blogranking←いつもありがとうございます^^

「大地の目覚め」

大地のエネルギーが戻ってきます。
大地が目覚めます。
あなたが踊ると大地が目覚めます。
つながってください。
大地の意識と扉を開けて、諸々のモノたちを出してください。
彼らは今、外に出る必要があります。

彼らは封じ込められた神々です。
自然の聖霊(精霊?)、スピリットたちです。八百万の神々です。
昔、日本にずっといたカミさまたちです。

封じ込められたというのは正しい言い方ではないですが、
彼らは清いエネルギーの中になら住めます。

人間が彼らを敬い、敬意を払っていた頃、自然を大切にしていた頃は、
彼らも安心して外に出ていました。人間と共存し、暮らしていました。

けれども人間が自然破壊を始め、精霊,カミたちを信じなくなり、つながりを断ってしまって以来、
人間の病んだ心(分離からくる恐れ,欲望)が広がることで、その心自体が呪文となり、カミたちを閉じ込めてしまいました。

これらは別な意味でのアマテラスのお隠れです。
ここでの太陽神は一つの存在ではなく、すべての存在に宿る魂の純粋さ、中心と思ってください。
その中心となるものが隠れてしまったわけです。

だから心に闇ができます。
その闇に巣食うものがいます。

それは怖れです。
人間が魂の太陽を選ばず、分離感からくる怖れを選んだので、神々は人間の魂と別々になってしまいました。
物質的に分離しているというわけではないですが、エネルギ−的にそうなっているように感じています。

人間の方から離れてしまったので、カミたちがそこにいるのに気づきません。
人間が気づかない、見ないという方を選んだので、その心が封印となっています。

つまり、カミたちを封じ込めたようであっても、本当は人間が自分たちを封じ込めているのです。
が、反対から見れば、カミたちが封じ込められたように見えるのです。

今回のゲートを開ける作業はそれに気づくこと。
封じ込められているのはカミたちではなく、人間の分離感が見せる幻想である。
封じ込められているものが闇のものである(邪悪なもの、やっかいなものもある)というのは、
自らの恐れが成す幻想であり、自らが去っていった、分離したということを認めることの恐さが投影して、
闇として映っているだけである。

ややこしいのだけれど、ここは大事なポイントです。

あなたが闇のモノと思っているモノは全く闇のモノではなく、
もともと闇も光もない、あなたの心の中が投影し、闇のモノを作り出している、
封じ込められた闇の世界のモノというのは、あなたの心の中にある見たくない部分の投影でしかない。

本当は、そのままを見れば安全な存在なのです。
あなたはこの部分をきちんと理解する必要があります。

闇は幻想である。
そこには楽園があるだけ。

闇のモノなど存在しない。
あなたが開放するのは、自分の心の中にあるそれだけだ。
魔物を放つのだ。
他の存在などではない。
自分の中にある魔物を封印解除して放つことになるのだ。

だから自分がしっかりとグラウンディングしていないといけない。
あなたが彼らを受け入れ、彼らとしっかりとつながる時、
あなたのパワーは大きくなる。器がでかくなる。

光と闇を統合せよ。

「和音」より (08.10.18)


blogranking←あなたのクリックに感謝します^^

悦月の占いカウンセリングはこちら

悦月の手相ブログはこちら