blogranking←ワンクリック・ワン波動アップ♪

世の中というものは鳥が飛んでいくようなもので、つかみどころがない。
こちらの方向へ行くと思えば、全く違った方向へ行く。
渡り鳥は連隊を組んで規則的に飛んでいくが、
カラスや鳩やスズメが、次にどこへ飛んでいくかを予測することは難しい。

が、なぜ予測、先がどうなるかを知ろうとするのか?
それは今が不安だからではないか?

今がわからないから先のことを知りたいと思う。
が、先のことを知ったところで、それが信じられなければ、結局、不安が残る。

またしても「今」だ。
あなたの「今」が未来を決めるのだ。

今にいなければ、未来を知ったところで、ロクな未来ではあるまい。
もしくは、あてにならない願望の世界の未来だ。

あなたが生きているのは、今、今、今だ。

今、あなたが何を感じているのか?
考えているのか?
何を欲しているのか?
何が不満なのか?

未来を知ろうとするより、今を知ろうとしなさい。

今あなたの中で何が起こっているのか?

占いで未来を知ろうとするより、今の自分に起こっていることを知る方が確実だ。

これからの占い師はそのためにある。
もうそれでは占い師とはよべないかもしれないが。
占い師が伝える未来は、今を把握したうえでの未来であるべきだ。

対面で話をしていることが、未来をどう変えていくか?
それを前提として話すがよい。

とくに、今の時代の流れ、未来はとても不確定状態となっている。
なぜならすべてが加速しており、人々、その他の波動エネルギー如何で
なんとでも変わりようがあるからだ。

今をしっかりとつかんでいれば、未来を案じることはない。
今をつかめていないから、未来が不安なのだ。

今がよくないから未来もよくないと考えるべきでない。
なぜなら「よくない」という考え、思いは主観的だからだ。
あなたがよくないと思っても、 いい成長の過程を学んでいるではないか、と見る人もいるだろう。

今の自分を批評してはいけない。
ただ、なにが起こっているか? 客観的に知ろうとすればいい。

起こっていることがわかれば、自分はどうしたいかが選択できる。
それがあなたの未来を創っていくのだ。

占い師の仕事はそれを手伝うことだ。
人の未来を予言していくことではなく、
人生という作品を作っていく手伝いをするのだ。

人生をどう変えれば、望む未来が手に入るのか?
それは本当にあなたが望む未来なのか?
本当にあなたが幸福になる道はそれなのか?
もし、それを阻んでいるものがあるなら、それは何なのか?

それを伝えていくのが、これからの占い師の仕事である。
「占い師」という名前ではなく、他の名前の方があっているかもしれない。
となると、これは占い師の仕事とはまた違うのかな?
あなたが好きな名前を選ぶとよい。

「和音」(09.6.26)

blogranking
↑幸せを人に伝えたい人〜ポチッと応援お願いします!
ありがとうございます m(_ _ )m

悦月のセッション詳細