blogranking←ワンクリック・ワン波動アップ♪

今日は、テラスサノオさんのmixi日記からの転載です。
先日の私の「亀が動いたのちに鶴が動く」とシンクロして、新たな気づきをいただきました。
 ↓ ↓ ↓

昨日、チリでM8.8の地震が起こりました。
只今、テレビでは、津波警報のニュースで警戒を
呼びかけています。
この前は、ハイチで大地震が発生したばかりでした。
では、今回との繋がりは何でしょうか?
ハイチ・・・チリ・・・と来れば、次は「り」の付く所でしょう。
では、それはどこか・・・?
いろいろ考えてましたが、どの土地もピンと来るものがなく、
ひょっとしたら、ヤフーのニュースでも出ていた、
最近日本の近海で続々見つかってる「リュウグウノツカイ」の
「リ」ではないか?
と言うことは、日本のどこに大地震が起こっても不思議でない
状況になって来ているということか・・・。
そして「リュウグウノツカイ」の「イ」に続くのは何か?
それは岩戸(イワト)開き。
すなわち、日本の地名で「戸」の付く地域が危険ゾーンであると
すれば、神戸・戸隠・平戸・八戸・・などまだまだありますが、
昔の呼び名にすれば、江戸(東京)も危ない。
そして今回気になったのが、鳴門です。これは門と書きますが、
「ト」であり、この戸(門)が地震によって開く気がします。
またまたここで漢字分解しますと、「鳴」は口に鳥ですね。
と言うことは鳥の鳴き声。では、この鳥はなんの鳥でしょう?
鳴き声の音の「音」を分解すれば、六一日となります。
すなわち、61日。61の数霊は鶴。鶴は日本の国鳥。
鶴の鳴き声となりますが、只今、JALの日本航空の堕落経営で、
ツルのマークも消え、今のところ、日本のツルは仮死状態です。
日本とチリの時差は、キッチリ12時間で、まったくの陰陽の関係。
裏と表であり、片方で起こったことは他方にも起こるであろうと
仮定すると、いよいよ日の元の龍体が揺さぶられ、
瀕死状態の鶴が、不死鳥(フェニックス)となり、鳳凰または
朱雀として復活。白だったツルも、火の鳥の赤に染まり、
日本の国旗そのままの、白地のツルから、中心に赤く染まる
火の鳥となって現れます。
時同じくして、御魂のイワトが開いて火の鳥となった新人類が、
一人(火鳥)、一人(霊鳥)、一人(日鳥)、一人(陽鳥)、
一人(飛鳥)、また一人(秘鳥)と目覚めて活き、
そのパワーを、鳴門の渦潮が吸収、吸い込み、
富士に送って、一気に吹き上げる。
今回のチリの地震が、M8.8。
この88が富士を意味しています。
ここで、富士と鳴門の仕組みが発動し、
この吹き上げた光輝くエネルギーを、イスラエルは、
エルサレムの開かずの門、ゴールデンゲートへぶち込み、
ここの岩戸を破壊します。
ここで、日本の鶴とイスラエルの亀が合体。
数霊でも61+40=101で、和合となります。
カゴメの童謡の「ツルとカメが統べった。」の部分です。
では、それに続く最後の歌詞、
「うしろの正面だ〜れ?」はどう言った意味でしょうか?
ここが大変難解ですが、苦し紛れで言わせて頂くと、
今迄、闇の巨大組織「フリーメーソン」が闇から表に出て来るのか、
新しくタッグを組んだ霊の元日本&イスラエルチームが正面に
出て来るのか・・・さて、それは一体だれなんでしょうか?


こう言ったことを取りとめなく想像することも、ロマンが広がり、
今までの固定観念や常識を外し、内なる宇宙の拡大に繋がります。
そして、その時、何が起こっても、自分はどう対処するかを
考え、いろんなシュミレーションが楽しめます。
市販のロールプレーイングゲームより、数段楽しめますよ。
ぜひ皆様も、いろんなロマンを内なる宇宙に煌かせ、
創造してみて下さい。

原文はこちら


こちらも参考に。
亀が動く2


blogranking
↑幸せを人に伝えたい人〜ポチッと応援お願いします!
ありがとうございます m(_ _ )m

悦月のセッション詳細