blogranking←ワンクリック・ワン波動アップ♪


すでにあちこちに出回っている話ですが、良いお話しなのでこちらにも載せておきます。


「足あと」  作者不明

ある夜、男は夢を見ました。
夢の中で神様と一緒に小高い丘に立ち、
これまでの自分の人生が頭上の空に映し出されるのを見ていました。

男は神様と一緒に海辺を歩いています。
砂浜にはいつも二人分の足あとが残っていました。
ひとつは自分のもので、もう一つは神様のものです。

ところが、男の人生が終わりに近づくと、
ひとり分の足あとしか映し出されなかった情景が多いことに
気がついたのです。しかもそれは、男がもっともつらい思いをしていた
時期ばかりでした。

男はなぜだろうと思い、神様に尋ねました。

「主よ、あなたはおっしゃいました。
 私があなたの教えに従うと固く決心したときから、
 あなたは生涯いつも私とともにいてくださると。
 しかし、私の人生の最悪の時期には、ひとり分の足あとしか
 残されていませんでした。あなたを最も必要としていたときに、
 どうして私をお見捨てになられたのですか?」

神様は答えて言いました。

「私の大切な息子よ、私はお前を愛している。
 決して見捨てはしない。ひとり分の足あとしかないのは、
 そのとき私がお前を抱き上げて歩いていたからなのだよ」


こころのチキンスープ〈2〉ー生きることは愛すること」より


 砂に残った足跡(歌)レオナ・ルイス(英語、日本語字幕)

悦月のセッション詳細

blogranking
↑幸せを人に伝えたい人〜ポチッと応援お願いします!
ありがとうございます m(_ _ )m