アファメーションは、思わぬ力を発揮することがあります。

なぜ、心の中で思うだけでなくことばにだしたり、
書いたりするといいのでしょうか?

日本では、「言霊」というように、言葉には力があります。

ただ思っているだけだと漠然としていますが、
ことばにすることにより、生命が与えられます。

声に出すことは、音にすること。
書くことは、かたちにすること。

外の世界に出すことで、思っていることがより明確になります。
またことばにするときに、思いがこもっていればいるほど、
人の心も揺さぶりますよね。

それと同じで、アファメーションするときも、
感情をゆり動かすようなアファメーションができれば、
よりいっそう効果があります。

なんどもくり返したり、イメージしたりすることで、
はじめは半信半疑だったアファメーションもだんだんと感情移入してきます。

アファメーションをくり返すことによって、
現実にそうなったときの感情を疑似体験するようになります。

そうなるといつのまにやら実現に向けて行動するようになっていきます。
目的に対してプラス思考の習慣がついてきて、だんだんと自信もでてきます。

それがアファメーションの力です。

最初は、想いがついていかなくてもいいのです。
おうむ返しのようにくり返しているうちに
潜在意識がバシッと心をつかんでくれることでしょう。


blogranking←お役に立ちましたらポチッと応援を^^