vvv-0216-img_0155-2656

前回の記事、「あなたは人を幸せにできる人」の話の続きとなります。

春分あたりから「自我」の枠組みが変わる気配がありました。
それがどうなったかというと、

『他のために生きることが、自分を生きることになる』

という時代への突入です。

ただし自己犠牲や被害者意識はありません。
喜びと慈悲はあります。

前回の記事で、
他の人やものになくて、自分にあるもの、自分にできることをしましょう
という話を書きました。

そこにあなたの役割がある可能性が大。

今日はまた少し違う角度から書きます。


今までは、エゴが、「自分を認めて欲しい、愛して欲しい」と叫んでいる時代でした。
それが差別や競争を生みました。

これが「自分は他を幸せにするためにいる」という自己充足感に変わっていきます。

自分向きの矢印だったのが、他者向きの矢印に変わります。

今まだそうなれてなくても心配しないでください。
大半の人がまだです。

これを読んでいるあなたは、ぜひその先駆者になってください。

そのためには、エゴが手放したくない思い
「私を愛して、私を認めて」のこだわりが外せるといいです。

そうなるには、自分の存在価値を人に求めないことです。

自分で自分を認め、許すというプロセスが必要です。


「私を愛して、私を認めて」を手放した時に、孤独で惨めになるのではなく、
「求めなくてもすでにあるのだ」と気づけると素晴らしいですね。

あなた自身が愛であり、愛に包まれているのだから、
愛される必要も、認められる必要もありません。

愛の中にもともといるのだから、「愛されたい」という概念自体が変なのです。

「愛の中にもともといる」というより、そこに区別はないですから、
あなた自身が愛の結晶です。


そして、そこに気づいた暁には、すごくポジティブで、
誰からも好かれる魅力的ないい人になる・・・かというとそうでもありません。

やんちゃをするのもオッケーですし、すごく嫌な奴になるのもありです。

でもそれは、愛の中にいるからできる行為なのです。


・・・あれ?と思った人もいたかもしれません。

愛の中にいるからできる行為?

じゃあ、ネガティブになるのも、悪いことをするのも、愛の中にいるからできるの?

大きな意味ではそうです。
かなり抽象度の高い視点から見るとそういうことです。

・・・じゃあ、自分が愛だと気付いた時、世界は今の世界と変わらないの?


まあ、そんなところです。

でもこれに気づいた人は、全く違うレイヤーにいますから、
悪いことも嫌われることもできます。が、必要でなければしないでしょうけど。

今までの愛の概念がいかに一方向からだったか。
解釈の仕方の話ですけど。

それに苦しんだり、傷ついた人も多かったと思います。

報われない思いにこだわるよりも、もうそれを手放して、
次の段階に進むことにするなら、自然と大きな癒しが起こるでしょう。

それは「視点を変える」という作業により、可能になります。
価値観や信念を変えるということです。

もう一段階上のレベルの愛の表れです。


メルマガ登録をぜひどうぞ! → メルマガ登録

セッションメニューはこちら!



人気ブログランキングへ ←ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m