いのちおり - 本来の自分に還るために

人生をよりクリエイティブに生きたいあなたに贈る
   悦月(えつき)のブログ(旧ブログタイトル:たまむすひ)
                                    

カテゴリ:「和音」 > 「和音」2009

blogranking←ワンクリック・ワン波動アップ♪

時は来たり。
白は黒に、黒は白に、裏返しの時。
陰陽逆転なり。日月逆転なり。

人々の心、裏返したり。
裏返しゆえに、和合なり。

競争ではないぞ。争いではないぞ。
なぜ裏返しか、そこを考えよ。
同じことを繰り返すでないぞ。

裏返しとは、逆転とは、正道に戻ることなり。
正道に戻るというのは本来の道に戻ることなり。
それぞれおのおのが本来の道に戻ることなり。

白は白であり、黒ではないが、黒を含む。
なぜなら、黒(か他色)がなければ、白は白であり得ないからだ。
黒についてもしかり。

ここでいう「白」「黒」は比喩なり。
この相反するもの、陰と陽についてなり。

陰が陽になり、陽が陰になる。
これは循環なり。

どちらが良いとか悪いとか正しいとかではない。
双方共に「ある」のだ。
それを受け入れるがよい。

そのために逆転する。
裏返しになる。

自分の世界は全体の世界になり、全体の世界は自分の世界になる。
裏が表になり、表が裏になると、どちらもどちらにも含まれていることがわかる。
それはひとつなのだ。

白山で見た縦と横の動きの融合、それがこれから始まる。

人々の心の中で、+が現れ始める。
+が結ばれねばならない。
ゆえに?である。  
(*注 「?」の部分は、丸○の中に+がある形。表示されませんでした)

+のままでは武器になる。
自分や自分の仲間を守ろうと、他者を刺す、あるいは、自分を刺す。
それはもう終わりである。

+の攻撃性は内に秘め、?となる。 (?の部分は、丸○の中に+がある形)
守りであり、同時に受容である。
受胎のしるしである。

これより核分裂を起こし、新しい生命体が始まろうとしている。

今までは序章。
日食新月から始まり、それにより女性性が開いていく。
女性が目覚めだしていく。

男たちよ、準備せよ、劣等感を捨て、戦士である自分に目覚めよ。
女たちよ、目覚めよ、男たちを、自分自身を許し、自己を解放せよ。

それができた男女には至福が訪れる。

楽しい時代ぞよ。
自らが愛の化身と化し、自らを愛する時代ぞよ。
他者と競う代わりに、他者を愛する時代ぞよ。

なぜなら自らの内に争いなくなれば、他者と争う必要はなくなる。
自らの内の男性性、女性性の和合により、平和が訪れる。
すべてのものがおのおのの位置に戻り、調和と和合のもとに動く。

すべてがそうなるには今しばらく時間がかかるが、
時空はすでに方向を選んだ。それはもう選択された。
すべてはその方向に向かう。

武器を捨てよ。
他と争うのではなく、自らの内の戦いを見よ。
自らの内の争いを治めれば、外の世界で争う必要はない。

すべてが循環の中にあることを知り、すべてが順調に進んでいることを知る。
それを個々人が受け入れることができて、世の中が変わりだす。

あなたが何者だろうと関係ない。
金持ちだろうと、有名人だろうと、名もない人だろうと、乞食だろうと、殺人者であろうと。

あなたが何者であろうと、自らの内の闇と融合するのなら、
あなたは偉大な光を自らの内に見るだろう。

 「和音」(09.7.9)


*文中で、「争う必要はない」といいながら、「戦士である自分に目覚めよ」とありますが、
 この戦士は、「戦う」というより「守る」という意味の戦士だと思います。(悦月)


悦月のセッション詳細

blogranking
↑幸せを人に伝えたい人〜ポチッと応援お願いします!
ありがとうございます m(_ _ )m

blogranking←ワンクリック・ワン波動アップ♪

雨で流すごとく、自分の中から出てくるものに囚われず、流すようにして下さい。
心と思考を流動的に保ち、滞ることのないようにしましょう。

やってくること、心に浮かぶことをただ受け取り流していると、
そのうち違うものが見えてきます。

事象の後ろに隠れているもの、
あなたのもとにやってきては去っていくもののうしろにあるもの、
それが現れてきます。

それは消えていくものではなく、確固とした礎をもち、簡単には流されません。
もしそれに気づいたら、それが何か見極めようとしてください。

あなたの心の重しになっているフタなのか?あなたの清い魂なのか?

流れるものは流して、その動かないものだけ感じていると、
だんだんとそれが形を表します。

最初は恐いと感じるかもしれません。
けれども逃げずに直面していると、どんどん形を変えていきます。
自分の心に浮かんでくるものに囚われず流しながらも、
確固としたものをつかんでください。

小川の水が流れていても、水の中の石は動かずにあるような感じです。
あなたは流れに囚われずに、石に気づかなくてはなりません。

その「石」を見つけたら、恐く感じようが、輝いて見えようが、
ずっと向き合ってみてください。
すると、それが鏡となり、本来のあなたの姿を映し出します。

やるとやらないとではその後の変化に差が出ます。
早く自分の魂につながりたい人はぜひやってみてください。

「和音」より (09.7.1) 「7月のメッセージ」より

blogranking
↑幸せを人に伝えたい人〜ポチッと応援お願いします!
ありがとうございます m(_ _ )m

悦月のセッション詳細

自分が自分をどう思っているかの部分、
いいと思うところも悪いと思うところもゼロにする。
自分に対する思いをまったくなくす、白紙にする。
自分に対しての頭と心の思いをからっぽにする。

「和音」(09.7.1)

blogranking
↑幸せを人に伝えたい人〜ポチッと応援お願いします!
ありがとうございます m(_ _ )m

悦月のセッション詳細

blogranking←ワンクリック・ワン波動アップ♪

あなたが今どん底でも悲惨な人生でも、
あなたが望めば変えることができます。

その責任は自分にある、
自分の人生を変えることができるのは自分である
と認めてください。

「和音」(09.7.1)

blogranking
↑幸せを人に伝えたい人〜ポチッと応援お願いします!
ありがとうございます m(_ _ )m

悦月のセッション詳細

blogranking←ワンクリック・ワン波動アップ♪

「清め」とは、自分を尊い存在と認め、尊重すること。

自己卑下、自己否定、自己批判をなくし、
ただ、そのままである状態を保つ。

「許し」と「自己受容」さえも手放し、
それができていようといまいと執着せず、

『ただ、自分の存在に感謝する気持ちを保つ』

これが「清め」です。

理屈は何もいりません。
ただあることに感謝するのです。

それも他人を見るような気持ちで、自分の存在に感謝してみてください。

何の感情も条件もいりません。
ここにある(いる)ことに感謝するだけです。

重要なのは、何の思いも解釈も条件もはさまない、

ただある状態に「ありがとう」と言う、

それだけです。

感謝するのも一つの思いであり、感情ですが、

純粋な感謝は、存在への感謝です。
ただあることの喜びを自らが感じることです。

言葉では表現しきれませんが、意図されたり、作られたりする感情ではありません。

「清め」は、ただあることを受け入れているときに流れるエネルギーです。

それは言葉ではなく、感情ではなく、もちろん思考でもなく、
感覚と感覚のすき間、細胞と細胞のすき間を感じるようなものです。

「和音」(09.7.1)

blogranking
↑幸せを人に伝えたい人〜ポチッと応援お願いします!
ありがとうございます m(_ _ )m

悦月のセッション詳細

あなたはそれをやっていけばいんだよ。
その通りにやっていけば、すべてうまくいく。

思考を全開にするんだ。
制限をかけないようにね。
「自分はこうだ」「これはこうあるべき、このはず」などと制約をしないように。

常に質問しよう。
「これはこれでいいのか?」
「思い込みはないか?」

違う角度、視点から検討するクセをつけておこう。

「和音」(09.6.26)

blogranking
↑幸せを人に伝えたい人〜ポチッと応援お願いします!
ありがとうございます m(_ _ )m

悦月のセッション詳細

blogranking←ワンクリック・ワン波動アップ♪

世の中というものは鳥が飛んでいくようなもので、つかみどころがない。
こちらの方向へ行くと思えば、全く違った方向へ行く。
渡り鳥は連隊を組んで規則的に飛んでいくが、
カラスや鳩やスズメが、次にどこへ飛んでいくかを予測することは難しい。

が、なぜ予測、先がどうなるかを知ろうとするのか?
それは今が不安だからではないか?

今がわからないから先のことを知りたいと思う。
が、先のことを知ったところで、それが信じられなければ、結局、不安が残る。

またしても「今」だ。
あなたの「今」が未来を決めるのだ。

今にいなければ、未来を知ったところで、ロクな未来ではあるまい。
もしくは、あてにならない願望の世界の未来だ。

あなたが生きているのは、今、今、今だ。

今、あなたが何を感じているのか?
考えているのか?
何を欲しているのか?
何が不満なのか?

未来を知ろうとするより、今を知ろうとしなさい。

今あなたの中で何が起こっているのか?

占いで未来を知ろうとするより、今の自分に起こっていることを知る方が確実だ。

これからの占い師はそのためにある。
もうそれでは占い師とはよべないかもしれないが。
占い師が伝える未来は、今を把握したうえでの未来であるべきだ。

対面で話をしていることが、未来をどう変えていくか?
それを前提として話すがよい。

とくに、今の時代の流れ、未来はとても不確定状態となっている。
なぜならすべてが加速しており、人々、その他の波動エネルギー如何で
なんとでも変わりようがあるからだ。

今をしっかりとつかんでいれば、未来を案じることはない。
今をつかめていないから、未来が不安なのだ。

今がよくないから未来もよくないと考えるべきでない。
なぜなら「よくない」という考え、思いは主観的だからだ。
あなたがよくないと思っても、 いい成長の過程を学んでいるではないか、と見る人もいるだろう。

今の自分を批評してはいけない。
ただ、なにが起こっているか? 客観的に知ろうとすればいい。

起こっていることがわかれば、自分はどうしたいかが選択できる。
それがあなたの未来を創っていくのだ。

占い師の仕事はそれを手伝うことだ。
人の未来を予言していくことではなく、
人生という作品を作っていく手伝いをするのだ。

人生をどう変えれば、望む未来が手に入るのか?
それは本当にあなたが望む未来なのか?
本当にあなたが幸福になる道はそれなのか?
もし、それを阻んでいるものがあるなら、それは何なのか?

それを伝えていくのが、これからの占い師の仕事である。
「占い師」という名前ではなく、他の名前の方があっているかもしれない。
となると、これは占い師の仕事とはまた違うのかな?
あなたが好きな名前を選ぶとよい。

「和音」(09.6.26)

blogranking
↑幸せを人に伝えたい人〜ポチッと応援お願いします!
ありがとうございます m(_ _ )m

悦月のセッション詳細

blogranking←ワンクリック・ワン波動アップ♪

物事が自分の思い通りになって喜んでいるうちは、まだ自分の域を出ていない。
自分の思惑を越えて物事が進んでいくようになって初めて、
神の意がそなたにおいて実現する。

自分の願いが叶っていないと嘆く必要はない。
しっかりと神にお願いをしたのならば、
どんなかたちにおいて実現するかはわからぬが、それは実現する。

願い方、祈り方に気をつけなされよ。
言葉のひとつひとつ、しっかりと検証しなされ。

神はそのままを聞いて返すからのお。
神はそのままを受け容れるからの。

どんなことがやってきても、それは神の贈り物。
ありがたく頂戴なされ。
不平不満を言わず、ありがたく受け取りなされ。

「これは私が願ったものでない」「願ったのに来ない」と嘆くことなかれ。
神を疑うことなかれ。

あなたの欲しいものは、あなたが期待している姿で来るとは限らぬからのお。
氣をつけてみていなされ。

すべてに感謝して受け取っていると、
すべてが贈り物であることに気づかれるであろう。

神はすべての願いを聞き入れるから、氣をつけなされ。

思い通りに事が運んでいるうちは、小さな幸福におるのだ。
それもよろしい。
が、神はもっとそなたらを成長させたい。
もっとすばらしいものを感じてほしいと思っておる。
そなたにもその気持ちあれば、それが優先される。

もっと成長するために、感動するために、
思わぬ出来事を与えてくださる。

それは神の思いやりであり、愛のムチなのだよ。

それを知りなされ。
私も見守っておるぞよ。
それを知りなされ。
時には、思い出しておくれ。

「はく」(京都市下御霊神社にて 09.6.16) 

blogranking
↑幸せを人に伝えたい人〜ポチッと応援お願いします!
ありがとうございます m(_ _ )m

悦月のセッション詳細

blogranking←ワンクリック・ワン波動アップ♪

静かに瞑想し、深く自分に触れ、心の中の声を聞いてください。
自分の中の自然と深くつながれば、外の宇宙につながっていきます。

あなたはまだ自分の中の自然に気がついていません。
外の世界に大自然が広がるように、あなたの内にも同じように大自然が広がっているのです。

その自然も大事にしてください。
その自然と外の世界はつながっています。呼応します。

あなたの身体は宇宙の分身です。
身体を大切にすることは、地球を大切にすることです。
「悦月の肉体」という地球を大切にしてください。
(↑自分の名前を入れて下さい)

外の世界の自然を愛でるのと同じように、内なる自然も愛してください。

「和音」(09.6.16)


blogranking
↑幸せを人に伝えたい人〜ポチッと応援お願いします!
ありがとうございます m(_ _ )m

悦月のセッション詳細

blogranking←ワンクリック・ワン波動アップ♪

「本来の自分」になると決めるのだ。

決めたら、物事が動く。
あとは流れに身を任せ、信じて、やってくることに従えばよい。

悪いようにはしない。
それよりそなたを導くであろう。

心配するでない。迷うでない。
信ぜよ。身も心も捧げて信ぜよ。

それができて初めて、そなたは自分の本質を知る。
そして自分となり、生き出すのだ。

そうなれば、すべてはパズルがはまったようにどんどんと進み出す。
もうすぐその時が来るでので準備なされよ。

「和音」(09.6.17)

blogranking
↑幸せを人に伝えたい人〜ポチッと応援お願いします!
ありがとうございます m(_ _ )m

悦月のセッション詳細

blogranking←ワンクリック・ワン波動アップ♪

土と女性は関係があります。
土と女性の肉体はつながっているので、どちらかが汚れるともう一方も汚れます。
同じくどちらかがきれいになるともう一方もきれいになります。

これは三次元的に考えないでください。
そういう話ではないのです。

大地を浄化するのと、女性の肉体を浄化するのとどちらが先でもいいのです。
両方共にしていくがいいですが、女性の体内がきれいになっていくと、男性の肉体もきれいになっていきます。
そうなると空気が浄化されます。


まず、大地と女性です。
土が柔らかくなると、女性も柔らかくなります。
男性はそれを理解して環境を整えるベきです。

女性の身体は神殿です。
神殿を住みやすい環境にするのは、男性の役割なのです。
だから、男性は女性を守る側にいます。

女性という神殿環境を整えるために実際の環境を整えていくことで、女性の女神性が発揮されます。


男性がそこらへんを理解していないと男女関係が難しくなります。
女性もそのことを理解して自分を大切にすべきです。
女性を神聖なるものとして扱うことで(男女ともに)、本来の機能が働き出します。

女性自身は特に、自分を自分のものとは思わずに、他者を扱うように扱ってください。
つまり自分を大切にするということです。
女性は神からの預かりものと思ってください。

男性はそれを大切に保管する管理人、世話人です。
支配する人ではないのです。


従来、女性が器で、男性が発動するものと見られています。
その構図はそれでいいのですが、「客体と主体」とか、「受動と発動」という考えは正しくありません。

本来の発動は女性にありますが、受動的発動ですので積極的ではないです。
男性は女性という器環境を整えるための環境を整える係です。
その中で女性が発動し、男性はそれに方向性を与え、導いていきます。
だから初めに女性ありきなのです。
(注:といっても、どちらが優れているという話ではなく、関係性の話です)

この関係性がある時から今までゆがめられてきましたので、 社会や人間の心のバランスがくずれてしまいました。
今またもとに戻ろうと動いていますのでよい傾向だと思います。

その関係性の中では、女性は女性らしく、男性は男性らしく、自分らしさを発揮していけます。
これからはそういう関係と社会を作っていかねばなりません。

一人一人がこの図式をしっかりと理解して、そのように保てば、 一人一人の幸福にもつながり、よい社会になっていきます。

現実的な面(生活面とか)にまず目がいってしまうものですが、
人間の尊厳を取り戻していくと、もっと宇宙的視野で動けるようになります。

そういう視野の人を増やしてください。

全体のバランスを考え出すと、個の欲求は減っていき、至福感が増えていきます。
エネルギーはどんどん変わっていっています。

良い感じになってきているので、ますます速進してください。
成幸を祈ります。大丈夫です。
どんどんもっとよくなります。

「和音」(09.6.4)


◆「オラクルカード・ワークショップ in 京都」2月14日13:00~16:00
古神道ワークショップ in 京都 2月20日(土)


blogranking
↑幸せを人に伝えたい人〜ポチッと応援お願いします!
ありがとうございます m(_ _ )m

悦月のセッション詳細

blogranking←ワンクリック・ワン波動アップ♪

自分ひとりでやれることを証明したい、自分の力を見せたいという欲、
これは別に悪いものではないのですが、楽にいきたいのなら、 この思いも手放した方がよいです。

私はがんばらなくてもいい、
何もしなくても私は十分な価値がある、
何かをすることで自分を証明しようとしなくてもよい、
何もできなくても私は存在してよい、
私は私であってよい、
私は好きなことだけしていてもよい、
宇宙は私を満たしたいと思っている、
私はそれをただ受け入れさえすればいい、
私はただあればいい、

自分で成し遂げるより、人の能力を伸ばすとか、人と協力して共に進んでいくとか、

あなたが本当に欲していることは何か? 

もう一度よく考えてみてください。

「何かをしないと認められない自分」というものはありません。
あなたが自分でそれを設定しているだけです。

あなたはそのままでいいのです。
あなたはあなたであっていいのです。

あなたはただ魂の声をしっかりと聞き、それに従っていればいいのです。
自分の疑いをなくしてください。
あなたは愛されています。
大丈夫です。信じてください。

「和音」(09.6.16)


blogranking
↑幸せを人に伝えたい人〜ポチッと応援お願いします!
ありがとうございます m(_ _ )m

悦月のセッション詳細

本当はあなたはできるのですから、ためらう必要はないのです。
できない自分を演出する必要はありません。

「和音」(09.5.19)

blogranking←あなたのクリックに感謝します^^

悦月のセッション詳細

悦月の手相ブログ「手相は語る!」

blogranking←ワンクリック・ワン波動アップ♪

なるがままにまかせてください。
すべて順調に進んでいます。

唯一の問題と言えば、あなたの不安と怖れと疑いです。
それはあなたが宇宙や神を信じていない証拠です。
また自分が見捨てられるのではないか?と、
悲しみと自己否定と怒りを、神に運命に秘かに向けています。

そうすることで得られるものは何ですか?
心の中でそうすることで、誰かが慰めてくれるとか、手を差し伸べてくれるとかいう気持ちが働いていませんか?

それは昔、そうされなかった(とあなたが思っている)ことで、癒されていない部分があるので、その感情を満たそうと同じ状況(感情)を再現し、同じことをして、誰かの助けを訴えているのです。

が、そういうことをしても、同じ虚しい感情を繰り返すだけです。
なぜなら同じ状況に対して同じことをするので、
そこにある感情は、満たされていない、裏切られたと感じている感情です。
それが出発点である限りは、それと同質のものが戻ってきます。
その出発点をしっかりと見つめる必要があります。

あなたの中の、放っておかれた、かまってもらえなかったという無念さ、
それは、欲しい愛が得られなかった→自分は愛されていない、
というお決まりのコースとなっていきます。

放っておかれた、かまってもらえなかったと思っている
インナーチャイルドの自分としっかり向き合いましょう。

今も宇宙は、あなた方の「私をかまってくれない」という怒りを抱えています。
本当は大いなる愛を注いでくれているのですが、
あなた方はそれに感謝するより「もっとくれ」と請求しているのです。

親子関係と同じですが、あなたは宇宙、神にちゃんと感謝し、お礼をしていますか?
「欲しい欲しい」だけでは、あなたの御魂が満足しません。

「和音」(09.6.16)


blogranking
↑幸せを人に伝えたい人〜ポチッと応援お願いします!
ありがとうございます m(_ _ )m

悦月のセッション詳細

blogranking←ワンクリック・ワン波動アップ♪

「自然と対話する」

自然と対話することを心掛けてください。
最初に対話したいモノを選びます。
そしてそのモノにお願いします。
「私はあなたとお話ししたいです。どうぞ私に語りかけてください。メッセージをください」

対象のモノと同化、共鳴しようかとか考えなくてもいいので、
どのモノに何を意図したかさえはっきりしていれば、
あとは無になり、メッセージが降りてくるのを待ちます。
(この時はすでに対象のモノを見ていないかも?)
心を明け渡し、オープンにして降りてくる言葉を受けとめるだけです。

自然との対話だから、目の前の自然が語りかけてくると思いがちですが、そうではありません。
あなたの中に浮かんでくる言葉が彼らのことばです。
これにたけてくると、自然だけでなく、身の回りの無機物なモノでもできます。
そのためには自分の中の雑念をへらすことです。

「和音」(09.6.10)


blogranking
↑幸せを人に伝えたい人〜ポチッと応援お願いします!
ありがとうございます m(_ _ )m

悦月のセッション詳細

blogranking←ワンクリック・ワン波動アップ♪

これからは鏡の時代となります。
できるだけ透明であるが一番です。

自分の心がそのまま外の世界に映ります。
それをしっかりとふまえておくと、いろいろなことが楽になり、
物事も明白に見ることができます。

「和音」(09.5.1)


blogranking
↑今日もラッキーで「ポチッ」!ありがとうございます m(_ _ )m

悦月のセッション詳細


blogranking←ワンクリック・ワン波動アップ♪

昨年11/26日以降、女性原理の時代が本格的に始まったけれど、この日か12/3あたりに、いわば受胎。
現在は胎児状態で夢心地でまどろんでいる。
だからけっこう大事な時。

まどろみのなかで形成されていることは、今後現れる。
1/9がおぎゃーと生まれる時。
8月に現れたイザナミエネルギーの浄化された状態が聖母マリア的エネルギーに変換されて現れてくる。
母性、慈愛。
そして、1/9から結びの開始。
この日から箱船作りが始まる。

箱船は舟ではなく、母胎、つまり女性性の器、女性の宮。
小さい舟は子宮。大きな舟は地球。
箱船作りは大小呼応する。
舟建設は女性性の癒し、本来の状態に戻すこと。
舟にたくさんの生き物を乗せることは、
受容、受け入れ、許し、平等、共有、あるがままを受け入れる世界、生かされていることを知る世界。
洪水は高次元のエネルギー浄化。光の浄化。
女性の子宮(舟)が癒されることは、女性そのものが本来のパワーを取り戻すこと。
その創造力は洪水のごとし。

舟ができるとマストが立つ。
しっかりとしたマストが立てば出航できる。
仙骨は舟。マストは背骨、中心軸。
男性は女性の創造力、生命力に耐えうる力をつけよ。
男性も箱舟に乗らねばならぬ。
しっかりと方向性を与えよ。
大海を走行するには、舵をとる必要あり。
大自然と共に運行する必要あり。

むすびとは和合。聖なる(性なる)循環。環。
箱船とは男性性女性性の調和。
調和が起きずば、洪水が起きる。
ノアは箱船の重要性に気づいた。だから助かった。
今度はみなが箱船作りをすればよい。
ならば助かる。
洪水は女性性の氾濫。呑み込む力。
地球が目覚めてきている今、人間の自由は利かなくなる。
自然と戦えば、呑み込まれる。

全ては相似形。
龍穴も舟。京都も舟。
舟はチャクラのごとし。
渦が旋回して上昇し、気流を作る。
その中心軸がマスト。
日本国中であちこちの舟ができあがり、どんどんチャクラ(渦龍)がオープンし、マストが立てば(昇龍)、日の本の龍が動きだす。
そのためには各地の龍がまだまだ動き出す必要あり。
舟を整える必要あり。

「和音」(09.12.29)


1/8,9の話を書こうと思ったら、どんどん枝葉が出てしまって長くなったので、また次回にでも。
今日は矢加部先生の古神道風水講座と神代文字WSにいってきます〜!


blogranking
↑幸せを人に伝えたい人〜ポチッと応援お願いします!
ありがとうございます m(_ _ )m

悦月のセッション詳細

blogranking←ワンクリック・ワン波動アップ♪

大丈夫、大丈夫。
恐くないよ、大丈夫。

今までずっと恐かったんだよね。
ずっと一人でがんばってきたんだよね。

でも、もう大丈夫。
あなたは一人じゃないよ。
あなたが一人じゃないって気づいたら、もう一人にはならないよ。

あなたのまわりにはたくさんあなたを見守ってくれている存在がいるよ。
いつも「大丈夫」ってささやいてくれているよ。

あなたがその声を聞こうと耳をかたむけるとさ、初めてその声が聞こえてくるんだよ。
そして、思い出すんだよ、
「あー、この声は、ずっと昔から小さい頃から、私の耳元で心の中でささやいていてくれていた声だ」って。

ずっと一緒にいてくれてたんだってやっと氣づくの。

小さい頃からね、ずっと一緒にいてくれる天使さんだよ。
一人で寂しく泣いているときも、落ち込んでがっくりきているときも、
いつもそばに寄り添って抱いてくれていたんだよ。

だからね、大丈夫。
あなたがね、大丈夫って声を聴くようになると、本当に大丈夫なんだなーってわかるの。

そして、あなたは自分の中にいる天使さんにも言ってあげるの。
大丈夫、大丈夫って。

外の天使さんがささやいてくれることを、内の天使さんにもささやいてあげるの。
そうすると、あなたにもどんどん天使の羽が生えてきて、自由に羽ばたけるようになるよ。

だから、大丈夫!

「和音&悦月」(09.12.29)


今年一年ありがとうございます!
来年もまたよろしくお願いいたします。
良いお年をお迎えください。


blogranking
↑幸せを人に伝えたい人〜ポチッと応援お願いします!
ありがとうございます m(_ _ )m

悦月のセッション詳細
古神道・開運風水講座1/11
「神代文字ワークショップ」〜基礎編〜1/11

悦月の手相ブログ「手相は語る!」

blogranking←ワンクリック・ワン波動アップ♪

今年もあとわずかとなりました。
精神的に変化の激しい年でしたが、今年しっかり自分を見つめた人には、
来年はさらなる飛躍の年となるでしょう。

今年、自分をごまかしてきた人は、来年もまたたいへんです。
ごまかすことはどんどん暴かれていくので、それを認めて、
本当の自分を知って受け入れていかないと、本当につらくなります。

今年の波動もものすごく変わりました。
昨年よりその変化は加速しています。
来年はもっと加速するでしょう。
今年の1,5〜2.5倍ぐらい。前半と後半とではだいぶん違っています。

その波動変化についていくには、身体の柔軟さと心の柔軟さが必要です。
古いものはどんどんと手放す準備をする、特に、価値観。
来年は大きく変わります。固執しないことです。

身体の緊張を解くことも大いに大切です。
身体ほぐしをして下さい。ゆるめることです。

今年の残りは、楽しんでください。
楽しむといっても、忘年会に出かけろという意味ではなく、心地良く過ごしなさいということです。

友人と出かけるもいいし、一人部屋でくつろいで過ごすもよし。
気持ちよく過ごせるようにして下さい。

あんまり自分の苦しみに向き合う時期ではないので、悩み苦しみはいったん横において忘れて、
また一月中旬ぐらいから向き合えばいいです。
今は休暇中とでも思って、自分に厳しくするのはやめ、
「ま、今は忘れよう〜」と気楽に過ごしてください。

自分の内面を見つめる場合は、静かに内観する、瞑想するという感じで、
心を鎮め、客観的に見つめる作業にしてください。

心静かに心地良く平安に過ごすことが今年残りの過ごし方のコツかもしれません。
苦しみやネガティブなところには目を向けないように。

実際悩んでいても、今はとりあえず、どうにかなると思って休憩してください。
今がんばっても空回りします。
それならば、のほほんほっこりとくつろいでいる方がいいです。

時期的にそんな時です。
がんばらないでください。

「和音」(09.12.18)

*この記述は12/18日付ですので、もっと早く載せるべきでしたが、遅くなりました。すみません。
 今年の残りと1月の1/3ぐらいまでの感じでしょうか?


blogranking
↑幸せを人に伝えたい人〜ポチッと応援お願いします!
ありがとうございます m(_ _ )m

悦月のセッション詳細
古神道・開運風水講座1/11
「神代文字ワークショップ」〜基礎編〜1/11

悦月の手相ブログ「手相は語る!」

blogranking←ワンクリック・ワン波動アップ♪

今、去る人は追わない方がいいです。
あなたに必要のない人達です。
その人たちが去れば、もっとあなたにとって必要であり、
大切なひとたちがやってきます。

あなたの作りたい世界を明確にしてください。
どんな人達に囲まれていたいか?
その人たちをイメージしてください。
そうすることで、その人達を引き寄せます。

あなたに嫌な思いをさせる人、あなたを不満に思っている人には
フォーカスしないように。
それを流して忘れることが今のあなたの課題です。
とらわれないことです。

不満を持っていれば、あなたはそれでいっぱいになっています。
世界は広いです。
なのになぜ、不満を握りしめているのですか?
もっと大きな世界を見てください。
自分の可能性を見てください。

あなたをちぢこめる人達にフォーカスするのでなく、
あなたを伸ばす人、真に評価する人と共にいてください。

あなたのゆがみが、ゆがんだ人とゆがんだ人間関係を引き寄せます。
人間の良いところにフォーカスしてください。

「和音」(09.5.7)


blogranking
↑いつも応援ありがとうございます m(_ _ )m

悦月のセッション詳細
古神道・開運風水講座1/11
「神代文字ワークショップ」〜基礎編〜1/11

悦月の手相ブログ「手相は語る!」

↑このページのトップヘ