「生きることは自分が夢見る物語だ・・。」

人はどこに向って行こうとしているのだろう。

人はそれぞれ自分の物語をたずさえてこの地上に生まれて来る。

自らの肉体に印されたコードをひも解きながら、

魂の扉を開いて行く。

そうして自分の物語を完成に導いて行くのだ。

今、地球に起こりつつある生命の変容。

まだ見ぬ次元への移行。

その変化は人類に新たな伝説を生み出す。

そう、あなたはその新たな伝説に加わるために、

今というこの時代に生まれてきた。

この地上を後にして、

再び大いなる宇宙の夢の次元に旅立つために、

あなたの魂は自らの統合に向けて・・。

917030470_220s





白翁老師はいった・・。


「愛気を放射し、太礼に心と身を置き、天のフトマニ(螺旋)を体得した者のみが、神聖で美しく光り輝く新たなる世界に、足を踏み入れることができる・・。
これが真のイナリの道なるものである。これこそがアマナリの道の奥義なのだ。

天寿国(インド)には瑜伽(ヨーガ)あり、中華国(中国)には道拳(太極拳)なるものあり。
これらは壮健のための心体技法として高度であるが、わが国にも遥か古より伝承されたる体技がある。
それは伎舞(わざまい)である。神楽という。


ふるべゆらゆら ゆらゆらと 揺らかし給え たまゆらは 
ふるべゆさゆさ ゆさゆさと 揺す振り給え たまふりは 
ふるえそくゆる ふわふわと しなりふわりと まにゆらは
ささ ゆらりしなりと 舞い給え


愛気武祓(あいきさむはら)は内なる災いを祓い、
太礼神楽(たいれいかぐら)は場と間を聖化する。

招ぎし言魂(おぎしことたま)は人に未然の道を示し、
そこで初めて人は自らの魂の存在に心を向ける。

魂の声を聞き、宇宙大自然の声に耳を傾ける・・。

天地の玄気を取り入れ、それを魂の力によって愛気に変じ、
周囲に愛気をよく放ち、よくよく太礼を修めよ。

それこそが神楽の目的なれば励むがよろしい」。


白翁老師とは楽阿弥が太礼の道を授かった仙翁のこと。
老師は神楽についてこのように語ったのでした。

            太礼範愛気和道神楽伎流 宗匠

太礼神楽ホームページ

○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎○◎○ 

太礼道は「太礼範愛気和道神楽伎流」を略しての言葉ですが、私は始めてから1年半ほどになるでしょうか。
似たようなことは、過去世でやっていたなあとすぐに思いました。

舞などの身体表現については、ずいぶんと前から気になるところがあったのですが、すごくブロックがかかっていたので、ずっと長いこと保留していました。
が、やっと私の中でも解禁し始めたようです。
のどと人前に出るということに対してのブロックがとれていないので、まだまだこれから道は続きます。


「おのが内なる玉に聞け」

最近、特に大事になってきていると思います。
情報が溢れる現在、それに洗脳、翻弄されている人がとても多いように思います。

丹田をしっかりと鍛え、大地に足をつけ、中心をとり、宇宙と融合する。
外に求めるのではなく、内を統合することで、宇宙とも融合していく。

そんな時期だなあと思います。

今月29日にある太礼道宗匠 東伯師匠の「イナリコード・セミナー

「元を糺す」とはどういうことか?

古来日本の教えをひも解いていくと、現在の私たち、これからのあり方が見えてきます。
すでに反転現象が起きた感のある今、まさに時を得て話される(放たれる)イナリの秘密だなあと思います。

古代日本の秘密を解き明かす <イナリコード>の公開!

太礼道についてはこちらに詳しく書かれています。太礼道
講習の詳細もこちらをご覧ください。


悦月のセッション詳細はこちらから

blogranking
↑幸せを人に伝えたい人〜ポチッと応援お願いします!
ありがとうございます m(_ _ )m