AS6_1776-103

昔の私は、自己価値観、自己肯定感が低くてずいぶんと悩んだものです。
なのに、今は気になってません。

どうしてでしょうか?

昔の私は「価値がない自分」にフォーカスしてました。

でも根底では、それなりの価値があると思っていたはずです。
本当に価値がないと思っていたらそのことで悩まないでしょう。

「価値がない自分」というレッテルが貼られていることがいや。
(ってか自分で貼ってるのですが)

だから、誰かから「あなたには価値がある」
と言ってもらえる経験を欲します。

誰かに愛されたら、誰かに認めてもらえたら、
私は価値があると思える。

そうでなければ、私は価値がない。

まずそもそもそこで、自己価値を人に依存しています。

そのわりには、、、
もし誰かが認めてくれても、自分が受け入れられない、苦笑。


厳しいことを言えば、「甘え」です。
誰かに愛されたいからスネています。

そして「復讐」です。

あなたが愛してくれないから
あなたが価値を認めてくれないから、
私はこんなんなんです。

と自己主張しています。


「自分には価値がない」とこだわる時は、
自分に矢印が向いてます。

実はチョー自己中心的です。
ずっと自分のことばかり考えてます。

自己否定が強い人はそうです。
私もそうでした。

自分の悩みで頭がいっぱいなんです。
自分しか見えてない。

自分は犠牲者、被害者と思っています。
そしてつらく感じています。

そんな考えを持っている自分に
罪悪感を感じています。

これも厄介。


よくよく考えてみてください。

その考えにとどまることで
あなたはどんな人生を過ごしていますか?


「自分には価値がない」
「自分には価値がない」
「自分には価値がない」

で?

で?

で?


私の場合は、親との関係
(親への自分の思い)を修復しないと
克服できないと思ったので、そこに向き合いました。

おかげでシフトしました。

それが気にならなくなった一番の理由ですね。

それから、

「いただいた命を大事に、自分をもっと生かさなきゃ」

と思うようになりました。


だから今の私は、

「自分には価値を見出せない」
っていわれても、

「で? それがなにか?」
って思えるようになりました。


価値の基準は人によって違います。
そこにこだわらなくてもいいんじゃない?って感じです。


それより、

これからどう生きようか?

と、そっちが聞きたいです。


でもわからないんです、、、
やりたいことも、どう生きたいかも。

と言うのなら、

じゃあ、探しましょう、見つけましょう〜。
あなたは見つける楽しみを持つことができます。


あなたには選択肢があります。

そのまま悩み続ける。
解決法を探る。
悩むのをやめて、違うことにフォーカスする。
やりたいことを探す。
いろんな人の人生に出会う。

などなど。


自分が納得できる生き方をすればいいんです。
それがわからないなら求めましょう。

見つけ方がわからないなら
まず考えてください。

どうしたら見つかるか?


まず自分が興味を持てることを
追求していきましょう。

それがお金を生み出すとか、
仕事になるかとかは関係なしに。


やりたいことがわからない人は、
「やりたいこと」を制限して考えています。

やりたい仕事、収入につながること、
人や社会の役に立つこと、結果を生み出すこと、など。

気負いすぎです。


「今日、映画を見たい」もやりたいことです。
「疲れたから寝たい」もやりたいこと。


やりたいこと、好きなことがわからないという人は、
そういう小さなやりたいこと、好きなことを
まず増やしていきましょう。

自分に価値がないと思っている人は、
やりたいことをやることに罪悪感を感じています。

歌うのが好きなのに、
絵を描くのが好きなのに、
歌っても絵を描いても生活していけない。
無駄なことはやめてちゃんとしなきゃ、と。

やりたいことより、やらなければいけない
と思うことを優先させてませんか?

そして、やらなければいけないことだらけになって、
やりたいことがわからなくなってませんか?

小さなやりたいことを自分に許していくと、
これをしてもいい、あれもしてもいいと
だんだんと自分に許可が出せるようになります。


メルマガ登録はこちら! メルマガ登録

  

人気ブログランキング  ぜひポチッとクリックお願いします!