いのちおりblog - 本来の自分に還るために

人生をよりクリエイティブに生きたいあなたに贈る
   悦月(えつき)のブログ(旧ブログタイトル:たまむすひ)
                                    

カテゴリ:「和音」 > 「和音」2011

blogranking←ワンクリック・ワン波動アップ♪

内に秘めたるパワーはまずは怒りとして噴出してくるであろう。
その最初の発露を抑圧してしまえば、本来の力はなかなか出せない。
封じ込めている感情を放出してしまえば、
その奥にあるあなた本来のすばらしい力が現れてくる。

だからネガティブな感情が出てきても否定しないように。
身体と心に溜め込んだ毒は一度出さねばならない。
出してしまえば、清らかな泉がわいてくる。
その作業を怠らないように。
物事には過程というものがあるから、
あなたの中に秘むすばらしい力を取り戻すために
一度は汚濁を通らねばならぬ。

できる自分を信じなさい。
あなたはそのプロセスを通して、本来の自分に戻れるのだから。

(Y.Mさまへのえなふメッセージ 11.1.20)



例えば、汚い話ですが、大便は汚いと思って出さないようにしているとどうなるか?

出すまいと我慢したところで限界がありますし、漏らせば臭いし、出さないままだと不健康です。
便秘でなかなか出せない人もいますが、便をためこんでいると確実に体調を悪くしていきます。

体調のよい人は毎日快便します。
子供はうんちをするのが快感だそうです。
だから「うんこ」と言っては大喜びして笑うらしいです。

ネガティブな感情も同じです。
いやだ、みたくないと心の中に閉じ込めてしまっても、いつか表に出てきます。
臭いにおいのように防ぎようがなく、なんらかの出来事としてあなたの前に現れます。
内に塞いだはずなのに、いつの間にやら外に違う形で現れてくるのです。

うんちを漏らしたら、見えなくても匂いますからばれますね


ネガティブな感情が出てくるのは悪いことではなく、自然なことです。
ただ、それを人のせいにしたり、その感情にこだわったりすることで悪循環が始まります。

大便出しても、私はこんな臭いものを身体に溜め込んでいるんだと落ち込んだり、自己否定したり、人のせいにしたりする人はあまりいないと思います。

なぜならそれは自然現象ですから。
出せばすっきりします。体内に溜まっていたものがでますから。

ネガティブな感情もうんちみたいなものです。
出したい時に出すべき場所に出して水に流してしまえば良いのです。

出したうんちがよくない形やにおいだったからと言って腹立てたり、自信をなくしたりする必要はないのです。

それにいつまでもこだわったところでなんにもなりませんが、私たちはもしかすると10~20年前に出したうんちに今まだずっとこだわっているのかもしれません、、、^^;


よくないうんちがでたらどうしよう?と不安になって毎日悩んでもよくなるわけではありません。

また、自分の出したうんちについて、「あんたが・・だから」と誰かを責めても、あなたが快便になれるわけではありません。


下痢や便秘にならず快便になるには、身体によい食べ物を食べればよいですね。
何を口にいれるか?が大事です。

あなたの心を澄んだ状態にするのも同じです。

何を口にするか?
つまり、何を言うのか?何を思うのか?があなたの感情の食べ物となります。

心の快食快便をして健全な精神状態でありたいものです。



blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

悦月のセッション詳細はこちらから

blogranking←ワンクリック・ワン波動アップ♪

5月は新緑の季節です。
新しい葉がどんどんと出てきて、植物の生長が一気に始まります。
季節も勢いのある夏に向けてどんどん活気が出てきます。

物事が新しく動き出す時、その心の準備ができている人は、その流れに乗って勢いを増していきます。

まだ冬から春への季節の移り変わりの目覚めの途中の人は、急激な変化についていけず、情緒不安定になったり、無気力になったり、イライラしたりします。

変化しないまま眠っていたいのに、まわりはどんどんと変化していく。

それについていけなくて自分の殻に閉じこもってしまいます。
そして、私は見ない、聞かない、知らない、わからないと、やってくる変化に順応するより、心を閉じて、何も起こっていないフリ、何かが起こっていてもそれに気づいていないフリをします。

例年の今頃の季節にも起こっていることですが、今年それをするとちょいと致命的かもしれません。
なぜならその後の自己開花がもっと難しくなる状況がやってくるかもしれないからです。

今すべてに心を閉ざし、背を向けて自分を護っているつもりでも、その影はより大きくなって、外象の出来事としてあなたにふりかかっていきます。

逃げ場がなくなる前に向き合う姿勢をもちましょう。
勇気を持って自分と向き合い、もう必要のないものを思い切って手放してしまえば、身も心も軽くなり、楽になっていきます。


今月は自分の殻に閉じこもりたくなる心境が起こるかもしれません。
自分を見つめるためにそれをするのはいいけれど、何かから逃げるため、変化に背を向けてそれをするのはできるだけ避けましょう。
思い切って対峙することで状況は変わっていきます。

今月はエネルギー的には山あり谷ありですが、全般的に穏やかな波動です。
が、人間の出す波動がそれをかき乱して悪質なエネルギーに変換してしまうこともよく起こるかもしれません。

自分が常にニュートラルな状態、真澄の澄んだ清い心境にいることができれば、本来の今月のエネルギーに気づけます。

その心を保っていない人は、表層に揺れ動いている人間の想念エネルギーにとらわれ、悪い「夢」を見そうです(この「夢」は未来に対するイメージなどです)。

丹田を据えてどっしりと構え、大地に根を下ろし、中心軸をしっかりととる。

心は、真空状態のように、すべての可能性を含みながらも無心な状態、
すべての可能性を含みながら無心であるので、あらゆる変化にも柔軟に適応できる。

そういう心理状態をできるだけ保っていただきたいと思います。

人間が創り出す想念エネルギーの影響が、大きくこれから起こる出来事に影響していきますので、不動の心、真澄の心をしっかりと保ち、何が起きようと自分の中心軸に戻る、つまり平常心を保つように心がけてください。

そうすれば、本来のエネルギーに乗って地球と共に変化していけるでしょう。

「和音」2011.5.2



<Three little birds - Bob Marley>

"Don't worry about a thing,
'Cause every little thing is gonna be all right.
Singin': "Don't worry about a thing,
'Cause every little thing gonna be all right!"

Rise up this mornin',
Smiled with the risin' sun,
Three little birds
Sit by my doorstep
Singin' sweet songs
Of melodies pure and true,
Sayin', ("This is my message to you-ou-ou:")
Singin' (Repeat)

Singin': "Don't worry about a thing, worry about a thing, oh!
Every little thing is gonna be all right. Don't worry!"
Singin': "Don't worry about a thing" - I won't worry!
"'Cause every little thing is gonna be all right."
(repeat&fadeout)

「心配しないで
どんなに些細なことでもすべてよくなるから大丈夫」
歌ってるよ:「心配しないで
どんなに些細なことでもすべてよくなるから大丈夫」

今朝、夜が開けて
朝日が微笑みかけた時
3羽の小鳥が
僕んちの玄関にちょこんと座ってたんだ
甘い歌を歌いながら
ピュアで真実のメロディの
「君へのメッセージだよ」と言って
歌ってるんだ

歌ってるよ:「心配しないで、心配しないで
どんなに些細なことでもすべてよくなるから、心配しないで!」
歌ってるよ:心配しないで - 僕は心配しないよ!
だってどんなに些細なことでもすべてよくなるんだから大丈夫」

(悦月のつたない和訳ですが、、、)


blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

悦月のセッション詳細はこちらから

blogranking←ワンクリック・ワン波動アップ♪


あなたは誰がなんと言おうと、光の子です。

それをお忘れですか?

まわりが何を言おうと惑わされないでください。

あなたが自分の源をしっかりと知っていれば良いのです。

その信念は燦然と輝き、恐れるものを癒します。

自らの放つ光においてのみ、真実があります。

あなたがその光を放っていれば、何が起きようといずれ正されます。

すべては学びの過程ですから、誰をも咎めることはできません。

あなたはあなたの光のみ専念してください。

あなたの内なる光が輝けば、まわりを照らします。

まずはあなたの中にその光を輝かせなさい。

光満ちて、満ちあふれて。

あなたは自分が光の子であることを思い出すでしょう。

(K.Yさまへのえなふメッセージ 11.1.3)


☆ あなたの女性性を引き出す秘符「えな符」無料配布中


blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

悦月のセッション詳細はこちらから

blogranking←ワンクリック・ワン波動アップ♪

12~13日には地球の慈愛が増したのを感じました。
6日には「自然が人間の味方を始めた?」とノートにメモっていました。

慈愛が増しているのは、残念ながら事態が緩和するという意味ではなく、その反対でした。
今回初めて、地球が意志を持って人間に呼びかけているのを感じました。
それであわてて書き留めました。
下記文章は、地球から発されているエネルギーを私が言語翻訳したと思ってくださればよいです。
最後に「和音」と記されている文章はたいていそんなもんです。
なので「私」は地球のことと思ってください。
地球が今、発しているエネルギーを言語化するとこんな感じってなことで。

-------------------------

古き良き共よ。
私たちは同じ星に生まれ、育ち、この地球においてすべてを分かち合っています。
遥かなる時を経て、私は再び目覚め、あなた方に呼びかけます。

私たちが昔、共に協調し合い、暮らしていた頃をどうぞ思い出してください。
あなた方の太古の記憶の中にそれはあります。

私たちは別々の存在ではありません。
地球という星を共に分かつ者であり、また地球を構成するかけがえのないひとつひとつの存在です。
私もまたあなた方を抱え、共に歩んでいきたいと思っています。

今、私は大きな変容の最中です。
これからは今まで長い間、眠っていた諸々の機能(器官?)を再び蘇らせ、修復を図らねばなりません。
そのためにあなた方人間に迷惑がかかることがあるかもしれません。
あなた方が私の波長を読みとり、他のエネルギーに変換してくださるようであれば、それは少なくてすみます。

どうぞ私、地球に反発、抵抗しないようにしてください。
今起きている変化は、私自身どうしようもないのです。
生態系もそのまま保ち、生物への被害も最小にとどめておきたいですが、如何せん、私の意志ではどうにもなりません。
あなた方人間の意志が手伝ってくれることにより被害は軽くなります。

どうかご自身の内面深くを探り、本来のあなた方の姿を思い出してください。
私たちは共にいたのです。
何の問題もなく、助け合い、喜び合い、生きていました。
その頃をどうぞ思い出してください。

私はこれよりますます大きく変化しなければなりません。
それを前もって感じて変化させることができるのはあなた方人間のみです。

動物たちは変化を前もって感じとることはできますが、意図でもって変容させることはしません。
彼らはもっと深いレベルで自然とつながっているので、変容させることよりそのまま受容して、自己を選ぶより自然の動きに合わせてしまいます。

人間はもう少し自然から自立しているところがあるので、意志でもって変えていくことを知っています。
残念ながらそれは違う方向に用いられて今の環境になってしまいましたが。

どうぞ地球に波長を合わせ、波乗りをするように柔軟に対応していってください。
私はすでに目覚め、どんどん覚醒していっています。
あなた方も同様です。

なので、相互にコンタクトをとることは以前よりやりやすくなっています。
少しでも多くの人が地球を感じることができると、新しい一体感のエネルギーが生まれ、状況が急速に変わっていきます。

別離、分離の時代は終わりました。
どうか私と共にあってください。

「和音」201.4.13


自然や地球から発する慈愛のエネルギーが増したのは、彼らなりの緊急メッセージのようだ。

私たちに、自分たちの持っている慈愛を思い出せと、慈愛のエネルギーで自分自身を満たせと、呼びかけているらしい。
地球は愛のエネルギーを放出して、人間に、人間が持っているそれを感じさせ、思い出させようとしているらしい。

また、太古に私たち人間が地球の鼓動と調和して過ごしていた頃の感覚を私たちに取り戻してほしいらしい。私たちのDNAの中にそれはある。


が、人間、その他のことで忙しく、とてもそんなことにかまっていられないみたいだ。困った、汗。

母性もしかり。
そういうエネルギーが足りない。

男性エネルギーの競争、闘争、勝ち負け、正誤、論理、論議などのエネルギーの方が今は強すぎる。

放射能汚染のことで、母たちは子供のことが心配で、温かい母性どころではない。

西日本の人間よ、世界の人よ、平和な地にいる人は、お願いだから自分の波動をあげてくれ。
東日本の人々や闘争、災害が起きている地の人は不安が多すぎてなかなかそうはなれない。

地球が大きく動き出しそうな気配がある。
人間が早くこだわりを捨て、自然体に目覚めれば、それが緩和できる。
けれども人間が、恐れから生まれる諸々にこだわり続けるとたいへんだ。


大いなる大地、母なる自然を感じながら生きていた頃、
その時に心の中にあった慈愛を思い出せ。

今の感覚とはかなり異なるはずだ。
でももともと備わっている感覚だ。ただ忘れている感覚だ。

新しい一体感のエネルギー、、、
これは地球と私たちがひとつである、つながっているという感覚だ。

人間もまた地球の自然物である。

「人間と地球」という「自と他」の関係ではないのだ。
「人間=地球」あるいは「人間∞地球」。

人間にその意識が芽生えると(思い出すと)、奇跡が起きる。

私たちが今想定している危険性は自我の領域のものだ。
自我(左脳顕在意識)は脳全体のごく1割以下。
残り9割以上に奇跡が潜んでいる。

1割以下の現実世界を信じるか、9割の未知の世界にジャンプするか?


自然への感謝を。
今度は心に青い美しい地球のイメージを。

今も昔も地球は慈愛に満ちている。



Heal The World(「マイケルの遺した言葉/マイケル・ジャクソン氏の歌詞の日本語訳詩集」より)(訳文は動画とは少々違います)

There's A Place In
Your Heart
And I Know That It Is Love
And This Place Could
Be Much
Brighter Than Tomorrow
And If You Really Try
You'll Find There's No Need
To Cry
In This Place You'll Feel
There's No Hurt Or Sorrow
There Are Ways
To Get There
If You Care Enough
For The Living
Make A Little Space
Make A Better Place...

君の心の中には
愛に溢れた場所があるんだよ。
その場所は
ずっと
明日よりも希望に溢れている。
もし君が本気でそれを見つけたら
もう泣く必要なんかないって
ことがわかる。
そこでは痛みや悲しみも
なくなったように感じられるんだ。
そこを見つける
方法はあるよ。
もし生きている全てのものを
大切に思う気持ちがあるなら。
心にほんの少し、その場所を。
もっと素敵な場所を。

Heal The World
Make It A Better Place
For You And For Me
And The Entire Human Race
There Are People Dying
If You Care Enough
For The Living
Make A Better Place
For You And For Me

この世界を治そう。
もっと素敵なところにするんだ、
君たちや僕のために、
そして人類みんなのために。
死ななくていい人たちが死んで行く。
もし全ての命を
大切に思うなら、
もっと素敵な場所にしよう、
君たちや僕のために。


If You Want To Know Why
There's A Love That
Cannot Lie
Love Is Strong
It Only Cares For
Joyful Giving
If We Try
We Shall See
In This Bliss
We Cannot Feel
Fear Or Dread
We Stop Existing And
Start Living
Then It Feels That Always
Love's Enough For
Us Growing
So Make A Better World
Make A Better World...

わけを知りたいかい?
そこには偽りのない
愛があるんだ。
愛は強いよ。
だって与える喜びが
その全てなんだから。
やってみれば、
きっとわかるよ。
この喜びの中では
恐れはもう感じられない。
僕らはただ存在することをやめ、
生きることを始めるんだ。
そうすればいつだって
愛こそが僕たちを
成長させるのがわかる。
だから、もっと素敵な世界を作ろう、
もっと素敵な世界をね。

Heal The World
Make It A Better Place
For You And For Me
And The Entire Human Race
There Are People Dying
If You Care Enough
For The Living
Make A Better Place
For You And For Me

この世界を治そう。
もっと素敵なところにするんだ、
君たちや僕のために、
そして人類みんなのために。
死ななくていい人たちが死んで行く。
もし全ての命を
大切に思うなら、
もっと素敵な場所にしよう、
君たちや僕のために。


And The Dream We Were
Conceived In
Will Reveal A Joyful Face
And The World We
Once Believed In
Will Shine Again In Grace
Then Why Do We Keep
Strangling Life
Wound This Earth
Crucify Its Soul
Though It's Plain To See
This World Is Heavenly
Be God's Glow

やがて、僕たちが
描いた夢が
喜びの笑顔を作り出す。
そして僕たちが
信じた世界が
恵みとなって再び輝くんだ。
それなのに何故僕らは
命を絞め殺し、
地球を傷つけ、
魂を張りつけにするのだろう?
簡単にわかることなのに、
この世界がいかに神々しく、
神の熱意に溢れたものか。


We Could Fly So High
Let Our Spirits Never Die
In My Heart
I Feel You Are All
My Brothers
Create A World With
No Fear
Together We'll Cry
Happy Tears
See The Nations Turn
Their Swords
Into Plowshares
We Could Really Get There
If You Cared Enough
For The Living
Make A Little Space
To Make A Better Place...

僕らは飛べる、大空に高く。
僕らの精神を死なせはしない。
僕の心の中では
君たちはみんな
僕の兄弟だ。
悪い事が起きない
世界を作ろう。
一緒に
幸せの涙を流そうよ。
国々が武器を降ろし、
農具に持ち替えるのを
見届けて。
本当にできるさ。
もし本気で全ての生命を
大切に思うなら。
心にその場所を作るんだ。
素敵な場所(世界)を作るためにね。

Heal The World
Make It A Better Place
For You And For Me
And The Entire Human Race
There Are People Dying
If You Care Enough
For The Living
Make A Better Place
For You And For Me

世界を治そう。
もっと素敵なところにするんだ、
君たちや僕のために、
そして人類みんなのために。
死ななくていい人たちが死んで行く。
もし全ての命を
大切に思うなら、
もっと素敵な場所にしよう、
君たちや僕のために。

(repeat x2)
There Are People Dying
If You Care Enough
For The Living
Make A Better Place
For You And For Me

死ななくていい人たちが死んで行く。
もし全ての命を
大切に思うなら、
もっと素敵な場所にしよう、
君たちや僕のために。

You And For Me
(Make A Better Place)
You And For Me
(Make A Better Place)
You And For Me
(Make A Better Place)
You And For Me
(Make A Better Place)

君たちと僕のために。
(もっと素敵な場所を)

You And For Me
(Heal The World We Live IN)
You And For Me
(Save It For The Children)
You And For Me
(Heal The World We Live IN)
You And For Me
(Save It For The Children)
You And For Me
(Heal The World We Live IN)
You And For Me
(Save It For The Children)
You And For Me
(Heal The World We Live IN)
You And For Me
(Save It For The Children)

君たちと僕のために。
(僕らが済む世界を治そう)
君たちと僕のために。
(子ども達のために守るんだ)


<訳後の感想>(訳者さんの)

 この曲の歌詞は、私が当初思っていたよりもはるかに根源的な内容だと思いました。「Heal The World」というサビの部分だけを聞けば、大体の主旨はわかるものの、マイケルが何を意図したかまでは感じ取れませんでした。しかし、ゆっくりと歌詞を読んで、曲を聴き、その内容を精査して行くと、その意図がよくわかるような気がします。全ての問題は、私たちの心の中にあります。マイケルは世界を変えようと言っているのではありません。自分たちの心を変えようと言っているのです。それが最後に世界を変えて行くと。

 考えてみると、私たちは「世界を治そう」と言われても、そんなことはとても難しいことがわかっています。特に自分一人の力では。でも、自分の心の中なら、今日からでも変えられる。マイケルはそれを歌っていたに違いない、と私は思いました。この曲が平易な英語で、わかりやすい歌唱法で(「チュモォン(come on)!」のようなマイケル語を使わずに)歌われているのも、このメッセージを子ども達にわかりやすく伝えて、彼らの先の先の世代まで、このメッセージを伝えようとしていたからではないでしょうか。マイケルがそこまで先を見ていたことに瞠目します。


blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m



今日のツイート
 ↓
地球が助けを求めてる?地球に意識をあわせて。母性のエネルギーをもっと!特に女性は、自分の中にある育む心、慈しむ心を思い出して。男性も自分の中の優しさを感じて。



静かに深く自分の中に入っていくこと。

私たちの肉体は地球上にある成分でできています。
私たちが身体を深く感じていくことは、
地球を感じていくこととイコールになります。

血液の流れ、各細胞の動き、微生物、内臓等の動き、
ミクロ決死隊になったつもりで細かく感じてみてください。

でも部分を感じるのではなく、全体を同時に細かく感じるのです。

そしてレゾナンス、共鳴して、眺めてください。

その時あなたは胎動している地球と同化します。
地球が何を感じているかを知るでしょう。

それを知れば、何をすればおだやかに物事が進んでいくかもわかるでしょう。

あとは静かに瞑想しながら感じること。

地球の周波数の7.8ヘルツ(今はそれ以上になっているらしい?)の音をハミングするのもいいです。

頭を空っぽにして考えずに感じることが大事ですね。

地球の周波数に気を向けて、共鳴、同調することを意図しましょう。
そしてそれを持続してください。

「和音」2011.4.4


私たちのためにも、地球のためにも、心に余裕がある人は、地球にも意識を向けてみてください。

地球に共鳴同調して、共に動く。

地球も今、生まれる苦しみみたいなところにあるみたいです。
すでに生まれてはいるのですが、新しい段階に移る前のようなのでちょっと苦しいのか?

人の助けがあれば、地球ももっとスムーズに変容できます。
人間がこれ以上足を引っ張ってはいけない。
(人間にとっては振り落とされないためにも)


blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

悦月のセッション詳細はこちらから

blogranking←ワンクリック・ワン波動アップ♪

4月8日の「144,000人の祈りプロジェクト」にご参加してくださった方々、他の方に伝えてくださった方々、ありがとうございます。

Cokoさんのブログにてメッセージが掲載されています→ BLESSED BLISS

私たちが心に何を抱いているかは、これからますます現実に影響を与えます。
今は心を平安に保つのは難しい時期ですが、それでもできるだけ心を落ち着かせ、平和や愛、感謝などを感じるようにしていただきたいと思います。
なかなかできないときは、立派にそびえ立つ美しい富士山を心に思い浮かべましょう。



「神聖なる意識へつながる」

何よりも神聖なる意識へつながれよ。

これからの世は濁はいらぬ。
濁をもったままではやっていけぬ。

なぜなら光がやってくるからじゃ。
濁を認め、濁を受け入れ、許しを乞うてこそ、なんぼじゃ。

おのれからいつまでも顔をそむけていては
おのれの神に申し訳がたたんであろう。

おのれをこの世によこした真の理由は
おのれが一番よく知っているであろう。

なぜそれを見ぬのじゃ。
なぜそれを生きぬのじゃ?

ただあることが、ただ自分であることがそんなに難しいか?

素直になれよ。
素直になった者の勝ちぞ。

すべては暴かれる。
すべて白昼のもとにさらされる。

その時にワッハッハッと笑ってしまえるようになれ。
あけっぴろげにすべてを認めよ。

もう恐れるな。誰もそなたを裁きはせぬわ。
そなた以外に誰もそなたを裁きはせぬわ。

昨日の雨は今日はもう降っていないかもしれない。
今日の晴れは明日も続くとは限らない。

なのになぜ同じであり続けようとする?
そなたがしがみついているそなたは、ほんの一粒の粉でしかないぞ。

もういいかげん見られませぃ。
何が起きているのかわからぬか?

もう目を覚ます時期に来ておる。
覚ませば良し。
覚まさねば、それもまた良し。

だが申しておくぞ。
世はたえまなく移り変わる。
何かにしがみつくのは一時のことだ。

恐れを越えて身を投げてみなされ。
何も悪いことは起きてないことに気づかれるであろう。

早く目を覚ましなされ。
みなが待っておるぞ。

「和音」2011.3.25


blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

悦月のセッション詳細はこちらから

blogranking←ワンクリック・ワン波動アップ♪

4月のメッセージですが、その前に「3月のメッセージ」をもう一度読んでいただければと思います。
今読むと以前とは違うものが見えてくるのではないかと思います。

例え話が出てくることがよくあるのですが、いろいろな解釈ができるからなのだと今回読み返して思いました。
内容が何を言っているかはそれぞれの人の受け取り方によって違ってくると思います。


さて、4月のメッセージです。


4月は芽生えの月、たくさんの植物が芽を出していきます。
3月に放たれたエネルギーは解放の道を辿り、次なる変化を促します。

エネルギーは常に変換されていくべきです。
変換装置であるあなた方は、どの方向にエネルギーを変換しているか、注意深く知る必要があります。

時空はひとつではありませんので、あなたが思い描く想念エネルギーとそれに似通ったエネルギーとが集合体となり、場を形成します。
古い場は崩れつつあり、現在、新しい場を形成中です。
この場は以前より精密に感じられ、複数が存在するように感じられます。
以前からそうでしたが、私たちは気づいていなかったです。

選択肢がいくつかあり、あなたはあなたが選んだ選択肢の世界に行きます。
いわゆるパラレルワールドというものが顕著になっていきます。
それはあなたがどの方向にエネルギー変換をしているか、それによって変わってきます。

全体的な流れとして、日本は変革の道をたどらざるを得ない。
それをしなければ、第二、第三の惨事が起きることも否めません。
集合体としての私たち日本人の意識が変わらない限り、この流れは変わりません。
重いエネルギーは変換されなければ、破壊のエネルギーとなってしまいます。


自分の中の心のバランスを取り戻してください。
自分で調整しないなら、強制的に調整させられる方向になってしまうでしょう。

これからは今まで以上に個々人がそれぞれの波動世界に向かいます。
同じところで同じことを経験しているようで、全く違う世界にいることになります。
不思議なことですがそうなのです。
お互い隣合わせでいながらも同じことを見聞きしていながらも、全く違う世界での経験となります。

これからはますます常識が通じなくなります。
従来の規則、しきたり、習慣等に固執しないようにしましょう。
新しい流れにどんどんと乗っていってください。

感情は安定せず、いろいろと揺さぶられることもあるでしょう。
けれどもこれがいつまでも続くとは思わないことです。

日本は古来から「魂振り(たまふり)」といって、身体を振動させることにより、穢れを祓い、細胞や血流を整える方法があります。

揺さぶって振り落とし、あるべき位置にすべてを戻して安定させていきます。
振動の余韻はすぐには止めずにゆらゆらと感じながら、次第に自然とゆっくりになっていくのを待ちます。この時に無理矢理元に戻そうとすると、いらぬ力が入り、バランスがずれてしまいます。

地震による大きい揺れで私たち自身も揺れています。
揺れながらいらないものを捨て、すべてもともとあったところに戻していく。
その過程が大事です。


地球の声を聴いてください。
たくさんの人が耳をすませばすますほど、地球に波長を合わすことができます。
地球の自然な揺れに自分の波長を合わせれば、共鳴相乗効果でひずみが調整されます。
それは小宇宙の自分の肉体のリズムに合わせることと同じです。

現代の自然界に反した無理なリズムに合わせるのはできるだけやめましょう。
「不自然」というキーワードはこれからどんどんつぶしが入ります。
「自然体」を心がけるようにしましょう。
生活もできるだけ自然体でいられるような暮らしにしましょう。

地球が「自然体」に戻ろうとしている今、そこに乗っかっている私たちがそれに反しても叶いようがありません。
地球と共に歩んでいく、それが一番です。
人間が地球を牛耳っているという考えはもう捨てましょう。

地球と共にある者だけが地球と共に進んでいけます。
地球を感じて進んでいってください。
地球の成長変化とともに自分自分も成長変化していってください。


「自然体」というのは、ほとんど考えていない状態、先ほどの魂振り後のゆらゆら揺らいでいる状態、ほぼそんな感じです。
一見不安定そうですが、見えない調整が入り、力が抜けているところに宇宙の意図が入ります。
あなたと宇宙初源の意図が一致すれば、あとは悪いようにはなりません。

が、そのためには、エゴのがんばりは不要です。
エゴが必死でがんばっている人は、まずそれに気づき、恐れることはないのだと知りましょう。

今月は海藻のごとく、力を抜いて揺らいでいる人の方が流れに乗っていけます。

「和音」2011.4.1


明日3日は新月。また新しく月が満ちていくサイクルが始まります。

ここに書かれているように、あなた自身が選択することがあなたの未来になっていきます。

今、報道されていること・・放射能汚染がどうなるか?被災援助は?これからの経済は?余震や噴火は?等々はまだ可能性にしかすぎません。そうなるかもしれない可能性のひとつです。

同時にこれを機会により良い方向に進んでいく可能性もあります。

あなたがどの可能性を心に思い描いているか、よくよく注意してください。
もしものときのために万全の準備をしておくことは大事ですが、自分の心が「この方向に行く!」と定めた方向に物事は動いていくと思ってください。
これからは、みんなが同じ未来に行くとは限らないのです。

3日23:32〜 新月のアファメーションは、ぜひ平和と笑顔溢れる日本〜地球のイメージングをお願いします!


blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

悦月のセッション詳細はこちらから

blogranking←ワンクリック・ワン波動アップ♪

地震でたいへんなことになっていますね。
お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたします。
できるだけ早く救助活動が進むことを、そして被害が大きくならないことを祈っております。

いつも心のことを書いているので、その方面から・・「和音」メッセージです。
これは、被災されてない方々に向けてのメッセージです。
被災されている方々はこれを読むなんてできませんからね。


たいへんなことが起きていますね。
気持ちをしっかりともってくださいね。

今さなかにいる人たちはとても辛い思いをしています。
閉じ込められている人たち、動けない人たち、火に囲まれた人たち、水に流された人たち、寒い中で凍えている人たち、余震の怖さに震えている人たち、家や家族、知り合いを失って悲しみにくれている人たち、、、。

この方達の気持ちを少しでも和らげるには、といってもとても今はそんなことできはしませんが、それでも、、、被災していない方々は特に気持ちをしっかりともってください。

私たちはバラバラではありません。
彼らの悲しみは私たちの悲しみです。

でも無事である私たちが悲しんでいるときではないのです。
自分たちができることをしていく。
彼らの代わりに私たちがしっかりと気持ちを保たなければいけません。

被災地から遠くにいて心に余裕のある人は、物見遊山や野次馬根性でテレビを見るのでもなく、清い清廉とした感情を保ってください。
できるだけ清い清い心であってください。
あなたが放つ神聖なるエネルギーが大地を浄化していきます。

この災害のエネルギーに呑まれないでください。
そちらに焦点を合わすとますます広がっていきます。

私たちが清いエネルギー(波動)を出せば出すほど、地は落ち着きます。
被害が広がらないようにするためにも、今は感覚を研ぎすまして「真空空間」に焦点を合わせてください。

悲しみや恐れや不安を感じるのは後回しにして、これ以上は悪くならないといい風に考えるようにしてください。

自分の中の愛を感じて、それを放つようにしてください。
被害の大きさを感じれば感じるほど、無念さを嘆くのではなく、自然や神に対して怒るのでもなく、今起こっていることを吸い込んで、澄んだ氣を放つようにしてください。

できる人は、自分の意識を被災地に飛ばして、そこのエネルギーを感じて(感じているかのように感じて)、清い純粋なエネルギーの津波で、あの津波の映像のごとく被災地を覆ってください。

そして、あなたのハートにその映像を保ち続けてください。

もちろんそれをしながらも、現実に実際的にできることはどんどんとしていってください。
現実的な救助や支援と自分の心を整えること、両方をやっていってください。

「和音」2011.3.12


blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

悦月のセッション詳細はこちらから

blogranking←ワンクリック・ワン波動アップ♪

心の中をデトックスしましょう。

自分の中にある思い、考えをすべて書き綴りなさい。
えんえんとすべて吐き出せるまで、書いて書いて書き続けなさい。

どんなことが出てきても気にせず書き出しましょう。
心の中にためているものは、出してしまえば、だんだんと消えていきます。

心の中を封じ込めてしまえば、忘れてしまっても決してなくなることはありません。

どんな思いを持っていても、それを吐き出す勇気を持ちましょう。
それによって自分を批判、判断する必要は全くありません。
それはさなぎになって脱皮する行為なのですから。

背負っている荷物は降ろせば楽になります。
荷を空けて、何があるのか点検しましょう。

もう必要のないものは捨ててしまいましょう。
新しい旅立ちへ向けて身軽になっていきましょう。

身軽になればなるほど楽しくなっていきます。

(M.Aさまへのえなふメッセージ 2011.2.3)


悦月のセッション詳細はこちらから

blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

blogranking←ワンクリック・ワン波動アップ♪

思い出しなさい。あなたも以前そこにいたのですから。
今、生きているのはそこに戻る旅です。

今世でなにを成し遂げるか?はあまり重要ではありません。
何かをしないといけないと思っているのは、何か社会の役に立つことをしないと人のためになっていないようで役立たずのような気がするからです。

が、本当はそんなことはありません。

今世に生まれた時にもってくる目的は魂それぞれです。
役に立ちたいと思うのは、社会が作り上げた人生の目的です。
自分に価値を見いだしたく、存在理由が欲しいので、そのように考えがちですが、そんなものはなくてもいいのです。

自分が存在しているのは「・・するためだ」とか、「・・を成し遂げたいからだ」とかいうのは、あとから自己満足のため、あるいは生きる理由として本人によって付加されたものです。

そういうものがあってもよいですが、できるならそこからも解き放たれなさい。
もっと自由になってよいのです。

存在理由などいらないくらいに自由になっていいのです。

宇宙との一体感という感覚がわかると、この意味がわかります。
ただそこにいて、あっていいのだ、とわかります。

そしてその感覚がとても気持ちよいのです。
存在理由のいらない存在となります。

存在することをすっかりと受け入れているので、
受け入れていることすら消えていまうぐらい受け入れているので、
ただあるだけの至福感を味わえます。

もしそれを味わいたいなら、「私は・・のために生きている」とか「私は・・をするためにこの世に生まれた」という思いは邪魔になります。

それは、存在や生きることに条件つけをしているのと同じです。

ひっくり返して言えば、「・・・をしていない私は存在価値がない」になります。
そして、たくさんの人がその「・・・」を十分にできていないので、「私は存在価値がない」と感じたり、できていないジレンマに苦しむことになります。

今、たくさんの人が苦しんでいるのは、自分が目標とした人生設計図の通りにできていないと思っているからです。
自分の十分な力を発揮できてないと思うのですね。

でも本当はそれも幻想です。
あなたが「自分の能力を十分に発揮すべきだ」という人生観を持っているから、それができてない人生を見て、そのギャップに嘆くのです。

あなたは、したいと思ったら何でも可能です。
それが可能になっていないのは、それより先に経験したいことがあるからです。

魂は喜びしか知りません。
三次元世界のあなたは、できていないことで苦しんでいるのかもしれませんが、魂はそれを喜んでいます。
そうやってその壁を突き抜けようとすることを楽しんでいるのです。

だから何があってもOKなのです。

魂が経験したくないことは体験できません。
どんなことでもあなたが体験していることは、あなたの魂が体験したいことなのです。
それは同時に「大宇宙」が体験したいことでもあります。

今までのエネルギーレベルではここまで理解するのはなかなか難しいことでしたが、今のエネルギーレベルは高くなっていますので、この先、これを感覚で理解する人も少しずつですが増えていくでしょう。

人生目標やミッションなどいらないのです。
あなたが今、ただあることを満喫できるなら、すべてはそこに含まれます。
そこからすべては始まっています。

これからはこの感覚で動くことがより最先端となります。
感じる世界であり、理屈は全く必要ありません。

もちろんすべての人がこれを理解できるわけでないので(この感覚を一度味あわない限り、難しいです。頭でわかる話ではないので)、人生目標を持って、それを達成するために進む方が充実した人生を送れる人がまだまだほとんどでしょう。

ここに書いたことがなんとなく感覚でわかる人は、思い切ってそちらのほうに進んでください。
今までの常識や思考パターン、認識とはずいぶん違うところがあるので、最初はすっかり手放すのは恐く感じると思います。
実体としてあるものをすっかり手放すような心持ちでしょう。
でもそこに身を放り投げてみると、とてつもなく大きな世界、今まで全く思いつきもしなかったような世界が広がっていることに気づくでしょう。

新しい世界はそれくらい自由です。
その分、すっかり自分の心次第になってしまうので注意も必要です。

存在理由なく存在するというのは、どこにもつかまらず、空中に浮いているような無重力感覚ですから。
そう思うと、重力も存在理由のひとつであるといえるかもしれませんね。
地球にしっかりと根をおろさせているわけですから。

その感覚を味わえる状態になるということは、存在理由のいらない存在になっているということ、現実的癒着がなくなった状態です。
現実的なことから自由になった時に初めて感じられます。

現実的なことを手放して、五感を研ぎ澄まし、感覚で対話するような世界に入っていくことになります。
だから具体案が出なくてもOKです。
現実的には動きにくいですが、その感覚を追っているとその方向に動き出していきます。

「和音」2011.11.22


悦月のセッション詳細はこちらから

blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

blogranking←ワンクリック・ワン波動アップ♪

ちょっと昨日の記事(「1月の新月から3月の満月にむけて」)の続きっぽい。
 ↓
春分もひとつの区切り日。今回は満月もあります。
満月のエネルギーと春分のエネルギーとその時の地球のエネルギーと宇宙から降り注ぐエネルギーが相まって絶妙なエネルギーを創り出します。

人間のエネルギーはそれに影響を受けるし、影響を与えます。
もう自然界(地球)のエネルギーのほうが人間の出すエネルギーよりも強くなっていますので、人間の出すエネルギーに自然が左右されることはあまりないです。
人間が出すエネルギー(波動)がそのまま自然界を通して人間に返ってきます。

つまり人間の集合意識が作り出すエネルギーが自然界に向かう時、自然界はすでに免疫というか、抵抗力がついて抗体ができている状態なので、悪影響は跳ね返すことができる状態になっています。

以前は抗体ができていなかったので、ダイレクトに自然は人間の影響を受けていたんですね。
人間に対する抵抗力がついたとはどういうことか?というと、人間の集合意識が放つエネルギーは、自然界に向かっても適合しないものは跳ね返され、人間に戻ってくるということです。

自然界は受けたくないエネルギーはシャットアウトするか、すぐに元に戻そうと動き始めます。
身体がばい菌やウィルスを受けた時に直そうと熱を出したり、咳をしたりとするように、自然界もその受けたエネルギーを出すために動きます。
すると災害になって人々に戻ってきたりします。

今、自然界は大調和を取り戻しつつあります。
横のつながり、相互バランス、全体意識を取り戻しつつあります。
本来、人間もその中に含まれますが、まだ人間の意識がそこまで追いついていないので、すでに一丸となっている自然界は、調和していないものを調和するために調整に入ります。

人間も全体意識を思い出し、そのエネルギーにチューニングを合わせるなら、自然界に溶け込み、調和の中に入ってきます。

自然界の全体意識につながるようにしてください。
大調和の中に溶け込めば、すばらしい世界が待っています。

春分の日以降、この大調和のエネルギーが増しますので、それまでの間に自分の心の中の大調和を準備されておくことをお勧めします。

「和音」2011.1.11


悦月のセッション詳細はこちらから

blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

blogranking←ワンクリック・ワン波動アップ♪

1月の新月から3月の満月まで大事な仕込み時期です。
12月満月月食冬至後、新たな展開が始まっていますが、今はまだ水面下に潜んでいるものがあります。
それが徐々に仕込まれている状態が今です。
人間の集合意識の練り直し、新しい再生に向けての熟成期みたいなところがあります。

10〜11月で旧時代は終わりを告げ、新時代に入っています。
が、まだプレステージ、準備期間、序章なので、まだ育てないといけないことがあります。

以前、掃除機の話を書きましたが、空っぽになった掃除機に吸い込むものは何か?ということですね。
吸い込んだものが次のあなたの時代に出てきます。

集合意識の熟成時期ですので、同じ「夢」を見ている(共有している)人々は同じ世界に移るわけですが、春分までの間にあなたが熟成させることが、それ以降のあなたの人生に関わってくるので気をつけたいですね。

地球はすでに宇宙の流れのなかに入っていますので、人類がどう動こうともその軌道は変えませんが、人類がその新しい地球と共に進むのかはまだ決まっていません。

もうすでにはっきりと次の時代の兆候は一般社会にもどんどんと出始めているので、気づき始めている人も増えています。
その人たちは自然に分かち合いの価値観へと変わっていきます。
奪い合いから分かち合いの価値観へ、自然に移行します。

1月になってかなり状況が変わっているのに気がついた人もいるでしょう。
自分が受け取る情報(ニュース、インターネット、友人から、TV、雑誌等)でどのような内容が多いか思い返してみてください。

温かい内容が増えているのなら、あなた自身の心がそうなっているからです。
よくない内容が多いのなら、あなたは旧世界にとらわれています。
自分の心の中のマイナス思考を、気づく度に少しでも前向きに変えるようにしてください。

冬の間にあなたの心、マインドの中で温められたものは、春分以降、一気に表に現れ始めます。
満月〜翌日の春分の日以降は、また一段階、波動が高くなり、いろいろなことが動き始め、加速します。

心の準備をしておかないと、息が切れてしまうかもしれません。
今から準備をしておいてください。

「和音」2011.1.11

2011年1月のアカシックレコード、1月について似たようなメッセージが届いています。


悦月のセッション詳細はこちらから

blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

blogranking←ワンクリック・ワン波動アップ♪

清くあれ。
心清々しく、顔晴れやかに、身は清潔に。

心身共に清浄さを保ち、清らかなる波動にて、まわりの気を変えよ。
おのれの行く先々、通る道筋、金粉が舞い降りたるごとく、神々しくあれ。

もはやその身がおのれのためにだけあると思うなよ。
神に、宇宙に、地球に捧げし身、すでにいただいた。


なすべきことをなされよ。
もう何も疑う必要はない。
おのれを信じ、宇宙を信じ、進むがよい。

神と共にある自分を知れ。

神は外にあるのではないぞ。
そなたの内にあるぞ。

神と一体になり、宇宙の叡智となり、
なすべきことをなされるがよい。



わからないことがあれば、いつでも聞きなさい。
あなたは答えを得るであろう。

常に耳を澄ませなさい。
肌で感じなさい。
感覚を信じなさい。

常識も知識も忘れなさい。
新たな時代には固定概念はいりません。

自由な世界ですから。
あなたが世界を創っていると知るのですから。

あなたはあなたの望む世界を創り出せます。

固定概念、既成概念を捨ててください。
「私は何も知らない」という姿勢をとってください。

そうすれば、あなたの知覚が広がり、感覚がとぎすまされ、
新しい世界が開けていきます。

もうすでにその世界への第一歩は踏み出されました。

古い世界の習慣にとらわれないように自由になってください。
新しい感覚を楽しんでください。

「和音」2011.1.1

悦月のセッション詳細はこちらから

blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

↑このページのトップヘ