blogranking←いつもありがとうございます^^

「天地をつなぐ」

杉の木がなぜ何年も伸びているのか?
それは大地との融合ができているから。

木からエネルギーをもらい、木に返す。
天と地の間に人が入ることで、天と地をつなげることができる。

もともと天地はつながっているものだが、人間の媒介により、
天地が分離とまでは言わないまでも、一体でなくなってしまった。
人の想念が自然と分離することで、天と地が純粋につながらなくなった。
人の想念が分けてしまった、というより、邪魔をしている。

それをきれいにして、またつなぐことができるのは人間。
なぜなら人間の想念が天地の間を汚しているから。

杉の大木はまっすぐに伸びる。
高く太い木ほど、エネルギーを天に伝える。
人間が下でちゃんと儀式をすれば、杉の木をアンテナとして、それは天に早く伝わる。

「和音」より (08.11.5)


blogranking←あなたのクリックに感謝します^^

悦月の占いカウンセリングはこちら

悦月の手相ブログはこちら