hand-holding-white-empty-paper_zkhhEqSu
境界ってなんでしょう?

物と物と分ける区別。

あなたと私を分けるもの。

私を私たらしめるもの。


私たちは自我を認識し始めた時から、境界を認識しています。

まずは自分の肉体としての境界。

これは私の身体であって、あなたのものではない。
あなたの身体はあなたの身体であって、私のものはない。

そういう認識。

じゃあ、道具を使った時はどう?

剪定するときに高いところに手が届かないから、
長い剪定ハサミを使う。

それはあなたの身体の一部? それとも別個のもの?

それは道具だから、身体じゃないよね、という場合。

義肢の場合はどうでしょう?

本来の肉体ではないけど、十分に肉体の役割をなしている場合。


人間の家族。
そこにペットの犬や猫もいたら?

それは家族じゃない?それとも家族?

ペットは家族だけど、義肢は身体ではない?


境界は定義づけでしかない。

物事を区別するのにその方がわかりやすいから。

名前を持つものは皆、境界を持っています。

これはそういうお約束ごとの世界にるから。

区別しないと、境界をつけないと認識できないというルールの中にいるから。

でもその境界があるおかげで、いろんなことができます。

競争もできるし、恋愛、ビジネスもできます。

国家、人種、個人、すべてにおいて
あなたはあなたという境界があるおかげで、
他者、他のものという存在を得ています。

しかし同時に、そのために、悩み事、孤独感、生きていく辛さなども生じます。
争いごと、戦争も、国境という境界があるために起こります。

宇宙人が攻めてきて、地球人 vs 宇宙人みたいな境界線に変わったら
今まで戦争してた人たちが協力する可能性もあります。

境界は変えることができます。


元々、境界は、それがなかったところに新たに付加されたものです。

無意識にそれに従っていますが、
その設定が変えられると気づけば、
その境界があるために苦しむこともありません。

どんどんといろんな境界が曖昧になってきています。

「信念」も境界です。
どう設定するかは自由なので、
できるだけ広い視野が入るような境界を設定したいものです。


メルマガ登録はこちら! メルマガ登録

  

人気ブログランキング  ぜひポチッとクリックお願いします!