blogranking←ワンクリック・100波動アップ♪

ある人からいただいたメールへの返事ですが、こちらでもシェアを。

10月のメッセージの『「ない」と思うことから「ある」と思うことへの移行が大切ですので、なんでもいいので、自分が「ない」と思っている何かに対して「ある」と思って過ごしてみてください。』の部分についてのことでした。

ある願望があり、実際まだそうなっていないのですが、すでにそうなっているように思い、振る舞うという話で、どんな現象が起きても、発想の起点は「すでにそうなっている自分」であっていいのか?というような話でした。

それに対する私の返答です。


〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜


そんな感じでいいと思いますよ。

願望達成をめざすのではなく、「もうすでにそうなってる」あるいは「そうなる」と疑いなく思えることが大事です。

そこに「でも」も「だって」も「そうはいっても」もいりませんし、現象化がいつになるかも気にしません。

最近は,実際にそうなったかのようにありありとイメージングする必要もないことに気づきました。
疑いや不安などを入れる余地をまったく作らなければそれでOKです。

私たちは夜になってもまた朝が来ることを疑いませんよね。
だから日が昇らなかったらどうしよう?と不安になることないし、日が昇るのを一生懸命願ったり、イメージングもしません。

まったく心配せず、「おやすみなさい」と普通に寝て、朝、目覚めるとちゃんと日が昇っています。
疑い率0%ですし、夜が明けることを信じきっていますので願いすらしません。


だんだんと「今時間」が濃くなってきていますので、

> もうこの世界すべてが誰にとってもが願望達成するための世界に変わってきているのかなって思いました。

ってのは当たっていると思います。
以前よりはるかにそうなってきていると思います。


掲示板のお話は合っていると思いますよ。
(すでにそうなっているかのように思うことについて書かれていました)

ただ頭で思い描くのと、心で感じていることが違っている場合もありますので、その点は注意する必要があります。

イメージングをがんばるより、疑う余地を与えないことの方が大事かと思います。


> 私も願望達成して掲示板で報告して、迷える人たちにアドバイスするのが密かな目標です。

これはいい徴候です。

願望成就することを目標にするのではなく、この経験を活かしてアドバイスすることが目標になれば、自分はすでに願望達成できることが前提になっています。

これはすごく大事なポイントです。

すると潜在意識は、もう達成しているんだと勘違いして、その達成を急ぐことになります。

もうすでにアドバイスをし始めるぐらいな感じでもいいかもしれませんね。


〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜


ということでした。

今は以前より、「そうなのだ」というところにかなり行きやすくなっているように思います。

もっと進んでいる人は、自分の願望すら越えたところにいます。

そこに,本当の「ある」の世界があります。
あることの悦びに満ちた世界。

でもそれは『「間」にあるもの』を知った者のみが感じられる世界でしょう。

それは一般的に言われる「無」や「空」とはまた別。
実は、表と裏の関係にあるものかもしれません。


blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m