いのちおり - 本来の自分に還るために

人生をよりクリエイティブに生きたいあなたに贈る
   悦月(えつき)のブログ(旧ブログタイトル:たまむすひ)
                                    

カテゴリ:「和音」 > 「和音」2009

blogranking←ランキングにプチッと応援お願いします!

わが子たちよ、まだわからぬか?
同じまちがいを何度くり返せば、気がすむのか?

地獄とは、お前たちが作っておるのだぞ。
生き地獄とは、お前たちの心の中ぞ。

神は見ておる。いつも見ておる。
だが手出しはせぬ。

手出しはせぬが見ておるぞ。
すべて見ておるぞ。

「和音」(09.10.30)


blogranking
↑わーい、ポチッといつもありがとうございます m(_ _ )m

悦月のセッション詳細
古神道・開運風水講座1/11
「神代文字ワークショップ」〜基礎編〜1/11

悦月の手相ブログ「手相は語る!」

保育器


下記文章は、悦月のメルマガ「プチ奇跡のおこし方!」no.235 からの転載です。

メルマガを読んだ読者さんが、昭和30年代に使われていた保育器の写真を送ってくださいました。
木の箱だったんですね〜。







あなたは今、お金がないと困っていますね。
でも、「お金がない」に気を向けないでください。

あなたには今、家賃を払うお金がありますね?
ご飯を食べるお金がありますね?
電車に乗るお金がありますね?
服や日用品を買うお金もありますね?

では、「お金がない」のではなく、
「お金がある」のではないですか?

なぜ「お金がない」にフォーカスするのですか?

あなたは、「お金がない」のではなく、
「お金がなくなったらどうしよう?」という不安と、
お金を稼げない自分、お金がやってこないであろう
自分を信じて、不安になっているのです。

なぜ「自分は稼げない」と思うのでしょうか?

それは、今までがそうだったから、ですね?
今までたくさん稼いだことがなかったからですね?
いや、稼いでいた時期もあったかもしれません。


とにかくあなたは、「お金が足りない、どうにかしなきゃ」
と危機感を感じるのが好きなんです。

人生のスリルを味わうと同時に、
自分が守られていることも知りたいものだから、
土壇場まで行って、助けがくるのを見たいのです。

そして、「ほらね、大丈夫でしょ?」と安心したいのです。


危機に陥って助かる、という体験で、
幼児体験の満たされなかった部分、親が肝心な時にいない、
危機感を感じた、という感情を再現して、
「いや、そうではない、助けてくれるのだ」と信じたいのです。

小さな頃にそういう危機感を感じたことがあったのでしょう。

ほったらかしにされ、これで自分は一人で死んでいくのでは
ないのだろうか? という危機感、、、

危機感を感じようとするパターンをなくすには、
一度それを感じきるか、その最初の体験に戻ったがいいでしょうね。

一度しっかりとその危機感を感じて、大丈夫なのだと確信すると、
もうそれに惹かれなくなります。


今は思い出せないかもしれません。
赤ちゃんぐらいの時の体験なのでしょう。
親もそういうつもりではなかったのでしょうね。

多分、保育器の中にいた頃でしょう。
母親と共にいたいのに、温かさを感じていたいのに、
無理矢理離されて、一人寂しく保育器に入れられ、
あなたは見離されて死ぬような気持ちを感じていたようです。

その時に感じていた危機感がまだ癒されていません。

なので、危機感を感じる出来事に出会うのです。


でも、何度も保育器から出され、母に抱かれ、乳を与えられ、
何度も「大丈夫」と確認しました。

この確認作業をあなたはしたいわけで、
危機感を感じたいわけではありません。

不安を感じて、外部からそれを解消してもらって、
「やはり安全、大丈夫」というのを確認したいのです。


これを癒すには、その危機感を徹底的に感じて、
もう確認する必要がないようにすることと、

大丈夫だという確認作業をしたいわけなので、
危機にはフォーカスせず、「大丈夫、守られている」と
常に意識し、実感すること。

「危機は去った、大丈夫、守られているから」
と唱えるのもいいでしょう。
保育器の中にいた頃の自分に向かって言ってもいいでしょう。


ここでこうして気づいただけでも、だいぶん癒されると思います。
原因が分かったので、わざわざ危機感を感じる必要はなくなります。

保育器の中にいた人は、みなその傾向があるかもしれません。
保育器が壁となり、愛情が遮断されたと感じてしまいます。

その後の人生で、人間関係に距離をおいたり、
面倒くさいと思うかもしれません。
煩わされたくないと思うかもしれません。


イメージの中で、保育器の中から赤ちゃんを出して
抱いてあげてください。肌の接触を感じてください。

あなたの中の危機感が消えるまで、
しばらくはこのワークをするといいでしょう。

保育器から取り出し、抱いているときは、
肌の接触をイメージで体感してくださいね。

「危機は去った、大丈夫」とくり返しいいましょう。

「和音」 (09.11.14)


ここに書かれている例は、保育器に入れられた経験ですが、
保育器でなくても、乳児、幼児時代に似たような気持ちを味わったことがある人は多いと思います。

親が共働きで託児所に預けられるとか、夜一人寂しく寝てるとか、
入院経験があるとか、迷子になったことがあるとか、etc.


もし、あなたが、不安、危機感、つまり、物事がうまくいかなくなりそうな怖れを感じるのであれば、
上記に書いた経験が癒されていない場合があります。

お金の不安、仕事がなくなる不安、失恋、離婚、病気、etc

今回書いた例は、本当は「大丈夫、守られている」ということを感じたいがために
危機感を感じるというケースなので、実際に最悪の事態が起きる前にどうにか回避できるでしょう。

が、何度も何度も危機感を感じるのはストレスになりますし、
その危機感がどのぐらいぎりぎりなのかで、起こる出来事も違ってきます。

人によっては財布をなくす程度かもしれませんし、
人によっては好きな人にふられて一人ぽっちを感じるとか、
自殺未遂をして助かる、というところまでいくかもしれません。

そのぎりぎりの路線を楽しんでいるのであればかまいませんが、
そうでないのなら、自分がしているそのようなことにできるだけ早く気がついて、
その不安、危機感を感じずにすむほうが精神衛生上よいのではないか?と思います。


もし、心当たりがあれば、そのような行為をやめることを
今年の自分へのクリスマスプレゼントとしてみませんか?

危機感を自分にプレゼントするのではなく、
「危機は去った、大丈夫、守られているから」
と安心感のほうをしっかりと実感してみましょう。


悦月のセッション詳細
オラクルカード・ワークショップ12/19
古神道・開運風水講座1/11
「神代文字ワークショップ」〜基礎編〜1/11

blogranking
↑危機は去った、大丈夫〜♪とポチッと応援お願いします!
ありがとうございます m(_ _ )m

blogranking←いつもクリックをありがとうございます^^

あなたは本当は何をしたいのですか?
何を得たいのですか?
何が大切ですか?

あなたの魂は何を欲していますか?
何をしたらあなたの魂は喜びますか?

あなたの魂に聞いてみてください。
あなたのハイヤーセルフに聞いてみてください。

答えはすでに出ています。
本当はあなたも知っています。

正直に、素直になってください。
もうすぐです。
欲しているものが来ます。

その時に十分素直に受け取れるように、
自分を完全に許してください。

浄化はまだまだ続きます。
もっと純化しなければなりません。

あなたはそういう存在になりつつあるというのを全く自覚していません。
浄化のエネルギーが来ているのはわかっていますが、
だんだんとピュアな存在になっているとは思っていません。

自分は汚れていると思っています。
自分は清くなれないと思い込んでいます。

でもそれは違います。
その思い込みは捨ててください。

あなたは純粋な存在です。
とてもピュアです。

だから、傷つきもします。
攻撃もします。
でもそれは、もともとがピュアだからです。

傷つきやすいので、防衛します。
そこを理解してください。

自分のピュアさを認め、それを表に出すのです。
岩戸開きです。

そういう時代になってきました。
それを出すのは恐いものですが、やってください。

認めてください。
許してください。

自分のピュアさを追求してください。
あなたは重い存在ではありません。

そこで自分を責めないでください。
受け入れてください、本当の自分を。

「和音」より (09.3.26)


blogranking←ワンクリック・ワン波動アップ♪

悦月の占いカウンセリングはこちら

悦月の手相ブログはこちら

blogranking←いつもクリックをありがとうございます^^

何ごとにもとらわれないようにしなさい。
すべては幻想なのだから。
それに捕まってはいけない。

流しなさい。
とらわれない心をもちなさい。
古いものは捨てなさい。
心と魂を浄化し続けなさい。
透明になりなさい。
軽くなりなさい。

許しなさい。
笑いなさい。
楽しみなさい。
微笑みなさい。

何も悪いことなどおきていないのだから。
すべてはあなたの幻想なのだから。
想像の産物なのだから。

目の前の事象に苦しむことはやめなさい。
とらわれてはいけません。
あなたの心が、エゴが、見せている幻想です。

それに気づき、とらわれから開放されれば、
透き通った時空の中で、澄んだ心と魂でいることができます。

「和音」より (09.3.26)


blogranking←ワンクリック・ワン波動アップ♪

悦月の占いカウンセリングはこちら

悦月の手相ブログはこちら

blogranking←いつもありがとうございます^^

自分を手放せば手放すほど、時空の影響を受けます。
時空の影響を受けるというのは、本来の流れに沿っていくということです。

もともと書いてあった青写真に戻っていくので、
そういう意味では運命は変えられません。

こういう人生になるという青写真は、あなたが作ったものではないですが、
宇宙のプログラミングの中で組み立てられたもののひとつで、
曇りなき青写真をもっていれば、まさにそのような人生を送ります
(大きな流れとして)。

が、たいていみんな、青写真が見えないくらいにほこりが積もっています。
なので、いろいろ思考錯誤しながら人生を歩むようになります。

その積もり積もったほこりのせいでまっすぐに進めないので、
いろいろ体験することになります。
運命が変えられるというのはこの時点での話です。
下の青写真自体は変わりません。

曇りが晴れて青写真が見えてくればくるほど、
もう自分の意志など問題でなくなっていくぐらい、
やるべきことが明確で、その理由もいらないぐらいです。

やれといわれたらやるしかない。
有無を言わさず、するしかないという感じですが、
本人もそれをすることが本望のところがありますので、
そうやって動かされることに問題はないし、その方が楽だし、楽しいです。
宇宙の流れに乗っとっているので、抵抗さえしなければ、スムーズに進みます。

「和音」より (09.3.21)


blogranking←ワンクリック・ワン波動アップ♪

悦月の占いカウンセリングはこちら

悦月の手相ブログはこちら

blogranking←いつもありがとうございます^^

「テーブルの上の菜の花からのメッセージ」

私たちは散っていくけれど、
今年の種が来年またきれいな花をさかせてくれる。

私たちがいなくなっても、菜の花はなくならないんだよ。
だから、安心して散っていける。

もし菜の花が絶滅することがあっても、他の花がある。
植物がいる、生物がいる、地球がある、宇宙がある。

だから、いいんだよ。

私たちが散っていっても、永遠の流れの中にいる。

深く考えなくてもいいんだよ。
今を楽しもう。

今ひとときを楽しめば、それは未来永劫につながる。
今の存在がすべてを含んでいるから。

私たちはどこにもいない。
だからどこにでもいる。

一粒の種の中から宇宙が花開く。

(09.3.10)


blogranking←ワンクリック・ワン波動アップ♪

悦月の占いカウンセリングはこちら

悦月の手相ブログはこちら

blogranking←ワンクリック・ワン波動アップ♪

さて、あなたの願いは聞き入れられていますが、もう少し明確にする方がよろしいと思います。
今まさにエネルギーが新しい時代としてスタートする前なので、もう一度しっかりと書いてみてください。
一日ほどそのような時間をとるといいでしょう。

本当に時代は変わります。
11/26以降、新しい時代の幕開けです。
そして、冬至で固められ、来年立春で発動です。

つまり、11/26から始まるエネルギーが、立春から現実として現象界に結果として現れ出すのです。
なので、26日までにできるだけよい状態を整えておくことが望まれます。
それが立春以降に影響を及ぼすと思えば、当然整えておくべきでしょう。

整えるのは、自分の内のエネルギー、つまり波動、気、心の状態、精神状態、健康状態などです。
自分の感じていること、感情、考えが影響を与えます。

以前、日食で起こったときと同じく、エネルギーの転写みたいなものです。
〜11/26まで、〜冬至まで、〜 1/8まで、立春、と段階を経て地固めされるので、
そのつど調整していけますが、早く軽くなっているにこしたことはありません。

なので、一日時間をとって、自分を見つめ直す作業をするのはなんら悪いことではありません。
むしろ積極的にしてほしいことです。

「和音」(09.11.18)


blogranking
↑このブログをもっと人に伝えたい人〜ポチッと応援お願いします!

悦月のセッションお申し込みはこちら

悦月の手相ブログはこちら

blogranking←ワンクリック・ワン波動アップ♪

最近、期限つきで、ああしなさい、こうしなさいという記事が増えてきていますが、
それほど波動変化の展開が速くなっているということなのでしょう。
春ぐらいはまだ数ヶ月単位で、夏前から1ヶ月単位ぐらいになり、2週間〜1週間区切りと、だんだんと狭まってきています。

するしないは個人の自由なのですが、たいてい、やっても損はないどころか、やったほうがいいことばかりですので、時流の流れに合わせて、されることをお勧めします。
今回などは特にそうです。

前回記事「26日までにすること1」に続き、もうひとつ、26日までにしていただきたいことは、意図の明確化です。
これはあなた自身のためです。

あなたがこの先、どのような人生を歩みたいか、何を欲し、どうありたいか等、
自分の望みを提示してください。
自分の人生の企画書を出すようなものです。

26日には無事「龍の背」が立ちそうですが、自分の意図をはっきりとさせておくと、そのエネルギーに便乗しやすくなります。

小さなひとつの願いよりは、全体的な人生計画のような大きな願いをたてるがいいでしょう。

恋愛などにおいても、特定の人との恋愛成就を願うのではなく、
「こういうパートナーと結婚して、こんな結婚生活を送る」というように枠を大きめにすることです。
具体的にこんなパートナーが欲しいというのは出したがいいです。
特定しすぎないようにということです。

職業でも「この職につきたい」とするよりは、自分が受け取りたい気持ちや状況を明確にしましょう。
職名を出すのはいいですが、なぜその職なのか理由を書いておくと、選択肢が広がります。

26日までにそれを明確にしておくと(宇宙に発信しておくと)、
宇宙のコンピューターの申請書に登録され、吟味されると思えばよいでしょう。

ちょうど出雲は旧暦神在月で 26日は神迎祭です。
神在祭の期間は、日本の神様が出雲にお集まりになり、その後一年の人々のあり方を相談して決められるといいます。

そのために企画書を出すのだと思ってください。
出しておけば、この人はこういうことがしたいのだなと、それに見合う状態をくれるかもしれません。
何も提出しなければ、希望が出ていないので、あなたの潜在意識の願いだけを聞き入れてしまうかもしれません。

潜在意識は、表向きあなたが望んでいることと反対のことを感じていることもよくありますので、叶ってほしくないことが叶う可能性があります。

例えば、頭の中では、人間関係を良くしたいと思いつつ、心の中では、人と会うのが恐いと思っていたら、恐い方が実現化してしまうかもしれません。

だから一応、「私はこれを望みます」と企画書を出しておくのです。
企画が通るかはわかりませんが、出さないよりは良いということになります。

「和音」(09.11.20)


悦月コメント:
神在月に全国の神様が出雲に集まり、その後の一年を話し合う、というのは、今までは神話の世界の話だと思っていたのですが、どうもそうではないようです。
少なくとも今年は違うようです。あるいは、私が今まで気づかなかっただけか?
 
神様が集まって相談するというのは、わかりやすく例えられていると思いますが、
潮の流れや風の流れがあるように、エネルギーにも流れというものがあります。
最近、龍脈に関わっていたので、特にそう思います。

私たちが意図を放つことは、あるエネルギー(波動)を放つことです。
自分が放ったものは自分に返ってきますので、きちんと意図を放てば、
受け皿がちゃんとできている限りは、それはやってくるわけです。

ただ、自分の意識が意図するものと、潜在意識のなかにあるものは必ずしも一致しません。
戻ってくるものはその時に放たれた波動に見合うものですから、自分の意識が望んだものと同じとは限りません。

また、意図を放ってからも、私たちは波動を出し続けるわけですから、
それによってもやってくるものは左右されます。

この時期、時流の流れと、私たちが神様と呼ぶエネルギーと、神在祭というご神事の放つエネルギーと、私たちが放つエネルギーとが相まり、混じりあい、新しい流れを作っていくのだと思います。
天体の星の位置なども大いに関係しているでしょう。
今年は特に強いのかもしれません。だから私も強く感じているのかも?

どちらにしろ、自分の将来を明確に具体的にイメージすることは現実化させるによいですので、
時流の流れに合わせて26日までにしておくのは、得にはなれど損はないと思います。
26日までにしっかりと書いた人は、来年、いい流れになっていくと思いますよ♪


blogranking
↑このブログがもっと人に伝わるように〜ポチッと応援お願いします!

悦月のセッションお申し込みはこちら

悦月の手相ブログはこちら


blogranking←ワンクリック・ワン波動アップ♪

滞りは今、流れ出していますので、自分の中でも流れを意識すること。

今は「滞り(停滞)」を意識するのではなく、「流れ(動き)」を意識してください。
ほとんど滞っていると感じている人も、ちょっとでも流れていることあれば、そちらに目を向けてください。
小さい流れでもいいです。

ここでいう「流れ」は、物事が滞らず流れているという意味です。
身体のエネルギーの流れも含まれます。

流れているものがないと思われたら、血液の流れをイメージするのでもいいです。
少なくとも血液は流れているはずですから。

どんなに小さくても「流れ」に意識を向けている限りは、流れがあります。
山の水源は小さな流れかもしれませんが、どんどん流れていくと水が合流し、川も大きくなり、大海に注ぎます。

今、あなたが「流れ」に意識をむけることは、自分の中に流れを呼び込むと共に、地球上の流れを促進する働きもします。
地球の龍脈、エネルギーラインがうまく流れ出すと、地上の出来事もスムーズになりやすくなります。
相互作用ですね。

各所で小さい流れが始まっている今、大きな流れにするためにあなたの力が必要です。
ただ「流れ」に意識を向けるだけで良いのです。
もちろん、26日以降も続けられると良いです。

とくに今月26日までの間、下記の言葉をいうとよいです。

「私は流れに乗っている、動き出している」


下記は以前の記事「地上は花園の楽園」ですが、26日まで一日一回は声に出していってもらえるとありがたいです。
これはとくに地球のためです。もちろんあなたのためにもなりますが。

私は許された、私は許された
神の祝福が、神の栄光が、私のもとに降り注ぐ
地上は花園の楽園
天は清流のせせらぎ
万物皆融合し、常にひとつの流れにて成長す


よろしくお願いします。ありがとうございます。


blogranking
↑このブログがもっと人に伝わるように〜ポチッと応援お願いします!

悦月のセッションお申し込みはこちら

悦月の手相ブログはこちら


blogranking←ワンクリック・ワン波動アップ♪

とりあえず、滞りはとれ、流れ出しました。
人々の心の滞りも溶けていくことでしょう。
現象界に現れていたいろいろなつまり、滞り、停滞、抵抗なども解決していくことが増えるでしょう。

自分に対して、今までより素直になっていると感じる人もいるかもしれません。
階段を上るように、ぐっと上がっては平らになり、また一段あがるというように、
ひとつひとつ段階を経ていかねばなりません。
一つが滞りを流したら、しばらくスムーズに流れ、また他の滞りか、もう一段深い滞りにつきあたるか、それを繰り返しながらどんどん浄化して、手放していきます。
大地の滞りがひとつ癒えたので、身体が楽になると思います。

11月26日までに、心の浄化、方向性の明確化(自分の意図を明確にする)をしておきましょう。
今、エネルギーが流れだしているので、その流れに乗るように。

今までと違う軽い楽な感覚を感じる場合は、それでいいのだとその心地良さを感じるように。
普段感じているのと違うので、「私がこんなに軽く感じるのは変だ」と、
今までの調子に戻ろうと、エゴ意識は働き出します。
それにつられて、また重さを取り戻さないように。

身体も感情もどんどん変化、進化していかねばなりません。
今の流れに乗るには、後ろを振り返らないことです。

いつもより体調、気分が良いのなら、そのように変化しているのだ、
今までの調子から脱出して変化したのだと思って対応してください。

「あれっ?いつもの私はこんなに調子良くないのに?」と元に戻そうとしないように。
ここ、気をつけておいてください。 

背筋を気持ちよく伸ばすことを覚えた人が、気づかぬうちに猫背に戻るようなものです。
背筋をいったん伸ばしたら、多少違和感があっても伸ばし続ける。
そうしていると、それが普通になり、常に背筋を伸ばしていても苦痛にならなくなります。
そちらのほうがもともとの状態ですから。

新しい心地良い感覚に移ったら、そちらに移行したと思うことです。
一階から二階へ上がったら、そのまま三階へ行く準備をして下さい。
また一階に戻る必要はないのです。
そういう心持ちで過ごしてください。

「和音」(09.11.20)


blogranking
↑このブログがもっと人に伝わるように〜ポチッと応援お願いします!


悦月のセッションのお申し込みはこちら

悦月の手相ブログはこちら


blogranking←ランキングにプチッと応援お願いします!

新しいパートナーシップの時代は、調和と愛のもとにあり、競争意識ではありません。
そちらにこれから少しずつ移行していきますが、その前に、今までの長い歴史の中のもろもろの想念を浄化していかねばなりません。
今月もその一環です。

なぜ男性社会になったのか?
その発端が愛でなく、恐れに発していた結果が現在の状況です。
世界中に恐れのエネルギーが蔓延しています。
時空の中、過去に蓄積したエネルギーもあります。
これからそれを浄化していく作業が待っています。

個人個人が深く自分の中でそれをすれば、話は早いです。
個人をずっと深く探っていくと、集合無意識や地球意識と共にある場、過去のエネルギー場など、
全体のエネルギー場に到達できます。
個人が心を見て浄化していく作業が、つもりにつもった想念の浄化となり、軽くしていくことができます。
その他、ある時空、ある場所においての浄化は、それをすべき人がしていくので任せておけば大丈夫です。
自分がそれに該当しているのなら、してくださいね。

地球の波動変化と人間の心の状態は比例していかなければなりません。
人間のエネルギーが地球の波動変化についていけず、ネガティブなエネルギーを出し始めると、
いろいろとやっかいになってきます。
地球はそのまま進みますが、人間はたいへんになります。
そうならないように、問題の種が小さいうちに対処しておきましょう。

今、問題を抱えている人は、今の状態が一番最小のガン腫瘍だと思ってください。
放っておくとどんどん大きくなり、対応がたいへんになります。
最後には死の危険にさらされます。

そうならないように、早期発見早期治療を心がけてください。
感情が軽いか?重いか?で判断できます。

重ければ、何か気づいて向き合わなければならないものがある。
毎日楽しければOK 

ということのなります。

今月は本当に本当に大切な月です。
今月の人間のあり方で、来年が決まると言ってもいいです。
だから十分自分と向き合ってほしいのです。
結果がどうなるかというより、ちゃんと自分と向き合い、
どうなっていきたいか? そのために何をするのか?という姿勢を打ち出すことが大切です。

そのエネルギーが地球に伝わります。

「自分に背を向けているか?」
「自分に向かっているか?」

この二者択一なのです。
それを態度で示してほしいということです。

その選択をのばしのばしにしていれば、地球の波動と人間の波動にギャップがでますので、
調整をせざると得なくなります。
そうならないよう、今月に自分は「真の自分に出会うために進む」を選択し、
少しでも行動をおこしてそれを示してほしいということです。

これも「龍の背が立つ」の意味の一つです。
どうぞよろしくです。

「和音」(09.11.11)

追記:
11月前半に停滞してどうなることやら?と氣をもんだ波動が流れ出しました。
もう大丈夫だと思いますが、浄化はひき続きしていかねばなりません。
26日は、無事、龍の背が立ちそうな氣がしてきました。


blogranking←ワンクリック・ワン波動アップ♪

悦月の占いカウンセリングはこちら

悦月の手相ブログはこちら


blogranking←ランキングにプチッと応援お願いします!

11月11日は、新しいパートナーシップの時代が始まる前兆の日となります。
9.9 のくくり直しで、10月に縁の結び直しがあり、今月は、感情の精算と新しい時代へ向けての一歩が始まります。

エネルギーは容赦なく刻々と変わっていきますので、その都度、それに合わせてついていかないと、あとになればなるほど難しくなってきます。

学校の授業みたいなものですね。
授業に毎回ついけいけばいいけど、なまけてしないでいると、どんどんとわからなくなって難しくなっていく。

それと似たところがあります。
波動と時流についていっていれば、その時にしやすいことというのがありますので、
自分以外の宇宙の力も相乗効果で加わり、普段しにくいことがやりやすくなったりします。
なので、その時その時にちゃんと対応しておくほうがいいのです。

面倒くさがり、あるいは、恐れて、後回しにすると、次の展開はその先のことになるので、ダブルで課題をもらうようなもので、前回しなかったこと+今回することが重なり、てんやわんやになります。
そうならないためにも、私たちは、いつまでにこうしなさいという話を出しているのです。

参考にしていただきたいですが、依存にならないように氣をつけてください。
私たちがこういったから、しなければ、ではなく、こう書かれているがどうだろうか?と、自分に照らし合わせて、やっておいたがよいと思われたらその通りにしてください。
私たちはそれをお勧めしますが、自由意思なので、選択はあなたに任せられています。

「和音」(09.11.11)


blogranking←ワンクリック・ワン波動アップ♪

悦月の占いカウンセリングはこちら

悦月の手相ブログはこちら

blogranking←いつもありがとうございます^^

「大丈夫」

あなたはやろうと思えば、なんでもできるんだよ。
今また、新たな可能性と道が見え始めてるよ。

それに気づいて。

新しく来ているものはすべてそれ。
どんどん挑戦して。
大丈夫だから。

これからは今までと違うことをするの。
新しい自分になって、一段と大きくなって、もっとすごいことをするの。

大丈夫、私たちも手伝うから。
みんなで一緒にやればできるから。

あなた一人の作業じゃないのよ。
だって、みんなのことなんだもん。
みんなで一緒にやっていくのよ。

だから、わからないことはなんでも聞いてね。
あなたがやると決めたら、物事は動いていくわ。

「M.P」より (09.3.8)


blogranking←ワンクリック・ワン波動アップ♪

悦月の占いカウンセリングはこちら

悦月の手相ブログはこちら

blogranking←いつもありがとうございます^^

「つながり」

社のうしろには山があろう、木々があろう
みなつながっておるぞ
源はひとつぞ

お前たちがわかりやすいように名前をつけたのだ
働きは違えども、源は同じぞ

山はつながっておるぞ
地もつながっておるぞ

みんなつながっておるぞ

神もひとつぞ

働きが違えども、ひとつの源ぞ
そなたらが別々と思っておるものも、みんなつながっておるぞ

早く知るがよい、そのことを

(松尾大社にて 09.3.4)


blogranking←ワンクリック・ワン波動アップ♪

悦月の占いカウンセリングはこちら

悦月の手相ブログはこちら

blogranking←いつもクリックをありがとうございます^^

心開いて受けとめなされ。
心さえ開いておればいい。
自分で判断などしなくていい。
何も考えずに、ただ受けとめればいい。
愛を感じたら自分の考えを入れないように。自分で判断しないように。
素直にただ受け取り、感じればいいのだ。

自分はそれを十分に感じてよいから、今、地上にいるのだと思いなさい。
そうでなければすでに存在していないのだから。

あなたは愛に値するから今地上にいるのだ。
それを心しなさい。
しっかりと心を開いて、それを受け取りなさい。

恐れてはいけない。
自分を罰しようとしてはいけない。
自己卑下、自己否定もやめなさい。

あなたはそのままでいいと私が許したのだ。
だからあなたはそのままで存在しているのだ。

何も付け加えなくてもよい。何も取らなくてもよい。
そのままで完全無欠だ。
不完全でありながら完全無欠だ。

私はあなたがたを愛している。
存在するもので、私が愛さぬものはない。

だから受け取りなさい。
地球の愛を受け取りなさい。
心を大きく開いて、感じ、ただハートで受け取りなさい。
人によってはあまりに強烈で失神してしまうかもしれない。
それほどまでに大きな愛の波動だ。

それを感じれる人は幸せである。
なぜなら感じれる人は、それを受け容れる準備ができているからだ。

感じたのなら満喫しなさい。
どんどんどこまでも感じてみなさい。
あなたが感じることで、他の人達も感じることができるようになる。
楽しみなさい、受け取りなさい。

もうすぐだ、もうすぐだ。
地上に天国が始まる。
地獄と天国がある惑星が地球だ。
今までは地獄が多すぎた。
けれどこれから天国が増える。
あな、めでたや、弥栄、弥栄。

「和音〜白様?」 (09.11.1)


blogranking←ワンクリック・ワン波動アップ♪

悦月の占いカウンセリングはこちら

悦月の手相ブログはこちら


blogranking←ランキングにプチッと応援お願いします!

現在の水龍の活性化は、女性に変化を及ぼします。
水は、月、身体の水と関係しています。
水龍ももちろん月の影響を受けます。

先日の新月のあたりから水龍が元気になっていますね。
まだ満月新月ではないですが、月に合わせて水龍も動きます。
水龍の動きは女性に影響します。今回の満月は特にそうかもしれません。
(*この記が書かれたのは、10/30です。満月は11/3でした)

現在,水龍が動きだし、地に滞ってたエネルギーも表出し始めています。
女性は特にいろいろな感情を感じるかもしれません。
大地のチャクラも竜の出入りが増え、龍穴が開いてきていますので、
少しずつ元気になってきています。

それにあわせて人間も、体内にもっていたいろいろな感情が出てきやすくなるでしょう。
たいてい、過去の感情が排出されず体内に残っていた分なので、感じきって出してください。
大地に滞ってたまっていた念も出てきますので、同調してとらわれいようにしてください。

これはそんなに長くは続きません。
出てきたものは水が流してくれます。

これが出てくると共に起こるのは、許しの感情です。
その後に慈愛が来ます。

出てくる感情はネガティブですが、その後の「許し」「慈愛」まで受け入れられるよう、
準備をしておいてください。
そこらきちんといくと、「龍の背」がきちんと立つようになります。

「和音」(09.10.30)


*記事記述日と掲載日が前後してすみませんが、11/3の満月以後,水龍の動きが数日間ぴたっと止まり、その後も密かです。これ以上活発になると、多数の人間がその変化についていけないかもしれないので、低速してくれたのでしょうか? と今ふと思いました。重い人間の想念が動きを鈍くした可能性もありますね。


blogranking←ワンクリック・ワン波動アップ♪

悦月の占いカウンセリングはこちら

悦月の手相ブログはこちら

blogranking←ランキングにプチッと応援お願いします!

私たちは、本来の地球がどんな星であるかを今まで知りませんでした。
少なくとも今生きている人間で知っている人はありません。
地球の目覚めに伴い、地のモノが少しずつ目覚めています。
地龍、水脈が活性化してきたことで、地球の滞りがほぐれつつあります。
これから地球がいかに慈愛の星であったかを、私たちは知ることとなります。

感受性の強い人は、毎日わけもわからず、涙が出てたまらないというような日々を
しばらく送るかもしれません。癒されているのです。
地球の愛がいかに大きいものかを感じているのです。

11月11日は、キリスト愛が明らかになってくる日です。
私たちのかたくなな心はそれにふれないわけにはいきません。

自分がかけがえのない愛と共にある存在だと受け容れる準備ができている人は、
だんだんと出てくる涙がうれし涙、感動の涙だと氣づくでしょう。
地球の愛がいかに大きいか、いかに自分が愛の波動の中にいたのかに気づき出し、感動にうち震えます。

地球自身もそれに気づき出します。
水龍が活発に動いていますし、許し、癒しの波動、愛への気づきの感動などで大地も緩みます。
ひずみ調整のために地震がおきやすくなるかもしれませんが、
11月の地震はうれしさに喜ぶふるえの地震です。

ゆっくりとした揺れになり、不思議な心地になるでしょう。
多少の被害はあるかもしれませんが大事には至りません。
人が笑うとからだがふるえるようなそんなゆるみの揺れとなります。

それが起これば、歓迎してください。お祝いをして下さい。
なぜなら長年の滞り、たまっていた邪気、念が解き放たれるのです。自由になるのです。
愛ゆえにおこること、愛を感じるがためにおこることです。

あなたの心でもそれを感じたら、抑えずに開放してください。
十分に感じて、うれし泣きで号泣してください。

あなたは許されていることを知るのです。
そんなにも大きな愛が自分を満たしてくれていたなんて、と気づき、
懺悔の気持ちと嬉しさ、感謝で感動します。

みんながみんな、感じるわけではないですが、それを感じられる人は幸せです。
なぜなら地球と共に成長しているからです。
その歓喜を十分に味わってください。

喜べば喜ぶほど、人の心と身体は緩みますので、大地にも影響を与えます。
大地もゆるやかな変化で和んでいけば、おとなしく揺れます。
大きな号泣(揺れ)はしなくてもすみます。

今回、特に京都は氣をつけましょう。
龍を感じて龍と共にあってください。
大地の愛を感じて感動に浸ってください。
自分はその愛を十分に受け取っていいのだと知ってください。

さて、愛を受け取る準備ができていない人は、ちと恐ろしい思いをします。
なぜなら、自分が愛されるに値する人物、十分に愛されているということを受け入れることに
強い抵抗感があるからです。

愛を受け入れる準備ができていない人は、愛を受け取ることに強い怖れを感じます。
恐くて恐くてしかたがないのです。

もう地球自体が愛そのものであると思い出し始めていますので、
その上にいるあなたはそこから逃れられません。
受け入れられなければ、地上にはいれなくなります。

自殺数の増大は、苦しみから脱出したいという思い、死んでお詫びをしたいという思い、誰かへの当てつけや訴え、同情心、あきらめ等にありますが、実は思ったより多い数の人が、自分が愛される存在なのだと認められなくて自らの死を選ぶのです。
それほど人は無償の愛を受け取るのが恐いのです。

無償の愛を受け取るというのは、自分がそれに値する人物と認めること、自分自身が無限の愛そのものと知ることです。
それが認めらず、受けいれられずに、自分を殺してしまうのです。
悲しいことです。

地球がますます慈愛に満ちてくると、死んでいく人の数もしばらくは増えます。
変な話ですが、そのエネルギーについていけない人達が出てくるのでどうしようもないのです。

できるだけそうやって苦しむ人がでないよう、私たちは再三忠告申し上げているのですが、
人によってはすでにこの時期に去っていくことを決めている人もいます。
自由意思なので、こちらからは忠告以上は手出しできないのです。

11日以降、愛の波動は強まります。
それまでに自己愛を高めておいてください。
すでに昨年から、特に今年の5月頃からずっと言い続けてきました。
えんま大王の裁き」が始まるのです。

「和音」(09.11.1)


追記)
上記書記は11月1日に書かれたもので、この日あたりは私もそう感じていたのですが、11月のメッセージ2で書いたように、今は水龍の動きもあまり感じられないし(多少また動き始めたようです)、愛の波動より、後半に書いている怖れの波動のほうが強い気がします。

地球と宇宙の進行はそう簡単には変わらないからそのように進むのでしょうが、人間の想念エネルギーにより、地上での出来事はその都度、進行が変わっていきます。

11日のことは、多分 9.9にエネルギー界で起こったことが 10.10に現象界に現れ始めたように、
ここでいう11日にはエネルギー界でこのようなことが起こるのだと思います。
なので、旧暦11.11日頃から現象界に現れ始めると思います。

blogranking←ワンクリック・ワン波動アップ♪

悦月の占いカウンセリングはこちら

悦月の手相ブログはこちら

blogranking←いつもありがとうございます^^

「血塗られた大地の癒し」

血塗られた大地の癒し
お前の身体は土地と同じ
身体と心を浄化することは、地を浄化すること
身体と地のつながりを感じよ

清い水を撒くこと

清い心、身体、魂で土地を歩けば、土地が浄化される
線でつないでいけば、それらの線の内側は影響され、 塗りつぶされる(感化される)。
幾何学図形(線)をきちんと書けば(意味を持って書けば)、
それは意図を持って放ち、意味を成す。効果を強める。

(伊勢外宮 多賀宮にて  09.3.3)


blogranking←ワンクリック・ワン波動アップ♪

悦月の占いカウンセリングはこちら

悦月の手相ブログはこちら

blogranking←いつもありがとうございます^^ 

「エゴを手放す」

あなたがエゴを手放せば手放すほど、もっと大きなものが入ってきますよ。
あなたの本当の可能性を試す/発揮することができる機会がやってきます。

あなたが自分の我にしがみついていると、入り込むすき間がないのでやってきません。
自分の我でがんばろうとしてしまうからです。
我でがんじがらめになっています。

その我の包帯がとけていけばいくほど、自由さが生まれます。
その自由さは、我から開放され、宇宙のエネルギーが流れ込んできます。

宇宙は、あなた本来の資質を知っていますので、
それにみあったものをあなたに渡そうとします。

あなたが最大限に活躍できるようにチャンスをくれます。
そのチャンスが来た時に、あなたは躊躇しないでください。
できるかどうかなどと考えずに、すぐに受け取ってください。

できないものはやってきません。
準備ができたものがやってきます。
できると思って取りかかってください。

そうすれば、宇宙の支援がやってきます。
あなた一人の力でやろうとしなくても、宇宙が手助けしてくれますので、
また新たな思わぬ出来事がおこり、あなたをサポートしてくれるかもしれません。

奇跡は一回限りではないのです。
何度でもおきます。

そのためには、最初の奇跡に飛び乗ることです。
そしてそれを精一杯することです。
感謝することです。

恩恵を受け取ってください。
あなたにもたらされたギフトはあなたのものです。
感謝して受け取って十分に活用してください。

それが恩返しです。
あなたは今、宇宙に貢献するためにいます。
あなたの存在が宇宙を元気にします。
あなたは宇宙のかけがえのない一部です。

そこに気づいてください。
そこに目覚めてください。

あなたが自分を生き出すと、宇宙が元気になります。
宇宙からのギフトを受け取ってください。

あなたにはその価値があります。
早く目を覚ましてください。

「和音」より (09.2.22)


blogranking←ワンクリック・ワン波動アップ♪

悦月の占いカウンセリングはこちら

悦月の手相ブログはこちら

blogranking ←ワンクリック・ワン波動アップ♪

龍と対話することは、大地と対話することである。
空と対話することである。

地球の自然は龍なしでは語れない。
なぜなら、龍は地球の流れ(いのち)を司るからだ。

流れが止まれば、いのちも止まる。
それを止めないために地球もまわっている。
風も吹いている。川も流れている。

あなたが今すべきこと、知るべきことは、この流れを知ること、感じること。
あなたは感覚でつかむことができるので、その流れと共に進んでいってほしい。
時と空間の両方において、そうする先に、いのちの宿る先がある。

竜の卵があるところだ。

竜の卵は息づいている。
生き物のように呼吸をしているのだ。

その卵は夢を見ている。
あなたはその夢を理解し、その夢と共に歩むのだ。

竜の夢と共に生きることができる者は、いのちの源を知ることになる。
と同時に、宇宙の神秘に触れ、いのちの終わりにも出会うことになる。

「ウロボロス」と人は言う。
竜はいのちの源と終わりを知っている。
竜の卵にはその秘密が眠っている。

竜の卵を壊すことなかれ。
竜の夢を途絶えさせることなかれ。

夢を見続ける竜は卵を抱き続ける。
その卵がかえるとき、新たな時代が始まる。

あなたの役目は、その卵を守り続けることだ。
卵が無事息づいていけるよう、万全の注意を払うのだ。

目を閉じれば、そなたは卵を感じるであろう。
遠く彼方から竜の囁きが聞こえる。
川のせせらぎが聞こえる。
あなたの息づかいが聞こえる。

竜と共にあれ。
共に卵を守れ。

「和音」(09.10.25)


blogranking←ランキングアップに応援お願いします!ありがとうございます

悦月の占いカウンセリングはこちら

悦月の手相ブログはこちら

↑このページのトップヘ