blogranking←ワンクリック・ワン波動アップ♪

今日は独り言です。テキトーに読んでください。

余談ですが、昨年2009年9月9日、999には、三つ巴の形が観えていて、第三の力が動くと書きましたが、今年は2010年10月10日が 十十十の漢字で来てて、十の三つ巴の形となっていたのですが、十の三つ巴がどういう図形かわからない、、、と思っていたら、先日わかりました。

人体のハートを中心に、上下前後左右にチャクラの円錐形がもっと大きくなって広がる立体図形でした。

今年夏前から、なんだか昨年の流れの現象化傾向があるように感じていますが、今、キリスト意識がまたもや浮上してきています。
昨年11月11日はキリスト愛が明らかになってくる(始まる)日と書いていました。
十一十一なんだけど、土土 にもなり、十字架ふたつにも見えるけど、土という漢字にも見えます。
土は、大地、地球ですね。

キリスト意識は地球意識だと感じたことあり、両方が無条件の愛を表すと思います。
来年は2011年で 土土土 と三つ並んで三位一体で、キリスト意識/地球意識の完成かな?
今年の十の三つ巴と関係あるかも? ま、それは来年。

この先一年は、ひとりひとりがその方向に向かうことになると思います。

エゴの解放 → 本来の自分への回帰 → 自己愛 → 神との合一

今ちょうど、本来の自分への回帰が始まったところで、これからひとりひとりがキリスト意識を持つ、つまりキリストと同じ意識になれるように向かっていくと思います。

簡単に言えば、自分を許し、愛すること。

すでに新たな段階に入り、分離した個としての時代は終わりましたね。

エゴと離れることができた人、自己の扉を開いた人は、今度は神の扉に向かいます。
神との距離を縮め、神とひとつであった頃に戻っていきます。
とはいえ、その距離はもともと存在しなくて幻想なのだから、、、。

もうすでに全体に戻っていく流れが始まっています。


なんて思ってて、昨日トイレに入ったら、あらまあ、うちのトイレのタイル、、、。
3年間通い続けたトイレですが、昨日始めて気がつきました。
この模様、ここに書いてあることをうまく表しています。

CIMG2072丸(菱形?)と十字。
線だけの十字形と、○の入った線で構成される十字。
中心が十字で、四隅に○がある(あるいは二つの○)四角と、○が中心にある四角が見えます。どちらも四角を4等分しています。


また、四角をひとつだけみるのと、数個を一連の形としてみるのとでは、構成の形が変わって見えます。○を斜めにつなげてみてもまた違うものが見えます。

どの形が主役ということなしに、だまし絵のごとく、入れ子状に交互に現れてきます。

中心が○の形は、四角を構成して、となりの○と手をつなぎ、それが広がり、全体の模様が出来上がっています。
中心が十字の形は、四角を一気に突き抜けて、大きな枠組みを構成しているようにも見えます。


中国、日本、ケルト、(インカもか?)では、気は渦で表されています。
中国の殷青銅器は、その頃の人が宙に何を観ていたか、感じ取れると思います。
龍が描かれているとも言われますが、龍自体、気の流れでもありますから。

wht_tpc_dragon5

(写真は、青銅器の龍-古代人の想像力と造形力より転載)





ID026イスラム模様は、渦を用いて表してはいませんが、だまし絵状にいろいろな模様が見え隠れする様は、まさに迷路、渦状です。

イスラム模様の構成は、宇宙空間をよく表していると思います。
青銅器の模様もイスラム模様も、空白がなく、空間は密な状態です。
真空が何もない状態ではなくて、無限の可能性に満ちているのをよく知っていたのでしょう。

イスラム模様は、宇宙を構成するものがすべて均等に偏在していて、お互いが関係し合いながら構成されている様をよく表していると思います。

視覚(脳)が「これだ」と思う形をピックアップしますが、すぐにまた違う形が見えて、チカチカキラキラ、まるで星空のごとく、うごめいていて決して止まることはありません。
砂漠で夜空の星をみていたんだろうなーと思います。

ついでながらこの模様を見ていると、音が聞こえてくるように思えませんか?
宇宙のシンフォニーもよく表していると思います。
ちなみに、アラビア語のミミズ文字やモスクなどの建造物も音楽的に構成されているというのを聞いたことがあります。
あちらの人は、音を見ていた、あるいは視覚的に音を表したとも言えますね。
宇宙が音(波動)で始まり、構成されているのをわかっていたのでしょう。

ひとつの音も集まれば、音楽となります。
私たちが生きている世界もそうです。
生きとし生けるもの、ひとりひとりが存在することで、いろんな模様やシンフォニーができるのですね。

エゴと宇宙意識の話に持っていくと、ひとつの形でしかないと思っていた「エゴ」という形が、気づいてみれば、そこかしことつながりあっていろんな形を構成していて、ひとつのようでひとつではなく、全体を構成している大事な要素だった。ひとつの形(エゴ)でがんばっている時は、それ以外の形とは対立、対抗、競争するけれど、全部ひとつなんだと思ったら、すばらしい模様や音楽が奏でられていることに気づくのですね。

今、起こり始めている動きは、そういうことなのだと思います。

分離の時代は終わりを告げ始めています。
統合、融合、一体感に向かっています。
そこに至るには、無条件の愛であるキリスト意識が必要になってくるのだと思います。なぜなら自分を許さないと(エゴの恐れから解放されないと)、全体像は決して見えないからです。

イスラム模様さながらに、地球上のものすべてが自由意志の元に活動するのを、地球意識は受け入れています。

人間ももう、ひとつの形や音だけにこだわるのではなく、全体の模様や音楽を意識すべき時だと思います。
どんな模様になるかは、私たちひとりひとりの気づきによります。
美しい模様を作り上げたいですね。


うちのトイレは、キリスト意識や宇宙の真理溢れる崇高なトイレだったのですね。色も藍(愛)だし(笑)

宇宙の法則はこんな形で日常に潜んでいます。
あなたもまわりの宇宙のメッセージを探してみてください。
気づいていないものがたくさんあると思いますよ。

悦月のセッション詳細はこちらから

blogranking
↑幸せを人に伝えたい人〜ポチッと応援お願いします!
いつもありがとうございます m(_ _ )m