blogranking←ワンクリック・ワン波動アップ♪

とてもいい記事を見つけました。読みながら、そうそう!と共感!
こういうことも書きたかったんだけど、ここに遥かにうまく書かれているので脱帽。すばらしいなと思いました。

下記、「あいちゃん☆ぶろぐ 2」より、そのまま転載です。

------------------------------------------

感じてみてください。
これから書くこと、
どう感じるか
みなさんそれぞれ感じてみて。

そして感じたこと、
コメントでシェアしてみてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

無力さを超えてなお生まれる何か
あるはずです。

怒り・絶望を超えてなお生まれる何か
あるはずです。

それは

純化されるほどに
穏やかであるはずです。

最後まで赦し、愛するものです。

その地点から、発信してほしい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


無力さ感じること、何度だってやってきます。
今までもそうでした。

イエスもブッダも
いっぱいいっぱいたくさんの気付いた人が答えを言っているのに
それでも世界は少しづつしか変わらないのね。

そういうものなんだ。

何度無力だと感じても
それでも何度も希望を胸に生きる。

何度でも生まれます。

形を変えて。

それだけかな。

やりたくてやる、
生まれたくて生まれてきた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

やるせなくても悲しくても
受け入れるのです。

大地は死ぬでしょう。
海も死ぬでしょう。

戻らないものがたくさんあるでしょう。

みんな受け入れています。
あるがままを、受け入れています。
受け入れて絶滅したり、死んだり、病気になったりします。

人もそうするしかないでしょう。

放射能、浴びましょう。
汚染された土地で生きましょう。

責任を取るって、そういうことです。

だって、原子力の電気、使ってますもん。

逃げも隠れもできません。

受け入れるってそういうこと。


汚染されるんです。
防ぎようがない。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

失って初めて知る、
知ってもやめなければ失った意味もない。

だからまた失う。

何度も間違えたり
欲に目がくらむ。

それでも赦します。またチャンスを与える。
それが宇宙だから。
バランスを欠いたら消えます。
それが宇宙。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

海が汚れたり
地球の友達が死んだり
虐待されたり
売り買いされたり
この星で繰り返しているすべて
受け入れる。

すべての現実世界の出来事は、わたしたち一人一人の心象風景。

それはまるで過去のテープを何度も再生しているのと同じ。
ワンパターンのストーリィ。

それをやめないとね。

手放さないから繰り返す。
簡単なことなんだ。

でも、手放せないんだね。
知っているものの方が、安心だから。

未知に飛び込む勇気、
失う覚悟
それがないってこと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


すべてを受け入れる、そして許すことです。

痛い、痛い。

でも大丈夫。

本当に大きな世界では
バラバラになることなんてないんだよ。

なぜなら最初から最後までひとつだから。

結局とどのつまり、一個だから
小さい世界では誰もが
それぞれのストーリィを勝手に演じているにすぎないんだ。

最初からまとまってない。
それでまとまっているの。

小さい世界でもまとまったら
素晴らしいハーモニーになるんだけどね。

小さい世界をまとめようとしている人の努力に感動する。
諦めない姿に感動する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


>人は苦しむために生まれていてるともききますが。
>そうゆうことですか?

苦しむためには生まれていません。

自分が作った世界を自分が作ったとは思えず
どんどん悪循環がんじがらめになるから
苦しく感じるだけです。

手放してほどけば楽しいだけです。
死ぬ、そのときまで楽しいだけです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

すべてがあるがままに自然だからこそ、
何を信じても何をどうしても自由なんだ。

いつか死ぬし、死ぬまでは生きる。

すべてがそうであるように
無くなる時まではある。

ある間に何をどうするか、
そこに創造がある。


宇宙はただ循環しているんだよ。
何もなくなってはいないし
何も増えていない。

つまり何も変わっていない。
形を変えているだけ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この世界はわたしたちの心の中を映すスクリーンでしかなく
心象風景としての現実世界はそもそも実態がないものだから
実態がないものにどう働くいかけたって
どうにもならないのね。

実態は、心のなかにあるの。
それは形がない。

形がないものをどうするか
なのです。

それがわたしが取り組んでいること。



実態があるように見えている現実は実態がなく
無いように見える心の中こそが実態。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ココロの中をいかに平和にするか、です。
そうすればわたしたちの心象風景としての現実世界は
平和になります。

だけど
ココロを平和にするためには
今あるものを手放すという犠牲がともなう。
それは苦い薬のよう。

苦い薬を、さも甘い薬のように飲ませることができるか、だな。
それも「コントロール」ではなく。

そこにユーモアが必要と思います。

自発的にやってみようという思いを起こすユーモア。

新しい価値観を生みだし
新しい世界を創造するときだからね。

楽しく創造したほうがいいでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

地に足がついた楽観性は
深い悲しみを超えています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


おやすみなさい。





blogranking
↑ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

悦月のセッション詳細はこちらから