blogranking←ランキングにプチッと応援お願いします!


10月は神在月です。(出雲では)
でも本来、旧暦ですから11月となりますね。

『「神」とは?』というところで、長年にわたっていろんなことがいわれてきましたし、定義や何を意味するのかも国民性や宗教、その人の価値観などでいろいろです。

「これが神の定義だ」、あるいは「神とは○○である」と言える人はいないでしょう。そのように言う人は多くいますが、それはその人にとっての神であり、総人類に当てはまることはありません。


「神ながら」という言葉が日本語にあります。

「神とはなにか?」ということはここではおいておいて、今月はそれぞれが思うところの「神ながら」を心に留めて過ごされるといいでしょう。

神ながら・・・もし自分が神であったら、神のように在るなら、
どんな風だと思いますか?


あなたが思い描く神はあなたが思う神です。

神ながらに生きるとはどういうことか?

秋の夜長にじっくりと考えてみるといいでしょう。

あなたはすでに「神の領域」に達しているのですから、神ながらに考え、
過ごすことにより、あなたにとっての神ながらの世界が開けます。


10月は自分が思い描くことが実現化しやすい時期です。
長期的というより短期的にそれは起こるでしょう。

あなたが体験することはあなたが思い描いた結果、
人々が体験することは人々の集合意識の集積が思い描いた結果、

この世界は結果ですから、日々何を生みだしているのか、
神ながらに考えて過ごしましょう。

よい10月をお過ごしください。

「和音」2015.10.1



ということで、10月は神ながらに過ごしてみてください。

「神ながら」がどういうことなのか、
それはひとりひとりにゆだねてあるようなメッセージです。

ひとりひとりが自分にとっての「神ながら」の生き方を模索する、、、

そんな月なのかもしれないです。



メルマガでもいろいろ書いています。
ぜひ登録してみてくださいね。 解除はすぐできます。→ メルマガ登録

セッションはこちらです

blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m