去のトラウマ、自分の罪など、
すべて認めて、それが自分なのだと自分に落とし込み、
そんな自分もOKとできて初めて、今月の良い波動に触れることができます。


自分に嘘がつけなくなってくるなら、嘘をつくのをやめればいい。
体裁を取り繕うのをやめればいい。
やりたいことをやればいい。
カッコつけるのをやめればいい。
ダメな自分がいてもいい。


丸ごと自分を受け入れたら大きく飛躍できる月となります。

「和音」2017.1.3



たくさんのメッセージのお申し込みをありがとうございました!
締め切り前にどどんと申し込みがあり、年末年始はそれにかかりっきりでした。
ようやく落ち着いてきました。

今年もどうぞよろしくお願いいたします!


メルマガ登録をぜひどうぞ! → メルマガ登録

セッションメニューはこちら!



人気ブログランキングへ ←ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

DM_03242016_0272

12月は師走です。師も走る月。

今年の師走は時が走り過ぎそうです。
つまりすぐ終わる。

もう新しい年、2017年に向けての準備を始める方が良さそうですね。

今年一年を振りかえってみてどうでしたでしょうか?

つい先日、年が明けたような感覚ですが、もう年の瀬。

その間にはいろんな出来事があって今に至ります。

この一年を振り返っても、ほとんどのことは覚えていない人がほとんどではないでしょうか?
意識にあがる記憶していることは、ほんの一部なのはおわかりだと思います。

幾つかの出来事を覚えていて、それに基づいて
「今年は・・だった」「私は・・だなあ」とひも付けています。


さて、2017年はどうですか?

あなたの中に何か思い描かれていることがあるでしょうか?

漠然と今のままが続くとか、楽しい年になりそうとか、もっとがんばらねばとか、
厳しい一年になりそうだとか、なんとなく感じていることがあるでしょう。


そこに気をつけてください。

その「なんとなく」はあなたの根底にあまり意識されずにずっとあるものですから、
それは実現しやすいです。

もし欲しくない状況を感じているのなら、意図的に変えていく必要があります。

今まで私たちはそれらについてあまりにも無頓着すぎました。
ほとんどの人が放置していたといっていいです。

これからは表面上の意識以上にその部分が明るみに出てきます。

スポットが当たる場所が変わってきたといえるでしょう。

表面の顕在意識、中間層の記憶からなる潜在意識と、
もっと深い集合意識レベルの潜在意識と、さらに深い集合無意識。

二つ目の記憶からなる潜在意識層から作り出されている「映像」、
ほとんどの人が「現実」と呼んでいるそれに注意してください。
自分の中のそれですね。


12月はその「層」の外から物事が観れていることが基本です。

もうずいぶん以前に状況が変わってきて、
自分が属する意識場によって形成される現実が違ってきます。

それは意図的に変えていけるものです。

自分が常にどういう「場」に関わっているかを知ることが大切です。

心しておくことは「それは絶対ではない」ということ。

いつでも変えていけます。

が、できれば、今年中に、過去の集積の記憶の「場」から自由になっておく方が
来年になって動きやすくなります。

過去の集積の場から出るとどうなるか?

自分で自分の世界を作り出す場に行きます。

つまり、今までは塗り絵の、それも見本付きを渡されて、
「ここにこの色を塗りなさいよ」と言われていたものが、
今度は、真っ白の紙を渡されて「はい、好きに描いていいよ」と言われるようなものです。


2017年からを塗り絵にするのか、白紙に描くのかは、あなた次第です。

ということで、今月は心の中の立て直し、清算をしておくといいでしょう。

できれば、来年はまっさらな心で迎えることができると良いと思いますよ。

「和音」2016.12.1


ここ数ヶ月の流れで、だんだんとはっきりしてくることは、
塗り絵の人生か、白紙の人生かの選択を迫られているということです。

要は、与えられた人生を生きるのか、自分で作り出す側になるのか、ということですね。

どちらがいいというよりも好みの問題だと思います。

大半は前者の道を歩みます。
というより、後者の道があることに気づいていないから、
ベルトコンベアーに乗った状態でそのまま墓場まで向かう道です。

でもそれが悪いかというとそうでもなく、その人の選択です。

食事を自分で作るより、作ってもらったものを食べるだけの方がいい人もいますし、
自分の好きなものを食べたいと自分で料理するのが好きな人もいます。

その違いですね。

私は後者でありたいですし、これを読んでいるあなたにも後者になってほしいですが、
それは強制されるべきものでもないので選択は任せます。

けれども、この選択はこれから大きな差を生み出していくと思います。

あなたにとってより良き人生はどういうものなのか?
今一度、考えてみるのにいい月のように思います。

今の人生は一回限りですから、有意義に残りの時間を使いたいですね。



     

今月は東京と京都でセミナーをします。

まわりに振り回されない自分、
人の目を気にしない自分になるためのお話をしようと思います。

詳しくはまた後ほど。

東京は、17日(土)15:00~17:30
場所は東新宿駅近くです。
料金は5000縁。

京都は、25日(日)クリスマスですが、、
13:30~16:30 JR長岡京駅近くの予定ですが、まだ場所が確定してないので、
変わる可能性もあります。
料金は5000縁。

お申し込みはこちらから。


メルマガ登録をぜひどうぞ! → メルマガ登録

セッションメニューはこちら!



人気ブログランキングへ ←ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

db-316-greenland-780-2805

11月は始まりの月です。
今まで色々と準備がなされてきたことが発芽し始める時期です。
心の中で思い温めてきたことが長い時を経て結実していきます。
預金が満期になった感じですね。

そのお金を手に入れて、あなたはやりたかったことをしていけます。
もうやりたいことを止めるのはあなた以外に誰もいません。
もし外部の人が止めたとしても、それはあなたが相手にそのように言わせています。

全ては自分の心の中から出ているものと思いましょう。

ずっと温めてきた願いや思いが宇宙の意図と重なっているのなら、
あなたがそれに対して行動するなら、それはこれから実現していくでしょう。

自分が本当にしたいと思っていることがどんどんと浮き彫りにされていきます。

あなたの本心が正直に素直にあなたに語りかけます。
それはもともとあなたが歩むべき道を記しているので、それに沿っていきましょう。

そこに抵抗のある人は、そのリミットをはずすこと、
でないと、その方向に進まないことにエネルギーを注ぎますから、
よくなるどころか、だんだんとやりづらくなっていきます。

変化いないことを選んでいると、守りにかけるエネルギーが大となり、
新しいことを始めるのが難しくなります。

古いものはいったん崩壊されて、再構築する方が良いでしょう。
なので、新しいことを始めるのに良い月です。

特に長い間やりたいと思ってやってきていなかったことは、今月始めるといいいでしょう。

「和音」2016.11.2


今まで温めてきたこと、やろうと思ってしていなかったこと、本当に自分がしたいこと、
などをかたちにし始めるといいようです。

今まで蓄積してきたいらないものを何年もかけて削ぎ落として、
新しい流れに向けて準備して、ついにスタートを切った。

というような時期に思います。

螺旋階段が一周して、新しい段階に入って、一歩二歩と進み出す頃。

あなたは目の前にどんな世界を見ているでしょうか?

それはあなた次第です。

どういう人生を歩みたいのか、
どういうことを望むのか、

いつも自分に問いかけるようにしたいですね。

では今月も良い日々をお過ごし下さい。


メルマガ登録をぜひどうぞ! → メルマガ登録

セッションメニューはこちら!



人気ブログランキングへ ←ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

person-with-blue-arrows-shows-one-chosen_GJROrfP_

静かに変革の時が来ています。
何かが起きる時、突然起こっているようにみえますが、
それはあくまで結果であり、それ以前に見えないところでその準備は着々となされています。

静かに密かに形成されていきますので、そのプロセスに気づかない場合が多いのです。

しかしながら、きちんと聞く耳を澄ませていれば、
雪が積もる音が聞こえてくるようにその気配を感じ取ることができます。

今は「水面下」というよりも、別次元でそれが成されているような感覚です。

「何も起こっていない感」から、突然ジェットコースターが動き出すような、
そんな感覚を得る人もいるでしょう。


静かな変革はある時突然姿を現します。

螺旋を一段上に上がる時、同じ位置に戻ってきたようで一段上にあがっていますが、
なかなかそれに気づかないものです。

なぜならその変化は静かにゆっくりと起こっているからです。
日々の積み重ねがもたらす変化は大きなものですが、少しずつ変わるのでわかりにくいです。

そうやって日々小さな進展を積み重ねていると、ある時大きな変化がやってきます。
10月終わりあたりにそれを見る人が増えるかもしれません。

それは日頃の行いの結果ですから、そのときになって慌てるのではなく、
今からそれを見据えて、すべきことをしていくがいいでしょう。


例えて言えば、積立貯金が満期になったらどうしようかな?ということを考えて、
今の行動につなげていくがいいということです。

大きなスパンのそれと、今月の終わりという小さなスパンのそれを
考えておくといいでしょう。

ただ現時点は、全体的な流れというより、個々の変化が全体に影響して、
全体の流れが決まる感があります。

人それぞれ別のレイヤーに移っていくのかもしれません。


そういう意味では、今月は、私たちは無数の岐路があるところに立っていて、
あなたはそのどれかの道を選んで歩き出すのでしょう。

どの道を選ぶかで、体験することは全然違ってくるようです。

あなたは一本の道を選んで進むことになりますが、その選択の仕方こそが
今までの積み重ねの結果となります。

今後、道が交差することもあるでしょうが、それぞれの方向に進んで行くことになります。


これは意図するしないに関わらず、無意識に選んでしまいます。
だからこそあなたの日々の選択や心の持ちようが反映されるわけです。

岐路の月と思っていいでしょう。
それによって次の展開が変わっていきます。

自分にとって最善の選択ができるよう、日々のあり方を見つめ直しましょう。

「和音」2016.10.1


上記の文章だけでは勘違いが生じるかもしれないので、あとで補足を書きたいと思います。


『どういう選択をしている自分がいるのか?』を
あえて意識してみるのにいい月なのかなと思います。

では、落ち着いた秋の10月となりますように。




京都にてセミナーを行います。

「あなたの人生を最大限に満たされたものにするためのゴール設定のコツ」セミナー

日時:10月15日 15:30~17:30
場所:JR長岡京駅から徒歩1分
料金:5000円

お申し込みフォーム


メルマガ登録をぜひどうぞ! → メルマガ登録

セッションメニューはこちら!


人気ブログランキングへ ←ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

9月は不確定の月です。
つまり何が起こるかわからない、どの方向に向かうかわからない、
その時になってみないとわからない、行き当たりばったりの月です。

枝分かれしていく月となりますが、高速道路で言えば、路線が幾つかに分かれる分岐点で、
今まで一本の道路だったのが、違う方向に何本か道路が分かれていく感じです。
どの道路にいくかで様相は変わっていきます。


が、実際にそのように明確に枝分かれしたタイムラインがあるわけではなく、
発する意識、波長によって変わっていくでしょう。

「類は友を呼ぶ」や「引き寄せ」の感覚が強まると思っていいです。
自分が想像していることや感じているエネルギーに関することに、
より強く引き寄せられます。

引き寄せるというか、自分が引き寄せられてそのようなことを見ているのですが、
自分にとってはそれが現実となります。

無数にある選択肢のうちの一つだけを選んでいる
ということを知っていると知らないとでは雲泥の差となっています。

自己責任、全ては自分が作り出しているといいますが、
その視点に立つことで無数の選択肢も見えてきます。

なぜなら
自分が作り出している現実であれば、自分で変えることができる
ことに気づけるからです。

変えることができるということは違う選択肢もあるということです。
ある点に居続けるのではなく、自分のいる座標を変えることで世界も変わっていきます


自己責任というと、責任を持ってしなければならないと思ってかたくなってしまう人がいますが、そうではなく、自分で自由に座標を変えられる、自分が作り出している世界は自分で自由に変えられるという自由意志に基づくものと思ってください。


混沌とした月ではありますが、突破口となる穴はありますので、
自分に必要なそれを見つけてください。

これはいつもよりチャンスです。

縦横に交差する道路のふとしたところにそれはあるので、
それを見つけた人は迷わず、その抜け穴(道)に入ってください。

それもたくさんある選択肢(道)のひとつですが、
他の道なりになっている道路を選ぶより、一気に一段階シフトします。

大勢の人がレベル1の違う道をいくなか、
はレベル1からレベル2になるという感じですね。
たとえですが。

その「穴」を見つけるには心を遊ばせておく必要があります。
ガチガチの心では見えてきません。

つまり、
自分の考えられる範囲以外の選択肢も受け入れられる器をもっておく
ということですね。

ありえない、絶対ムリ、できないと思うようなこと、
あるいは、今思いつきさえもしないようなこと、
が起こるスペースを自分のなかに作っておいてください。(良い意味で)


そうすることでその抜け道(穴)は見つかりやすくなります。

つまり、今の自分の現実に密着しすぎないということです。
リアルに感じれば感じるほど抜け出れなくなります。


分岐点がたくさんある月です。
自分が本当に望んでいるものを知っている人は迷うことなくそちらに向かえます。

はっきりしない人はまずそこをじっくり内観してみるのもいいでしょう。
その時には今の状況や今の自分を基準にしないようにしましょう。

ではグッドラック。
よい9月をお過ごしください。

「和音」2016.8.31


メルマガ登録をぜひどうぞ! → メルマガ登録

セッションメニューはこちら!


人気ブログランキングへ ←ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

sky-1365325_1920
8月はごった煮な感じがあります。
新旧のエネルギー、今までの価値観と今までの価値観では理解できないような出来事がごっちゃになっています。

人の思いもいろいろと渦巻いており、混沌とした夢の中にいるような感覚は今月も続きそうです。7月よりは安定した感じがあります。

けれども8月は毎年「8月」なので、お盆やら原爆投下、終戦などの行事による重さはあるでしょうお祭り気分というより、過去を振り返る感が強まるかもしれません。


もうすぐ新しい世界に向かっての大きなジャンプがありそうです。

ジャンプするときはいったん屈みますね。
それでスピードをつけて飛び上がってジャンプ。

その屈み込む時期が8月だと思えばいいです。

なので、7月に引き続き、調子があまりすぐれない、気分が乗らない、過去の思いの浮上や、今までの価値観の崩壊などが起こりやすいです。

でもそれはジャンプする前のひと踏ん張りだと思ってください。
しかしながら今回はスルーしてしまうより、ちゃんと向き合って自分の納得のいくようにしておくがいいです。わだかまりを残さない方がいいでしょう。

浮上することがあるとしたら、まだ解決しきれてないことなので、もう一度、向き合ってみましょう。


もうあなたにはそれを解決できる力は十分に備わっていますので、何もなかったことのようにスルーしてしまうより「もう大丈夫、解決したよ」と言えるぐらいにしとくと、あとあとその体験が役立つでしょう。

「もうすっかり解決しているのに」と思うことが浮上してくるなら、何か気づいていないことがあるのでしょう。

視点を変えてみましょう。


全ては幻想、妄想、夢であり、私たちは共同創造をしているのですが、私たちが創造主というより、私たちはパーツであると思う方がいいかもしれません。

その一個一個の点である私たちも創造していますが、我の意識を強く持つより、「自我がない世界に自分はいる」と視点を変えたとき、同じように「私たちが創造主」と言うとしても、視点が全然違ってきます。

消滅点に入って初めて見えてくるものがあります。

では、穏やかな8月になりますように。

「和音」2016.8.1


悦月があなただけにメッセージを送ります。
「自分に捧げる言葉・あなたへのメッセージ」 8/8まで受付中!


メルマガ登録をぜひどうぞ! → メルマガ登録

セッションメニューはこちら!


人気ブログランキングへ

clouds-1209444_1280

(*ブログ名が「いのちおり」に変わりました。検索は「いのちおり」でお願いしますね)


7月は雨多き月です。
天から降り注ぐエネルギーは今まで以上に大きくなります。
大量に、というよりは、波動が高くなる、という言い方のほうが合っているでしょう。

人によっては密度濃く感じ、人によっては強く感じ、また人によっては
眠くて眠くてたまらない月となります。

人々の感じ方はそれぞれ違いますが、今までとまた違う感覚のエネルギーです。
不思議な感じがしたり、違和感を感じたり、体調が思わしくなかったり、
だるい眠い感じが続く人もいます。

聡明感はなく、夢の中でまどろんでいるような、なんとなくぼやっとして物事が手につかない、雲の中を歩いているような、人によってはあまり心地よくない感覚です。

時間に関係なくゆっくり休んで趣味的なことをしたり、休暇のように過ごせるのであれば、
心地よく過ごせます。

忙しく毎日を過ごしたり、何かをきちんきちんとやろうとすると、
夢の中を歩いているような、どこかいつもと違う知覚を感じているように感じるでしょう。


現実とは何か? 私たちはどこで生きているのか?

ふとわからなくなることもあるでしょう。

時空の密度が増していて、地球と宇宙空間の境目が曖昧となり、
それは自他の境目、顕在意識と無意識との境目、日常と非日常の境目などを曖昧にします。

時々異次元にいるような、夢の中にいるような感覚があるかもしれませんが、
実際、そのようなことが起こっています。

猟奇的事件が起きたり、思いがけぬ事故、天災も起こりやすいです。

それに対してなすすべはないので、自分の正気を保ってしっかり自分の中心軸に座すことです。

夢心地な曖昧な感覚は現実を曖昧にしますので、ちゃんと理性と共にいないと、
夢か現実かわからなくなって、冷静な判断を欠いてしまいがちになります。

自分をしっかりと持っている人はブレることなく、理性的判断を下せますが、
精神/情緒不安定な人はしっかりと地に足をつけて過ごしましょう。

また頭痛、耳鳴り、眠気、あるいは寝られないなどの症状も起こりやすいです。

より強い宇宙エネルギーがやってくるので、心身ともに変調をきたしやすいということですね。

できるだけたくさん眠るようにしましょう。
しっかり眠ることは正気を保つひとつの秘訣です。

なぜならこの濃厚なエネルギーは、無意識に強く働きかけるので、
眠っているぐらいの波長が合うのです。

眠っている間が一番今月の波動に同調しています。
眠っている間にその調整が行われます。

あんまり寝てないと、起きている時に「寝ている意識状態」が覚醒している(「『寝ている意識状態』が覚醒」というのも変な言い方ですが)ので、現実の境界が曖昧になり、何が現実で何が夢かわからなくなりがちとなります。

雨がいろんな情報を含んで降ります。
地の情報と天の情報が混ざり合って降り注ぎます。
混沌とした月となりそうです。

龍が大好きな混沌です。
龍が活発に動きそうですので、その姿(徴候)を見る人も少なくないでしょう。

「和音」(2017.7.1)


メルマガ登録をぜひどうぞ! → メルマガ登録

セッションメニューはこちら!


人気ブログランキングへ

6月は衣替えの時期です。
長袖が半袖になったり、春服から夏服へ変わる時期です。
私たちの心も同じように衣替えです。

春あたりから調子があまり良くない人が多いと思いますが、好転反応に近い状態だったと思ってください。
新しい段階に移るのに、一度古い症状が出てくるように、ここ数ヶ月、身体が思わしくなかったり、ネガティブな思いが増えたり、自分は全然変わってないじゃないか、、と思うこともあったかもしれません。

好転反応にしては長い間だったので、不安が増した人もいたと思います。

6月は衣替えで、またひとつ衣を脱いでいくことになります。
移行期は、新しいエネルギーを取り入れようと前向きに取り組めば、それに慣れるのも早いです。
が、抵抗してしまうとなかなかたいへんです。

梅雨時期にもなり、スパッと切り替えとはならず、うだうだズルズルと過去を引きずりながら前に進もうとしてしまいがちです。

過去を思い描いていれば、つまり過去が基準になっていれば、視点はそこにフックされます。

衣替えというのは、だんだんと袖が短くなるわけではなく、重ね着や七分袖はあれど、学校の制服でいえば、ブレザーを脱いでシャツ姿になるぐらいの変化です。

つまり、脱ぐべきものはさっさと脱ぎましょう、その方が楽になりますよ、ということです。

「少しずつだんだん」と思うとなかなか変われません。
一気に「えいや!」と切り替えましょう。

そういう心構えがほしいところです。

「移り変わる」より「切り換える」がいいです。

しかしながら、なかなかそうできない人が多いようで、あいまいなままのエネルギー状態でズルズルといってしまいそうです。

全体的にはなんとなく煮え切らない感じ。
あっちかこっちか迷ってうだうだしそうです。

でもそう選択肢はなく、「イエス」か「ノー」だったり、「やるか」「やらないか」と二者択一ぐらいのシンプルさです。
その二つの間で迷って、こっちにしようか、あっちにしようかといろんな理由付けをして、変わらないままに留まろうとする、そんな流れとなりそうです。

決めればいいのに決めない。
それは「前進したいけど、自分にはまだその器がない」と勝手に思い込んでいるからです。
そうすることで踏みとどまる時間を長くしています。

そこは思い切って、潔く変化するほうにジャンプされると、爽快で快適な気分になれることでしょう。

新しい流れにのってどんどんと進化していく人と、動けず、過去の自分に踏みとどまってしまう人と、大きく差が開きやすい月となります。

これからは、あとになるほどそのジャンプはむずかしくなりますので、今のうちに「えいや!」とジャンプしてしまってください。

飛び出してみれば、なんだ、こんなものかと今度はそちらが現場となっていきます。
なんら問題はないどころか、心が軽くなった分、うれしく感じるでしょう。

では、きちっと衣替えができる6月になりますように。

(「和音」2016.5.31)


メルマガ登録をぜひどうぞ! → メルマガ登録

セッションメニューはこちら!



人気ブログランキングへ

blogranking←ランキングにプチッと応援お願いします!


何が起こっても”揺るがない”自分の作り方セミナー ←詳細はクリック!
5/7 もうすぐです!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

5月は流れゆくままにかたちが整っていきます。

「流れゆくままに」とはどういうことか?というと、あまり前もって決められないということです。瞬時の判断や方向転換などが起こりやすい時ですので、臨機応変に対応するといいでしょう。

人の思考が未来を作るといいますが、今は定まった価値観がどんどん崩れていき、新しい価値観が現れる時期です。
雑多感があり、いったいどれが本当なんだ?と迷う人も出てくるでしょう。

信念を持つよりも自分軸をしっかりもって、信念は必要あれば、変えていくほうが物事に対応していけます。自分が心の中で望んでいるものは知っていますので、思考がそれを邪魔して体裁を繕おうとするよりは流れに任せて素直に動く方が、結果的には本当にたどり着きたいところにたどり着けます。

またいろんな組み替えも起こります。
自分が信じるべきことは「すべてが良き方向に調整されている」ということでしょう。


世の中、一見悪いことに思えることも裏を返せばいいことの場合があります。

お腹が痛くなって下痢をするのは悪いことのようですが、体の中の毒物を出そうとしていると思えば、それは回復に向かうためのいいことです。

物事には必ず良い面と悪い面がありますので、両方を知るようにしましょう。

良い悪いも実際は自分が人がつけている価値判断です。
それにとらわれないようにしましょう。


自分が何を選んだらいいのか、迷う時期です。
無理して選ばなくてもしばらく遊ばせてみましょう。
力を抜いていると自然とこちらだなと思えてきます。

たくさんの情報が流れてきますので、
どれを信じたらいいだろうか?と思うこともあるでしょう。
どちらにしろ外部情報に振り回されるのはあまりよくありません。

「どちらを信じたらいいだろう」という時は、
自分の思いや考えが定まっていない時です。
だから外部情報に振り回されてしまいます。

内面では何も起こっていませんから、
心の奥の静かな部屋をいつも静かに保つようにしましょう。

本来そちらが先であり、普段からその静かな部屋から
こちらの世界を見ることができるといいです。

自分の心の窓からこちらの世界を覗いてみると
いろんなことが起こっていますが、窓の中から覗いていると
映画を見るように外側で起こっていることのように感じます。

それを続けていると、外の事象と内の感覚との接点が見つかるでしょう。
それが見つかれば、またそこから新しい窓が開きます。

では、楽しい5月をお過ごしください。

「和音」2015.5.1

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

メルマガ登録をぜひどうぞ! → メルマガ登録

5/7 もうすぐです!
何が起こっても”揺るがない”自分の作り方セミナー ←詳細はクリック!

電子書籍「人間という名の家畜: 常識という檻から抜け出す7つの秘訣」好評発売中。

セッションメニューはこちら!

blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

↑このページのトップヘ