puppets-cambodia_rDYxD3yu3Ge

今月はアウトプットの月です。
今までやってきたことをどんどんと形にしていく時期。
ためらうことなく進んでいきましょう。

今までいろいろと悩んでこられたと思います。
やろうかやるまいか、こちらかあちらかと。

今月はその迷いを捨て、動き出しましょう。

悩んでいる時、迷っている時は停滞している時です。
どちらにも動けません。

そういう時はいくら悩んでも、「これが正しい」という答えは出ません。
答えが出ないから悩んでいるわけなのですが。

つまり、決められないということです。

決められないから悩みます。
その時はほとんど損得で考えています。

どちらを選ぶ方が自分にとって得か、損にならないか?

そもそもその考え方自体がいりません。
損得で考えていると判断ができません。

やりたいか、やりたくないか?
よりチャレンジなのはどちらか?
どれが全体の未来にとって良い選択か?

というところで決めましょう。

もっと言えば、自分がする決断は
たいてい目先のことしか見えてません。

自分が決めるというより、
「こちらに行け」と言われていると思える方向に進みましょう。

これをきちんと把握するのがまた難しくもあるのですが、
内なる声にまっすぐに耳をすませば、どう動けばいいかわかります。

我でがんばろうとするより、内なる声に従うといいです。

身体が動く方向に動くというか、自分が動くというより
「動かされている」感覚で動く方が良いです。

操り人形みたいに自分の後ろに糸を操っている存在がいて、
あなたは動かされるままに動いている状態です。

そういう風であれば、邪魔が入らずスムーズに動けるでしょう。

そのような状態になるように心を整えましょう。
そうすれば自然とやるべきことをしています。

自我意識が先頭に立つというより、
自我は見えない導きに気づいて、後ろをついていく感じです。

そうなれば、いい流れに乗ることができるでしょう。

「和音」2018.5.2


メルマガ登録はこちら! メルマガ登録

  

人気ブログランキング  ぜひポチッとクリックお願いします!