いのちおり - 本来の自分に還るために

人生をよりクリエイティブに生きたいあなたに贈る
   悦月(えつき)のブログ(旧ブログタイトル:たまむすひ)
                                    

silhouette-of-person-walking-1046896

私はよく「すべては自己責任」と言います。

確かにそうなんですが、それは言い換えれば、
自分の状態が外の世界に反映する」からです。

同じ時刻、同じ場にいたとしても、
何を体験しているかは人それぞれ違います。
まったく同じ現実であることはあり得ません。


自分が体験する現実は、言い換えれば、
自分にはその現実以外は見えていない
ことになります。

でも人は違う現実を体験しています。

違う現実の可能性も山ほどあります。


自分が考えることは非常に限られた
自分の知識と体験の中での話です。

その中で私たちは必死に悩み、
「どうにかしなくては」と思います。


もしストレス多い人生なら、何かをする以前に、
なにを根拠にそれをしているか? そう思うのか?
の前提を見つめ直した方がいいです。

そこは見ずにやり方だけを変えて
どうにかしようとしても、

元を成すところがそのままであれば、
見えるものもそのままです。


錆び付いた水道管を使っていたら、
茶色の水が出ます。

いくら蛇口をきれいに磨いても、
水はきれいになりません。

それと同じです。


蛇口はすぐに磨けますが、土の中に
埋まっている水道管は簡単には掃除できません。

それなりの手間と時間がかかります。

だからよっぽど水が汚くならない限りは
後回しにしてしまいます。


自分の信念体系を変えるのも同じです。


例えば、

「私は悪い子。だからいい子にならなくては」
という前提のもとに、いい子になろうと
努力したとしても、そもそも

「あなたは本当に悪い子ですか?
”悪い子”ってどういうことですか?」

というところを問う必要があります。


誰かの影響を受けたか、そう思う方が
自分にとって楽だったり処世術だったりしたのでしょう。

しかし今もそうである必要があるのか?

客観的に見れば、デメリットのほうが多いです。


エゴの自分だけで考えようとすると、
どうしてもそれまで自分を支配してきた
感情や思いにとらわれやすくなります。

そこが自分にとってのコンフォートゾーン
なので、そこにとどまりたくなります。


「本当にそこから脱出する」と決める
ことができた人は出れます。

決断できるまでが長いんですね。

「決断」とは、決めて断つ。
決めたつもりでも、なかなか断てない。


しかし、そんなに気張らなくても、

「ちゃんとしなければいけない」と
思いがちなエゴ意識以外にも、

大きな視野を持ち、信頼に足る意識が
自分の中にあるのだと知ると気持ちが楽になります。

そちらがまっとうなことを言ってくれると、

「あれ?自分の中にそんなことを
 言ってくれる存在があるの?」

と不思議な気分です。


エゴががんばってがんばって
どうにかしようとしなくても、

なぜか私たちはその愛ある”内なる声”を
聞くと安心し、従いたくなります。


自分の中のその「何か、誰か」は
エゴにとっては未知の存在。

理解できないんです。
自分の外にあるから。
(いや、内だけど、笑)


主体だと思っているエゴ意識が弱まると、
もっと大きな存在を感じることができます。

それはエゴにとっては羊水の中にいた頃の
安堵感を秘めています。


昨年は「オートマティックライティング講座」
と称して自動書記の講座を開催しました。

自動で文章が書けることも素敵なことですが、

普段のエゴ中心の意識から解き放たれて、
自分の中にも神様みたいな存在やアドバイザーが
いるのだと気づけて良かった

「自分が頑張らなくては」という思いが
抜けて楽になった

という感想が多かったです。


右脳は無邪気です。

水道管を直さなくても、裏庭を掘ったら
飲料可能な美味しい湧き水が湧いてきたわー

なんてことが人生に起こりやすくなります。

そんな笑える奇跡を
人生に起こしていきたいですね。


エゴ支配から解放されたい人、
自分の想像力、発想力を鍛えたい人、
自分の内的世界を豊かにしたい人、

ゆる〜く楽しみながら
脱皮していきたい人はぜひどうぞ〜!
 ↓
マインド&アート・レッスン

メルマガ登録はこちら! メルマガ登録

現在、マインドの話などはもう一つのブログに載せています。

  

人気ブログランキング  ぜひポチッとクリックお願いします!

e46beff9e967acf1ffc97dff7b973b91_m

今日は節分ですね。

鬼は外、福は内。

この言葉に秘められているものは歴史を物語っていますね。

私たちの心は、自分たちに危害を加えるものは外に出し、
利益や幸をもたらすものは取り入れたがります。

それは自然なことです。

が、それがいつのまにか形骸化して、
何を鬼とし、何を福とするのかの判断が
他者に任せられてしまっています。

つまり歴史上の話や常識、噂などで
鬼扱いされているものをそのまま鬼とみなしてしまう。

みんなに福扱いされるものを崇めてしまう。

自分の判断はさておき、すでに区分けされた
善悪や正誤によって判断しています。


今日は、そんな自分に気づく日でありたいですね。

節分は、節を分ける日。

無責任な判断によって傷つく人もいます。

節制と分別を持った人になりましょう。

「和音」2020.2.3


メルマガ登録はこちら! メルマガ登録

現在、こちらのブログで主に書いてます。

  

人気ブログランキング  ぜひポチッとクリックお願いします!

asia-1793425_1280

2月は乾いた月です。

「乾いた」とはどういうことか?と言いますと、
空気が乾燥しているということです。

また、人々の「乾き」も増していきます。

こちらは身体的な喉の渇きとか、
肌の乾燥を言っているのではなく、
心の話です。

「乾き」の反対を「潤い、瑞々しさ」
とすると想像がつくかと思います。


人々の心が潤っていない感が増します。

乾いている、干からびている、あるいは
焦燥感、落ち着きのない状態となります。

かさかさと乾いていると
摩擦も擦れて痛いです。

何事においてもそのような感じに
なりやすいです。


苛立つ人、怒る人、焦る人、人に当たる人、
ちょっとしたことで気分を害するなど、
精神的に乾いている状態の人が増えます。

これは今、世界に不安の影を落とし
始めている新型コロナウィルスのせいもあります。

人間関係をこじらせるきっかけになります。


また普段は隠されて見えていなかった
人の心が見え隠れして、中には
幻滅する人もいるでしょう。

こんなことで今までの関係が崩れるのかと。


それは相手が悪いというよりもお互い様。

自分も相手の表面しか見てなかったか、
自分の都合で接していたか、

カサカサと心が擦れ合う音が
聞こえるかもしれません。


しかし落ち込むことはないです。
形だけの関係を続けていても、それは形だけです。

壊れてしまったら、もっとお互いを
信頼しあえる新しい関係を新たに作る
ことができます。


今月、人間関係で現れることは、
あなたが今までどのように人に
接していたかの現れです。

望ましくないことが起こるなら反省し、
順調にいくのなら今のままで良いのでしょう。


いうなれば、乾いた関係性には
ひび割れが入りやすいということです。

関係が乾燥しやすくなる、というと
変な言い方ですが、まさにそんな感じです。

乾いていない関係においては、
特に問題はありません。


どちらにしろ、乾燥した空気で、
喉や鼻をやられやすくなります。

目の乾燥にも気をつけましょう。


心を潤すには、身体も
潤っている方がいいし、

身体が潤っているのなら
心も潤っているでしょう。



心について言えば、

自分にとっての”保湿クリーム”は
なんなのだろうな?

と考えてみてください。

商品の保湿クリームのことではないですよ。



自分の心を潤わせるものは何か?

それは大切にした方がいいですね。


心が乾いていると、
人に当たりやすくなります。

自分のイラッちを
人のせいにしてしまうんですね。


そうする前にまずは、
自分の心がうるおっているか
要チェックです。


潤っていないのなら、
なんらかの形で潤しましょう。


ゆっくりお風呂に浸かるとかでもいいんです。
コーヒータイムをゆったり過ごすとかも。

心を潤す時に、水と関わることをするといいです。


2月はまだ発動期ではないです。
準備期間と思いましょう。

発動する時に向けて
自分を潤しておきましょう。

「和音」2020.2.1



追記;

天気予報を見てみたら、
2月前半は冬らしい天気で
寒くて雨や雪が多いようです。

太平洋側では空気が乾燥するようです。

寒くなって今まで以上に暖房をつける
ことによって、室内が乾燥することも
考えられます。


でもどちらかといえば、
心の乾燥のほうでしょうかね。

身体部分で乾燥が顕著に現れるのは
肌ではないでしょうか。

乾燥気味で肌がカサカサする。

肌は接触面ですから、そこが
カサカサしていると、まわりとの接触も
カサカサとあまり心地良くないです。


接触面が心地よくないことが、自分を
苛立たせ、人のせいに感じてしまう

そういう流れなのでしょうか。


これから考察して、今月は

「表面的な人間関係を見直す月」

としてもいいかと思います。


自分がうすっぺらい表面上の関わりを
していて、ストレスを感じるのなら
改善の必要があります。


また反対に、

そういうものだと割り切って接するなら
中途半端にならず、その割り切りが必要です。


人間関係に限らず、自分に”接触”のあること
すべてにおいて、その”接触面”をチェック
してみるのにいい月なのかもしれません。


メルマガ登録はこちら! メルマガ登録

今はこちらのブログで主に書いてます。

9c4d7d5b56e2a8eb7cf8a13031e03a27_m

1月は静かに早く過ぎ去ります。
あれっと振り返るともうない感じです。
ぼーっとしているとあっという間に終わるでしょう。

できることはそう多くありません。

今月なすべき最重要なことを
2、3つあげておいて、そこに
フォーカスを当てて進みましょう。

とにかく早く過ぎ去るので、やることは
テキパキとやっていくがいいです。

迷っていると、何一つ手のつかないままに
終わってしまいます。

ただし必要のないことをたくさんしても
意味ないので、焦らず、必要なことのみ
やりましょう。

つまりムダを省くということ。


2、3の最優先事項にフォーカスし、
それが終わるまでは他に手をつけなくても
いいぐらいです。


人によっては、この最優先事項が決まらず、
おたおたするかもしれません。

今月は、フォーカスしたものが
クローズアップされる、その力が強い
です。


なので、しょうもないものや
どうでもいいものには関心を
向けないほうがいいです。

頭の中はミニマリストみたいに、
ピンポイントでいくつかの大事な
ことのみをおいておきましょう。


そのためには、何を重要視するのか?
を先に決めておく
と良いです。

そうすれば迷いませんから。

決めないとズルズルと日々を過ごします。


決めたらそれに集中しましょう。
多くのことをしなくてもいいです。

やろうと思ったことだけをやればいいです。

多くをしなくてもいいけど、
やると決めたことは必ずする。

そういうつもりでお過ごしください。

では良き1月を。

「和音」2020.1.1



これは説明はいらないですね。

やることは優先順位の高いもの
2,3つに絞って集中的にそれをする。


ということですね。

それが終わったら次に取り掛かる。


何をピックアップするか?
今日にでも決めましょう。

でないと、あいまいなまま
過ごしてしまいそうです。

優先的にやることを決めたら、
紙に書いて貼っておくといいですね。

今月はそんな風に過ごしてみてください。



普段と違う自分を発見したい方、
心豊かになりたい方はどうぞ!
  ↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「クリエイティブ・アートクラス」

東京:1/12(日)12:30~16:30
京都:1/25(土)12:30~16:30

1月のアートクラスは、ある方法を用いて、
自分の2020年を、潜在意識の力を借りて描いていきます。

顕在意識と潜在意識が思っていることが
同じなのか、違うのかが見えてくるでしょう。

そして今年1年が望み通りになるよう、
問題点や解決のポイントを見ていきます。

できあがったものを見れば、
どんな1年になりそうなのか、
なんとなく見えてきます。

あなたはすでにそれを無意識に
思い描いていますから。

それを変えたければ、自分の中の
イメージを変えていきましょう。

右脳を使って、あなたが何を無意識に
思い描いているのか、見てみましょう!

参加費:初回体験1万円 
    2回目以降15000円(単発参加)
  
お申し込みはこちらから。

会場はお申込みいただいた方にご連絡いたします。


メルマガ登録はこちら! メルマガ登録

マインドの話などはこちらのブログに載せています。

jump-1209647_1280

あけましておめでとうございます。
悦月(えつき)です。

ついに2020年となりました。
今年もよろしくお願いいたします。


では、2020年のメッセージを。
 ↓ ↓ ↓ ↓

2020年は大きな節目となるでしょう。
ここ数年かけて起こっていた変革も大詰め。
橋を渡り終える頃となります。

まだ移行期ですが、その最終段階となります。

その後も変革は続きますが、今までの
古い時代の価値観から新しい価値観へ
大きくシフトする時期です。

形が崩れるもの、
どんどんと広がっていくもの、
育つものとあります。

今までは目を向けられなかったものが
注目されるようになったり、反対に、
主流であったものが廃れたりします。

大きく変革しているようで、
日々少しずつ変化している感じです。

そこに気づいて対応していれば、
その流れにうまく乗っていけるでしょう。


オリンピックもありますから、けっこう
お祭り騒ぎ的なところもあります。

また海外の人がたくさんやってくるため、
日本という国や、日本人として、、という
ところを見つめ直す時期もあるでしょう。

とくに有望な若い世代は、海外の人と
多く触れ合うと良いでしょう。

日本にいると、日本の良くないところが目立つようです。
違う文化圏の人に接することで、日本人の
良い面、悪い面の両方を知ることができます。


いつも同じメンバーでいると、
新しい考えが入ってきません。

今年は自分を大いにふるいにかけて、
いらなくなった観念はふるい落とし、
新しいアイデアを手に入れましょう。


人間の細胞はどんどんと入れ替わっています。
同じ人物でありながらも、肉体自体はすっかり入れ替わります。


それと同じように、いつまでも
「今までの自分」であってはいけません。

人間、成長が必要です。

そのためには新しい風を吹かすこと。
新しいことをしたり学んだり、人に出会ったり。

「自分を変える、変革する」ことに
重きをおいても良い年です。

そう思わなくても、変わらざるを得なくなる人もいるでしょう。

そういう時はおそれるのではなく、
変化の時期だと思って、腹をくくって進みましょう。


家の立ち退きを容赦なくされたら、
新しい地に移らなければなりません。

「今までの家がよかったのに」と日々
嘆いても物事は変化していきます。
新しい地に慣れる方がいいです。


順応性、柔軟性をもち、臨機応変になれるか?

これは大事な要素です。


変化の多い時には、いかに柔軟に
対応していけるかが生き残れる術です。

どこにも帰属しないぐらいの自由さがあると爽快です。


普通に生活している分、そんなに
変化を感じるわけではありません。
これは昨年と似たようなものです。

いろんなことが起こっても、その当事者
でない限り、突然、生活はかわりません。


しかし、社会全体の流れ、価値観、重要性は
変化しているので、その影響は受けてしまいます。

自分をちゃんと持ってない人は流されていきます。

今までうまくいってたのにうまくいかなくなる人は
やり方を変える必要があるでしょう。

どんどんとやる気の出てくる人は、
今の時流にあっているのでしょうから、
どんどん突き進んでください。


混沌とした1年になります。
宙に浮いた感がする人も少なくありません。

違和感があるのにそこを見ず、逃げている人は
あとでしっぺ返しがくるので気をつけましょう。


今年は自分を変革させるのに
果敢に進む人がうまくいきます。

従来のルールを捨てて、荒野に進める人。
そんな人は来年以降、その成果を見るでしょう。


今年は、浮き草的に浮遊していても、

そうすることが自分の本来のあり方と
つながるためのプロセスであれば
(つまりはただの怠惰でないということ)

目的もなく、ただ漂っていても、
最後に自分をつかめればいいです。


本当に自分が行きたい方向、あり方を
見つけるためにの一年として、
プラブラするには良いでしょう。

今年一年そうやって自分を解き放って、
その結果、何かをつかめば、来年以降、
それを形にしていく作業に本格的にとりかかってください。


できれば、従来のあり方、やり方をいったん放置して、
新しい自分を構築する一年とするとよいでしょう。

そのためには、今までと違うことを
していくことになります。


仕事ばかりの人は、仕事以外に精を出す。
遊んでばかりの人は仕事をがんばる。
引きこもり傾向の人は外に出る。
外側ばかり見ている人は、自分の内面を見つめる。

という風に、今までと逆のことをすると、
「こんな自分がいたのか!」という新しい発見ができます。

そのようにチャレンジしてください。

どちらにしろ、今年はチャレンジの年にするといいでしょう。


ここ数年自分が育ててきたこと、
培ってきたことをかたちにするために、
従来のやり方、価値観を捨てる。

その勇気を持ちましょう。

そうして自分を変革する年にしていきましょう。

「和音」2020.1.1



読んだ印象を簡単にまとめれば、

従来のあり方、やり方をいったん放置して、
新しい自分を構築する一年とする

というところですかね。


今の自分を壊して新しい自分を見出す。

だから変革。

そのためには、今までと違うことをする、
違うやり方を試みる。

まだ試行錯誤の段階なので、
うまくいくかどうかは重要ではありません。


もう向こう岸が近いとはいえ、
まだ橋を渡っている最中なので、
本格的に取り組むのは渡り切ってから
となります。


「本当の自分」

つまり、本来の自分のあるべき姿、
やるべきことを見いだせるかどうか?

がポイントのようです。

そこをつかんだ人は来年以降、それを
形にするために動いていくのでしょう。


「本来の自分がなすべきこと」は
後天的に学んだこと、身につけたことに
よって見えなくなっている可能性が高いです。


だから人によっては、浮き草的に
ぶらぶら浮遊することも必要となります。

普段の自分やルーティンから離れないと、
そのところは見えてきませんから。


「やらなきゃ」を排除していった先に
現れてくるもの。

そこにあなたが本当にすべきことが
隠されています。


多くの人が「わかってるよ」と言いながら、
結局、日々の忙しさに追われて
やらないままに一年どころか、
一生が過ぎてしまいます。


ここ数年、従来の自分やその生活から
脱することを念頭に取り組んできた人は
少なくありません。

昨年あたりから、やりたいことが
まだちゃんと形にはなってなくても、
見えてきたのではないでしょうか?

でも生活自体は変わらないまま。


今年変える必要があるか?というと、
そういうわけでもないですが、
(ここは人によりけりでしょう)


「本来の自分のあるべき姿、なすべきこと」
を今後めざすのであれば、

来年以降は具体的に動けるよう、今年は
それをしっかりとつかんでおきたいです。


気をつけたいところは、これは
エゴの願望によるものではないです。

考えて出てくるものでもないし、
普段欲している願望でない可能性も高いです。


だから人によっては、考えるのではなく、
日頃のルーティンから抜けて、
ぶらぶらする必要も出てきます。


今年はじっくり自分の本当の気持ちと
向き合ったがいい年なのでしょう。

いい年にしたいですね!





さて、1月のアートクラスは、
ある方法を用いて、自分の2020年を
潜在意識の力を借りて描いていきます。

出来上がったものを見ていくと、
顕在意識が思っていることと、
潜在意識が思っていることが
同じなのか違うのかが見えてくるでしょう。

そして来年1年が望み通りになるよう、
問題点や解決のポイントを見ていきます。

どんな1年になるのかがなんとなくわかるでしょう。
それはあなたがすでに思い描いているもの。

それを変えたければ、自分の中のイメージを変えていきます。

普段と違う自分を発見したい方、
心豊かになりたい方はどうぞ!
  ↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「クリエイティブ・アートクラス」

東京:1/12(日)12:30~16:30
京都:1/25(土)12:30~16:30

右脳を使って、あなたが何を無意識に
思い描いているのか、見てみましょう!

参加費:初回体験1万円 
    2回目以降15000円(単発参加)
  
お申し込みはこちらから
会場はお申込みいただいた方にご連絡いたします。


メルマガ登録はこちら! メルマガ登録

マインドの話などはこちらのブログに載せています。

ELLY95_hanatotegami_TP_V

毎年恒例になっている「自分に捧げる言葉」
メッセージの受付が始まりました。

「自分に捧げる言葉」メッセージは、
お申し込みされた方一人一人に
悦月が個別メッセージを書き下ろすものです。

名前を見ていると自動的に言葉が出てきます。
それを書き取ります。
出てくる言葉は、あなただけへの特別なメッセージです。

オラクルカードやタロットカードをひく気分で。
お正月ならおみくじの代わりに。

来年の、あなたへのメッセージは
どんなものになるでしょうか?

お名前を見ながら書き出しますので、
当然ながらメッセージは一人一人違います。


何も道しるべがないと、
どこに向かうのか、ぼんやりしがちです。

このメッセージはその指針になったり、
心の支えになったり、厳しく戒めたり。

迷いがある時、自信や確信が欲しい時などに
あなたのお役に立つでしょう。


何か指針が欲しい。
自分では決められないのでヒントが欲しい。
自分が進んでいる方向でいいのか気になる。
やりたいことはあるので、背中を押して欲しい。
この先どうなるか不安。
なんらかの指標が欲しい。

そんなあなたに。


自分の中でグルグルしていても一向に解決しませんし、
霧の中にいるようであれば、何か手がかりが欲しいですね。

誰かに背中を押してもらえると動きやすくなります。

自分一人で考えていても、その思考の外に答えがあります。
それを見つける手がかりにしてください。


励ましの言葉、癒しの言葉、叱咤の言葉、
謎解きのような言葉、心に染み入るような言葉など、
今のあなたに必要なメッセージとなるでしょう。

過去のメッセージの一部です。→ 
(スクロールするといろいろ載ってます)
こちらも参考に→ 


 ・メッセージを指針に過ごしたら楽になった
 ・いつも持ち歩いて、時々見返しては元気をもらってた
 ・へこんだ時に読んで涙がでた
 ・自分の思ったことと同じで背中を押された

など、喜びに声をいただいています。


今回のお正月に向けて書くメッセージは
「あなたへの2020年メッセージ」
ということで書き下ろします。


詳しくはこちらをご覧ください。
 →自分に捧げる言葉・あなたへのメッセージ

12/27までの受付です!


メルマガ登録はこちら! メルマガ登録

マインド系の記事はこちらのブログにて。


  

人気ブログランキング  ぜひポチッとクリックお願いします!

863f6394f4e34c3c2464e3d7d7b52ba5_s

12月は楽しい月となるでしょう。
師走はいつも忙しく慌ただしく過ぎ去ります。

今年もそこは変わりませんが、
いつもと比べ、ワクワク感が増します。

12月は、人や、やるべきことに
押し流されてしまいがちですが、
なんとなくもうそれはいいかな
と感じます。


自分の時間を大切にしたい、
人との付き合いも大事だけど、

人の顔色ばかりを伺っているのは
もういいかな...

そんな気がしてきます。

もっと自分の気持ちを優先させよう
と思います。


人との間で荒波が立つのは
ストレスですが、その心配より、
自分を大事にする方を選びたくなります。

いつもよりは葛藤が少なくなりそうです。

そうした結果、楽しい時を過ごす人が
増えるでしょう。


「自分のために選ぶ」という感じでしょうか。


人より自分の気持ち優先、
好き放題するとか、

他の人とぶつかり合ってまで
我を通すわけではなく、

「自分を大切にする」という意味での
自分優先です。


違和感も抵抗感もあまりなく、
それがしやすくなります。


自然にそうしているので、
まわりの人にも自然に見えます
から気にされません。


普段より、いい意味で
個人主義的になっている
と言えます。


何をするのも個人の自由なので、
他の顔色を伺う必要がない、

みんながそうなれば無秩序になるか、
というとそうでもなく、

相手も同じように感じていたり、
自然と他の輪に入っていたり、
離れていたり、摩擦はあまり起きません。


その一番の理由は、自分が気にしてないから。

自然な流れに乗ってそうするわけなので、
心が複雑ではありません。


「こんなことしたら悪いかな?
嫌われるかな?」とか、
罪悪感を感じるとかがなく、
裏がなく、スッキリしています。


相手も
「そうしたいからそうしたんだ」
と普通に受け取ります。



今月はそういう雰囲気があります。

つきあいで忘年会、飲み会に行く必要も
ないし、気にする必要もありません。

気にすると、ざわざわと心が揺れ始めます。


自分のやって楽しいこと、うれしいこと
をやっていくといいでしょう。


人と一緒でもいいし、一人でもいいです。


新たに何かを始めるというより、
遊び感覚で気軽にやればいいです。


今月は複雑に考えず、表面上をなぞるように
軽くやり過ごせばいいでしょう。


「気楽に、楽しく」が今月のキーワードです。


「和音」2019.12.1




気楽な感じのメッセージだったので、
「へえー、そうかー」と思いました。

きっと思っている以上にもっと
好きなことをして大丈夫なんでしょうね。

心配したり不安がっているのは自分であって、
今の流れはもっと自由にしても大丈夫なのでしょう。


昔、とある知り合いが、マンションで
猫を室内飼いをしていました。

一度も外に出たことがなく、たまたま
初めて外に連れ出したのに付き合った
ことがあります。


広い場所に猫を下ろしたら、
怖がって縮こまってじっとしてました。

窓から外は眺めていたでしょうが、
室内以上の広さを体験するのが初めてで、
理解不能で硬直してしまったのでしょう。


私たちもこういうところがあります。

自由にしていいのに、
今までの習慣を選びます。
そのほうが安心できるからです。


自分が思っているほどの障害も壁も
苦難もないのに、自分の心の中で
それを作り出して、出たくないと思います。


今月は自分が思っている以上に羽根を
伸ばしても何も問題はないのでしょう。


「羽根を伸ばす」は休むという意味ではなく、
文字通り普段の自分の抑圧から解放されて
のびのびと振る舞うことです。


遊び感覚ですね。


羽根を伸ばして普段の自分らしくない
振る舞いをする。


大人はこれがむずかしかったりします。

人目が気になったり、プライドが邪魔したり、
自分らしくないと思ってしまったり。

この「自分らしくない」は曲者です。

なぜならその自分は過去に基づいた
制限された自分ですから。


自分らしさから解き放たれる。

そういう時間が今月持てるといいですね。


忘年会で酔っ払って我を忘れる
とかではなくてね(笑)



今この一瞬一瞬にたくさん発見をして
楽しめるなら子供に戻れますね。

では素敵な12月をお過ごしください。

「和音」2019.12.1



次の日曜日8日に
東京で久しぶりにお茶会します。

12月8日(日)13:00〜15:00

料金3000円
(指定の飲物であれば飲物代込)

場所は茅場町です。

何回か前のメルマガに書いていた
イメージワークをしようかな〜と思いますが、
その時の流れで臨機応変に。

悦月に会ってみたい、おしゃべりしたい
質問&相談したい人はこの機会にぜひどうぞ〜!

お申し込みフォーム



普段と違う自分を発見したい方はどうぞ!
  ↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「クリエイティブ・アートクラス」

東京:12/14(土)12:30~16:30
京都:12/21(土)12:30~16:30
   
詳細はこちらから。

会場はお申込みいただいた方にご連絡いたします。


個人セッションはこちらをご覧ください。

beach-1867226_1280

11月は始まりの月です。
令和(漢字変換したら「0話」が出てきましたが、言い得て妙かも)になり、新しい天皇の御代となり、いよいよ本格的にその時代が始まります。

古きから新しきへ。
物事が大きく変わろうとする時には古きは壊され、新たなるものが作り出されていきます。
今はいろんなものが変わろうとする過渡期でもあり、今までの常識に固執していると痛い目にあいやすくなります。

これから大切になってくることは楽しむこと。

今までは結果を求めることが重要視されてきました。
いい学歴、会社、収入、社会的地位、名声など。

「楽しみを追求する」とはプロセスを楽しむことなので、結果はあまり関係なくなります。
釣りに行って魚をたくさん釣ることが目的ではなく、釣りをすること自体を楽しめばいいじゃないかということです。

その一瞬一瞬の楽しみをいかに深めていけるのか?

そういうことがこれからの幸福のあり方につながっていきます。

今までは結果を得てなんぼであり、その道中は苦しくてもしかたない、みたいな考え方が多かったです。「勝った先で幸福が待っている」という考え方。

これからは「道中をどう過ごすか?」がミソであり、結果はあくまで結果、道中がこうだったからこうなっちゃった的な感じです。

欲しい結果でなければ、また、再挑戦するか、方向転換すればいいだけの話。
ちょっと行き当たりばったり風にはなりますが、それを楽しめば、それでうまくいってしまうところが面白いです。

力の抜けた生き方に見えますが、力が抜けた分、本当に向かうべきところに向かえます。
「ねばならない」とか「こうなったら...」「これができたら、手に入ったら...」と思っているのなら、自分の本心ではなく、外側からの情報でそう思い込まされているのかもしれません。

まっさらな地にまずは何を置いていくのか?
そのためには何をするのか?

自分の人生設計図をいったんまっさらにして、気持ち新たに、しがらみ捨てて、自分の一番大切なものから配置していくと、どういう人生設計図ができてくるのか? 作ってみるといいですね。

気をつけることは、まっさらな気持ちで、一番大切だと思うことから配置していくということです。

「家族が大切だから稼がねば」と仕事を第一に追うのは、すでに理性的考察が入っていて、自分で操作しています。

そうではなくて、家族が大事なら、まず家族を一番におく。
家族が大事といっても、その中身は違ってきます。
大事なのは、健康であることか、安定か、やりたいことをやっていることなのか?

そういうところを整理しながら、理屈をはさまない心の設計図を作ってみると、今月の過ごし方が見えてくるでしょう。

では、楽しい11月を!

2019.11.1「和音」


人生設計図を新しく作り直す。

というか、この場合は実践可能かどうかはとりあえずおいておいて、自分の大切なものを重視した人生設計図を作ってみようということですね。

まっさらな状態とは、理屈抜きにして、自分にとって大切なものから人生設計をしようという試みです。常識的現実的な見解をいれてしまうとまっさらでなくなってしまいます。

理性的に考えてしまうと、今の自分で可能な範囲内での人生設計になります。
手の届く範囲内ですね。これをするにはあれとあれをして、こうすればうまくいく、という風に筋道が見える範囲内です。
あるいは、世間一般のマニュアルに沿うかたちで、何も考えずに、周りの人たちに合わせてしまうか。

今はそういう無難な設計図を作りましょうというのではないし、理想の設計図でもなく、大切なものから構成される設計図ということになります。

自分にとって大切なものから、自分の人生を構成していくとどういうものになるのか、書いてみましょう、ということですね。

それを書いたあとで、それに沿うのか、変更するのか、考えましょう。
できれば、書いた設計図に沿った生き方をするにはどういう工夫をすればいいか?と考えていってほしいですね。

今の自分にできると思える範囲は、実際の能力よりはるかに狭いです。
今の自分の考え方に沿っていくより、新しく書いた設計図を実現させるためにはなにをどうすればいいか?と考える方が新しい視点を得やすくなります。

新しい視点、気づきを得ないことには、あなたは今までと同じように過ごします。
そのために書く人生設計図だと思ってください。

では素敵な11月となりますように。


メルマガ登録はこちら! メルマガ登録

現在、マインドの話などはもう一つのブログに載せています。

  

人気ブログランキング  ぜひポチッとクリックお願いします!

9bcb496441b6587005f76dfb0d0cb95a_m

10月は穏やかな月です。
大いなる恩恵がやってきます。

この夏から9月にかけて、
いろいろあって疲れてきた人、

ストレスや多忙により、体力減退、
体調不調を感じている人は
今月はゆっくりしましょう。

新しく何かをなそうと思ったり、
大きく動こうと思うと、ムダに
労力を使ってしまいそうな月です。

ここ数ヶ月の疲れを癒すための
休憩の月とするといいでしょう。

仕事よりもレジャーに精を出す方が
うまく過ごせそうです。


仕事に頑張るのもいですが、
集中力に欠けます。

ガッツリと力が入る月ではないので、
集中するなら趣味や好きなことに
集中する方が良いです。


「やらねばならない」と思うことに
対してはできるだけ時間を割かない方が良いです。

やらなければならないと思うことの
大半は本当はやらなくてもいいことです。

人に任せたり、やる必要のないことだったり、
惰性になっていたり。

義務感や何もしない罪悪感から
「何かをしなければ」と思い、
つい忙しくしてしまいます。

今月は忙しくしているより、おっとり
しているぐらいがちょうど良いです。

秋の虫の音を聞きながら、静かに
物思いに耽るのも良いでしょう。


私たちは普段あまりにも忙しく動いています。

行動もそうですし、頭の中もそうです。

今は情報もあふれていますから、
情報蒐集に追われる毎日です。


しかしあなたが本当に必要として
いることは、外の世界の情報の
中にはありません。

答えはそこではないのです。

答えはいつもあなたの中。


多くの人が自分が求めるものが
わからないので、外の情報を得ようとします。

しかし、本来は、内側で本当に
欲しているものを知るのが先です。

何が欲しいかがわかっているから
外に求めることができます。


「自分は何歳で死ぬのだろうか?」
と精密検査や運命判断や占いなどを受けて
「何歳です」と言われたとして、
それはあくまで可能性です。

明日交通事故で亡くなるかもしれません。


そんなことを気にするより、今日を
いかに充実させるのか?どう生きるのか?

自分の生き方を模索しましょう。

自分に忠実に誠実に今を生きることが
できれば、悔いは残りません。

そのためには「自分とは何か?誰か?」
を自分自身で知っていくことが大切です。


もしあなたが本当に自分らしい人生
を歩みたいと思うなら、

今月は「やらねばならない」ことは
横に置いて、子供のように、
心が純粋に喜ぶことをしましょう。

それはジェットコースターに乗るとか、
ソフトクリームを食べるとか、
釣りに行くとか、ひたすらゴロゴロ
ぐーたらすることかもしれません。

それをすることで、あなたは
魂の奥底に眠る活力を取り戻します。

ゾンビのように生きている毎日から
離れて血の通ったヒトに戻りましょう。

常識や体裁、見栄を手放して、
素の自分をエンジョイしましょう。

自分を知る人がいない地に
旅するのも良いです。

できるだけ飾ることのない、
取り繕わない自分になれるところにいましょう。


今月をそのように過ごすと、
あなたは自分の本当の欲求、願いに
気づき始めます。

今月は、

今まで通りの生き方を続けるのか、
もっと自分にあった生き方に変えていくのか

の意思表示を天に示す時です。

それにより11月以降の流れが
変わってきそうです。


またひとつ、分かれ道ができ、

今まで通りに進む人、
新たに人生を切り開いていく人

との道が分かれていきそうです。

自分がどちら側の人間なのかは
もうわかっているでしょう。


自分に嘘をつくことなく、
お進みください。

自分の本当の気持ちに従っていけば
宇宙はちゃんと応援してくれます。


自分と宇宙を信じること。

恐れはいりません。


自分という存在を十分に生かすこと
を考えるなら、宇宙はあなたに
必要なものをもたらしてくれます。

なぜなら、脳という宇宙は
あなたのためにあるのですから。

では、楽しい10月を!

「和音」2019.10.1



「ねばならない」と思っていることは
エゴの恐れから始まっています。


仕事をしないとお金がもらえない。
掃除をしないと汚れる。
しっかり寝ないと明日に差し支える。
お金を貯めないと老後が怖い。

などなど。

一方、

絵を描くのが楽しい。
会社で仕事をするのが面白い。
本が面白すぎて夜更かししてしまった。


こういう時は「ねばならない」には
なりません。

やりたいからやっているのですから、
「ねばならない」ことだったとしても、
「やりたいからやる」に変わります。


のんびりした時間を過ごす時に、
「やらない罪悪感」でいっぱいに
なっていたら意味ありません。

心は「やらねば」とますます思います。

行動を変えるとともに、心の
「やらねばならない」も捨てましょう。

なにもしない自分を享受しましょう。

今月はそんな月なんだと
自分を納得させましょう。


「ねばならない」と思っていることを
やめてみると、やらなくても問題ない
ことに気づきます。

忙しい頭を静かに穏やかにさせて
リラックスして過ごせたら、

その後の流れに影響するような
新しいひらめきが得られるのでは
ないでしょうか?

ずっと何かを考えている状態だと
ひらめきは起こりません。

リラックスした時に
ひらめきは起こります。

こちらもその助けになります。
  ↓ ↓ ↓ ↓

「クリエイティブ・アートクラス」

東京:10/13(日)12:30~16:30
京都:10/26(土)12:30~16:30

単発参加、研究生(継続)参加、
どちらも受け付けてます。

詳細はこちらから。


メルマガ登録はこちら! メルマガ登録

現在、マインドの話などはもう一つのブログに載せています。

  

人気ブログランキング  ぜひポチッとクリックお願いします!

car-communication-3100980_1280

先日東京での「オートマティック・ライティング講座」(略:オーライ講座)が終了しました。

オートマティック・ライティングは自動書記のことです。
自分で考えながら文章を書くのではなく、手が勝手に動いて、つらつらと文章を書き出していきます。

今回で講座は3度目となりますが、やはり誰でもできることなんですね。
ただこういうことに参加する人たちはこういうことに興味がある人たちです。
理屈優先でなく感覚優先の人が多いですから受け入れやすいのでしょう。

先日のアートクラスでも普通に共感覚を使っていることに気づきました。
多くの人がこの感覚を普通に使っているんだろうなと思う反面、そういうことにまったく馴染みのない人は、例えば、「レモンを食べた時の酸っぱさを絵に描いてみましょう」と言われても、酸っぱさと絵がまったくリンクせず、理解不能だったりするんだろうなと思いました。

アインシュタインの有名な

E = mc2

を見ても私にはちんぷんかんぷんで、ただの文字の羅列に見えます。
でもわかる人が見ると、この数式が表すものを見て「すごい」「美しい」と唸ります。
文字に違うものを見ているのですから、これも共感覚ですね。

学者さんにとってみれば、当たり前に理解できることも、知らない人にとってはただの文字の羅列です。

見えるものや証明されたものしか信じない人でも、理論的に理解すれば、この数式の意味するところがわかります。でもそれは目に見えてる「E = mc2」にあるわけではなく、そこから広がる情報を知ることによって理解できます。

味や匂い、音に、色や触感を感じることも、そこにある見えない情報を受け取っています。
味は味覚、音は聴覚でしか表現できないと教わってしまえば、その他で感じることを遮断してしまいます。

そんな風に私たちはいろんな情報を遮断し、受け取りたいものだけ受け取っています。

この「受け取りたい」は、あなたが受け取りたいと思っているものとは限りません。
ほとんど習慣化されていますから、それに沿って受け取っています。

オーライ講座に出て、すぐに情報を受け取れるのは、もともと私たちにはその回路が備わっているからです。ただ使用停止になっていたので、自分にもできることを忘れていたわけです。


講座をやっていて思うのは、私たちは本来、もっと自由な存在だということ。
なのに、かなり制限してしまっています。

「エゴの自分」という檻にいながら、その中で成功したい、幸せになりたいと切磋琢磨しています。そこにいる限りはいくら頑張ってもラットレースで上位入賞するようなものです。
物理的成功が欲しい人はともかく、精神的向上を求めている人はその点をわきまえておきましょう。


自分が目指しているのはどこか?

物資的成功や幸せなのか?
精神的なそれか?

両方を得るのももちろんありです。

物質的に豊かになると、自然と精神的なものを求める傾向にあります。
今の時代がその流れに中にあります。


マズローの欲求五段階説でいえば、生存欲求、安全欲求、社会的欲求、承認欲求が満たされると、次は自己実現欲求です。

生存欲求は、食べる、寝るなど生きていくうえで欠かせない欲求。
安全欲求は身の安全、安全。
社会的欲求は、どこかの集団、グループに属したい欲求。
承認欲求は、まわりに認められたい欲求です。

それらがだいたい得られてくると、自己実現欲求になります。
自己実現欲求は、自分の才能や可能性を発揮して願いを叶えたい欲求です。

承認欲求が十分に満たされると、自己実現欲求は、今の自分を超えていきたい、成長したいと思います。承認欲求の満足度が中途半端だと、自己実現欲求にも人に認められることを求めてしまいます。そうなると本当の自己実現にはなりません。

今の自分を超えていくことで本当の自己実現に近づけます。
そのためには今の自分のままではいられません。
自己実現という言葉はちょっと違和感がありますけど。

エゴのタガがゆるむと、無意識の力が働き出します。
思いもよらぬ力が出せたり、インスピレーションが出やすくなります。

オーライ講座は、エゴのしがみつきをゆるめ、もっと自由に自己表現できるようになる大切な一歩となるでしょう。

「自分の中に素晴らしいメンターがいる」と知ることができると、今まで必死に自分で頑張ろうとしていたなぁということに気づきます。

この講座は、

エゴ意識からもっと解放されたい人、
自由に自己表現したい人、
”うしろの存在”とつながりたい人
仕事でもっと深い”読み”をしたい人

などに適しています。

今回は京都での開催です。
日程は、9/29、10/6、10/27 。
参加に興味のある人はこちらをクリックしてご覧ください!


メルマガ登録はこちら! メルマガ登録

現在、マインドの話などはもう一つのブログに載せています。

  

人気ブログランキング  ぜひポチッとクリックお願いします!

↑このページのトップヘ