「将来、自分が亡くなった時にお墓にどんなことばを刻まれたいですか?理想の人生を終えた自分を表した墓碑銘を考えましょう。」

というワークはしたことがありますが、別バージョンを見つけました。

「今、このまま人生が終わるとしたら自分のお墓にどんな言葉が刻まれるだろうか?一生を簡潔に表現してみよう」

私を例にとると、

「人生前向きに取り組み、遠回りはしたけれど、いろいろとがんばってやってきて、これからだというところで逝ってしまい、結局やるべきことを成し遂げすに終わった人、ここに眠る」

という感じでしょうか、、、。
悲しい、、、、。

そうはなりたくないですね。
もっと思い切って加速しなければ、と思います。

もしあなたが今のままでずっと行くなら、死ぬときも多分同じ状態です。

二つの墓碑銘、書いてみて下さい。
どちらになっていたいか、じっくりと感じてみるといいと思います。

この話は、望月俊孝さんの新書「幸せの法則」に載っていました。

なかなか行動できなくて困っている人は、「今、このまま人生が終わるとしたら、、、」を書いてじっくりその状態を感じるといいと思います。
今のままの状態で10年、20年過ぎていって、同じように「なかなか行動できなくて、、、」と言っている自分になりきって感じてみて下さい。
そんな状態に絶対なりたくないと思えたら、きっとなにか行動をし始めることでしょう。



blogranking←あなたのクリックに感謝します^^

悦月の占いカウンセリングはこちら