blogranking←いつもありがとうございます^^

「プチ奇跡」メルマガ no.223に載せていた文章です。
前回のブログ記事「すべてはつながりのなかにある」の続きです。あわせてお読みください。


今すごくいい時期に来ています。
この時期、起こっていることを上手く見つめることができると、
多分、今月中に、あなたのなかで、ものすごいシフトが起きるかもしれません。

それはあなたを慈愛に導いてくれます。

それがうまくいかないと、それに気づかせるために、もっとたいへんなことが起きます。

問題というものは、成長のために、あなたの中にある変えたがよいなにかを見せてくれています。
病気などもそうです。

その種が小さい時に気づけば、大事に至らずにすみますが、見ないようにして逃げていると、
なんどとなく、その問題は形を変え、もっと厳しい状況で戻ってきます。
そして最終的には、あなたが向き合わざるを得ないようなたいへんな状況を起こします。


今、地球的にも同じことが起きています。
私たちの魂は、私たちが真に欲するものを知っていますので、
それに向き合うことができるよう、今、様々な問題を見せてくれています。

それに早めに向き合わなかったので、今の状況があるわけです。
それでもなおかつ、向き合わずに逃げてばかりいるのなら、もっと苦しい厳しい状況が起きてきます。

それは、神の罰でも何でもありません。
私たちの魂の叫びです。

私たちは魂のふるさとに戻ろうとして、今の方向を修正しようとしているだけなのです。

早くそのことに気づき、自分の内面を修正すれば、外の世界の出来事も収まります。
私たちにとって悪いことは起きなくなります。

というより、私たちにとっての「悪いこと」の概念、対象が変わります。


早く気づいてください。
あなた方には十分軌道修正する力があります。
天災も環境も人の気持ちも変える力があります。

今の状況もあなた方が作り出しているのです。
早くそれに気がついてください。

自分で自分の首をしめるのはやめてください。


たくさんの死んでいってしまった人たちが、何を言おうとしているかわかりますか?

私たちのことは心配しないでいいんだよ。
私たちは逝くことを決めていたのだ。
逝くことで、あなた方に気づきを得てほしかったのだ。

私たちが犠牲になることで、あなた方に自分のしていることに気がついてほしいのだ。

犠牲という言葉を使ったけれど、本当は私たちは犠牲になったわけではない。
いわば、「喜んで逝くことにした」と言ってよい。

なぜなら、あなたがたの成長のために選んだ道だからだ。


この構造に早く気がついてほしい。

私たちは別物ではない。
あの世もこの世も別々ではない。

私の死はあなたの生であり、あなたの生は私の命だ。
そこになんのへだたりもない。

死んでしまうとわかるのだけれど、肉体というものがいかに考えをせばめているか。

肉体という区切りが、あなたと他者を区別してしまうのだけれど、
霊というものは、物質で区切られるものではないのだ。

あなたと私との違いは、あってないようなものだ。
ただ、意識がそれを区切るだけなのだ。


肉体のある世界は、新しい意識を学ぶためによい機会である。
「別」という感覚は、肉体がない時には感じにくい。

他者がいることで、我々は、思いやりや慈しみの心を学ぶことができる。
それは何よりもかけがえのないものだ。

死んでしまえば、心地良いプールの中で、プカプカと肉体なく、みなが溶け合って浮遊しているような状態だ。

死んでからも意識が残っているので、その意識がどのレベルを認識しているかによって、
死後の世界は変わるのだけれど。

自我を抜け出ているのなら、自分があるけど自分がないような感覚だ。
思ったことがすぐに実現するので、現実はあってないようなものだ。


この世では、あなたの心が地獄を作り出す。

この世はすでに天国である。
あなたがたは、天国の中で地獄を作り出し、そこに生きている。

よっぽど自分のことを罰したいのかな?

あなたが見ている地獄が、実は天国の違う側面だと気づけば、
一瞬にして、あらゆることが慈愛に満ちていることを知るだろう。

あなた方はそのことを知るために、肉体を持ってこの世に降りてきたといっても良い。


あなた方はラッキーだ。
なぜなら今は、その大きな気づきを得るのにとてもよい機会だからだ。

もうすぐ、ものすごい癒しを得る人々がでてくるだろう。

その強力な波動は、周りに影響を与えるので、芋づる式に同じ気づきを得る人たちが出てくる。

そうすると、大きなシフトが起きる。


9月にそれが起きなければ、それを起こすために、また一層、厳しい状況がやってくるだろう。
そして、厳しい冬を過ごし、春近くになり、癒しが再び起こり始める。

秋にその癒しに至った人たちは、すぐに動き出すだろう。
その小さな動きは少しずつ波紋を広げ、来年夏には、大きな花を咲かせることであろう。


人間は苦しむのが好きなのか、とことん突き落されないと、その気づきに至ろうとしない人たちが多すぎる。

そこまでチャレンジャーにならなくても良いと思うが、、、。
まあ、それも人の好き好き。


すべては今から見た予想である。
今は、あらゆることが測定不可能な未知数に満ちているので、断言はできない。

が、上手く事が運べば、そういうことになるであろう。

そのためにも、一人一人の気づきと慈愛が大切な要素となってくる。


私たちはあなた方を信じようと思う。
今まで何度となく失敗をしたと言われているが、それがなんだというのか?

私たちはあなた方を信じる。
あなた方は、自らの魂の神性を見出し、また再び愛と調和のもとに戻っていくのだ。


その道は、すでに開けている。

あなた方は信じて進めば良い。
自分たちを、私たちを信じて進めば良い。


宇宙は、偉大なる慈愛に満ちている。
それに気づくために、私たち(あなたも私も含まれる)は今いるのだ。

大いなるものは、私たちの中にある。
私たちの中には、無限の宇宙が広がっている。
それに気づけば、あなたは宇宙そのものになる、愛そのものになる。


神という名の宇宙は、外にはないのだ。
そして、内にもないのだ。

外も内もない、無限の中に、ただあるのだ。

私たちはそれをつかむことはできない。
ただ、それを感じることはできる。

それそのものになった時は、あなたはあなたでなくなり、
神も宇宙もなくなり、ただただ慈愛そのものになる。

そして、そのむこうにあるものは、、、、?

「和音」より  (09.8.11)


「プチ奇跡」メルマガのご登録はこちら。無料です。


blogranking←ワンクリック・ワン波動アップ♪

悦月の占いカウンセリングはこちら

悦月の手相ブログはこちら