いのちおりblog - 本来の自分に還るために

人生をよりクリエイティブに生きたいあなたに贈る
   悦月(えつき)のブログ(旧ブログタイトル:たまむすひ)
                                    

カテゴリ:「和音」 > 「和音」2009

  道は開けています。そのまま前にお進みなさい。


             「松尾」より 10.25

blogranking←いつもありがとうございます^^

☆解き放たれていないものを開放するアファメーション
 (とくに身体)

◎寝る前に唱える

「私をしばりつけている不必要な観念、呪文、契約、取り決めを手放します。
 私は何ものにも縛られない自由な存在です。からだが覚えている呪縛を今開放します。」


◎他の時に、朝起きたときなどもよい

「私はすでに開放された。私は自由だ。私はなにものにもとらわれない」
と大きく深呼吸したあとでいう。
「HA」の呼吸法(フナ)のあとでもよい。

「和音」より(10.6)

blogranking←あなたのクリックに感謝します^^

悦月の占いカウンセリングはこちら

悦月の手相ブログはこちら

blogranking←いつもありがとうございます^^

新たに事を始めるためには一度破壊が必要です。
何も心配することはありません。
浄化して新しくして、新しいエネルギーで新たに作り直せばいいのです。

そうやってあなた自身のエネルギーも新しくしてください。
破壊から再生へ至るときは、変化の過渡期です。
だから楽ではありません。
産みの苦しみです。
でも過ぎてしまえば、とてもよいものが待っています。
成長した自分と新たな世界、もっと自分らしくのびのびとできる次元、
そういうところに降り立ちます。

もう少し四苦八苦して、今の自分の価値観、考え、制限、思考パターンを見つめ、手放していって下さい。

痛み、重み、苦しみがくることに感謝しましょう。
なぜなら、それがくることによって、あなたはそれを感じて手放すことができるからです。
痛みを感じて、その痛みの中にある思いを感じて、開放しましょう。

「和音」より (10.10)


blogranking←あなたのクリックに感謝します^^

悦月の占いカウンセリングはこちら

悦月の手相ブログはこちら

blogranking←いつもありがとうございます^^

身体が痛くなる原因は、心の問題です。
昔の記憶が身体に残っていて、今の出来事や気持ちがそれに反応して痛くなります。

あとは、破りたい殻が破れない時。
過去の記憶に反応して痛くなるときは、本当はそうでない、本来の状態でないというのを感じとって痛くなっているので、
殻を出ようとして痛くなるのと根本は似ています。
本来の自然なままの状態と今の状態のとギャップで痛くなるのです。

本来の状態に戻りたいと思う痛さ、
今のままがいやで痛む痛さ、
本来に戻ることへの恐れ、拒否感、

それで血流が滞ってしまい、筋肉も萎縮して、身体が固くなり、
痛みが発生します。

その痛みの中には、怒り、悲しさ、憤り、変わりたくない気持ち、怖れなどがあります。

その一つ一つを見て開放していくといいですが、
なかなか一つ一つの感情をわけてはっきりと認識できにくいでしょう。
これらの痛みもエネルギーですので、自分とわけて考えられるようになると、なくすのも難しくありません。

自分のものでない、自分の肉体に密接につながっているものでないと認識できるようになりましょう。

痛みも幻想です。
(あなたという肉体も幻想ですが)

あなたの思考が痛みを客観視できるといいですが。
昔の人はできたもので、からだをこすって人形に邪気を移す法など、
今は気休め程度にされていますが、本当にきちっとあれをすると、
痛みは本当に人形の方に移るんですけどね。
エネルギーの転移(化)です。

「和音」より (10.10)


blogranking←あなたのクリックに感謝します^^

悦月の占いカウンセリングはこちら

悦月の手相ブログはこちら

blogranking←いつもありがとうございます^^

まずそもそもこの世の中に絶対なるものを求めないほうがよいと思います。
常に移り変わることを受け入れてください。
流動的になってください。
時とともに流れてください。

絶対なるものを求める、信じるというのは、
あなた自身を一つの考えに固定することです。
信念を持つことは大事ですが、いつでも変化可能な信念にして下さい。
それでは信念とは言えませんか?(笑)

すべてはうまくいっている、与えられているという信念を持てると楽ですね。
あるがままがベストになりますので、自分が思う信念を手放せると、宇宙の意で動くようになります。

宇宙の意とは、調和、バランス、全体の中の部分であり、全体を成すもの、
常に全体でありながら動くもの、自分に囚われない自由さ、自分が宇宙そのもの神そのもの、、、そういう次元です。

なにものにもとらわれない、ハレルヤ。
そしてすべてを受け入れよ。

善も悪も、いいも悪いもなく、ただ平安あるのみ。
存在していることすら考えることなく、ただ「ある」ことを感じるのみ。

「ただある」ことの中に、「ただある」ことを始めるきっかけとなった”ひらめき” (つまりこれが天命)があります。
あなたのいのちの素です。

「ただあれ」ば、そこにつながります。
何もいりません。
すべてがあるのですから。

もがくのはやめましょう。
もうすでにあなたはもっているのです。

目を覚ましなさい。
今この場ですぐにあなたは持てるものに気づくでしょう。
何の不足もなく、不満もなく、ただ満たされ、満ちている状態。

「ただある」というのは、不足も満ちもなく、ただあるだけで満たされている状態、
言葉で書くとどうしても二元論的になるので言い表せませんが、これは「概念」ではなく「状態」です。

「ある」といえば「ない」が生じ、「ない」といえば、「ある」が生じる。

あなた方はこのような世界に住んでいるので、言葉では表現しにくいですが、「ある」も「ない」もない、という状態にある状態。
主体がない状態と言えばいいのでしょうか?

この状態になれば、すべての存在は同等です。
まずそもそも他者というものもなくなりますので、存在はひとつになります。

「和音」より(9.26)


blogranking←あなたのクリックに感謝します^^

悦月の占いカウンセリングはこちら

悦月の手相ブログはこちら

blogranking←いつもありがとうございます^^

机の上に何をどのように置いているかもあなたの体調と関係があります。
人体は小宇宙ですので、すべてにその法則を当てはめることができます。

家、机の上、冷蔵庫の中、車の中、カバンの中、下駄箱の中、財布の中、押し入れの中、
すべて人体と対応しています。
あなたが外のものを粗末にするということは、あなたの身体を粗末にしているということなのです。

モノを大切にする人は、自分のからだも大切にしています。
ねぎらってあげましょう。
いつも役立ってくれてありがとうとお礼を言いましょう。

あなたは世界は自分のためにまわっていると思っていますが、あなたはその一端でしかないのです。

でも、一部であり、全部です。
自分に思考があるので自分中心に考えますが、
例えば、机の上にあるペンとあなた、その価値は同等です。

人間のあなたが大切で、ペンが劣るということはありません。
存在価値は同等なのです。
使うもの、使われるものという構図もありません。
人間が勝手にそう決めているだけです。

ペンが人間に作られたものだから従属するという考えも、
人間は生きていてペンはそうでないというのも、人間側から見た考えです。
スピリットの側からみれば、存在するものはすべて同格なのです。

人間は人間の基準にあてはめて考えがちですが、それはすべてのことを小さな人間の枠にあてはめて考えているだけに過ぎません。

また、ここに書かれていることも、他の人に必ず適応するとは限りません。 絶対ではありません。
一つのアイデアとして読んでください。

「和音」より(9.26)


blogranking←あなたのクリックに感謝します^^

悦月の占いカウンセリングはこちら

悦月の手相ブログはこちら

blogranking←いつもありがとうございます^^

現代人はあまりにも調子悪い人が多く、もとの状態がどういうものか知りません。

だから自然に触れるといいのです。
自然にはまだまだ「もとの状態」がたくさんあります。
そういうエネルギーのところに長くいればいるほど、同調作用がおき、もとに戻りやすくなります。
そうなりたいと意図するともっと早いです。

または、そのような人といるのもいいです。
なりたい状態のエネルギーを持った人やもの、ところにいるのが一番いいです。

開運方位なども結局そういうものです。
自分にあったエネルギーのところにいって同調させて、
自分のエネルギーを正すために吉方位旅行などをするのです。

それができない人は、せめて部屋の中だけでも自分の欲しいエネルギー状態になるようにして下さい。

自分のからだの世話を怠る人は、家の世話(掃除、整頓)もしません。
人間の身体も住まいも同じなのです。
あなたが住んでいる家をないがしろにしていると、あなたのからだにも変調がおきます。

だからそうじがいいのです。
家を掃除してきれいにすることは、 あなたのからだをきれいにしていることにもなるのです。

そうすると、心もきれいになります。
心をきれいにしたいと思ったら、 簡単なのは、まず家の中をきれいに保つことです。

そして、身だしなみをきちんとしましょう。
あらゆるものはお互いに関係していますので、ないがしろにするのはやめましょうね。

「和音」より (9.26)


blogranking←あなたのクリックに感謝します^^

悦月の占いカウンセリングはこちら

悦月の手相ブログはこちら

blogranking←いつもありがとうございます^^

痛みは怖れからきます。
からだが変化を恐れ、痛むのです。
もっと成長することを、大きな存在になることを恐れ、
肉体を痛ませて、肉体を感じさせ、肉体が主体であるという幻想を作り出し、そこに留まらせようとします。

でもそれは幻想です。
痛みは幻想です。
痛みに形はありません。

エネルギーです。
エネルギーは変化します。
意図を与えれば変わります。

感情はそのままエネルギーに直接影響します。
心は感情が支配しています。
そこから出るエネルギーは、身体全般に作用し、病気、痛みを引き起こします。
そのもとのエネルギー状態を変えれば、病気も痛みも変わります。

では、どうやってそのエネルギー状態を変えるのか?

ひとつは、流すことです。
滞っているエネルギーを流すこと。
そのためには何に執着しているのか、何を手放したくないのか、知ること。

痛みのあるところには必ず執着があります。
それは感情を伴っています。
それを自分のものと勘違いしているので、痛みも自分のものと思っています。

でも違うんです。
もともとの肉体がちゃんと機能していれば、痛みは生じません。
なにかがうまくいっていないので、痛みが生じます。

つまり、痛みはなにかが自然でない証拠です。
それをもともとの状態にもどせば、痛みもなくなります。
そのシグナルです。

「和音」より (9.26)

blogranking←あなたのクリックに感謝します^^

悦月の占いカウンセリングはこちら

悦月の手相ブログはこちら

blogranking←いつもありがとうございます^^

自分をなくせばなくすほど、あなたは自分を見つけていくことでしょう。

もっと楽になり、もっと楽しくなります。

自分の才能を信じて。

あらゆるものをすでに持っていると知りなさい。
それはすでに与えられているのだから。

自分はすばらしいと思いなさい。
愛していると言いなさい。

あなたを必要としている人たちがいます。

目覚めなさい、早く。
ゆっくりしているひまはありません。

甘えないで、早く、眼を覚ましなさい。

「和音」より (9.24)


blogranking←あなたのクリックに感謝します^^

悦月の占いカウンセリングはこちら

悦月の手相ブログはこちら

blogranking←いつもありがとうございます^^

できるだけたくさん手放してください。
あなたは自由です。

欲しなければ与えられます。

だいたいからして、あなたがたはすべてもっているのに、 なんでわざわざ欲する必要があるのか?

欲することなしに流れに任せていけば、 それが欲するものであったとわかるであろうに。

あなたは自分の魂がどこにあるのかわかっていますか?
魂をおなざりにして、塊としての肉体が自分だと思っていませんか?

あなたはもっと自由な存在です。

あなたには想像する力があります。
想像力は魂につながっています。
だから創造できるのです。

想像から創造となり、いのちを吹き込まれたものが魂です。

魂には意図があります。
原初の、一番初めになされた「想像」、
それがあなたという存在を「創造」することになったのです。

魂に従うこと、感じることで、あなたの「創造力」を発揮できるのです。

それに必要なのは「想像」です。
言葉遊びのようですが本当です。

創造されたものが「魂」で、それは純粋な「願い」です。
魂はそれを成し遂げようと存在しています。

「成し遂げよう」というと自我があるようですが、そうではありません。
呼吸をするがごとく、存在自体の意義がそこにあるのです。
人間が生きている限りは、呼吸を自然にしようとするのと同じくらいの自然さで成就しようとするもの、
存在理由そのものです。

なんというか適切な言葉が見つかりませんが、、、

その魂を感じてください。

あなたははるか彼方を旅して、魂がどこにあるかを忘れてしまいました。

まずは思い出そうとすることです。
魂に思いを馳せてください。

「和音」より (9.23)


blogranking←あなたのクリックに感謝します^^

悦月の占いカウンセリングはこちら

悦月の手相ブログはこちら

blogranking←いつもありがとうございます^^

物質ばかりを見ていては本質が見えません。

見えるものを見ないように。

見えないものを見てください。

「和音」より (9.11)


blogranking←あなたのクリックに感謝します^^

悦月の占いカウンセリングはこちら

悦月の手相ブログはこちら

blogranking←いつもありがとうございます^^

与えなさい。
たくさんのものを、自分の持てるものを惜しまず、与えなさい。

それはもともとあなたのものではないのだから。
あなたが所有していると思っているだけで、あなたのものではないのです。

でも、それがあることを、手に入れたことを楽しみなさい。

そしてもっと大きなものを願いなさい。
もっともっと得てください。

あなたが望むものすべて手に入ります。

「和音」より (9.11)

blogranking←あなたのクリックに感謝します^^

悦月の占いカウンセリングはこちら

悦月の手相ブログはこちら

blogranking←いつもありがとうございます^^

完全に自分を取り戻すというのは、エゴの自分を手放し、宇宙と一つである自分に戻るということです。
そこに自分の願望はあってないようなものです。
宇宙との一体感を感じれば、欲しいものなどなくなります。

なぜなら、欲しいと思えば手に入ることがわかっているからです。
「欲しい=手に入る」なので、わざわざ欲しがる必要がないです。

「欲しい」という気持ちには「まだ得ていない」という感情がくっついています。

「欲しい」=「まだ手に入れていない」

よくよく感じてみると、「欲しい」という気持ちは、「そのものを得て満足している状態」ではなく、
「手に入れたい」という欲求だとわかると思います。

「欲しい」には、必ず「今持っていないから自分のものにしたい」という気持ちがくっついているのです。

これはそのものを実際に手に入れるのとはまた別物で、
手に入れるプロセスや手に入れたいと思う所有欲を本当は感じたいのです。

本当に手に入ってしまったら、また次に何か欲しくなるでしょう。

その違いを知っておくといいです。

「和音」より (9.9)


blogranking←あなたのクリックに感謝します^^

悦月の占いカウンセリングはこちら

悦月の手相ブログはこちら







blogranking←いつもありがとうございます^^

受け取りなさい、ギフトを。
すでにたくさんあなたのもとにやってきています。
あなたのところにきたものはすべてギフトです。

良いとか悪いとか、好きとか嫌いとか、多いとか少ないとかの判断をやめて、
すべてを贈り物としてありがたく受け取ってみてはどうですか?

あなたが制限を設けている限り、受け取る量は限られてしまいます。
門が閉じてしまいます。

ブレイクするには自分をいったん破壊する必要があります。
自分を壊すというのは、自分の持っている常識、道徳、固定概念、先入観、記憶、思い込み等を、
いったん捨てて手放すということです。

すべてを手放し、ぽーんと宇宙空間の中に身を投げ出してください。
あなたが静まると、おもしろいことが起き始めます。

願望を捨てておまかせ状態にしてください。
楽しいですよ。

「和音」より (9.8)


blogranking←あなたのクリックに感謝します^^

悦月の占いカウンセリングはこちら

悦月の手相ブログはこちら

blogranking←いつもありがとうございます^^

身を任せて動くに任せることを覚えるといいですね。
まだまだ制約があります。

それはなんの制約ですか?
恐いのですか?
やり方がわからないのですか?
自分にはできないと思っていますか?

古い枠組みは破壊してください。
あなたにはもう必要ありません。

どんな自分になりたいかを設定することも大事ですが、
今の自分に限界を与えている思考に気づき、それを破壊することも大事です。

自分はこうだと思っている限界を書いてみて下さい。
そしてそれを破り捨てましょう。

あなたのエネルギーはもうそれ以上いく準備ができています。
エゴがストップをかけています。

やり方がわからなくてもいいです。
方向がわからなくてもいいです。
それはまたあとから出てきます。

まずは今着ている服を脱いでください。
脱がないと新しい服は着れません。

古い思考パターンに気づいて下さい。
「私は・・・だ」という限界思考に気づいて、
「私は・・・できるかもしれない」に変えてください。

それをやらなくてもいいです。
「私は・・・できるかもしれない」に変えるだけで、
オートコントロールで発動します。

その下地はできているのですから。

「和音」より (8.31)


blogranking←あなたのクリックに感謝します^^

悦月の占いカウンセリングはこちら

悦月の手相ブログはこちら

blogranking←いつもありがとうございます^^

ずっと深く自分の中に入っていきなさい。
深い森の中に深く深く。

そして耳を澄ましなさい。
外に意識を向けるのではなく、内に意識を向けなさい。
内に向かって耳を澄ませなさい。

すると、ささやかな音が聞こえてきます。
それはあなたの生きる音。

心臓の音、血液の流れる音、内蔵が動く音、
それは、大地の音、川のせせらぎ、鳥のさえずり、風の音。

深く深く入っていくと、どんどん開けていきます。
この内にこんなに広い世界があったのかと。
こんな世界を抱えながら、知らずして今まできたのかと、
自分の中の宇宙に驚きます。

あなたは女神、大地の女神、宇宙の女神。
光とともにあり、影とともにあり、自然とともにあり、すべてとともにある。

聞きなさい。
今、あなたの心を、思考を、からだを。

宇宙を受けとめなさい。
大宇宙を受けとめ、それに身をゆだねなさい。

ああ、まぐわしきこの歓喜。
光とともに溶けゆくこの身。

「和音」より (8.31)



blogranking←あなたのクリックに感謝します^^

悦月の占いカウンセリングはこちら

悦月の手相ブログはこちら

blogranking←いつもありがとうございます^^

(前回からの続き)

穢れとおさらばしていってください。
どんどんときれいな気に触れ、自分のフィールドもきれいにしていってください。
「清浄さ」が大切です。

邪気に負けるのではなく、清浄なエネルギーを強くして、
反対にこちらが浄化できるような力を身につけてください。

そのためには、まわりに影響されないように。
自分のフィールドをしっかりと保つことです。

循環です。
循環させていると滞ることもありません。
集合体のあなたは一つの使命に向かいます。

「和音」より(8.22)


blogranking←あなたのクリックに感謝します^^

悦月の占いカウンセリングはこちら

悦月の手相ブログはこちら

blogranking←いつもありがとうございます^^

低次元のことに囚われないでください。
あなたのフィールドを清浄に保ちましょう。

あなたは大切にされなければなりません。
宝石でも扱うように自分を扱ってください。
なぜならあなたはあなたであってあなたでないから。

以前、集合体の話、身体は依り代という話をしました。

あなたの肉体の身体は依り代であり、集合体として今のあなたがいます。
だから、あなたがあなただと思っていたものは、実は幻想であり、存在しないのです。

本当のあなたはたくさんのエネルギー(意志?)が集まった集合体です。
その集合体が一つの目的を持って、あなたという存在を造り出しているのです。

あなたがエゴの自我を捨てるとそれらが発動し始めます。
エゴは様々な経験を踏むための「塊」であり、目覚めるまでのカモフラージュです。

あなたが集合体であり、その諸々が一つの目的に向かってあなたという存在に集結したならば、
その目的に向かえば物事はうまくいきます。

それが流れに乗ることであり、神の意を継ぐことです。

エゴのあなたでない集合体のあなたは、高貴な存在です。

あなたはあなたをこれからそのように扱うべきです。
清浄なる聖なる神殿に住まう神聖なる女神のごとく、自分を扱ってください。

「和音」より(8.22)


blogranking←あなたのクリックに感謝します^^

悦月の占いカウンセリングはこちら

悦月の手相ブログはこちら


blogranking←いつもありがとうございます^^

注)「フィールド」というのは、自分のまわりにある気の空間のことです。

そのフィールドの中と外の違いを感じてください。
中にある(いる)もの、外にある(いる)ものとは違います。
フィールドの中は違う次元になりつつあります。

同時にそのフィールドは、外部の邪気から身を守ってくれます。
常にそのフィールドをきれいにしているイメージを持ってください。
フィールド内の空間が水晶の空間のような感じです。

今は浄化ですが、完全にきれいになったら、光が自然に満ちてきます。
そうなるように常に浄化を心がけてください。
邪念をいれないことです。

水で洗い流すイメージをして下さい。
十分きれいになれば、自然と光が満ち、氣も澄んでいき、心も平安になっていきますが、
できるだけ「光」の強い人を一緒にいるようにして下さい。
強い光を浴びるとその影響を受けます。

フィールド内は育てていくことができます。
浄化のことば、マントラで満たしたり、色を瞑想したり、光、時間を入れたり、
フィールド内を時間を満たすと時間が長くなります。

「時間を満たす」というのは、フィールド内の空間を密にする、深める、ということです。
空間は物質的な見た目の大きさは変わりませんが、
密度というか濃度というかはいくらでも深めることができます。

あなたの思いのアクセス度が深まれば、その分空間も深まります。
底なしのように深まります。どんどん深めていってください。
深めれば深めるほど、たくさんの情報を得ることができます。

フィールドの中では、いつも清廉な風が吹いているようにして下さい。
時々は、気のいい清い自然の中へいって気を同化させてください。
自分が創り出そうとするより、感じるが一番です。

「和音」より(8.20)


blogranking←あなたのクリックに感謝します^^

悦月の占いカウンセリングはこちら

悦月の手相ブログはこちら

blogranking←いつもありがとうございます^^

澄んだ気を感じるようにして下さい。

突然そういう気配がやってくる時は、あなたにサポートが来ているときです。
呼ばれているときですので、耳を傾け、感じてください。

頭の中を空っぽにし、ただ、からだのフィールドを広げ(身体も空っぽにし)、感じてください。

頭で考えるのでなく、感じるのです。
全身がセンサーだと思ってください。

そうやって感じていると、場のエネルギーフィールドができます。
それが大事です。

その澄んだ次元との共有の場の空間ができます。
できるだけ、そのフィールドを保ち、広げ、深めていってください。

深める方法は、感じること、
自分のからだを空っぽにして感じること、場と同化すること。

それがまず大事です。

場と同化できたら、空間を浄化していく、、、
邪気、邪念、雑念のない状態にする。

そうして空の状態にして、あとは起こるに任せてください。
ちゃんと宇宙は答えます。

「和音」より (8.19)


blogranking←あなたのクリックに感謝します^^

悦月の占いカウンセリングはこちら

悦月の手相ブログはこちら

↑このページのトップヘ