いのちおり - 本来の自分に還るために

人生をよりクリエイティブに生きたいあなたに贈る
   悦月(えつき)のブログ(旧ブログタイトル:たまむすひ)
                                    

カテゴリ:「和音」 > 「和音」2011

CA390719


  暗闇の奥から光が射してくる時に
  初めて暗闇の本当の深さを知る。

  暗闇はただ暗いだけでなく、
  ありとあらゆるものが眠る宝庫なのだ。

  暗闇の中で目覚めし者は、
  その宝を知る者である。

  その宝、光り輝きし時、
  暗闇は、光の本当の意味を知る。

   (E.Mさまへのえなふメッセージ 2011.7.22)


CA390718書家の甕(もたい)さまが、えなふメッセージを書に表してくださいました。
とても迫力!
中央の大きな文字は「蝶」だそうです。

この時の作品展テーマは『未来からの記憶』。
この作品のタイトルは『アダムの創造』。


以下、作家さんのことばより。
-----------------------------------------------
私が作品展テーマを『未来からの記憶』としたその理由がありました。
書は、今のその一瞬。
そこに現れるそれは、過去もあり、未来でもあり、全部が今で…と、感じながら書いていたものですから〜。
今、これが仕上がったことは、もうきっと、始めからあった記憶。
もしかすると、生まれた時から知ってる?
そんな風にも思ったりして。

蝶は、一筆目、筆を入れた後、どうやって書いていたのか、実は記憶がないのです。
光のシャワーのように激しく墨が飛び散った箇所も、どういう筆使いだったのか、わからない。
ただ、ほんとに気持ちよかった時間でした。
-----------------------------------------------

これもまた先日の無心の話につながっていきますね。

28日を終え、これからますます「暗闇の中の宝」が明らかになっていきます。

今までの常識や価値観、史実がひっくり返るような、驚くべきことが起きるかもしれません。え?え?え?ありえへん?ということが起こって、目を白黒させるかもしれません。
それとも、あなたは「やっぱりなー」と納得するか?

『暗闇の本当の深さを知る者は、光の本当の意味を知る。』

これから共に「暗闇の本当の深さ」を知っていきましょう。


blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

悦月のセッション詳細はこちらから

  大峯山弥山での朝日

IMG_0109



 夜の闇はとても深いようでありながら
 朝になると必ず夜が明ける。

 空が空であることに変わりはない。

 あなたは空に何を見ているか?

 朝日が出るには闇を破らねばならない。
 夜になるには太陽が沈まねばならない。

 生きれば生きるほど死に近づく。

 いのちの尊さは 変化するダイナミックスにある。
 それを受け入れてこそ 初めて生きることができる。

  (M.Kさまへのえなふメッセージ 2011. 8.1)


blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

悦月のセッション詳細はこちらから

blogranking←ワンクリック・100波動アップ♪

10月は進退、進んでいく人にとっては進んでいき、退いていく人は退いていく感じです。

すでに新たなエネルギーは来ていますので、本当ならもうすでにそれに気づいているべきです。
自然界ではみんなわかっています。

この地球は、人間のものだけでも、人間が中心の惑星でもないですので、私たちはしっかりとその点わきまえたがいいです。

自然を敵に回すのはよした方がいい。
人間の力で抑えつけよう、なんてもってのほか。
自然のエネルギーや力、性質をちゃんと知り、それを活かす方向に、自分たちの生活を変えていかないとどうなるかはもう明白です。

自然を愛し、自然と共にある人は、自然がいろいろと教えてくれます。
自然に耳を傾けるようにしてください。

私たち自身もどんどんと変わってきているように、自然界も変容しています。

私たちが「覚醒」という時、霊的な目覚めなしの覚醒は危険です。
たいてい欲が出てきて、エゴが動きだし、調和を忘れてしまいます。

「自然界の覚醒」と共にある人は、我を押し通そうとはしません。
常に全体のことを考えて動いています。

今月は自然界が大きく変わっていきます。
人間も自然の一部ですから、人間も変わっていくのですが、不可思議なワンダーランドがドンドンと現れてくるので、それを楽しめる人は楽しみ、理解できなくて恐怖する人は恐れます。

自然界が今ものすごい勢いで動いています。
今までの私たちが知らなかった自然界です。
それに気づく人は、その動きと共に目覚めている人たちなので、どんどんと新しい感覚を楽しみます。

自分のことばかり考えている人は、そちらにしか目がいかないので、ものすごい可能性を見逃してしまいます。

ことばで言い得ない世界ですので、説明して頭で考えても全く意味がありません。
感じていくしかないです。

人間も自然界でも長い間眠っていた99%の可能性、これが開いていき始めます。


古い(今までの)思考、感覚、常識、理屈などが適応されない世界ですので、今までのそれに固執している人はなかなか新しい流れに気づきません。

ハートと感覚をオープンにしさえすれば入ってくるものですが、たくさんの人があまりにもたくさんの思考をしていて、それを感じる余裕がありません。

10月が終わったとしても、劇的な変化があるとは限りません。
どちらかといえば、今までと変わらない気がする世界です。
しかしだんだんと、表面上は今までと変わらないけど、全く今までと違っている、、、そういう世界に移っていきます。

自分の知覚が変わってきていると感じている人は、まさにそれを感じ始めているのでしょう。

同じ世界にいながら、見ている(感じている)ものが全く違うようにだんだんとなっていきます。

あなたが思っている未来が実現していくと思えばいいです。
未来を不安がっていれば、それを毎瞬毎瞬創造しています。

もうすでに線上の時間軸はなくなっています。(もともとないんですが)
今まだ、過去ー現在ー未来の線的時間を感じている人は、古い感覚が手放せていません。

今は、自分の目の前に見ている未来が実現していくのを追いかけるような感覚です。
過去の記憶も自分の前にあり、未来に直結している感じです。
便宜上、線的時間軸で書けば、過去ー未来ー現在となるかもしれません。

過去、未来が先にあり、現在の出来事が起こっているという感じです。
要は、自分が常日頃思っていることが今を作り出しているということですが。

時間の感覚も変わっていきます。
物質界ももう終わっていきます。

今までの私たちは、ほんの1%ほどの世界しか知らなかったんです。

が、今、残り99%とまではいかないまでも、今までにないぐらい、眠っていた可能性が開きつつあります。
それを最大限に活かすには自然との対話が必要です。
自然はわかっていますから導いてくれるでしょう。

が、反対に、自然に反することをすれば、痛い思いをします。

全体性に還っていく時期がやってきていますが、それは本当の姿の自然を感じることなしにはありえないことなのです。

物質界が終了していくにつれ、物質界のうしろに隠れていたものが現れてきますが、それを感知できない限りは、物質界以外のものがわかりません。

そこが分かれ道かもしれません。

10月が終わると、物質界にとどまる人と、潜象界を感じて入っていく人とだんだんと分かれていくでしょう。

「和音」2011.10.4


今回、読む人によって受け取り方が変わるような書き方になっている気がします。
思考による言葉では説明のつかない世界になっていくんだなーと思います。


blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

悦月のセッション詳細はこちらから

blogranking←ワンクリック・100波動アップ♪

山の中に湧く泉のごとく純粋でありなさい。

雨が降ろうと、土砂崩れがあろうと、
常にこんこんと清い水を生み出す泉でありなさい。


もともとから汚れた水などありません。
どの水も最初は純粋なきれいな水なのです。

不純物が入った水にも、もとの清い水は常に入っています。

汚れたように思えるのはその部分ばかり見るからです。


見える部分だけが事実ではありません。
見えない部分にも真実がたくさんあります。

固定概念に気づきなさい。
自分が作り出している狭い世界に気づきなさい。


私たちはもう旅立つ時に来ています。
今までの檻の中にいたような状態から
肉体を持ったまま自由になる時が来ています。

それは思考の解放。

今まで自分をがんじがらめにしていた窮屈な檻を抜け出し、
ルールのない世界に旅立つ時。


自分が作り出しているルールに気づきなさい。
気づいてどんどんと壊していきなさい。

五感で感じていることも、思考の限界で左右されています。

既成の枠組みで考えている限り、新しい世界は見えてきません。
なぜなら、新しい世界は全く違う枠組みでできあがっている世界だからです。


今までの価値観や固定概念をすっかりと取り除いてしまうと
全く違う世界が見えてきます。

土台、基盤ごと取り替える作業です。

思ってもみなかったことが現実となり得ます。


自由な発想をしてください。
自分についての悩みはもう捨ててください。

そんなことを考えている暇があったら、
他のことを考えるほうがよいです。

悩みなど幻です。

だって存在などしないから。
自分で作り上げた考えです。


新しい考えの上に成り立ってください。
自分が望む考えを知ってください。

そしてその考えを捨ててください。
古いルールを当てはめないように。

自由に、柔軟に、臨機応変に。

思考に羽がはえ、飛んでいけるように。
大空に羽ばたいていく準備をしてください。

「和音」(2011.9.28)





ある人の名についてのネームリーディングを載せました。
似た状況をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。参考までに。
 ↓
「手相は語る!H.Kさまのネームリディング」


blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

悦月のセッション詳細はこちらから

blogranking←ワンクリック・100波動アップ♪

人は誰でも迷うことがある。
迷うというのは、より良い方向に行こうと考えることである。

自分が何を選んでいるのか?
どんな方向に向かっているのか?

常に軌道修正しながら進むとよい。

間違いはいくらでもしていいのだ。

そのたびに軌道修正を繰り返し、
だんだんとブレが減っていって、
本来あるべきところに到達する。

だから何もまちがっていないのだ。
それでいいのだと知ればよい。

結局、自分の源に還っていく過程。

経験というたくさんのおみやげを抱えて、
ふるさとに戻るのだ。

大いに経験すればいい。

(E.Oさまへのえなふメッセージ 2011.2.11)


スティーブ・ジョブスの卒業式でのスピーチ


blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

悦月のセッション詳細はこちらから

blogranking←ワンクリック・100波動アップ♪


何かを得るためには何かを手放さなくてはならない、、、

そう思っていませんか?


何かを手に入れるのに、必ずしも何かを手放さなければならないことはありません。

何も手放さなくても手に入れることはできます。


自分の望んでいるものが本当にわかれば、
いらないものは自然と手放し、欲しいものがやってきます。

常に自分に必要なものは手に入ります。

手に入らないのなら、それを今、あなたは欲していないのです。


本当に自分の望んでいるものは何か?

じっくりと自分の心の中を見てみなさい。

それがはっきりすれば、あなたに必要なものはあなたのところにやってくるでしょう。

(T.Mさまへのえなふメッセージ 2011.6.17)


『苫米地英人氏「残り97%の脳の使い方」より』の記事で書いたように、私たちの思考はかなり早いうちから制限されています。

自分が欲していると思っていることは、もしかすると、本当にあなたが欲しいものではないのかもしれません。

○○になるためにあなたはがんばっているかもしれませんが、本当のあなたは、家でピアノを弾いていたい、、、のかもしれません。

一生懸命がんばっても叶わないことがあるのなら、それが本当にあなたが望むことなのか、一度じっくり考えてみると良いと思います。

自分の「こうなりたい」という思いを捨てて、天の導きのままに進む、それが一番、自分の天命に叶っているかもしれませんよ?


blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

悦月のセッション詳細はこちらから

blogranking←ワンクリック・100波動アップ♪

7、8月のメッセージは何だったっけ?とみてみたら、7月のメッセージがすごく8月の様子と似ているように思いました。

では、9月のメッセージです。


9月は決断の月です。

決断とは、決めて断つ。
あなたの心を未来に向けて決めて、過去を断つ。

とはいえ、すっかり過去が消えてなくなるわけではないですが、気持ちがこれから先の未来に向かうのか、過去を引きずりながら、過去の出来事によって未来を決めていくのか、この差はドンドン大きくなります。

過去から自由になった人は、今の自分やこれからの状況の基準を過去に求めませんので、「今」の自分が考えること、感じることで未来の自分に向かっていきます。
もっと正確にいえば、未来の自分や状況を、今この時に決めてそれに向かうので、「未来の姿を見ている今の自分」がその未来に向かって動くかたちとなります。

過去に縛られている人は、「過去にこうだったから、これからもこうだ」と、過去に起こった出来事や感情に反応して、今と未来の自分を決めます。つまり過去の延長上にある今と未来です。

この先、いわば、過去、現在、未来の幅はだんだんと狭くなります。
私たちは遠い過去から現在まで長い道のりを来たように思っていますが、これから時間の感覚も変わっていきます。

過去も未来もドンドン「今」に集約されていきます。本当は「時間」というものはなく、過去も現在も未来もこの一瞬に同時に起こり、生成されていっているのですが、そこに気づいている人はまだまだ絶対数が少ないです。


今月は心してください。
自分が過去の延長上の人生を生きていくのか、未来を新たに作り出していくのか、早く決めるほうがよいです。

どちらを選ぶかは人それぞれですが、それによってこれから経験する出来事が違ってくるでしょう。

過去の延長上を生きる人は今まで通りですので、特に書くことはありません。三次元肉体物質界で経験できることを経験していってください。

ネガティブな感情も悪いものではありません。ただ、それを経験することはつらいですが。
しかし、それを経験してみたいと思う魂もあるでしょうから、引き続き、その世界を楽しんでください。

過去を断ち、未来へ進む人は、自分の思考に気をつけてください。
残念ながら、選んだから、「はい、どうぞ」とその路線に行けるわけではありません。
まだその思考をしていない人は努力してそれに達する必要があります。

なぜなら私たちは、過去に得た情報をもとに現在を判断するパターンを持っていますので、意識的にそれを変えていかないと、気づかずにそのパターンに陥っています。私たちは日常的にそれをしています。

これからやってくるエネルギーは今までと違いますので、どんどんと古いパターンが壊されていきます。まったく想像したことのないような理解できない現象が起きたり、今までは起こりえなかったことが起きたりします。

この時、未来選択をした人は、マインドがオープンになっているので、新しいことも受け入れやすいでしょう。
過去選択をしている人は、変化や新しい体験に柔軟についていけなくて難儀な思いをすることでしょう。


知覚、感覚の変化は加速します。
ネガティブマインドを持つ人は気をつけないと、妄想を現実と思ってしまいます。すべてはあなたの心が作り出しているものだということに気づいてください。

時間が一点に集約されていくというのは、思ったことがすぐ現実化するということです。
時間が一点に近づけば近づくほど(といっても、時間は存在しないので。私たちが作り出している観念ですが)、未来予測も今現在の状況に左右されるようになります。

以前は、ずっと先も過去からの延長で予測可能でしたが、今は先はどうなるかわかりません。
「今」が変わるとすぐに反映されるので、未来も変わってしまうのです。
時間が一点に近づけば近づくほど、今も未来も近づいてくるので、今が変わるごとに未来もかわり、要するに、たくさんのいろいろな未来の可能性もみえてくるということです。
パラレルワールドが明確になってくるとでもいいましょうか。

今まで何度も書いてることですが、「今、何を考えているか?」によくよく注意を払ってください。それがすぐに未来に反映されます。

今月は、楽になる人と苦しくなる人とますます大きく分かれていくでしょう。それは外的要因ではなく、あなたの心の持ち様です。

自分の心が映写している現実に気づけば変えられます。

映写された映像をいつまでたっても現実と思っている人は、過去に基づいて生きている人です。

映写機が先にあり、映像が続きます。
つまり、映像はすでに過去になったものを映しているのです。
「今」は映写機のフィルムとなりますので、それが何を映しているかを知らねばなりません。

いくら映写された映像をどうにかしようと取り組んでも、フィルム自体を変えないことには、その映像は消えてなくなりません。フィルムは今であり、あなた自身の心です。

私たちは古いフィルムも映写機も捨て、新しいメディアに変わるべき時に来ています。もう同じ仕組みではなくなるのです。

柔軟に対応してください。
「・・・でなければ」は捨てましょう。

9〜10月(11月も?)、バリバリと古い「層」が崩壊していきます。外側の事象も個人の内面の事情も。

すでにその内に新しい層を育んできた人は、多少の動揺はあるかもしれませんが、その崩壊に戸惑うことなく、新しく出てくる「白い種」を感じることができるでしょう。

今までの(過去の)パターンが崩れ落ちていく中で、不動の心を保ってください。信じて不動の心を保ち続けると、崩壊した中から新しい息吹が芽生えてくるのを目撃することでしょう。それは今月ではないですが、感覚が鋭い人は、今月すでにエネルギーレベルでそれを感じることになるでしょう。

古い家は壊さないと新しい家を建てることはできません。
破壊崩壊の先にあるものを見るようにしてください。

より良き世界に変化していく過程として、べりべりとはがれ落ちる古いパターンをやり過ごしてください。
そうすれば、明るい未来が待っています。

「和音」2011.8.31


こちらも参考になると思います。
 ↓
新「光の12日間」

1999年を前にして、ゲイリー・ボーネルの「光の12日間」が流行った時、私はちら見であんまり信用していなかったのですが、今日、これを読んで、なるほどと思いました。


blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

悦月のセッション詳細はこちらから

blogranking←ワンクリック・100波動アップ♪

もっと自由になりなさい。
こうでなくてはならないということはないのです。

気がつかないうちに自分にルールを課していませんか?
「・・・になるには、・・・を得るには、こうあるべき」となっていませんか?

それを手に入れていない自分はまだまだ学ばなければならないことがあるのだと思っていませんか?


そんなことはどうでもいいのです。
今すぐにあなたは幸せになっていいのです。
もっと望む状況を手に入れていいのです。

それに気づきさえすれば、新しい世界が開けます。

殻を破ってください。
殻の外の世界を感じ始めれば、簡単に外れます。

殻とは、自分が自分に思い込ませているルールです。
どんなルールも変えられます。
あなたが変えたいと思えば、新たなルールを作りだせばいいのです。

(E.Aさまへのえなふメッセージ 2011.2.11)



爆発するといっていたら、新燃岳が小噴火しましたね。
自然界も煮詰まってきていて、煮詰まっているエネルギーに同調しやすいのかもしれません。


「あきらめ節」高田渡

あきらめるか、爆発するか、それが問題だ、、、。

でも、他の道もあるよね。


blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

悦月のセッション詳細はこちらから

blogranking←ワンクリック・100波動アップ♪

手書きえな符(有料)の8月分受付は終了いたしました。
今月、お申し込まれる方は9月謹製となります。
無料えな符は随時お配りしております。

えな符について


さて、数回前の記事「新たな感覚に目覚めましょう」には続きがあったのですが、急に、他記事を載せておかないといけない気になったので中断されてしまいました。

今日はその続きです。


いままでは物質重視、物質が基盤となってできあがっている世界でした。
視覚が中心となってくりひろげられる世界です。
視覚で見ると、あらゆるものは個々で物として存在し、目に見えないものはあたかも存在していないかのように思われてきました。

近年になり、氣やオーラの実在は確かめられていますが、視覚による世界は、実は氷山の一角、私たちはこの世界のほんの一部しか知り得てなかったのです。
今、それが崩壊しつつあると同時に新しい世界が開けようとしています。
知覚自体が変わってきています。

センサーを得たかのように、今まで見えなかったたくさんのものに気づき始めます。
高次元存在とかスピリットとかだけでなく、草木や石が生きて話しているのを知り、大地も空も魂があることを知ります。
すべてのものが知的生命であることを知るでしょう。

それがわかれば、あなた自身の存在が変わります。
なぜなら一人でいることがなくなるからです。

今まで見えなかったすべてのもの、聞こえていなかった声、いろんな感情、地球上の真なる営みを知ることになります。
その時、すべては物として個々に存在しているのではないということに気づくでしょう。

今と全く違う価値観と認識です。

つながりの中で育まれ、すべてのものと手と手をつないだような関係、この感覚を体得すると、今の経済状態はありえなくなるでしょう。

本当は、経済が崩壊してから新たなシステムができあがっていくのではなく、私たちがこの新たな知覚、感覚に目覚め、心のあり方が変わることによって、今までの経済システムがいらなくなるので崩壊していくのです。

始めは人々の心の中で起こりますので見えませんが、それに足る人数に達したら、外の混乱が起き始めます。

しかしすでに新たな認識に達している人は、従来のあり方で考えませんので、崩れて当然と思いますから気になりません。なぜなら新たな世界の展開を予感しているからです。


残念ながら、この感覚は学んで知れるものではないです。
心が整ってきた人たちは、おのずと感じ取っていくと思います。
思考がうるさく騒いでいる人はいくらがんばっても追求しても、この感覚には達し得ません。

心が静かに安らかにならないと気づけないのです。

7月で心の準備期間は終了しました。
これからは感覚の変革期間となります。無事に7月までに心の準備ができた人は、新たな感覚を知っていくのをとても楽しむでしょう。

心の準備ができていない人は、引き続き、向き合ってください。
それしか方法がないのですから。


こだわり続けているのは自分です。
あなたの思考です。

それは世界のすべてではありません。
本当にちっぽけなマッチ棒の頭ぐらいの大きさのものなのです。これからやってくる世界に比べると。

アメ玉一つにこだわって、スペシャルディナーコースを見逃すようなものです。
今もしあなたがこだわり続けるなら。

あなたの頭にたくさんの髪の毛が生えているのなら、白髪の一本なんぞ、どうでもいいことなのです。
それにこだわって、毎日「白髪が増えたらどうしよう?」と不安で過ごしていたら、たくさんのステキな時間をふいにしてしまいます。

今、あなたが、自分のエゴのがんばりにこだわり続けるなら、それと同じことをしていることになります。
誰かに対して苛立つ、わかってもらえないと思う、自己否定、嫉妬、怒り、その他ネガティブな感情、みなエゴの仕業です。

「これを手放さないと私はよくならない」というのもエゴの考えです。
手放さなくてもよくなる方法もあるかもしれませんよ。

エゴのワナに気づいてください。
もうそこからは出ているべき時期です。

今月からは感覚、知覚の拡大に移ります。
準備ができている人は楽しんでください。面白いですよ。

「和音」2011.8.2


もうすでに8月も半分終わりです。早すぎっ
後半も乗り切っていきましょ〜


blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

悦月のセッション詳細はこちらから

blogranking←ワンクリック・100波動アップ♪

あなたにも改革の時がやってきそうですね。
それが今月になるか、来月になるかはわかりませんが、そう遠くないうちに面白いことが起こります。
あなたが今まであまり知らなかったことに知覚が開いていくでしょう。

できるだけパワースポットや聖地に出向いてください。
そこで受ける気があなたに良いエネルギーを送り込みますので、新たな感覚に目覚めていくことでしょう。

あなた自身、感覚を研ぎすませていく必要があります。
これからは知覚の拡大、エゴの解放の時期は終わり、右脳の感覚が広がっていく時期となります。

エゴが思考を支配している限りはこの感覚は感じ得ませんので、そのためにもエゴから一歩外に出る必要がありました。
今度は肉体で感じていた従来の感覚から抜け出て、今まで体験したことのないような感覚、非日常体験、超意識といわれるようなものを感じていく時期の幕開けとなります。

肉体感覚は、現代人は半分以上を思考が支配しているので、ここでもやはりエゴ意識からの逸脱が必要となります。
すでに抜け出て右脳意識の方に重点を置き、左脳にサポート役を舵取りさせている人は、次なる展開に移れます。

新しい感覚は、従来の思考が抑えつけている肉体感覚と意識から解き放たれたところで体験できますので、まずは無意識に信じている感覚の解放と、新たに体験する感覚、知覚を受け入れようとする気持ちが大事です。

「あり得ない」というのはなしです。
左脳で限定してしまうと起こりえませんので注意を。

「和音」2011.8.2


たとえば、重力。
私たちはこの世に生まれてからずっと重力の元に生きているので、それがあってあたりまえ。
宇宙空間にいる時のように身体が宙に浮いてしまう方が非日常感覚です。

頭が上、足が地に着いている、というのは、無意識に信じている感覚です。
また、ボールを投げたらどこかで地に落ちるというのも、私たちは疑うことなく信じています。頭でそうなると考えているだけでなく、体感感覚でそれを認識しています。


「うちの家系は代々太っているから、私も太っている。やせるのは無理。」と信じている人は多分太っているでしょう。

この場合は、「私がやせるはずがない」という信念がやせる可能性をなきものにしているかもしれません。体質というのも無意識の信念(代々受け継がれてきている思考パターンなど)だと思います。

このように、無数に私たちが意識せずに感じている感覚があります。
これからはその感覚を知覚する領域を意識して広げていきましょう。

そのために、まずは、「できない」「あり得ない」「・・でなければならない」「・・のはずだ」というような物事を制限する意識から解放され、遊び心を持つ必要があります。


blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

悦月のセッション詳細はこちらから

blogranking←ワンクリック・100波動アップ♪

8月は新たな流れが始まります。
7月までに見えないレベルでいったんいろんなことの組み直しが行われ、8月にはそれが現象化していきます。
もはやひとつにくくることは不可能なぐらい多角化しており、いくつもの世界が実現されていきます。

ここではこの文章を読むであろう人の状態にフォーカスして書きます。
それでもまだいろんな状況に分かれますので、一概にこうだと言えないのが事実です。


シンプルと言えばシンプル。複雑化したといえばそう。

「思ったことが現実化する」

簡単に言えばそうなのですが、そのからくりがもっと明らかになっていきますので、それに気づく人は深遠な宇宙の構造そのものを感知し、とても複雑に絡み合いながらも、真実のシンプルさゆえに驚愕することでしょう。

つまり、わかればシンプル、わからねば、数千冊の書物でもっても、数世紀にわたって研究されてもわかりえないようなものです。

一度本当にわかってしまえば、呼吸をするほど自然であり、電気のスイッチを入れるだけのようなシンプルさです。電気がどのようにつくかを知らなくても、私たちはスイッチを入れるだけで電気をつけることができます。

宇宙の仕組みはこれに似ていて、構造を知らなくても、スイッチの入れ方を知っていれば通じるのです。
それぐらいのシンプルさです。

その扉が今月開く、、というか、わかる人にはわかる、ということです。

自然とその状態に移行している人もいれば、ちゃんと意識しながら変わる人もいます。
そこを意識した人はしっかりと宇宙創造に参加していきますので、よりよい世界に移行していくでしょう。

そこに気づかず、エゴの作り出す世界に気づけない場合は、エゴの恐れや不安にとらわれてしまいますので、それが作り出しているエネルギーにとらわれます。
ということは、そういう世界が自分の前に現れるということです。


今、私たちが生きている世界は、物質が基盤となっている世界ですので、それを元に区分されています。
なので、この地球も銀河系もひとつしかないと思っている人がほとんどですが、実体はなく、意識が作り出しているエネルギーの作り出す世界として見れば、この実体はあってないもので、エネルギー潜象界には無数の「未実体」が存在しています。

あなたが想像しうる限りの可能性の地球が存在していると思ってください。
今、あなたはその一つを選んで、実体があると思って経験しているだけです。

今、アセンションや2012問題でいろいろと言われていますが、どれも起こりうるものであり、実在しています。
可能性の地球はあなたが想像しうる限りあり、あなたはそのひとつを選んで実在として感じ取っているのです。

つまり大災害が起こる地球も、平和が訪れる地球も、何も起こらずこのままでいく地球も存在しているということです。

もっと言えば、地球さえも実在していないものです。


実在しているもの、
あなたが「あると思っているものすべて」は何か?

もうそろそろ気づいてもよい段階です。

それに気づいた人は、超複雑で超シンプルで超深遠な、今の世界を成り立たせているヒミツに気がつくことでしょう。
それに気づいた人は、今月〜来月にかけて飛躍します。

「和音」2011.7.29


8/1新月前あたりを境に、物質を基盤とした世界が終了したのを感じます。
左脳支配の世界の終了と言ってもいいでしょう。

個人のエゴの支配から抜け出るための期間はこれで終わったようです。
(といってもまだまだそれぞれの人の中では続くわけですが、本当はもう抜け出ているべき時みたいです)

なぜならエゴの支配を抜け出ない限り、今やって来ている流れに乗れないからです。

数日前から、知覚の拡大、要するに右脳の感覚が増大していく時期に入ったのを感じています。
「その扉が今月開く、、」とは、知覚、感覚の基盤が変わるということなんだと思います。

だから、早くエゴ思考から自由になりなさいってことだったみたいですね。


これからは感覚を研ぎすますようにしてください。
知識やノウハウを頭に入れるのはあまり重要ではありません。
これからは五感を鍛える方がはるかに役に立ちます。

この展開に私も少々面食らっていますが、これから知覚がものすごく大きく変わっていくように思います。思考はあんまり必要なくなっていくかも?
言語ができた時点で、人間は退化したのかもしれませんねー。

この件についてはまた後日書きます。


blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

悦月のセッション詳細はこちらから

blogranking←ワンクリック・100波動アップ♪

自分の中の中心軸を見つけましょう。

木も根っこを張っていなかったら、
いくら成長したとしてもすぐに倒れてしまうでしょう。

自分の足が地につかないうちは、
いろんなことがたいへんに見えます。

まわりがたいへんなのではなく、
あなたがたいへんだと感じてしまうのです。

大きく深呼吸しましょう。
慌てず、急がず、ゆっくりと。

自分が見ているもの、感じているもの、

本当にそうなのか? 
もっと違う見方、感じ方ができないか? 

離れたところから眺めてみましょう。

重心は下に。
大地を踏みしめて、意識を下に降ろしましょう。

(T.Oさまへのえなふメッセージ 2011.2.17)


現代人は、気が上に上がっている人が多いです。
いわば、頭でっかち、考え過ぎです。

意識を下半身に下ろし、足から大地のエネルギーを感じましょう。
グラウンディングには四股をふむのがよいそうです。


自分がそうだと思っている現実は、あなたの視点からの現実です。
他の人から見たら違う現実が展開されているかもしれません。

ということは、あなたの見ている世界は必ずしも真実ではないかもしれない?

あなたはトマトはおいしいと思っているかもしれませんが、嫌いな人からすれば、トマトはおいしくないのです。
あなたが「トマトはおいしい」というのが正しいと思っていても、それはあなたにとっての真実でしかないのです。

あなたのパートナーが○○をしてくれないとあなたは腹を立てているかもしれませんが、相手にしてみれば、まったく悪気がなく、あなたがなぜ怒るのかまったくわからないかもしれません。


そう思って、「もしかして違う考え方、受け取り方ができるかも?」と考え始めてみることが大事です。


blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

悦月のセッション詳細はこちらから

blogranking←ワンクリック・100波動アップ♪


空はどこまでも広く高い。

海は果てしなく青く深い。

あなたの魂も果てしなく尊く清い。


すべての傷が癒えた時、

真空の時が開かれるであろう。


朝に夕べに祈りなさい。

祈りがあなたをゆくべきところへ導くであろう。


 (Y.Oさまへのえな符メッセージ 2011.4.12)




その者、蒼き衣をまといて金色の野に降り立つべし。

古き言い伝えはまことであった、、、


少しずつ世界の原発が停止方向に向かいつつある?ことを考えると、
福島原発はオームであったのか、、、?

そして、ナウシカジャパンが現れた今(笑)、
私たちは新たなる時代に向けて、心新たに歩み始めねばなるまい。
火の7日間を避けるためにも、、、。


腐海が、実は世界を破壊していたのではなく、
その反対に、人間が汚した世界を浄化していたように、
本来は人間も、、、人間の持つ浄化作用 を活用すべきなのである。

ナウシカの蟲笛が欲しいなあ〜。


blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

悦月のセッション詳細はこちらから

blogranking←ワンクリック・100波動アップ♪

ゆるゆるといきなはれ。
急がんでもええ。
人生なにが起こるかわかりゃしまへん。
人生には予定外想定外がいっぱいや。

がんばるのもええけど、
がんばらんのもええ。

くるものに感謝しとったら、
なるようになっとるから、それでええんや。

ありがたいこっちゃ。

(N.Nさまへのえなふメッセージ 2011.4.5)


こうでなくてはならないと思うかもしれないけれど、
本当は、必ずしもそうでなくてはならないことはない。

自分の設定しているルールを変えたら、いかようにもなる。

この台風進路・・・マーゴンさんのように。

typh6

http://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/typhoon/typh6.html


最近、たくさんの人の意識が向くと、その出来事が回避されることが多々起きているように思います。

タッチ・アンド・ゴーの妙な進路を取ったこの神回避台風もまたその現れとみることもできます。

しかしながら、浄化も行う台風がこのような路線変更をするのは一体何を意味するのだろうか?台風の代わりにもっと大きな災害発生がおこるのでは?と心配になる人もいるかもしれません。

自分でわかりかねるときは、誰かなにか書いていないだろうか?とネットサーフィンをしたりすると思いますが、その人が書いていることが正しいかどうかもわかりゃしません。

そういうときは、自分で決めてしまえばいいと思います。


私たちは何かに対して、なんとなく「どうなんだろうな〜?」と思っていることがたくさんあります。
その時に、まず「何も選んでいない自分」に気づくとよいでしょう。


ここでは、例えば、

1)みんなが台風のことを考えたから台風が路線変更した。奇跡は起こりうる
2)台風来なかったから地震くるかも〜?と次なる災害を恐れる

このふたつの考えの間を行ったり来たりしているとしたら、迷っているより、自分の中でどちらかを選んでしまえばよいわけです。
自分が「私はこちらを選ぶ、こちらの未来に進もう」と選択をするわけです。

その選択をし続ければ、自分が選択し続ける世界にあなたは存在することになります。


この件に関わらず、何事においても、私たちは、このようなあいまいな思考を常日頃抱えています。
意識せず、漠然となんとなく思っている状態ですね。

この状態で考えていることは、念じているより実現しやすいでしょう。
なぜならあまり意識せずにずーっと考えているから潜在意識に入りやすいのですね。

だから、自分がどういう考えの中にいるか?に気づくことが大事です。
気づくことができると、意識的にその設定を変えることをできます。
要するに、「最初のルール設定に気づく」ということです。


正直、ここに書いてあることも、「うん、そうだよね」で読み終わってしまっては全く意味ないです。
自分の生活の中で、ハッとそれをしている自分に気づくことが大事です。

「あ、私は今、こういう設定の中で、このような思考を持っているんだ」

というところに気づかないと進まない。
気づいても、そのまま「どうなんだろうな〜?」とどっちつかずで考えたり迷ったりしたままでは意味がない。

そこでもう一段進んで、「自分で好きな方を選べばいいんだ!自分で設定を変えればいいんだ!」と気づけたら一歩前進。

「私はこちらの状況を選んで、その方向に行こう」と決めて選んだら、すでにその事実のある世界に移行したと思って心配するのはやめましょう。

人に言われてするのではなく、自発的に自分のしていること、考えていることに気づいて変化させることが大事です。


「選んで、そうならなかったときのことを思うと選べない」という人がいるかもしれません。

選んだのにそうならなかったら、またその時に考えればいいんです。
何回でも選び直せますから。

選びたい選択肢がなければ、選べる選択肢を探せばいい。
自分が自分に課している設定基準が変われば、選択肢も変わります。

選択肢よりも、その選択肢の元になっている設定基準のルールを見破ることができたらもっといいです。

「決めたことがその通りにならなかったらいやだから決めない」という設定の思考パターンにいる自分に気がついたとしたら、その思考パターンの中にいたいのか、違うルールに移りたいのか、考えてみるとよいと思います。


台風6号マーゴンさんの進路変更は、それを私たちに知らせるためのサインなのか?
そうでないかもしれないけど、私はそのように受け取って、これからますますこのようなゆかいな奇跡が起こりうる日本にいたいなと思います。

そう思うと楽しくなってきます。
次はどんな奇跡が起こるかな?

PS.
しかしながら、東日本の方々は、まだマーゴン台風6号さんの影響が心配されます。十分に気をつけてください。


blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

悦月のセッション詳細はこちらから

blogranking←ワンクリック・100波動アップ♪

もうそろそろ私達母親が魔法使いだった頃を思い出してください。
女性は、共鳴、共感できる能力を持っています。
それは魔法の基本です。

身の回りのあらゆるもの、身体のあらゆるところに話しかけてみてください。
すべてには魂があることを思い出してください。
子供達はみんな知っていますよ。

私達はひとりではありませんから、
いろんなもの、いろんなことに囲まれて生きています。
共存しているんですね。

あなたと共にあるものは、あなたがちゃんと話しかければ聴いてくれますよ。

思い出してください。
すべてのものと対話していた頃を。

子供達を見てください。
すべてのものと対話していますよ。

子供達に伝えてください。

-------------------------
今ね、あなたたちの身体に今まで入ってこなかったものがね、やってきつつあるんだけど、あなたのからだや細胞さん、血液さん、内臓さんや各組織、からだのいろんなところにね、大丈夫だからって伝えてあげてね。
今まで知らなかったものが入ってきて慌てるかもしれないけど大丈夫。

おなかこわしたらね、水みたいなうんちが出て痛いけど、からだがいらないものを出すためにがんばってくれているから悪いことじゃないの。それと同じようにからだに必要のないものがはいってきたらね、速やかに出て行くようにしてねって細胞さんに伝えてあげるの。

あちこちの細胞さんに伝えて、「ぼくのからだが一番健康な状態にしておいてください」ってお願いしておくの。

そしてね、朝晩、「いつも健康なからだにしてくれてありがとう」ってからだにお礼をいうの。

そうしていたらね、からださんもうれしくなってもっと元気になろうってしてくれるから。

「からださん、今日も元気にからだを動かしてくれてありがとう。細胞さんも血液さんもありがとう。また明日もよろしくね」って伝えておこうね。

-------------------------


お母さんは魔法使いだから、お母さんが愛情を持って声をかけるものはすべて言うことをきくの。

お母さんが食べる物や住むところやからだにありがとうと感謝して、こうあってほしいと伝えていると、まわりのものは言うことをきいてしまうんだ。

だけど、本気で信じて楽しんで言わなきゃダメだよ。
どうなるだろうか?とか、気休めじゃん、なんて思って言ってたら効かないから。

魔法使いが自分の魔法を信じないなら、魔法はかからないよ。
ずっと昔は、お母さんはみんな魔法使いだったんだから。

植物や食べ物に話しかけるだけで、薬にしてたし、病気もいっぱい治してた。
もうそろそろその能力を思い出そうよ。

ちゃんと身体や身体の微生物たちは身体と共存しているから、その大事さはわかっているから。
こうしたら健康のままだよってことを伝えてあげれば、ちゃんと言うことをきいてくれる。

放射線さんも悪気はないんだよ。
たまたまあなたたちの身体に来てしまったわけ。
事情を話して出て行ってもらうようにすると、出て行ってくれるよ。
ちゃんとわかってもらえるように話してね。

それでも量が多すぎると難しくなるから、その前にそうならないようにしてね。
骨を折ってから「ひっついて」とお願いするより、骨を折る前から「元気で強い骨であってね」とお願いしておく方が楽だし、怪我になりにくいの。
おまじないのようだけど、大事なことなの。

もうね、世の中はエネルギーの世界に移行しているから、前までとは違うの。
あなたたちは魔法使いだったんだから、そういうことできるのよ。

また大昔と同じになってきた。
話なんてできないと思っていたものと話ができるようになってきた。



お母様方へ

子供たちに光のフィールドを身の周りに張るように教えてください。
卵型の光のケース(繭みたいな形、ガチャポンケースでもいい)に、自分の全身が包まれて、放射線は通さないイメージです。

その形を子供さんがイメージできるように話してあげて、お母さんがすっぽりとそれでお子さんを包んであげてください。

お子さんにもそれをつけているイメージをするように教えてください。
お母さんもお子さんがその光の球に包まれて、放射線の影響を受けないイメージをしてください。

二人がもう大丈夫と思えたら、大丈夫です。
子供の方が簡単にイメージできるでしょう。
お母さんも疑わずに、それに護られているとしっかりイメージしましょう。
その球体に包まれたあとで、細胞や身体に、先ほど書いたことを伝えるといいです。


信じる者は救われる。
これはお金は一切かかりません。
すぐにでき、いつまでも続けることができます。

ある程度習慣化したら、イメージしただけですぐにシールドができます。
続けていくと抗体ができます。
全く医学、科学的検証はないですが、太古の智慧です。

愛と調和の世界にすでにいる人はこの効用がよくわかると思います。
ぜひやってみてください。

「和音」2011.6.20


光の薬の話が出た頃から、このようなことが可能になったなと感じました。もともと私達に備わっている能力ですが、今まで封印されていたのが解禁になったというか、誰でも使えるようになったと思います。

どちらの方法にしても、実はものすごい効果がある方法だと思いますが、大半の人がそれを信じていないので、宝の持ち腐れとなっています。


blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

悦月のセッション詳細はこちらから

blogranking←ワンクリック・100波動アップ♪

7月は組み替えの月です。
6月のメッセージに路線変更が始まると書きましたが、今月がその主な月です。場合によっては8月にもかかるかもしれません。

今までの既存のあり方が崩れ、本来のもともとの形というものが現れ始めます。「もともとの」というのは、人間のエゴの想念が覆いかぶさる以前の状態です。

私達が今見ている世の中は、物質として確固と存在しているようですが、そんなことは全くなく、実体はないのです。私達が実体があると思っているだけです。私達の蓄積された想念や記憶の作り出す場がいかにも実体があるかのように見えているだけです。
だんだんとそのベールがはげ落ちていって、いわゆる「本体」が現れてきます。

といっても、本体も物質としての実体があるわけではないので、どちらかというと明らかになっていくのは、この実体があると思われている物質界は本当は幻想、つまり実体がなく、私達の想念、意識が作り出しているということがだんだんとわかってくる月です。

が、なかなかすべての人がこれに気づくのは難しいもので、エゴの思考で忙しくしている人ほど気づきません。
思考が静かでエゴのコントロールから脱している人はますますこの世界が幻想であることに気づいていきます。幻想であることに気づけば気づくほど「本体」のほうが明らかになっていきますので、長い夢から覚めていくような気分です。

路線変更とはそういうことです。

般若心経の世界ではないですが、実体があると思っていたものに実体はなく、ないと思っていたもの、今まで存在にさえ気づかなかったものが本来の存在であると気づいていきます。

肉体はここにあるけど、本体はそうではないと知ることになります。

ただ残念なことに、それに気づく人は今月から増えてはいくのですが、絶対数がまだまだ足りないと思います。それに気づく人は、意識の世界がどのように関係しているかもわかってきますので、おのずと良い住みやすい世界に変えていく方法がわかりますし、個が全体にどのように関係しているかも知ることとなります。

私達が体験している世界が幻想であることがわかってくるにつれ、本体の自分が目覚めていくので、以前書いたように「半透明化」現象が起きているように感じます。

なぜなら物事は通り過ぎていって、自分がブレない限り、自分に何の影響も与えないことがわかるからです。
ただやりすごしていると消滅する、そんな感じです。

が、たいていの人は日々の雑念と情報に忙しく、エゴの世界止まりですので、それを知ることはありません。
気づいた人はできるだけ多くの人がそれに気づけるように広めていってほしいですが、耳を傾けようとしない人には何を言っても通じないでしょう。


7〜8月の間に、物質界のみに留まろうとする人と、物質界に肉体を置きながら精神は魂とつながり、違う次元になる人との差が大きくなっていきます。

事の本質を見抜いた人は、表面上の出来事に振り回されることなく、自分の信念のもとにブレない自分、神の視点を養っていきます。
「神の視点」とは、すべてを受け入れ、批判も判断もしないし、手を下したりもせず、ただ見守っている状態です。

しかしながら、神の意志、意図というものは存在するので、あなたの中の「神の意図」は何か?は知る必要があります。
なぜならそれがあなたのいのちの原動力であり、生きる動機だからです。バッテリーみたいなものです。

ここに電源が入ると、常に神のパワー、つまり大宇宙根源の無限大のエネルギー貯蔵庫から供給をいただくので、エネルギーが枯渇することはないです。


あなたの中心となるものが、三次元の肉体、つまりこの世を基盤にするのか、肉体ではなく、ハイヤーセルフにつながる精神体に基盤をおいて、この世のことは移り変わりゆく映像のように見ていくか、大きく分かれていきそうです。
少なくともこの話を読んでいるあなたには後者になられることをお勧めします。


現象界ではますますたいへんなことがおこる可能性は大です。
インフルエンザにかかると急に高熱が出てたいへんですが、たいてい数日で熱は下がり、症状も消えていきます。
外的につらいことが起きても、そのうち消えると思ってあまり妄想をふくらませすぎずに過ごすことが大切です。

人によっては今月それを試されるかもしれません。
これは幻想なのだと傍観し、やり過ごすことができると、早いうちにその苦悩から脱します。

自由とは、「何も所有していないがうえに、すべてを手に入れている」、それを知っていることを指します。

あなたが自分さえも自分が所有していないのだと気づいた時、大いなる宇宙があなたを祝福し、迎え入れます。

昨年7月に準備されたゲートは今年の夏に開きます。
準備されたし。

「和音」2011.7.2




blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

悦月のセッション詳細はこちらから

blogranking←ワンクリック・100波動アップ♪

6月30日未明、体感できる揺れではないけれど、地鳴りみたいな、ずっと深いところでの動きを感じました。
起きてからもなにかヘン、、、落ち着かない感覚。

今日は昨日よりましですが、地中深くで「龍が動き出している」という感覚がします。
一匹の龍ではなく、水槽の中でたくさんのどじょうが蠢いているような感じの動きです。
まだ方向性なく、蠢いている状態。目覚め、、、。

ということで気になったので、書き取りをしてみました。
判断はお任せします。

-----------------------------------------

龍が動き出しています。
待ちに待った時。

日本列島が動きます。

ここでいっているのはエネルギーレベルでのことです。
たくさんのエネルギー体、つまり目に見えないエネルギー体の大変遷(組み替え)が始まりますので、その影響を受けることはあるでしょう。

まだ誰にも何がどうなるかわかりません。

エネルギーレベルでの組み替えが起きると、現象界にもいずれ現れていきます。
すぐに現れる場合もあれば、時間がかかるものもありますが、それは物質界に近いレベルでのエネルギー層がどのような状態かによります。

エネルギーレベルで身体のあちこちを変換されているような変な感覚を得るかもしれません。

日の本の龍の目覚めです。
大改造です。
機械でいえば、あちこちのパーツを取り替えて、旧式から新式になるような感じです。

日の本の龍体も生きていますので、もうすぐその意識も目覚めることでしょう。
私達がただの陸地だと思っていたものが、ひとつの生命体だと知る者は少ないです。

地球がひとつの生命体であるように、「日本」という龍体が意識を持ち出すということです。

すべては大は小を含む順番ですので、人間 < 日本 < 地球 < 太陽系(まだまだいろんな区分けはできますが、今はこれで)で意思が働きます。

つまり、大きい方の意志が優先されるということです。

一人の人間より日本、日本より地球、という風に、例えば、地球の意志に反して人間がなにかしようと思ってもほぼ無理という事態となります。

自分のエゴより、日本、日本より地球の思いを汲んで動くと、とてもスムーズに流れます。

エゴをなくすことです。

そうすれば、日の本の龍体や地球の意思がわかってきますので、気持ちを合わせて動いていくことができます。

自分自身が龍体となり、地球となることが大切です。
感じてみてください。

「和音」2011.7.1


私自身が思うに、もう一段踏み込んで言えば、この「大は小を含む」は「小は大を含む」とも言えると思います。

自分自身が龍体となり、地球となり、宇宙となっていく、、、

そうすると、宇宙の意思、地球の意思、日ノ本の龍の意思を知り、自分の意思がそれを含む状態になっていきます。

宇宙論の話をしなくてはならなくなりますが、宇宙創造は ∞ にすべて記されているので同時創造であり、主体客体も本当はないので、、、というところまでいくと、上記の文章は、まだ意識が分裂している状態の理解レベルの文章かもしれません。その方がわかりやすいけど。


龍と言えば、、、、
水玉を依り代とした四十数体の龍神が「天寶璃宮」に集結


blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

悦月のセッション詳細はこちらから

blogranking←ワンクリック・100波動アップ♪


天の都合と人の都合は往々にして相容れぬ。

人は自らの都合のみを考えるが、

天は宇宙の都合を考える。


宇宙が良しとすることは理にかなっているのだが、

人にはそれが見えぬ。


自分の都合を天に押し付けてはならぬ。

またそれを自分に跳ね返らせてもならぬ。


何があっても、それがベストの状態と思いなさい。

あなたが天を信じるのであれば、天はあなたを悪いようにはしない。


天の根っこは愛だから。

その根っこにつながっていなさい。


(A.Kさまへのえなふメッセージ 2011.6.2)


☆ あなたの中のenough(満ち足りた)な女性性を引き出す秘符 ☆えな符☆


blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

悦月のセッション詳細はこちらから

blogranking←ワンクリック・100波動アップ♪

空の向こうに燃ゆるは花
赤々とゆらぎし魂の記憶

今そこに見えるは水の玉
まわりを映し出し おのれは虚空に座す

水の記憶は二つある

水の表面に映りしものと 
水そのものに由来するもの

水に関わる者
水の表面のみ見れば 
その世界に住み 本質を知らず

水の魂を知る者
水に溶け込み、水と化す

その差、泥濘(でいねい)のごとく

たくさんの者の住む世界
水の表面しか見ず
映し出されるものは おのが世界

水玉はすべて知っている
表面にとらわれずば 水となる

おのが心を映し出さず
水に溶け込み 自由な存在となる

水の神とは 
水の霊を知る者 水の記憶を育む者

水玉の内から外を見て
水の響きを知っている

水を理解する者は うわべに留まらず
ひとつとなりて 
万物を潤していくことを 心得ておる

「和音」2011.6.19(ある水の神様より)


blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

悦月のセッション詳細はこちらから

blogranking←ワンクリック・100波動アップ♪

たまをもて

くもりひとつないたまをもて


清らかなる水にて清められし 

純粋無垢の御魂

泉湧き出し時 生まれ出づる魂

大海にて和合す


河の流れは険しくも 岩をも削り 流れゆく

魚たちとともに泳ぎし先は

大いなる海 母なる智慧

すべてのものが始まる世界

今一度 その時を思い出せ


我こそは 我こそは

汝は 汝は

誰ぞ?


大海にて答を見つけよ

すべての流れがひとつになる時に 

新しい時が始まる

たまを得し者 流れをも得ん


「和音」2011.6.14


*「たま」は、魂、霊、玉、球、どれがあてはまるかわからなかったので、ひらがなにしています。昨日の「天空の龍の使いの言葉を聴け」の次に出てきた言葉です。


blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

悦月のセッション詳細はこちらから

↑このページのトップヘ