vvv-0216-img_1750-3141

さて、先日の「蜘蛛の生き返り」の続きの話です。

この蜘蛛の一件についてなんとなく思いを馳せながら過ごしていましたが、
その1週間後ぐらい、猫に遊ばれたヤモリを発見。

最初は死んでいると思ったのですが、ごくわずかに動きました。
先日の蜘蛛の件があったので、よし、ヒーリングをしようと始めました。
今回は最初から手当ヒーリングとともに。

最初はかなりエネルギーが乱れているのを感じましたが、そのうち乱れは取れました。
傷があったので、そこを調整。

すごく強いエネルギーがヤモリから出てきました。
死にかけてるのになんで?と思いましたが、もしかして復活のエネルギーかと思いましたが、
ヤモリを見てみたら死んだようでした。

先ほどの強いエネルギーは死ぬ瞬間のエネルギーだったのか、、、
すごい瞬間に立ち会えたなあとあきらめかけたところ、また微かに動いたように思いました。

それでまたヒーリングを続けました。
そうしたらだんだんと元気になっていきました。

蜘蛛の時よりはるかに時間をとりました。30分はしてたのかなあ?

自分の力も使ったようで、疲れたところあり、もっと力を抜くべきだなあと思いました。
ある種の意識状態になっているので、それをキープし慣れてないという意味での疲れもありますが、自分の力も使っていたんでしょうね。反省。

また猫に捕まらないように安全な場所に移しました。

前回の蜘蛛に引き続き、今回のヤモリ。
なんなんだろうな?と思いました。
蜘蛛からヤモリに移って、その分、時間も労力もかかってしまいました。

そして、同じ日の夜、また瀕死のヤモリに遭遇。
今回はもうちょっと元気で、それなりに動きます。怪我もしてて。
動くので大丈夫かなと思ったのと、朝のヤモリのヒーリングしてたので
「またやるの?」という気持ちもあり、多分大丈夫だろうとそこそこのヒーリングをしました。

で、このヤモリも前のヤモリと同じ場所に置きました。
朝のヤモリは生きているけど、まだ同じ場所にいて、動かないまま。

そして翌朝、見てみたら、最初のヤモリはだいぶん元気になったようで少しずつ動けるようでしたが、二匹目のヤモリは死んでました。

一匹目のヤモリより元気そうだったのに、、と思いましたが、
もっとちゃんとヒーリングをすればよかったと後悔しました。

その後は瀕死の生き物は現れてないのでありがたいことですけど、
続けて起きたこの出来事はなんだったんだろうな?と考えてしまいます。

ヤモリは生き返ったわけでなく、死にかけていたのが元気になったのですが、
「生きている」「命がある」ということも情報です。
生命情報が変わることにより、生きたり死んだりします。

見た目には「死んだ」「生きた」があり、
物質次元ではその結果として、生きた動く身体、死体という現象で現れます。

私たちは、生、死について強烈にインプットされているので、
この世、あの世、生きる、死ぬと分ける傾向にありますが、
物質を超えたエネルギーレベルでは「変化」でしかないです。

それに、私たちは個体として考えがちですが、微生物の集合体と思えば、一個の個体としての生命機能が停止したけれど、腐敗と分解が始まり、微生物が活動するわけです。
その個体の意識はその個体から離れるけど、違うものの生にとって代わるだけ。

蜘蛛とヤモリの些細な出来事ですが、いろいろと考えさせられます。

そして、今度はスズメの話へ(笑)


メルマガ登録をぜひどうぞ! → メルマガ登録

セッションメニューはこちら!



人気ブログランキングへ ←ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m