いのちおり - 本来の自分に還るために

さあ、未来の自分に還る旅に出よう!
人生をよりクリエイティブに生きたいあなたに贈る
   悦月(えつき)のブログ(旧ブログタイトル:たまむすひ)
                                    

カテゴリ: あなたに届けたい言葉、話

blogranking←ワンクリック・100波動アップ♪


ドイツの精神医学者で、ゲシュタルト療法の創始者のフレデリック・S・パールズ(1893〜1970)が作ったゲシュタルト療法の思想を盛り込んだ詩で、彼はワークショップでこの詩を読み上げることを好んだそうだ。


ゲシュタルトの祈り


私は私のために生きる。あなたはあなたのために生きる。

私は何もあなたの期待に応えるために、この世に生きているわけじゃない。

そして、あなたも私の期待に応えるために、この世にいるわけじゃない。

私は私。あなたはあなた。

でも、偶然が私たちを出会わせるなら、それは素敵なことだ。

たとえ出会えなくても、それもまた同じように素晴らしいことだ。



コーチングイベントあります!

悦月のセッション詳細はこちらから


blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m



子供の声の語り:
考えてみよう、世代に引き継がれるものを。
子供達やそのまた子供達の代のためにより良い世界を作りたいと声に出して言う事を。
そうすれば子供達はそれがより良い世界なのだと知る事になる。
そして考えてみよう、
彼等が世界をより良い場所に出来るとしたら。

君達の心の中に或る場所がある
僕はそれが「愛」だと知っている
そしてこの場所は明日の事よりももっと明確なもの
君達が本当にトライすれば そこでは泣く必要はないと分るだろう
この場所には苦痛も悲しみもないと感じるだろう

そこに至る道は幾つもある
生きている人々の事を君達が十分に気にかけるなら
少しゆとりを持とう より良い場所にしよう

世界を治癒させよう より良い場所にしよう
君達にとって 僕にとって そして人類全てにとっての
そこでは人々が死んでいる
生きている人々の事を君達が十分に気にかけるなら
より良い場所にしよう 君達にとって 僕にとっての

なぜ嘘偽りのない無二の愛があるのかを知りたいなら
「愛」は強く 悦びの贈り物を与える事しか考えないもの
僕達がトライすれば この至福の中では不安や恐怖を感じる事はないと分る筈だ
「存在」は止めて「生きる」事を始めれば
僕たちが生き育つためには「愛」があればいつでも十分なのだと感じられる
より良い世界にしよう

僕達が想い抱いた夢によって 悦びの顔が明らかになる
そして僕達がかつて信じた世界が 再び神の恵みに輝くだろう
ならどうして僕達は生命を窒息させ続け この地球を傷つけその魂に十字架の責め苦を与えるのか?
紛れも無く この世界は神々しい
神の悦びの輝きとなれ

空高く飛んで 僕達の魂が決して死なないようにしよう
君達は全て僕の兄弟なのだと心で感じる
恐怖のない世界を創造し 幸福の涙を共に流そう
全人類が刀を鋤に変えるのを見届けよう
生きている人々の事を君達が十分に気にかけるとしたら
僕達がそこに至る事は本当に可能だ
考える余地を少し作ろう より良い場所にするために

より良い場所にしよう
僕達が住む世界を治癒させよう
子供達のために世界を救おう

和訳の引用元





blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

blogranking←ワンクリック・100波動アップ♪

アインシュタインが70歳の誕生日を祝って
日本の子供たちが贈った本のお礼にと送ったあいさつ文だそうです。

-------------------------------------

日本のみなさんへ 私のごあいさつをお送りします

私には ぜひお伝えしておきたいと思っていることがあります

私は 美しい日本を訪れたことがあり
そこで町や家や山や森を見て
日本の子供たちが 生まれ育ったところを
とても大切に思う心を 持っていることを知りました

いつも私の机の上には 日本の子供たちが私に作ってくれた
色のついた絵でいっぱいの 大きな厚い一冊の本があります

今こんなに遠く離れている あなたたちが
私のあいさつを受けとったならば 私たちの時代になってはじめて
さまざまな国に住む人々が おたがいに
優しくわかり合えるようになったことを考えてみてください

前の時代では いろんな国の人々がおたがいのことを
わからないまま暮らしていました

それどころか おたがいに恐ろしがったり
憎しみ合っていたこともありました

兄弟を思う気持ちと同じように
多くの国の人々が おたがいを思い合うことが
もっと広く 世界の中で育てゆくことを期待しています

年を取ってしまった私は そのような気持ちをこめて
遠い国から 日本の小学生のみなさんへ
ごあいさつをお送りいたします

いつの日か あなたたちの世代が 私の過ごしてきた時代を
恥ずかしいと感じるようになることを
私は期待しています

新説 ホツマツタヱ』宮地正典著





美しい国を作ろう!まずは身近なところから。


blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

blogranking←ワンクリック・100波動アップ♪

以前にものせましたが、チャップリンからのメッセージをもう一度。



1940年に上映された「独裁者」の中で、ヒットラーのダブルの床屋が兵士たちの前で演説するシーン。 チャーリー・チップリン自身によって書かれたスピーチ。 史上でもっとも感動的なスピーチとも言われ、各国の言葉に訳され、世界中に広められている。
 
「史上最高のスピーチ」より転載。


I’m sorry but I don’t want to be an Emperor – that’s not my business – I don’t want to rule or conquer anyone. I should like to help everyone if possible, Jew, gentile, black man, white.

申し訳ないが、私は皇帝などなりたくない。 それは私には関わりのないことだ。 誰も支配も征服もしたくない。できれることなら皆を助けたい、ユダヤ人も、ユダヤ人以外も、黒人も、白人も。 


We all want to help one another, human beings are like that. We all want to live by each other’s happiness, not by each other’s misery. We don’t want to hate and despise one another.

私たちは皆、助け合いたいのだ。 人間とはそういうものなんだ。 私たちは皆、他人の不幸ではなく、お互いの幸福と寄り添って生きたいのだ。 私たちは憎み合ったり、見下し合ったりなどしたくないのだ。


In this world there is room for everyone and the earth is rich and can provide for everyone. The way of life can be free and beautiful. But we have lost the way. Greed has poisoned men’s souls – has barricaded the world with hate; has goose-stepped us into misery and bloodshed.

この世界には、全人類が暮らせるだけの場所があり、大地は豊かで、皆に恵みを与えてくれる。 人生の生き方は自由で美しい。 しかし、私たちは生き方を見失ってしまったのだ。 欲が人の魂を毒し、憎しみと共に世界を閉鎖し、不幸、惨劇へと私たちを行進させた。


We have developed speed but we have shut ourselves in: machinery that gives abundance has left us in want.

私たちはスピードを開発したが、それによって自分自身を孤立させた。 ゆとりを与えてくれる機械により、貧困を作り上げた。


Our knowledge has made us cynical, our cleverness hard and unkind. We think too much and feel too little: More than machinery we need humanity; More than cleverness we need kindness and gentleness. Without these qualities, life will be violent and all will be lost.

知識は私たちを皮肉にし、知恵は私たちを冷たく、薄情にした。 私たちは考え過ぎで、感じなく過ぎる。 機械よりも、私たちには人類愛が必要なのだ。 賢さよりも、優しさや思いやりが必要なのだ。 そういう感情なしには、世の中は暴力で満ち、全てが失われてしまう。


The aeroplane and the radio have brought us closer together. The very nature of these inventions cries out for the goodness in men, cries out for universal brotherhood for the unity of us all.

飛行機やラジオが私たちの距離を縮めてくれた。 そんな発明の本質は人間の良心に呼びかけ、世界がひとつになることを呼びかける。


Even now my voice is reaching millions throughout the world, millions of despairing men, women and little children, victims of a system that makes men torture and imprison innocent people.

今も、私の声は世界中の何百万人もの人々のもとに、絶望した男性達、女性達、子供達、罪のない人達を拷問し、投獄する組織の犠牲者のもとに届いている。


To those who can hear me I say “Do not despair”. The misery that is now upon us is but the passing of greed, the bitterness of men who fear the way of human progress: the hate of men will pass and dictators die and the power they took from the people, will return to the people and so long as men die [now] liberty will never perish…

私の声が聞こえる人達に言う、「絶望してはいけない」。 私たちに覆いかぶさっている不幸は、単に過ぎ去る欲であり、人間の進歩を恐れる者の嫌悪なのだ。 憎しみは消え去り、独裁者たちは死に絶え、人々から奪いとられた権力は、人々のもとに返されるだろう。 決して人間が永遠には生きることがないように、自由も滅びることもない。


Soldiers – don’t give yourselves to brutes, men who despise you and enslave you – who regiment your lives, tell you what to do, what to think and what to feel, who drill you, diet you, treat you as cattle, as cannon fodder.

兵士たちよ。 獣たちに身を託してはいけない。 君たちを見下し、奴隷にし、人生を操る者たちは、君たちが何をし、何を考え、何を感じるかを指図し、そして、君たちを仕込み、食べ物を制限する者たちは、君たちを家畜として、単なるコマとして扱うのだ。


Don’t give yourselves to these unnatural men, machine men, with machine minds and machine hearts. You are not machines. You are not cattle. You are men. You have the love of humanity in your hearts. You don’t hate – only the unloved hate. Only the unloved and the unnatural.

そんな自然に反する者たち、機械のマインド、機械の心を持った機械人間たちに、身を託してはいけない。 君たちは機械じゃない。 君たちは家畜じゃない。 君たちは人間だ。 君たちは心に人類愛を持った人間だ。 憎んではいけない。 愛されない者だけが憎むのだ。 愛されず、自然に反する者だけだ。 


Soldiers – don’t fight for slavery, fight for liberty.
In the seventeenth chapter of Saint Luke it is written ” the kingdom of God is within man ” – not one man, nor a group of men – but in all men – in you.

兵士よ。 奴隷を作るために闘うな。 自由のために闘え。 『ルカによる福音書』の17章に、「神の国は人間の中にある」と書かれている。 一人の人間ではなく、一部の人間でもなく、全ての人間の中なのだ。 君たちの中になんだ。


You, the people have the power, the power to create machines, the power to create happiness. You the people have the power to make life free and beautiful, to make this life a wonderful adventure.

君たち、人々は、機械を作り上げる力、幸福を作り上げる力があるんだ。 君たち、人々は人生を自由に、美しいものに、この人生を素晴らしい冒険にする力を持っているんだ。


Then in the name of democracy let’s use that power – let us all unite. Let us fight for a new world, a decent world that will give men a chance to work, that will give you the future and old age and security.

だから、民主国家の名のもとに、その力を使おうではないか。 皆でひとつになろう。 新しい世界のために、皆が雇用の機会を与えられる、君たちが未来を与えられる、老後に安定を与えてくれる、常識のある世界のために闘おう。


By the promise of these things, brutes have risen to power, but they lie. They do not fulfil their promise, they never will. Dictators free themselves but they enslave the people.

そんな約束をしながら獣たちも権力を伸ばしてきたが、奴らを嘘をつく。 約束を果たさない。 これからも果たしはしないだろう。 独裁者たちは自分たちを自由し、人々を奴隷にする。 


Now let us fight to fulfil that promise. Let us fight to free the world, to do away with national barriers, do away with greed, with hate and intolerance.

今こそ、約束を実現させるために闘おう。 世界を自由にするために、国境のバリアを失くすために、憎しみと耐え切れない苦しみと一緒に貪欲を失くすために闘おう。 


Let us fight for a world of reason, a world where science and progress will lead to all men’s happiness. Soldiers – in the name of democracy, let us all unite!

理性のある世界のために、化学と進歩が全人類の幸福へと導いてくれる世界のために闘おう。 兵士たちよ。 民主国家の名のもとに、皆でひとつになろう。 


blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

blogranking←ワンクリック・ワン波動アップ♪

前に載せていた記事ですが、再び。
 ↓ ↓ ↓ ↓

昔の書類を整理していたら、「神話の力」(ジョセフ・キャンベル著)から(だと思いますが)コピーした文章がでてきました。

1854年に、アメリカのピアス大統領がネイティブアメリカンの土地を買収し、居留地を与えると申し出て、ネイティブアメリカンの首長シアトルが、白人との戦いをやめるために条約に署名したその時に大統領に宛てた手紙といわれていますが、実際はこのような文章ではなかったという話もあるみたいです。

私にしてみれば、どちらでもいいかなと思います。
初めてこれを読んだ時、いたく共感してずっととっておりました。
今、数年ぶりに読んでもやはりすばらしい文章だと思いますので、ここに載せておきます。

私たちはこの言葉を心しておくべきだと思います。
(行間は読みやすいように空けました)

-------------------------------------

ワシントンにいる大統領は、私たちの土地を買いたいとの手紙を送ってきた。
だが、空がどのように売り買いできるのだろうか? 

土地を買う? 
この考えは、私たちにはとても奇妙だ。
空気の清々しさや水のほとばしりを私たちは所有していないのに、
どうしてそうしたものを売り買いできるのだろうか?

この地球のどの部分も、私たちにとって神聖なものである。
輝く松葉一本一本が、砂浜が、深い森の霧が、草原が、
羽音をたてている虫たちが、、、。
すべてが私の種族の体験と記憶の中で神聖なのである。

私たちは、静脈に流れている血液を知っているように、
木に樹液が流れていることを知っている。

私たちは地球の一部で、地球は私たちの一部なのだ。

香る花たちは私たちの姉妹であり、熊や鹿や大鷲たちは兄弟だ。
ロッキーの谷、牧草地のミルク、ポニーの体温、そして人間、
みな同じ家族である。

暖流や川を流れる輝く水は、ただの水ではなく、私たちの先祖の血である。
もし、私たちがあなたがたに土地を売るとしたら、
それが神聖なものであることを、あなたがたは忘れてはならない。

湖の澄みきった水の反射一つが、
あなたがたに私たちの生活の記憶や出来事を語る。
水のつぶやきは、私たちの曾祖父の声なのだ。

川は私たちの兄弟である。私たちの渇きを癒してくれる。
カヌーを運び、子供たちを育ててくれる。
だから、あなたがたは兄弟に対する親切さを川に与えなくてはならない。

もし私たちが土地を売ったら、
空気が私たちにとって貴重であることを忘れてはならない。
空気はすべての生命を支え、すべての生命とその精神を分け合っている。

風は私たちの祖先に最初の息を与え、そして最後の息をひきとった。
風はまた、私たちの子供たちに生命の息吹を与えているのだ。

だから、もし私たちが私たちの土地を売ったら、あなたがはその土地を、
いつでもそこへ行けば牧草地の花の甘い香りを運ぶ風が味わえる場所として、
別にして神聖にとっておかなければならない。
 
あなたがたは、あなたがたの子供たちに、
私たちが子供たちに教えてきたように教えますか? 

大地は私たちの母である。
大地に生じるものすべてが、大地の息子たちであると。

私たちは知っている。
大地が人間に属するものではなく、人が大地に属するのだということを。
すべてのことは、血液のように私たちを一つにしているのだ。

人は生命の布を織らなかった。
人はただ、その中の一本の糸にすぎない。

私たちは知っている。
私たちの神は、あなたがたの神でもあることを。

大地は人にとって尊いものであり、大地を傷つけることは、
創造主への大いなる侮辱である。

あなたがたの運命は、私たちにとって謎である。

バッファローが、すべて虐殺されたらどうなるのか? 
野生馬が家畜化されたら? 
森の中の神聖な場が、たくさんの人間の臭いで充満したら、
昔からの山々の景色が電話の線で汚されたら、いったいどうなるのか?

木の茂みはどこにあるのか? 
今はなくなった! 

鷲はどこにいるのか? 
もう見えない! 

元気なポニーと狩りに別れを告げるものは何か? 
生存の終わりと残存の始まりである。

最後のインディアンが原野と記憶とともに消えたとき、
プレイリーを横切っていくのは雲の影だけ。

そんな砂浜や森が、そのときにまだここにあるだろうか? 
私たちの精神は、まだ残されているだろうか?

私たちはこの大地を、
生まれたての赤ん坊が母親の心臓の鼓動を愛するように、愛している。

だから、もし私たちが私たちの土地を売ったら、
私たちが愛したように愛してください。
私たちが気にかけたように、気にかけてください。

あなたが受け取った、そのときのままの土地の記憶をずっととどめていてください。
子供たちのためにその土地を保存し、愛してください。
神が私たちすべてを愛するように。

私たちは土地の部分であり、あなたがたも土地の部分である。
この土地は、私たちにとって尊い。
あなたがたにとっても尊いものだ。

私たちが知っていることは一つ ー 神は一人しかいないということだ。
インディアンであろうと白人であろうと、人間は切り離すことはできない。

私たちは結局兄弟なのである。




Chief Seattle
1786-1866
Photo: Courtesy of the Smithsonian, National Museum of the American Indian

The following is a speech he gave 1854:

"The Great Chief in Washington sends word that he wishes to buy our land. The Great Chief also sends us words of friendship and good will. This is kind of him, since we know he has little need of our friendship in return. But we will consider your offer. For we know that if we do not sell, the white man may come with guns and take the land.

"How can you buy or sell the sky, the warmth of the land? The idea is strange to us. If we do not own the freshness of the air and the sparkle of the water, how can you buy them?

"Every part of this earth is sacred to my people. Every shining pine needle, every sandy shore, every mist in the dark woods, every clearing and humming insect is holy in the memory and experience of my people. The sap which courses through the trees carries the memories of the red man.

"The white man's dead forget the country of their birth when they go to walk among the stars. Our dead never forget this beautiful earth, for it is the mother of the red man. We are part of the earth and it is part of us. The perfumed flowers are our sisters; the deer, the horse and the great eagle are our brothers. The rocky crests, the juices in the meadows, the body heat of the pony, and man- all belong to the same family.

"So when the Great Chief in Washington sends word that he wishes to buy the land, he asks much of us.

"The red man has always retreated before the advancing white man, as the mist of the mountain runs before the morning sun. We know that the white man does not understand our ways. One portion of land is the same to him as the next... the earth is not his brother, but his enemy, and when he has conquered it, he moves on. He leaves his father's graves behind, and he does not care. He kidnaps the earth from his children...His appetite will devour the earth and leave behind only a desert.

The air is precious to the red man, for all things share the same breath- the beast, the tree, the man, they all share the same breath. The white man does not seem to notice the air he breathes. Like a man dying for many days, he is numb to the stench...The air is precious to us, the air shares its spirit with the life it supports. The wind that gave our grandfather his first breath also receives his last sigh.

"This we know: The earth does not belong to man; man belongs to the earth. This we know.

"Whatever befalls the earth befalls the sons of the earth. Man did not weave the web of life; he is merely a strand in it. Whatever he does to the web he does to himself.

"Even the white man cannot be exempt from the common destiny. One thing we know, which the white man may one day discover- our god is the same god. You may think that you own him as you wish to own the land but you cannot. This earth is precious to the great spirit, and to harm the earth is to heap contempt on its creator. The whites too shall pass; perhaps sooner than all other tribes. Continue to contaminate your bed, and one night you will suffocate in your own waste.

"Your destiny is a mystery to us, for we do not understand when the buffalo are all slaughtered, the wild horses tamed, the secret corners of the forest heavy with the scent of many men, and the view of the ripe hills blotted by talking wires. The end of living and the beginning of survival.

"When the last red man is vanished from th is earth, and his memory is only the shadow of a cloud moving across the prairie, the shores and forests will still hold the spirits of my people. For they love this earth as the newborn loves its mother's heartbeat. So if we sell you our land, love it as we've loved it. Care for it as we've cared for it. Hold in your mind the memory of the land as it is when you take it. And with all your strength, with all your mind, with all your heart, preserve it for your children, and love it... as the Great Spirit loves us all."

ChiefSeattle


blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

blogranking←ワンクリック・100波動アップ♪

「お願いがあるのです。あなたはぼくより年上だし、経験も豊かだから、きっとぼくを助けてくれると思うのです。大洋というものがどこにあるのか教えてください。あちこち全部捜したのだけれど、見つからないのです」
と大洋に住む魚が、別の魚に聞いた。別の魚は、
「大洋って、今君が泳いでいるのがそれさ」
と答えた。
「えっ、これがですか?でも、これはただの水ですよ。ぼくがずっと捜しているのは『大洋』というものなのです」
と小さな魚はひどくがっかりして言った。

私たちもすでに完全な豊かさのなかに浸っているのである。豊かさを捜しまわる必要はない。あの小さな魚がどんなに遠くまで泳いでいっても、大洋の外にでることはないのだ。私たちの宇宙がはてしないように、その魚の大洋もはてしなく広がっているのである。

あなたがどういうふうに生きていくかはあなた自身が決めることだ。豊かさは、あなたがほしいと言えば、タダであなたのものになる。

豊かさはごく少数の人たちが手にするものではない。豊かさとは、人間が生まれながらに持っている資質なのだ。あなたが波長をあわせさえすれば、豊かさは必ず目のまえにやってくるのである。

小さな自分で一生を終わるな! 」ウエイン・W.ダイアー


まさに私たちはこれをしています。
無尽蔵の豊かさも幸せも、私たちはすでにもっています。

それはあなたが期待するような愛と平和に満ちたものでないかもしれません。
あまりに普通にそこにあるので気がつかないかもしれません。

幸せや悟りや理想の自分に過度の期待を抱かないほうがいいかもしれません。

もしかするとそれは「「えっ、これがですか?」というようなもので、あなたをがっかりさせるかもしれません。

エゴはそんなものは無視して、光り輝く理想を追い求め続けるのかもしれません。

太陽に向かって飛翔し続けたイカロスは海中に落ちて溺れ死にました。
その時初めて、自分を包み込む「大洋」の存在を知ったかもしれないですね。


blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m




自然はいつも私たちとともにあります。

人間の身勝手に文句を言わず、ただそこにあります。

感謝もせず、取るだけ取って、壊すだけ壊して、
人間は何を得るのでしょう?


八百万の神が宿るといわれる日本。

その恩恵をすっかり忘れてしまった私たち。

目に見える物よりも大切なもの。

いつも私たちとともにあるもの。
だけどなかなか気づけないもの。

もう知らん顔はやめましょう。
私たちは与えられ続けていることを本当は知ってるのです。

私たちがそれにしっかりと向き合い、ちゃんと受け取らなければ、
私たちはいつまでも後ろめたさを持ちながら生きていきます。

私たちは誰でも大いなる愛を受け取るに値します。
それを認めて初めてそれに見合う行動がとれるようになります。


あなたが守るべきものはなにか?

それは目に見えないもの。
さわることのできないもの。

でもしっかりとそこにあるもの。
ずっとずっとあなたとともにあるもの。


八百万の神が宿るといわれる日本。
私たちが守るべきものはなにか?

私たちの目覚めが今、促されています。


blogranking
↑自然に感謝を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

感動の物語「お父さんの愛」


こちらも感動です。ぜひご覧ください。直接画像が張れないので、リンクから。
「今世紀、世界最強の父親」


世界一のお父さん



私たちはこのような感動をたくさん体験するために

この星に生まれたのではなかったか?


私たちは、このような感動をいくらでも作り出せる生き物ではないのか?


私たち人間は、地球を感動と愛で満たすために

今、存在しているのではないのか?


blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

悦月のセッション詳細はこちらから

blogranking←ワンクリック・100波動アップ♪

米アップルのスティーブ・ジョブズ会長、5日に56歳で死去

先日、スティーブ・ジョブズ氏のスピーチを載せましたが、早くも新しい世界へと旅立っていかれました。
ご冥福をお祈りいたします。

彼の言葉をしっかりと心に刻み込んでおこうと思います。




(スティーブ・ジョブズ氏のスピーチより)

誰も死にたくない

天国に行きたい人でもそのために死のうとしない

しかし死はすべての人の終着点であり、
誰も逃れたことはないし、

今後もそうあるべきだ。

なぜなら 死は 生命最大の発明なのだから

死は古き者を消し去り
新しき者への道をつくる

ここでの「新しき者」は君たちです

しかしそう遠くないうちに、、
君たちも「古き者」として 消えてゆきます

あなたの時間は限られています
無駄に人生を生きないこと

ドグマに囚われないでください
それは他人の考え方に付き合った結果にすぎません

他人の雑音で 心の声が
掻き消されないようにしてください

そして最も大事なのは
自分の直感に従う勇気を持つことです

直感とは あなたが本当に求めることを
分かっているものです

それ以外は二の次です


Stay hungry, stay foolish.
(ハングリーであれ、バカであれ)


blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

悦月のセッション詳細はこちらから

blogranking←ワンクリック・100波動アップ♪




マイケルの遺した言葉/マイケル・ジャクソン氏の歌詞の日本語訳詞集」より(動画の歌詞と違う和訳です)


On The Line
 この曲のタイトル、「On the line」という言葉は、「put my life on the line(命がけ)」というように、何かを賭ける、引き換えにリスクを取ることを言います。ですから、「put your heart on the line」という言い回しは、そのまま訳すと「心を賭ける」ということになります。つまり、失敗して傷つくことを恐れず、本気になるということです。その本質を訳すことが、この曲を訳すことだと思ってやりました。こんな素晴らしい曲ですから。(塩漬け期間、約2日 ^^;)v


On The Line
written by Babyface

No sense pretending its over
Hard times just don't go away
You gotta take that chip off your shoulder
It's time you open up
Have some faith

終わったつもりになるのはバカげている。
何もせずに、辛い時はただ過ぎたりはしない。
自分で自分の肩のクズは取らないと。
そろそろ目を覚ますんだ。
信念を持つのさ。


Nothing good ever comes easy
All good things come in due time
Yes it does
You gotta have something to believe in
I'm telling you to open your mind

良いことは簡単には起こらない。
それはいつも、しかるべき時にやってくる。
そうなんだ。
自分で信じられるものを持たなきゃいけない。
僕が言っているのは、心を開くってことなんだ。


Chorus:
Gotta put your heart on the line
If you wanna make it right
You've got to reach out and try
Gotta put your heart on the line
If you wanna get it right
Gotta put it all on the line

心から本気にならなきゃ。
もし正しい道を歩みたいのなら。(注1)
手を伸ばして、努力しなきゃ。
心から本気にならなきゃ。
もし正しい道を歩みたいのなら。
全てを賭けて本気にならなきゃ。

注1:「make it right」というのは、直訳すると「それを正しくする」ということです。「それ」とは特に指すものがあるわけではなく、一般的な「全てのことを正しいやり方で行う」という意味です。これを「正しいことをする」と訳すと若干ニュアンスが変ります。ですから、原文のニュアンスを消さないために、「正しい道を歩む」としています。ま、私なりのこだわりなんですが。


You see yourself in the mirror
And you don't like what you see
And things aren't getting much clearer
Don't you think it's time you go for a change

Don't waste your time on the past, no, no
It's time you look to the future
It's all right there if you ask
This time if you try much harder
You'll be the best that you can be

鏡で自分を見てごらん。
そこに映る姿が気に入らないかい。
そこに映る曇りが晴れていないなら、
そろそろ、自分を変える時だと思わないかい?

今の時間、今までの自分をムダにしないで。
君が未来を見据える時が来た。
そして望んでもいいんだ。
今度こそ、君がきっともっと努力するなら。
君は、自分が望む最高の自分になれる。


(Chorus)

Bridge:
If you wanna make it right
And you wanna do it now
Then you gotta learn to try
And you make it work somehow
No not a lot come free
And that's just the way it is now
You gotta go for what you want
You gotta know, you got to stand for

(Repeat and fade out)

(注2)
もし正しい道を歩みたいのなら、
今すぐ、そうするんだ。
努力することを覚えなきゃ。
そうすれば何とかなるよ。
人生で、簡単に得られるものは多くない。
そう、そういうものなんだ。
欲しいものには自分から行動しないと。
それが何かを知り、それに向かわないと。

注2:ここのブリッジ部分の歌詞は、歌詞カードもネットも結構違うものが載っていて、明らかに聴こえるものと違ったりもするので、聴こえる歌詞に一番近いものに私の耳で修正を加え、それをベースに訳しました。(特に5、6、8行目がかなり違う歌詞になっています。)

(訳:大西恒樹)


レディー・ガガはマイケル・ジャクソンの意思を受け継いだなあと思います。


blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

悦月のセッション詳細はこちらから

blogranking←ワンクリックでガガ・パワーをゲット♪

ご存知、レディーガガさんの「Born this way」です。

SAYAKA さんという方の和訳がよくて、そちらの動画を載せてましたが、削除されてしまったので、別の和訳動画です。下の和訳文章はSAYAKA さんの和訳ですので、動画とはちょっと違います。




神を信じているかどうかなんて関係ない
宗教に入っているかどうかも関係ない

さあ 今 こぶしを高くかかげて
だって、「自分」としてうまれてきたんだから、、、!


小さい頃 化粧品がいっぱいで 憧れていたママのドレッサーで

「私たちは みんな 特別な人間として、生まれてきたのよ」

って ママが言いながら
髪の毛を巻いて 口紅をぬって お姫様みたいに、してくれたわ


「あなたがたとえ、どう生きても 悩もうと 苦しもうと
本当は 何も問題なんてないし、大丈夫なの

だって、神様は あなたを完璧に作って この世に誕生させたんだから

だからね、ママの可愛い お姫さま

いつも自分をしっかり見て、生きるの

そしてね、大人になっても このことは 忘れないでいてね」

って ママは話してくれたわ


私は 私の人生の中で かけがえのない存在
だって 神様に間違いなんて、ない

「私」で生きることが正しい道
だって 私は 私として生まれた存在

後悔や悲しみの中に埋もれて生きないで
ただ、自分自身を愛するの

自分を認めながら 生きるの
自分を生きることが、正しい生きかた

だって、私として生まれた存在なんだもの

そう、私は「私」という人間
だって 私は、私として生まれてきた人間
だって 自分は、自分として生まれてきた存在

正しいの
だって、私たちはみんな
「自分」として生まれた存在なんだから


現実逃避をするな、今を生きろ
他人の目を気にして、生きるな
自分を持ちながら、生き抜け

自分を否定するな
生きていることを、誇りにしろ

自分を生きろ
自分を生きろ
自分を生きよう!


自分自身を思いやりながら
人にも、思いやりの心で接しよう

貧しくても、何もなくても
生きていることが 素晴らしいのだから

神を信じていなくても
自分を生きよう
自分を大切にしながら


一人一人生き方が違う 私たちに 
罪悪感も、自己否定も、必要ない

神は 完璧な人間を作って 誕生させたのだから
他人と比べて、苦しむ必要はどこにもない


私は 私を 愛しています

”ミ・アモーレ・ブーレ・ウェ・イェ”
愛することで、真実の愛になる

(私たちは、みんな 人間という 同じDNAを持つ ひとつの存在)


私は 私の人生の中で かけがえのない存在
だって 神様に間違いなんて、ない

「私」で生きることが、正しい道
だって 私は 私として生まれた存在

罪悪感を感じながら 生きないで
ただ、自分自身を愛するの

自分を受け入れながら 生きるの
自分を生きることが、正しい生きかた

だって、私として生まれたんだから

そう、私は「私」という人間
だって、私は、私として生まれた存在
だって 自分は、自分として生まれた存在

間違いなんて、ない

だって、私たちは みんな 
「自分」として生まれた存在


自己否定するな
自分を受け入れて、生きろ

あなたが、たとえ
お金がなかったとしても
豊かだったとしても

黒人でも 白人でも
有色人種でも 混血でも
レバノン人でも 東洋人でも

他の人と違ったところや障害があることで
嫌なことをされたり言われようと
いじめられようと 意地悪されようと

自分自身を誇りにしながら 愛するの

だって、あなたはあなたにしか生きられない
価値ある、かけがえのない存在

ゲイか、異性が好きか
バイセクシュアルか、レズビアンか
性別を越えた生きかたか、なんて関係ない

「自分」で生きることが、正しい道
だって 私たちは、生き抜くために 
生まれてきた存在

黒人か、白人か、有色人種か、混血人種か、東洋生まれか、
なんて関係ない

だって 私たちは、
自分として 堂々と生きていていいから こそ
生まれてきた存在

私は 「私」という人生の中で かけがえのない存在
だって 神様が間違うことなんてないんだもの

自分が自分であることが、正しい生き方
だって 私たちは 自分として生きるために
生まれてきた存在

自分を ダメな人間と思いながら 生きないで

ただ、自分自身を愛するの

ありのままで生きていくの

「自分」で生きることが、正しい道
だって 私たちは「自分」として生まれたんだから

そう、自分として生きながら 
他人と比べたり 人の目を気にする必要は、ない

だって 私たちは、自分として生まれてきた存在

「私」として 生まれてきたのよ

そう、自分を否定しながら生きるために
生まれたんじゃない

だって 私たちは、自分を見つめて生きるための存在
間違いなんてない

だって 私たちはみんな「自分」として
生まれた存在なんだから

自分で生きるために生まれたの、そう!

自分が 自分であることが正しい
だって 私たちは、自分でいいから生まれたの
そう!

自分として生まれてきたの、そう!

自分を見つめながら 
現実を生きるために生まれたのよ
そう!

「自分」であることが正しい人生

だって 私たち一人一人は
「自分」という 存在なんだもの

そう!


私たちは、みんな 人間という 同じDNAを持つ ひとつの存在

けれど 一人一人は「自分」という それぞれが異なった存在


blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

悦月のセッション詳細はこちらから



呼んでいる 胸のどこか奥で
いつも心躍る 夢を見たい

かなしみは 数えきれないけれど
その向こうできっと あなたに会える

繰り返すあやまちの そのたび ひとは
ただ青い空の 青さを知る
果てしなく 道は続いて見えるけれど
この両手は 光を抱ける


さよならのときの 静かな胸
ゼロになるからだが 耳をすませる

生きている不思議 死んでいく不思議
花も風も街も みんなおなじ

*
la la lan lan la lan la-la-la-la
lan lan la lan la-la-la-la
lan lan la la lan la la
la lan la-la-la-la lan

o ho ho ho ho ho ho-ho-ho-ho
lun lun lu lu-lu-lu-lu-lu-lu
lu-lu-lu-lu lun lu lu lu lun
lu lu lu___________


呼んでいる 胸のどこか奥で
いつも何度でも 夢を描こう

かなしみの数を 言い尽くすより
同じくちびるで そっとうたおう

閉じていく思い出の そのなかにいつも
忘れたくない ささやきを聞く
こなごなに砕かれた 鏡の上にも
新しい景色が 映される


はじまりの朝の 静かな窓
ゼロになるからだ 充たされてゆけ

海の彼方には もう探さない
輝くものは いつもここに
わたしのなかに みつけられたから

*(繰り返し)

「千と千尋の神隠し -いつも何度でも」



人生は楽しいことばかりではなく、
つらいこと、悲しいことたくさんあります。
たくさんの過ちも犯します。

でもそこに留まるのではなく、哀しみやつらさを越えて、
私たちはまた新しい人生を切り開いていけます。

何度も心が引き裂かれようが、
私たちは何度でも澄みきった心に戻れます。

その果ては、無垢な魂。

私たちはまたそこに戻っていきます。


blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

悦月のセッション詳細はこちらから

ガンジー氏の言葉には脱帽です m(_ _)m



マハトマ・ガンジー名言集

すべての人の目から
あらゆる涙をぬぐい去ることが
私の願いである。


私には世界に教えることは
何もありません。
真実や非暴力はあの丘と
同じくらい昔からあるのです。


束縛があるからこそ
私は飛べるのだ。
悲しみがあるからこそ
高く舞い上がれるのだ。
逆境があるからこそ
私は走れるのだ。


自分が行動したこと
すべては取るに足らないこと
かもしれない。
しかし、行動したという
そのことが重要なのである。


暴力によって得られた勝利は
敗北に等しい。
一瞬でしかないのだから。


弱いものほど
相手を許すことができない。

許すということは
強さの証だ。


もし、ただ一人の人間が
最高の愛を成就するならば

それは数百万の人々の
憎しみを打ち消すに
十分である。


「目には目を
という考え方では
世界中の目を
つぶしてしまうことになる。


世界の不幸や
誤解の四分の三は
敵の懐に入り
彼らの立場を理解したら
消え去るであろう。


握り拳と握手はできない。


明日死ぬと思って
生きなさい。
永遠に生きると思って
学びなさい。


あなたの夢は何か
あなたの
目的とするものは何か

それさえしっかり
持っているならば
必ずや道は開かれるだろう


blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

悦月のセッション詳細はこちらから

blogranking←ワンクリック・ワン波動アップ♪

さて、今年もまたクリスマスが近づいてきました。
ということで、『シークレットサンタ』 です。

あなたのちょっとした思いやりが一人の人間を変えるかもしれない。
あなたのちょっとした行動が世界に大きな変化をもたらすかもしれない。
あなたがたった一人の人を救うことで世界は救われるのかもしれない。
一人一人がそれに気づいて行動すれば、世界は一瞬で変わり得るのだ。
あなたのちょっとした行動がそのきっかけとなるかもしれない。



続きです。
シークレットサンタ2
シークレットサンタ3

シークレットサンタになったラリーさんもすばらしいですが、最初にレストランでお金をさりげなく渡した人がいなければ、シークレットサンタは誕生していません。

あなたのちょっとした親切がきっかけで、誰かがあなたの知らないところで偉業を成し遂げるかもしれません。

ラリーさんの奥さんもすばらしいです。
身近な人の応援はうれしいですね。


できないことを無理してしようとして葛藤するより(もちろん挑戦できる人はぜひしてください、)、まずはできることからしていきましょう。
困っている人を助けてあげたり、誰かを応援することも、世界をよりよく変えていくひとつの方法です。
「自分にはできないよ」ではなくて、自分にできることをすればいいのです。


天下のマイケルジャクソンも言ってますね。

「大事なのは、どれほど大きなことをするかではなく、どんな心を持ってするかだ。」
「世の中をより良い場所にしたいなら、自分自身を見て、自分を変えることさ。」
→ Man In The Mirror

すばらしきクリスマスをお過ごしください。

悦月のセッション詳細はこちらから

blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

blogranking←ワンクリック・ワン波動アップ♪

ホメオパス∞りゅうさんのmixi日記より転載。

「ひかりさす くものきれまに うぶごえをあげよ 〜文章のみ〜」

ほんとうのことを教えてあげるわ

いつか

あなたが魂の状態に戻り 全てを知る時が来るけれど

全てを知ったら あなたはとてもたくさん泣くことでしょう

たとえば 悪者だと思ったあの人が 冤罪であり
それでも一人で我慢した人だったことを知るでしょう

見下してた人が 自分には無いものを持っているのを知り
尊敬と懺悔の気持ちが湧き上がることでしょう

あなたの嘘までも信じてくれた人のことを
バカじゃないのと思いながらも感動に震えることでしょう

もう嫌われたと思った人が あなたのことを愛したままだと知り
涙が止まらないことでしょう

それは いつかは分かることだけれど
肉体ある内に 人間である内に それにどれだけ気付けるかしら

どれだけ気付けるか、それが人生で試したいことかもしれない

誤解があるならば 気付きたいと どうか望んで。
妄想があるならば 霧を晴らしたいと どうか望んで。

もし物事の解釈を私が決め付けてるならば 
他の角度から見てみたいと どうか望んで。

望んだ所から光は当たる。


たとえば団体に属するのは ほんとうのことでは無いのかもしれない。

規則に縛られだしたら注意して。

一人だと そんなにも不安かしら?

それでも あなたは大丈夫なの。

ワクの中だけでは安心、なんて もう本当はうんざりでしょう?

尊いものに 例えば大自然に 人の真心のようなものに

絆のようなものに 純粋な目的のようなものに

混じり気のない想いのようなものに

ちゃんと向き合うような生き方をする時

人はちゃんと自分を清らかに 謙虚に 律するものなのだから。



たとえば あなたの愛する人が他の人をパートナーに選んだからといって
あなたは忘れようとしたり 嫌いになろうとするの?

奇跡のようにあなたが好きになった人を
存在そのものを否定して自分の中から消そうとしてしまうの?

一生忘れないつもりで愛したはずでしょう

一生消さないつもりで想ったはずでしょう

忘れない強さ

愛し続ける強さ

その強さを あなたはどこまで持てるかしら

その強さを 私たちに見せて

私たちは それだけが見たい

その強さを例えば 永遠、と呼ぶ。





すっぽんぽんになりなさい

せめて 魂だけは すっぽんぽんになりなさい

あなたたちは なにかあると

やれ プライドが傷ついただの

やれ 私の思いが汚されただの

やれ 俺の気持ちが踏みにじられただの

やれ 愛情を理解しようとしてくれないだの


大騒ぎをするけれど それは 魂が裸じゃないから起きること

服を着ていれば ジュースをこぼしたら大騒ぎするでしょう

裸であるなら 何てことは無いのです 汚れは全く残りません

あら こぼしちゃったわ でも 大丈夫

拭けば終わる 何も残らないわ

あなたたちは 心に鎧を着けるから それが全ての原因なのです

素顔をさらさず仮面を着けるから それが全ての原因なのです

よい人の仮面を付けるから 誰かに批判された時に 私はよい人なのにー!と怒るのです

自分の全てが正しいという鎧を付けるから 弱気になった時の自分に落胆するのです



争う全ての人々よ

どちらかが犠牲になる必要は本当には無いのです

どちらかが我慢する必要は本当には無いのです

どちらも負けない方法があるのです

どちらも幸せになれる方法があるのです

だだっ子のように暴れるのは もうやめましょう

ただただ愛を求め合ってる あなたたち


何も世の中を変えようとか

あの人たちを変えようとか

正義は自分だとか

あいつを啓蒙する必要があるだとか

そんな大げさなことで無くていいのよ

使命感や責任感や義務感や

そんな重いもの要らないのよ

もっとストレートになりなさい

あなたはいつから本当に思ってることを言えなくなってしまったのかしら

いつから封印する術を身に付けてしまったのかしら

誰かの まっすぐでバカみたいな熱意や情熱

ストレートなパッション

人は それにだけ心を動かし

目を開くものかもしれない

ちょっと話を聞いてみようかと思うものかもしれない




さあ


あなたたちよ よく聞いて

数 数が足りないのです 

例えば

ミサイルの数だけ 歌が必要なのです

呪いの数だけ 祈りが必要なのです

騒音の数だけ 音楽が必要なのです

暴力の数だけ 芸術が必要なのです

愚痴の数だけ 言霊が必要なのです

口に出せない想いの数だけ 絵が必要なのです

抑えた感情の数だけ ダンスが必要なのです

無念の数だけ レクイエムが必要なのです


そんな職業はろくでもないと言われたかしら

そんなので食ってゆけないと言われたかしら

音楽こそ エスプリであり

物語こそ 世界を繋ぐ力であり

これからは 本当の職業しか残らないわ

今までの利益重視のものは潰れてゆくかもしれない

でも 見たこともないような新しい職業も

斬新な新しい価値観も沢山できるから

いいえ 本当の自然の摂理を思いだすから

どうぞ あなたたちよ 怖がらず 進みなさい

だって それこそ あなたたちが望んでたことだったでしょう?

何を怖がる必要があるのかしら





あなたたちよ なぜ ここへ来た

あなたよ なぜ そこにいる

あなたたちよ なぜ なんとか無事に生き延びてる

あなたはなぜ あの日 こっちの道を選んだ

あなたはなぜ あの頃迷って 今を選択した

あなたはなぜ あの時 あの人の手を離した

あなたはなぜ 大好きな人と離れて暮らしている

あなたたちは なぜ 同士と出会っているのに 違う道をいくのだ

あなたたちは なぜ 仲間がいるのに そんなに遠い場所を選んだ

どうして 分かりあえなさそうな人がいる あの場所へ今日もゆく

どうして そんな所で傷つきながら生きている




 ああ それは

あなたたちが選んだ方法だったのね

あなたたちが約束したやり方だった

同士たちが世界中に散らばるようにしたのだ

一箇所に集まりすぎないようにしたのだ


あなたたちが祈る時

世界中を包めるように

地球を包めるようにする必要があった

地球を包みたかった

どんな些細な場所でも見捨ててなんてゆけなかった



そして地球を包みこむ

色とりどりのミルフィーユのようなカクテルのような

それは それは美しい層は

あなたたちの発した目には見えないものは

共鳴のバイブレーションが銀河に轟くように

あなたたちの幾重にもなった あなたたち それぞれの色が

全員違う あなたたちの色と質感と個性と輝き方が

それはそれは 見事なシンフォニーとなり

音楽のごとく 光のごとく

地球を巡り 銀河を駆け巡る

とても とても きれいな景色よ 

壮大すぎて涙が出てくる

あなたたちにも見せてあげたい

本当は今すぐに見せてあげたい

でも 想像できるでしょう?



だって あなたは知っているから。

さんざん 一緒に練習したこと あるでしょう?

もちろん楽しくて仕方なくて夢中でやっていたのだけどね


花のようなあなたよ 花のようであれ

大根のようなあなたよ 大根のようであれ


光のようなあなたよ 光らしくあれ

闇のようなあなたよ 闇らしくあれ

不純物のない生粋の闇はしびれるほどかっこよく美しいであろう



あなたたちが特別な訳じゃないけど

あなたたちにしか分からない種類のことがある

ただ ひとつの種族であるだけだけど

あなたたちが大勢の人より先に すんなり理解することがある



例えば 仲間たちと時間も空間も越えて共鳴できること。

全ての水晶は共鳴してるという話をすんなり理解すること。

全ての樹はネットワークを組んでいるという仕組みを信じられること。

インディアンの瞳に真実を見ること。

過去の祈りと未来の祈りを今に集約させること。

例えば 

ライブ会場で歌と音楽でひとつになること。

一斉に祈ること。

ネットで繋がること。

シンクロを見つけること。

直感で動けること。

神社などで仲間たちと見えない合図で連絡をとり土地のエネルギーを循環させること。



波動の法則を知る者たちよ

神官であり巫女である側面を持つ あなたたちよ

宇宙人のようだといわれて

変人だといわれて嬉しくなっちゃうあなたたちよ

見えない封印を解いてゆくあなたたちよ

神秘的なことに惹かれるあなたたちよ


ここからが本領発揮です

まだまだ あなたたち こんなもんじゃないじゃない?

あたしたち こんなもんじゃないじゃない?


さあ そろそろ

出番が来たみたいよ


怖い気持ちより ワクワクが先に来るまで時間がかかってもかまわないから。

順番に行きましょう。

いよいよね。

ずっと待ってた。



光って歩きなさい。

普段は隠しててもいいけど

ここぞという時は 光ってかまわないのよ。




ひかりさす

くものきれまに

あなたのこえをきく

わたしたちがいる


ヒカリサス

クモノキレマニ

わたしたちのこえをきく

あなたたちがみえる


やみにしずみ

しばし やすまれよ

そして うぶごえをあげよ



 ひかりさす 

 くものきれまに 

 うぶごえをあげよ






 同士たちよ


   今



悦月のセッション詳細はこちらから

blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

blogranking←ワンクリック・ワン波動アップ♪

「ゆるしの祈り」

私は、今日の日を祝福します。そして、私の生命(いのち)のために感謝します。

私を傷つけた人々をすべて、完全にゆるします。(3回繰り返す)

私が傷つけた人々すべてに、どうぞゆるしてくださるようにとお願いします。(3回繰り返す)

私自身に対する私の過ちに関して、そして、他の人々に対する私の過ちに関して、私自身に謝罪します。(3回繰り返す)

私が傷つけたすべての生命体に対して、そして、私が過ちを犯したすべての生命体に対して謝罪します。(3回繰り返す)

この解放、自由、安らぎ、新しい生命(いのち)をもって、全宇宙の創造物を祝福します。そして、全宇宙を私の愛で満たします。

この地球と、すべての生命(いのち)と、すべての人々を愛します。そして、祝福します。

目に見えるもの、目にみえないもののすべてを愛し、祝福し、尊敬します。

私の新しい生命(いのち)と、力と、健康を喜び、感謝を捧げます。生きとし生けるもののすべてに対し、常に、完全な祝福と愛を捧げます。

生命の贈り物」(ハワード・ウィルズ著)より


先日Amazonで見つけて、ピンと来て購入したのですが、どうも見たことあるようなカバー?
数日後、「あ、この本、前に持ってたわ〜」と気づきました。

以前はさらりと見て、キリスト教くさいからいいや、とすぐに放りだして、読み返すこともなく、そのうち手放したのでした。

私も成長したのか(笑)、今回は、この本に書かれている祈りの言葉がとても良いものだとわかりました。
これを唱えて、人生が好転した人や病気が治った人がいるのも理にかなっていると思います。

著者がハワイのフナに精通していたのかは知りませんが(本にもカフナのことがちらりと出てきます)、とてもよく似ていると思います。
ホ・オポノポノの効果と同じだと思いますが、文章が「ゆるし」中心になっているので、読むだけでもゆるしが進むと思います。

自分を許せない人、誰か許せない人がいる人、人生うまくいっていない人、健康状態が優れない人、毎日、この祈りを声に出して唱えると良いと思います。

本にはもっと祈りが載っていますので、徹底的に、自分の人生を変えたい人は、その他の祈りもあわせて取り組んでみるのもいい方法だと思います。
本気で取り組めば、マジで変化起こるフレーズ集だと思います。

自分にだけでなく、どこか癒したい場所などで唱えるのもよいと思います。
これは、著者がチャネルとなって、キリスト意識から伝えられたものです。

私も始めています。
朝起きたとき、夜寝る前とかがいいのでしょうが、お風呂で唱えるのが一番続きそうかな?
のんびり湯に浸かっている時に声に出して読んでいます。
声がエコーするのがまた良い感じです。

補足はこちら「プチ奇跡no.272
(最新号が出ましたら、記事内容は変わります)


悦月のセッション詳細はこちらから

blogranking
↑この祈りを人に伝えたい人〜ポチッと応援お願いします!
いつもありがとうございます m(_ _ )m



マイケルジャクソンほどの大きなことはできなくても、
自分なりの方法でしていくことはできる。

大事なのは、どれほど大きなことをするかではなく、
どんな心を持ってするかだ。

さあ、できることから始めよう!


マイケルの遺した言葉/マイケル・ジャクソン氏の歌詞の日本語訳詞集」より転載。

Man In The Mirror
written by Siedah Garrett & Glen Ballard

I'm Gonna Make A Change
For Once In My Life
It's Gonna Feel Real Good
Gonna Make A Difference
Gonna Make It Right...

僕は変化を起こすんだ。
僕の人生で、一度きりのね。
さぞいい気分だろう。
違いを生み出すのさ。
正しいことをするんだよ。


As I, Turn Up The Collar On
My Favorite Winter Coat
This Wind Is Blowin' My Mind
I See The Kids In The Street
With Not Enough To Eat
Who Am I, To Be Blind?
Pretending Not To See Their Needs

お気に入りの冬のコートの
襟を立てても
風が心に吹き込んで来る
十分な食べ物もない
路上の子ども達を見て
見ないふりをする僕は何者なんだ?
助けが必要なのに気づかないふりをして。


A Summer's Disregard,
A Broken Bottle Top
And A One Man's Soul
They Follow Each Other On
The Wind Ya' Know
'Cause They Got Nowhere To Go
That's Why I Want You To Know

(注1)
夏の忘れ物、
壊れた瓶の頭
そして孤独な人の魂
どれも風に吹かれ、
互いについて流されるだけ
彼らは自らの意志で行くあてがないから
だから知って欲しいんだ。

注1:この曲の訳で難しいところは、基本的にブリッジであるこの節と次のブリッジの節の部分です。いずれも比喩表現なので、何を示唆しているかをきちんと訳さないと、意味不明になります。ここは見過ごされがちで、無視されがちな人たちの象徴、つまりごく一般的な人たちを示唆しているのだと思います。その人たちが団結することもせず、何かを主体的にしようともせず、ただ受動的に流されていく様を表現したのではないかと思います。(現在取材中)


I'm Starting With The Man In The Mirror
I'm Asking Him To Change His Ways
And No Message Could Have Been Any Clearer
If You Wanna Make The World A Better Place
(If You Wanna Make The World A Better Place)
Take A Look At Yourself, And Then Make A Change
(Take A Look At Yourself, And Then Make A Change)
(Na Na Na, Na Na Na, Na Na, Na Nah)

僕は鏡の中の自分から始めるよ。
鏡の彼に変われと言うんだ。
これより明確なメッセージは他にない。
世の中をより良い場所にしたいなら、
自分自身を見つめ、自分を変えることさ。
(自分自身を見つめ、自分を変えることさ。)
(Na Na Na, Na Na Na, Na Na, Na Nah)


I've Been A Victim Of
A Selfish Kind Of Love
It's Time That I Realize
That There Are Some With No Home
Not A Nickel To Loan
Could It Be Really Me
Pretending That They're Not Alone?

僕は自分勝手な愛に
とらわれていた。
もうそろそろ気づくべきなんだ
家もない人たちがいて
5セントも借りられない人がいるのに
誰かが助けるから大丈夫だなんて、
思い込もうとしているのが本当の自分なのか?って


A Willow Deeply Scarred,
Somebody's Broken Heart
And A Washed-Out Dream
(Washed-Out Dream)
They Follow The Pattern Of
The Wind, Ya' See
Cause They Got No Place To Be
That's Why I'm Starting With Me
(Starting With Me!)

(注2)
深く傷ついた柳の樹、
誰かの傷ついた心、
そして敗れ去った夢
(敗れ去った夢)
どれも、決まりきった風の流れに
ただ吹かれ、揺れているだけ。
だって彼らは、自分の居場所すらわからない。
だから僕は自分から始めるのさ。
(自分から始めるんだ!)

注2:ここも前のブリッジと同じようなことだと思います。柳の樹が象徴するのは、風に揺られるイメージでしょう。すなわち、流されて、傷ついた一般の人たちが、自らの居場所をも失っている。流されるのをやめ、自らの意志で、自分を変えることから始める、というのがこの曲のメッセージなのだと思います。

I'm Starting With The Man In The Mirror
(Ooh!)
I'm Asking Him To Change His Ways
(Ooh!)
And No Message Could Have Been Any Clearer
If You Wanna Make The World A Better Place
(If You Wanna Make The World A Better Place)
Take A Look At Yourself And Then Make A Change
(Take A Look At Yourself And Then Make A Change)

僕は鏡の中の自分から始めるよ。
(Ooh!)
鏡の彼に変われと言うんだ。
これより明確なメッセージは他にない。
(Ooh!)
世の中をより良い場所にしたいなら、
(世の中をより良い場所にしたいなら)
自分自身を見て、自分を変えることさ。
(自分自身を見て、自分を変えることさ。)

I'm Starting With The Man In The Mirror
(Ooh!)
I'm Asking Him To Change His Ways
(Change His Ways-Ooh!)
And No Message Could've Been Any Clearer
If You Wanna Make The World A Better Place
(If You Wanna Make The World A Better Place)
Take A Look At Yourself And Then Make That...
(Take A Look At Yourself And Then Make That...)
Change!

僕は鏡の中の自分から始めるよ。
(Ooh!)
鏡の彼に変われと言うんだ。
(彼に変われと、Ooh!)
これより明確なメッセージは他にない。
世の中をより良い場所にしたいなら、
(世の中をより良い場所にしたいなら)
自分自身を見て、自分自身を、、
(自分自身を見て、自分自身を、、)
変えるんだ!


I'm Starting With The Man In The Mirror
(Man In The Mirror-Oh Yeah!)
I'm Asking Him To Change His Ways
(Better Change!)
No Message Could Have Been Any Clearer
(If You Wanna Make The World A Better Place)
(Take A Look At Yourself And Then Make The Change)
(You Gotta Get It Right, While You Got The Time)
('Cause When You Close Your Heart)
You Can't Close Your...Your Mind!
(Then You Close Your...Mind!)

僕は鏡の中の自分から始めるよ。
(鏡の中の男から、Yeah!)
鏡の彼に変われと言うんだ。
(変るべきだ!)
これより明確なメッセージは他にない。
(世の中をより良い場所にしたいなら)
(まず自分を見て、自分を変えることさ)
(まだ間に合ううちに、正さなきゃ)
(だって、もし気持ちが閉ざされたら)
心を、心を閉じちゃいけない。
(その時は心が閉じてしまう!)


That Man, That Man, That Man, That Man
With That Man In The Mirror
(Man In The Mirror, Oh Yeah!)
That Man, That Man, That Man
I'm Asking Him To Change His Ways
(Better Change!)
You Know...That Man
No Message Could Have Been Any Clearer
If You Wanna Make The World A Better Place
(If You Wanna Make The World A Better Place)
Take A Look At Yourself And Then Make A Change
(Take A Look At Yourself And Then Make A Change)
Hoo! Hoo! Hoo! Hoo! Hoo!
Na Na Na, Na Na Na, Na Na, Na Nah
(Oh Yeah!)

その男、あいつだ、その彼、その男、
鏡の中のその男
(鏡の中の男、Oh Yeah!)
その男、その彼、あいつだ。
僕はその男に変われと言うんだ。
(変るべきだ!)
わかるだろ、その男。
これ以上明確なメッセージはない。
世の中をより良い場所にしたいなら、
(世の中をより良い場所にしたいなら)
自分自身をよく見て、自分を変えることさ。
(自分自身をよく見て、自分を変えることさ。)
Hoo! Hoo! Hoo! Hoo! Hoo!
Na Na Na, Na Na Na, Na Na, Na Nah
(Oh Yeah!)


Gonna Feel Real Good Now!
Yeah Yeah! Yeah Yeah! Yeah Yeah!
Na Na Na, Na Na Na, Na Na, Na Nah
(Ooooh...)
Oh No, No No....
I'm Gonna Make A Change
It's Gonna Feel Real Good!
Come On!
(Change ...)
Just Lift Yourself
You Know
You've Got To Stop It.
Yourself!
(Yeah!-Make That Change!)
I've Got To Make That Change, Today!
Hoo!
(Man In The Mirror)
You Got To
You Got To Not Let Yourself...Brother...
Hoo!
(Yeah!-Make That Change!)
You Know-I've Got To Get That Man, That Man...
(Man In The Mirror)
You've Got To
You've Got To Move! Come On! Come On!
You Got To...
Stand Up! Stand Up! Stand Up!
(Yeah-Make That Change)
Stand Up And Lift Yourself, Now!
(Man In The Mirror)
Hoo! Hoo! Hoo!
Aaow!
(Yeah-Make That Change)
Gonna Make That Change...
Come On! (Man In The Mirror)
You Know It!
You Know It!
You Know It!
You Know...
(Change...)
Make That Change


そうしたら、気分は最高さ。
Yeah Yeah! Yeah Yeah! Yeah Yeah!
Na Na Na, Na Na Na, Na Na, Na Nah
(Ooooh...)
Oh No, No No....
僕は変えて行くんだ。
最高の気分だろうね。
さあ!
(変えるんだ、、)
自分を高めて!
わかるだろ。
自分から
今を止めなきゃ。
(Yeah!変化を起こそう)
その変化を、今日、起こさなきゃ。
Hoo!
(鏡の中の男)
そのままに、
そのままにしちゃダメだ、兄弟よ。
Hoo!
(Yeah!変化を起こすんだ!)
わかるだろう、その男を、彼を捕まえて、、
(鏡の中の男)
やらなきゃ。
行動しなきゃ、さあ、ほら!
やらなきゃ、、
立ち上がれ!立ち上がるんだ!立って!
(Yeah!変化を起こすんだ!)
立ち上がって、自分を高めて、今!
(鏡の中の男)
Hoo! Hoo! Hoo!
Aaow!
(Yeah!変化を起こすんだ)
その変化を起こすんだ。
さあ、(鏡の中の男)
わかるだろ、
わかっているはずさ。
君だってわかっている。
わかっているんだ。
(変化を)
それを変えるんだ。

(訳:大西恒樹)


悦月のセッション詳細はこちらから

blogranking
↑幸せを人に伝えたい人〜ポチッと応援お願いします!
いつもありがとうございます m(_ _ )m

blogranking←ワンクリック・ワン波動アップ♪

〜マザ−・テレサ

空腹からの飢えよりもこの世界にもっと氾濫しているのは
愛と感謝への飢えなのです。

今日、あなたはその飢えを満たすことができましたか?

今日、あなたが愛されているのだということを
誰かが伝えてくれましたか?

誰かがあなたに感謝しているということを
そっと感じさせてくれたり、
あなたは特別な人だということを伝えてくれましたか?

あなたはまったくそのままでいいんだよ、
と誰かが太鼓判をおしてくれましたか?

そして、あなたが好きでやっているのなら、
あなたがしていることはそれだけで充分だ、ということも?

あなたは何かを証明するために
生まれてきたわけではないということを、
誰かが念を押してくれたことはありますか?

あなたは、この世に“あなた”でいるために
生まれてきたのです。

そう、あなた、です。

なぜなら、“あなた”という存在だけで充分なのだから。

あなたはこの世で唯一無二の、真なるオリジナル。
比較などできない価値を持った傑作なのです。

そして、あなたがいなければ、 この世界は完全ではないのです。
まるで一個だけピースの欠けてるジグソーパズルのように。


そして、この宇宙の中で
その最後の隙間を埋められるのはあなたしかいないんです。


昨日の後悔は昨日と共に去っていくものだ、
ということを誰か教えてくれましたか?

そして、今、深遠なるこの瞬間の中で、
あなたは完全なのです…
あなたが創造されたときの設計図通りに。

あなたは自分で思っているよりも、
本当はずっとずっと限りなく頭脳明晰であるということを、
誰かがわざわざ時間を作って教えてくれたことは
ありましたか?

そして、、あなたが自分で信じているよりも、
ずっとずっと何千倍も大きなことを達成できる
可能性をもっている、ということも?

あなた自身が自分の価値を疑うなどということは
決して決してあってはいけません、
と誰かが教えてくれましたか?

なぜなら、
どんなに自分の存在価値が小さく感じる瞬間であっても、
あなたは素晴らしい存在として作られているのだから。


そして、、あなたの身体中の一個一個の細胞に、
世界中を照らし出すほどのパワーが潜んでいるのです。

神様はあなたが生まれた日に、
そのパワーをそこに吹き込んでくれました。
そしてあなたが考えうる限りの愛の思いのそれぞれが、、、

さんさんと光を発し、この世界を照らし出し、
そしてよりよい世界に変えていくのです。

それだけあなたはパワフルなんです。
それほどにあなたは愛に満ちているのです。


だから、、、もう一度、、あなたに質問します。

今日、あなたの飢えは満たされましたか?

誰かがあなたに、あなたは本当に愛されているんだ、
と教えてくれましたか?


もし、、、そうでなかったとしたら、、、
どうかお願いです。
今日は私がその誰かになってもいいですか?

“あなたは愛されているのです。”

訳:MogulRabbit


悦月のセッション詳細はこちらから

blogranking
↑幸せを人に伝えたい人〜ポチッと応援お願いします!
いつもありがとうございます m(_ _ )m

はまってしまった、このブルース・リー。
かっこ良すぎる!



This is what it is, ok?
I said empty your mind. Be formless, shapeless like water.
Now, You put water into a cup, it becomes the cup.
You put in a bottle, it becomes the bottle.
You put in a teapot, it becomes the teapot.
Water can flow, or it can crash.
Be water, my friend.

中学生の時だったかな? ブルース・リーの映画「ドラゴンへの道」を見て感動し、しばらくの間、はまっていました。
さすがにヌンチャクとかはしなかったけど、、^^;

水のように、柔軟にいきましょう!

悦月のセッション詳細はこちらから

blogranking
↑幸せを人に伝えたい人〜ポチッと応援お願いします!
いつもありがとうございます m(_ _ )m

blogranking←ワンクリック・ワン波動アップ♪

Holstee という会社のマニフェスト

これはあなたの人生。
大好きなことをしなさい。しかも頻繁に。
何か気に入らない点があるなら、変えなさい。
いまの仕事が嫌いならやめなさい。
時間が十分にないならテレビをみるのをやめなさい。
愛する人を探しているなら、ちょっと立ち止まりなさい:
あなたが自分の大好きなことに夢中になるときに、
その人は待っていてくれます。
穿ったものの見方はやめなさい、
人生はシンプルなのだから。
すべての感情は美しいものです。
食べるときは、最後の一口まで感謝しなさい。
考えも、腕も、心も、新しいことや人にむけて開いておきなさい。
私たちは互いの違いによって結び付けられるのだから。
次に出会った人にあなたの情熱はなにかときいてみなさい、
そして自分の夢もシェアしなさい。
旅しなさい、
道に迷うことで自分自身を発見するだろうから。
機会は一度しか来ないことがあるから、それを掴みなさい。
人生とは、あなたが会う人、その人と作るもの。
だから今すぐ何かを作り始めなさい。
人生は短い。
だから情熱を身にまとって、
夢を生きなさい。

This is your life.
Do what you love, and do it often.
If you don't like something, change it.
If you don't like your job, quit.
If you don't have enough time, stop watching TV.
If you are looking for the love of your life, stop;
They will be waiting for you when you start doing things you love.
Stop over analyzing, life is simple.
All emotions are beautiful.
When you eat, appreciate every last bite.
Open your mind, arms, and heart to new things and people,
we are united in our differences.
Ask the next person you see what their passion is,
and share your inspiring dream with them.
Travel often: getting lost will help you find yourself.
Some opportunities only come once, seize them.
Life is about the people you meet,
and the things you create with them
So go out and start creating.
Life is short.
Live your dream, and wear your passion.

しみる。ひらめく。かもしだす。』に載っていました。

元リンクは、『「これはあなたの人生」、とある会社の美しくも力強いマニフェスト」』。

悦月のセッション詳細はこちらから

blogranking
↑幸せを人に伝えたい人〜ポチッと応援お願いします!
いつもありがとうございます m(_ _ )m

↑このページのトップヘ