blogranking←いつもありがとうございます^^

「視点を変える」

人が物を考えるときは、どうしても自分の考えの中でどっぷりと浸かりがちです。
考えている最中はそのなかにいますので、他の考え方ができません。
他の視点を持つことはできますが、中心的考え(視点)はひとつ、自分がいる位置です。

そこから抜け出てみるには、いったんその考えから出て眺めないといけません。
でないとなかなか気づかないのです。

今までの考え方が悪いわけではありませんが、
あなたががんばっているのは、怖れから来ていることだということに気づいてください。

だから必死に何かを求めようとしているのです。
それを手放せたらもっと気楽になります。

何かに向かってがんばるということは、
まだそれを手に入れていないと思っているということですから、
そこにあるのは、それに向かってがんばっている自分はえらいだろうとか、
自分で自分を誇るとか、何かをしている安心感を得るとか、
結局はゲームをしています。

やっていること、向かっている先(向かっている先という時点で、すでにそれを持っていないと言っているようなものですが)はかわらないですが、それがワクワク感に基づくか、つまりたましいが欲しているからか、怖れから動いているのかで全然違います。

「和音」より (09.1.6)


blogranking←あなたのクリックに感謝します^^

悦月の占いカウンセリングはこちら

悦月の手相ブログはこちら