いのちおり - 本来の自分に還るために

人生をよりクリエイティブに生きたいあなたに贈る
   悦月(えつき)のブログ(旧ブログタイトル:たまむすひ)
                                    

9bcb496441b6587005f76dfb0d0cb95a_m

10月は穏やかな月です。
大いなる恩恵がやってきます。

この夏から9月にかけて、
いろいろあって疲れてきた人、

ストレスや多忙により、体力減退、
体調不調を感じている人は
今月はゆっくりしましょう。

新しく何かをなそうと思ったり、
大きく動こうと思うと、ムダに
労力を使ってしまいそうな月です。

ここ数ヶ月の疲れを癒すための
休憩の月とするといいでしょう。

仕事よりもレジャーに精を出す方が
うまく過ごせそうです。


仕事に頑張るのもいですが、
集中力に欠けます。

ガッツリと力が入る月ではないので、
集中するなら趣味や好きなことに
集中する方が良いです。


「やらねばならない」と思うことに
対してはできるだけ時間を割かない方が良いです。

やらなければならないと思うことの
大半は本当はやらなくてもいいことです。

人に任せたり、やる必要のないことだったり、
惰性になっていたり。

義務感や何もしない罪悪感から
「何かをしなければ」と思い、
つい忙しくしてしまいます。

今月は忙しくしているより、おっとり
しているぐらいがちょうど良いです。

秋の虫の音を聞きながら、静かに
物思いに耽るのも良いでしょう。


私たちは普段あまりにも忙しく動いています。

行動もそうですし、頭の中もそうです。

今は情報もあふれていますから、
情報蒐集に追われる毎日です。


しかしあなたが本当に必要として
いることは、外の世界の情報の
中にはありません。

答えはそこではないのです。

答えはいつもあなたの中。


多くの人が自分が求めるものが
わからないので、外の情報を得ようとします。

しかし、本来は、内側で本当に
欲しているものを知るのが先です。

何が欲しいかがわかっているから
外に求めることができます。


「自分は何歳で死ぬのだろうか?」
と精密検査や運命判断や占いなどを受けて
「何歳です」と言われたとして、
それはあくまで可能性です。

明日交通事故で亡くなるかもしれません。


そんなことを気にするより、今日を
いかに充実させるのか?どう生きるのか?

自分の生き方を模索しましょう。

自分に忠実に誠実に今を生きることが
できれば、悔いは残りません。

そのためには「自分とは何か?誰か?」
を自分自身で知っていくことが大切です。


もしあなたが本当に自分らしい人生
を歩みたいと思うなら、

今月は「やらねばならない」ことは
横に置いて、子供のように、
心が純粋に喜ぶことをしましょう。

それはジェットコースターに乗るとか、
ソフトクリームを食べるとか、
釣りに行くとか、ひたすらゴロゴロ
ぐーたらすることかもしれません。

それをすることで、あなたは
魂の奥底に眠る活力を取り戻します。

ゾンビのように生きている毎日から
離れて血の通ったヒトに戻りましょう。

常識や体裁、見栄を手放して、
素の自分をエンジョイしましょう。

自分を知る人がいない地に
旅するのも良いです。

できるだけ飾ることのない、
取り繕わない自分になれるところにいましょう。


今月をそのように過ごすと、
あなたは自分の本当の欲求、願いに
気づき始めます。

今月は、

今まで通りの生き方を続けるのか、
もっと自分にあった生き方に変えていくのか

の意思表示を天に示す時です。

それにより11月以降の流れが
変わってきそうです。


またひとつ、分かれ道ができ、

今まで通りに進む人、
新たに人生を切り開いていく人

との道が分かれていきそうです。

自分がどちら側の人間なのかは
もうわかっているでしょう。


自分に嘘をつくことなく、
お進みください。

自分の本当の気持ちに従っていけば
宇宙はちゃんと応援してくれます。


自分と宇宙を信じること。

恐れはいりません。


自分という存在を十分に生かすこと
を考えるなら、宇宙はあなたに
必要なものをもたらしてくれます。

なぜなら、脳という宇宙は
あなたのためにあるのですから。

では、楽しい10月を!

「和音」2019.10.1



「ねばならない」と思っていることは
エゴの恐れから始まっています。


仕事をしないとお金がもらえない。
掃除をしないと汚れる。
しっかり寝ないと明日に差し支える。
お金を貯めないと老後が怖い。

などなど。

一方、

絵を描くのが楽しい。
会社で仕事をするのが面白い。
本が面白すぎて夜更かししてしまった。


こういう時は「ねばならない」には
なりません。

やりたいからやっているのですから、
「ねばならない」ことだったとしても、
「やりたいからやる」に変わります。


のんびりした時間を過ごす時に、
「やらない罪悪感」でいっぱいに
なっていたら意味ありません。

心は「やらねば」とますます思います。

行動を変えるとともに、心の
「やらねばならない」も捨てましょう。

なにもしない自分を享受しましょう。

今月はそんな月なんだと
自分を納得させましょう。


「ねばならない」と思っていることを
やめてみると、やらなくても問題ない
ことに気づきます。

忙しい頭を静かに穏やかにさせて
リラックスして過ごせたら、

その後の流れに影響するような
新しいひらめきが得られるのでは
ないでしょうか?

ずっと何かを考えている状態だと
ひらめきは起こりません。

リラックスした時に
ひらめきは起こります。

こちらもその助けになります。
  ↓ ↓ ↓ ↓

「クリエイティブ・アートクラス」

東京:10/13(日)12:30~16:30
京都:10/26(土)12:30~16:30

単発参加、研究生(継続)参加、
どちらも受け付けてます。

詳細はこちらから。


メルマガ登録はこちら! メルマガ登録

現在、マインドの話などはもう一つのブログに載せています。

  

人気ブログランキング  ぜひポチッとクリックお願いします!

car-communication-3100980_1280

先日東京での「オートマティック・ライティング講座」(略:オーライ講座)が終了しました。

オートマティック・ライティングは自動書記のことです。
自分で考えながら文章を書くのではなく、手が勝手に動いて、つらつらと文章を書き出していきます。

今回で講座は3度目となりますが、やはり誰でもできることなんですね。
ただこういうことに参加する人たちはこういうことに興味がある人たちです。
理屈優先でなく感覚優先の人が多いですから受け入れやすいのでしょう。

先日のアートクラスでも普通に共感覚を使っていることに気づきました。
多くの人がこの感覚を普通に使っているんだろうなと思う反面、そういうことにまったく馴染みのない人は、例えば、「レモンを食べた時の酸っぱさを絵に描いてみましょう」と言われても、酸っぱさと絵がまったくリンクせず、理解不能だったりするんだろうなと思いました。

アインシュタインの有名な

E = mc2

を見ても私にはちんぷんかんぷんで、ただの文字の羅列に見えます。
でもわかる人が見ると、この数式が表すものを見て「すごい」「美しい」と唸ります。
文字に違うものを見ているのですから、これも共感覚ですね。

学者さんにとってみれば、当たり前に理解できることも、知らない人にとってはただの文字の羅列です。

見えるものや証明されたものしか信じない人でも、理論的に理解すれば、この数式の意味するところがわかります。でもそれは目に見えてる「E = mc2」にあるわけではなく、そこから広がる情報を知ることによって理解できます。

味や匂い、音に、色や触感を感じることも、そこにある見えない情報を受け取っています。
味は味覚、音は聴覚でしか表現できないと教わってしまえば、その他で感じることを遮断してしまいます。

そんな風に私たちはいろんな情報を遮断し、受け取りたいものだけ受け取っています。

この「受け取りたい」は、あなたが受け取りたいと思っているものとは限りません。
ほとんど習慣化されていますから、それに沿って受け取っています。

オーライ講座に出て、すぐに情報を受け取れるのは、もともと私たちにはその回路が備わっているからです。ただ使用停止になっていたので、自分にもできることを忘れていたわけです。


講座をやっていて思うのは、私たちは本来、もっと自由な存在だということ。
なのに、かなり制限してしまっています。

「エゴの自分」という檻にいながら、その中で成功したい、幸せになりたいと切磋琢磨しています。そこにいる限りはいくら頑張ってもラットレースで上位入賞するようなものです。
物理的成功が欲しい人はともかく、精神的向上を求めている人はその点をわきまえておきましょう。


自分が目指しているのはどこか?

物資的成功や幸せなのか?
精神的なそれか?

両方を得るのももちろんありです。

物質的に豊かになると、自然と精神的なものを求める傾向にあります。
今の時代がその流れに中にあります。


マズローの欲求五段階説でいえば、生存欲求、安全欲求、社会的欲求、承認欲求が満たされると、次は自己実現欲求です。

生存欲求は、食べる、寝るなど生きていくうえで欠かせない欲求。
安全欲求は身の安全、安全。
社会的欲求は、どこかの集団、グループに属したい欲求。
承認欲求は、まわりに認められたい欲求です。

それらがだいたい得られてくると、自己実現欲求になります。
自己実現欲求は、自分の才能や可能性を発揮して願いを叶えたい欲求です。

承認欲求が十分に満たされると、自己実現欲求は、今の自分を超えていきたい、成長したいと思います。承認欲求の満足度が中途半端だと、自己実現欲求にも人に認められることを求めてしまいます。そうなると本当の自己実現にはなりません。

今の自分を超えていくことで本当の自己実現に近づけます。
そのためには今の自分のままではいられません。
自己実現という言葉はちょっと違和感がありますけど。

エゴのタガがゆるむと、無意識の力が働き出します。
思いもよらぬ力が出せたり、インスピレーションが出やすくなります。

オーライ講座は、エゴのしがみつきをゆるめ、もっと自由に自己表現できるようになる大切な一歩となるでしょう。

「自分の中に素晴らしいメンターがいる」と知ることができると、今まで必死に自分で頑張ろうとしていたなぁということに気づきます。

この講座は、

エゴ意識からもっと解放されたい人、
自由に自己表現したい人、
”うしろの存在”とつながりたい人
仕事でもっと深い”読み”をしたい人

などに適しています。

今回は京都での開催です。
日程は、9/29、10/6、10/27 。
参加に興味のある人はこちらをクリックしてご覧ください!


メルマガ登録はこちら! メルマガ登録

現在、マインドの話などはもう一つのブログに載せています。

  

人気ブログランキング  ぜひポチッとクリックお願いします!

nature-3106213_1920

ゆったりとした時を過ごしましょう。

自分の時間を持ち、穏やかにゆるやかに、
時の流れが止まるような、そんな時間を持ちましょう。

世間の忙しい時間の流れのなかにいると、
自分がどうあればいいのか、戸惑うこともあるでしょう。

必ずしも多数が正しいということはありません。
まわりの人と違う考えを持っていたとしても
気にしないようにしましょう。

まわりに合わせようとすると、だんだんと味がなくなってくるような、
色あせてくるような、いのちが薄れていくような、
そんな気持ちになるかもしれません。

そんな時には自分の内に響く感覚を大切にしてください。
まわりに合わせるよりも、自分の感覚に素直に従ってください。

あなた自身の奥底から湧き出る思いを大切にしてください。

自分が自分であることに確信を持ちましょう。
あなたはあなた以外の何者でもありません。

あなたがあなたであろうとする以上に、あなたはあなたです。

何者かになろうとか、自分探しをするまでもなく、
そのままであれば、一番自分を生きることができます。

何も考えず、心赴くままに過ごすが一番です。

自分とともにある時間を増やしてください。

  (M.F様へのメッセージ 170518)

=========


自分とともにある時間。。。

あなたは1日にどのぐらい、
自分とともにある時間を過ごしていますか?

「多分、このくらいかな〜?」と思うだけでなく、
実際に時間を書いて割り出してみてください。

思ったより多いならいいし、
思ったよりも少ないのなら、もっと
自分とともにある時間を増やしましょう。


「自分とともにある」ってどういうことでしょうか?

それは、人のためや仕事のため、自分の見栄や体裁のためではなく、
取り繕わない自分がちゃんと自分と向き合っている。

自分の気持ちに正直になっている。
自分の現状を受け入れている。

エゴの自分、頭のおしゃべりが静まり、
そのうしろに控えているもう一人の自分とともにある状態。

その状態があってこそ、本当に自分がやりたいことや、
ありたい姿が見えてきます。

頭で考えてると、世間の常識や考え方に流されたり、
エゴに引きずられやすくなります。


大切なのは、上記メッセージから読み取ると、

・静かな落ち着いた時間を持つ。

・人と違っても良しとする。

・まわりに合わせない。

・自分の感覚を吟味する。

・「自分とは何か?」を考える。

・何かをしようとせず、

 動きたくなったら動く。

また先ほど書いた「自分の現状を受け入れている」ですが、
これができてない人が、人生は思い通りにいかないと苦労しているようです。

今の自分や自分の状態が受け入れられないから
どうにかしようとがんばります。

今のうまくいかない自分を認めて受け入れることができないと
正しい現状把握ができません。

今の状態は自分が作り出したもので、
その自分が変わらなければ今の状態が続いていく

と現状認識ができれば、自分の何かがそうさせていることに気づきます。

自分の何を変えれば、現実が変わっていくのか?

やっとそちらに目を向けることができます。
現状を見直すことができれば、違うアプローチができます。

つまり、現状把握をして、今の自分がどうなのかを知ることは、
現状の自分(の状態)から外に出て客観的に見る視点が得られる

ということです。

自分の問題の外側(一段上)から
その問題を見ることができるようになります。

だから何が悪くて何をどう変えればいいのかが見えやすくなります。

現状を認めない間は、しっかりと現状把握できません。
自分に偏った視点になっています。

自分のダメさを認めて、受け入れることができたら、
それを改善するか、それは放置して違うところに力を入れるか、
客観的に見直すことができます。

*******

自分で客観的に見れない人は、
 ↓ ↓ ↓ ↓
悦月があなたの名前を見ながらメッセージをダウンロードします。
詳細はを下記をクリック!↓
「自分に捧げる言葉」メッセージ

本日9/9まで。
次回募集は12月となります。

*******

今、アートクラス研究生の方々と「毎日一つのことに意識を向ける」
というお題に取り組んでいます。

意識を向けるのと向けないのとでは、当然ですが、気づきが違います。

本当に日常はワンダーランドです。
意識をどう使うかって大事だなーと改めて思いました。

次回のクリエイティブ・アートクラスは、

京都:9/28(土)12:30~16:30
東京:10/13(日)12:30~16:30(予定)

京都は残1名です。

単発参加、研究生(継続)参加、どちらも受け付けてます。

アートクラスの詳細

会場はお申込みいただいた方にご連絡いたします。


*******

「自分に捧げる言葉」にしろ、
「毎月のメッセージ」やネームリーディングにしろ、
どうやってやっているの?と気になる方も少なくないようです。

自動書記というと怪しそうですが、
私がするレベルぐらいなら誰にでもすぐにできます。

自分の中にこんないろんなアドバイザーがいたのか?と気が楽になります。
自分が思うのと違うアドバイスが自分の中から自然に出てくきます。

かたくななエゴがゆるんでくると、
インスピレーションが起こりやすくなります。

自動書記ができる。
自分の中のアドバイザーが見つかる。
エゴの執着がゆるむ。
インスピレーションが起こりやすくなる。

このような利点があります。

次回の「オートマティックライティング講座」は京都の予定です。
日程は、9/29、10/6、10/27 。

近々募集を始めます。

ELLY95_hanatotegami_TP_V

夏の「自分に捧げる言葉」の受付中です。

「自分に捧げる言葉」メッセージは、お申し込みされた方一人一人に
悦月が個別メッセージを書き下ろすものです。

あなたの名前を見ながら、降りてくる言葉をそのまま書き出します。
出てくる言葉は、あなただけへの特別なメッセージです。


何か指針が欲しい時、背中を押して欲しい時、
迷いがある時、自信や確信が欲しい時などに、
占いに行ったり、セッションを受けたくなりませんか?

自分では決められないのでヒントが欲しい。
自分が進んでいる方向でいいのか気になる。
やりたいことはあるので、背中を押して欲しい。
この先どうなるか不安。
なんらかの指標が欲しい。

自分の中でグルグルしていても一向に解決しません。
そんな時は、良いアドバイスやOKサインが欲しくなりますね。

このメッセージは、その指針になったり、心の支えになったり、
厳しく戒めたりとあなたを影から支えます。

どのようなメッセージが出てくるかは書き出すまでわかりません。

励ましの言葉、癒しの言葉、叱咤の言葉、
謎解きのような言葉、心に染み入るような言葉など、
今のあなたに必要なメッセージとなるでしょう。

過去のメッセージの一部です。→ 
こちらも→ 


 ・メッセージを指針に過ごしたら楽になった
 ・いつも持ち歩いて、時々見返しては元気をもらってた
 ・へこんだ時に読んで涙がでた
 ・自分の思ったことと同じで背中を押された

など、喜びに声をいただいています。

詳しくはこちらをご覧ください。
 →自分に捧げる言葉・あなたへのメッセージ

9/9までの受付です!


メルマガ登録はこちら! メルマガ登録

マインド系の記事はこちらのブログにて。


  

人気ブログランキング  ぜひポチッとクリックお願いします!

今、自動書記の講座(「オートマティックライティング講座」)を開催中なせいもあり、
9月のメッセージはいつもと少しモードを変えて書き出しました。
そのせいか普段とは違う始まり方をしたなーと感じています。

推測するに、この「龍」を文字通り、龍ととらえるよりは、
「太古の力」「原初的な力」と置き換えるとわかりやすくなるかと思います。

私たちや地球の中に深くに眠る原初的な力の目覚め、、、

今年の春分以降のエネルギーの変化と人間の意識の進化のせいか、
自然界との対話がもっとできるようになっていくだろうと7月に載せました。
異界と繋がりやすいエネルギー状態

それがまた一段と進むということなのでしょう。

人知を超えた太古のエネルギーを操ろうなんてとんでもないことです。
そうではなく、それに乗っていくこと。
それを「操る」と呼ぶのかもしれませんが。

「使わせていただく」とか、「それに便乗させていただく」
という言い方のほうがしっくりきます。

自分の中にもある力なので、それを自分でこなしていくことを考えれば、
「コントロールする」「操る」でもいいですが、
言葉のニュアンス的に自分が主体になる感じがするので、それは違和感あります。

イメージ的には、大きな竜に乗って、
大空を自由自在に飛んでいく

、、、になる前前々々...段階ぐらいの
兆しが見え始めるというところでしょうか?


ではどうやって龍の背に乗るのか?

そこで個人差が出てきます。


自分の中に眠る大きな力が目覚め始めたら、
それにどう対処していくのか?

というところが、今月のポイント(課題)のようです。


これは自分の中だけの話ではなく、全体の流れでもあります。
地球の様子にも注意が必要なのかもしれません。

それもあなたのフォーカスでかなり変わってくるでしょうから、
自分の内面を整えていくことをお勧めします。

飛躍できる月となるといいですね!

では素敵な9月をお過ごしください。


「自分に捧げる言葉」メッセージ受付中! (9/9まで)

悦月があなたの名前を見て、個別にメッセージを降ろします。
さて、どんなメッセージが出てくるか?
きっと今のあなたに必要なメッセージとなるでしょう。


メルマガ登録はこちら! メルマガ登録

現在、マインドの話などはもう一つのブログに載せています。

  

人気ブログランキング  ぜひポチッとクリックお願いします!

owl-2650635_1280

地の底から巨大な龍が現れつつあります。
まだ姿形は見えませんが、敏感な人はその気配を感じ取るでしょう。

地の底とは、人間がたどり着くことのできない深遠な世界。
だからこそ「龍」という名のモノがいるのです。

「龍使い」という言葉があるようですが、
本当は人間が扱えるようなものではありません。

手出しをせぬ方が良い。

浅いレベルの龍であれば、扱うことも可能です。

大事なのは自己コントロール。
自分で自分を制御、解放できる力。

龍の力は大きいので、未熟な者は自我を保てず、自我崩壊してしまうか、
その膨大なエネルギーに操られてしまう。

自我を制限しすぎると、本当の力が発揮できない。
そのバランスがとても大事。

だから少しずつ慣れていくといい。

既知から未知へ。
フォーカスをずらしていくこと。

そうするうちに、常に道を見るようになるだろう。


・・・とまあ、よくわからないことを書いてきたけど、
今月は”奥”から膨大なエネルギーが押し上げられてくる可能性があります。

そのエネルギーがどう作用するかは個々人に任せられています。
その人が自分自身や人生にどう向き合ってきたかがそのまま反映されるでしょう。

その波に乗って行きたい人は、その機を
逃すことのないように今すぐ準備を始めましょう。

サーフィンで大波に乗っていくつもりで、
心の準備をしておきましょう。

心が弱っている人はその波にやられないように気をつけましょう。

どちらにしろ、自分の中にあるエネルギーです。

外から来るエネルギーの影響を受けてそうなるのですが、
(月の引力の影響を受けて満潮干潮がああるように)

自分に内在しているエネルギーの表出なので
爆発させるもよし、それに乗っていくもよし。

それを嫌がったり、怖がったりするより、
その流れに乗っていくほうが良いです。

思わぬ恩恵を受けるでしょう。


最初の話に戻りますが、
「龍」はこちらの支配化に収まるものではありません。

自我とは別に存在するエネルギーです。
コントロールできるものは自我内のそれです。

今回の膨大なエネルギーの表れはどうしようもない。

地球の脱皮です。
と言っても表層でのそれではなく、
まだ潜象界の深層での話です。

表にはじわじわと現れてきます。

インパクトありますが、気のせいかなとも
思えるような不思議な代物です。

夢で何かメッセージが来たり、
思わぬサインが現れたりするので
気をつけて見ておきましょう。

あなたは本来、自由自在な存在ですから、
何事にもとらわれず、「なせばなる」
と思ってお過ごしください。

「和音」2019.9.2


明日、追記を載せます。

今日一日、どういうことなんだろうなー?
と考えてみてください。


「自分に捧げる言葉」メッセージ受付中!

悦月があなたの名前を見て、個別にメッセージを降ろします。
さて、どんなメッセージが出てくるか?
きっと今のあなたに必要なメッセージとなるでしょう。


メルマガ登録はこちら! メルマガ登録

現在、マインドの話などはもう一つのブログに載せています。

  

人気ブログランキング  ぜひポチッとクリックお願いします!

paper-3204064_1280

「自分に捧げる言葉」メッセージ受付始まりました!

  

白い画用紙を手渡され、
「好きなように描いていいよ」
と言われたら、

あなたは何を描きますか?

すでに何らかの線や形が書かれていれば、
そこから発想して続けて
何かを描いていけるでしょう。

けれども真っ白な紙を目の前にすると、

真っ白な状態を汚したくない
という思いと、

何を描いていいのかわからない
という思いが生じます。


汚したくないという思いの裏には
失敗したくないという思いがあり、

何を描いていいかわからないのは
きっかけや頼れるものを必要としているからです。


自分を解体していくと、
自分由来のものは何一つない。


そんなショッキングなことにも
気づきましょうが、

そうなって初めて
自分の本当の心に触れることができ、
肩の力が抜けていきます。

(M.Aさんへのメッセージ 161226)

~~~~~~~~~~~~~~


とくに日本人は真っ白な紙を渡されると、
どうしたらいいか困る人が多いですね。

マニュアルに慣れているってことです。
自由な自己表現に慣れてません。


「好きにしていいよ」
「自由にしたらいいよ」

と言われても戸惑います。

そして、まわりを眺めて人がやっていることに従います。

日本人に限らず、ですが、
多くの人がAと言えば、本当はBだと思っていてもAだと言ってしまう、
という人に合わせる傾向が人間にあることは研究で出ています。

多くの人と違う道を行くのは勇気のいることです。

無難な道を選ぶのか、
我が道を極めていくのか?


この記事を読んでくれているあなたには、
ぜひ我が道を極めていってほしいですね。

私ももっと自覚していきたいと思うこの頃です。


  


「自分に捧げる言葉」メッセージ受付始まりました!

悦月があなたの名前を見て、個別にメッセージを降ろします。
さて、どんなメッセージが出てくるか?
きっと今のあなたに必要なメッセージとなるでしょう。


メルマガ登録はこちら! メルマガ登録

現在、マインドの話などはもう一つのブログに載せています。

  

人気ブログランキング  ぜひポチッとクリックお願いします!

bridge_f1jQ7UqO

8月は思慮深い月です。
今まで深く刻まれていた溝がだんだんと埋まっていきます。

長年の間、溝、ギャップ、亀裂として、人々の心深くに
刻まれていたものが少しずつ氷解していきます。
これを癒しととる人もいれば、崩壊と受け取る人もいます。

今までの世の中は二元性で成り立っていました。
善悪、正誤、男女、というように。

そもそもこれらは順ぐり循環しているものですから、
どっちがどっちというより、本来一つのものです。

ぐるぐる循環するので、その動きを取り入れれば、ドーナツ型です。
それを二つに割って正反対のようにして、その間に大きな溝を作った構造は、
意図的に作られたものですが、もうその溝の効力は薄れてきています。

人々の心の中でもその区別をあまり必要としなくなっています。
なぜなら二つに分けるその価値観はもう古いものになっているからです。

「どちらの立場もわかるよー」という一段上の視点からその風潮が増していきます。
「あんたが悪い」「いやお前が悪い」と相手の非ばかり責めてる人は、
自分の非や弱点を認めたくないからしています。

でも本当はわかってます。
これを続けると罪悪感がたまってきます。

いまどきの人たちは心の中に重いものを抱えたくありません。
水に流してしまうほうが楽と思います。
争いよりうやむやに流す方を好みます。

が、根に持つわけではなく、流してもっと楽しいことに気持ちを向けます。
良く言えば、気楽に過ごせる、悪く言えば、物事を掘り下げない。

これは傾向の話なので、もちろん例外はあります。
深く追求するより、問題視しない方を好むわけです。

「問題にしなかったら問題じゃないでしょ」というスタンスです。

上の年代の人は、そこに突っ込みたくなるでしょうが、
若手は案外あっさりしている人が多いです。

良くも悪くもなんですが、どっちもありと思う人が増えます。
多様性の時代といえばそうですが、節操がないと思う人もいるでしょう。


例えば、日本は春夏秋冬のはっきりとした区別があります。
そのおかげで、夏は暑く、冬は寒いです。
極端でないほうがいいからと、一年中温暖な気候であればいいかというと、
それを好む人もいれば、そうでない人もいます。

同じであればいいというものでもありません。
違いがあることは「味がある」ということです。


最初の溝の話に戻りますが、溝がなくなっていくと基準や価値観は変わっていきます。
移り変わりゆくものという設定になっていけば、固定され、変わらないとされるほうが異質になっていきます。

8月の溝が埋まっていくのは、おのおのの心の中にある溝、区別、差別と言っていいでしょう。

いろんなことに対して、私たちは「これは良し」「あればダメ」とか、敵味方、わかりあえる、わかりあえない、好き嫌い、と言って線引きをしています。

その線引きの基準がゆらいでいくと思えばいいでしょう。
それにより価値観や世界観、人生観の変化が起こりやすくなります。
ガツンと来るわけではなく、じわじわと変わっていくでしょう。

溝が埋まると聞くと、いいことのように思いますが、
そのプロセスにおいては、溝を埋めたくない人も必ず存在します。
彼らにとっては埋まることが悪です。

自分の中にもこれは埋まったほうがいい、
この溝は残しておきたいというものが必ずあります。
悟っていない限りは。

葛藤や抵抗、ストレスを感じたり、感情がブレる時は、
この溝に対して摩擦が起きていないか、チェックしてください。

人は変化が起こるときには違和感を感じやすいです。

その違和感のもとを探ると、あなたの中の溝、ギャップが
何らかの刺激を受けているのでしょう。

その時は自分の価値基準を見直すチャンスです。

「和音」2019.8.1



7月のメッセージで、「8月の方がハードかも」となってましたが、
書き出した感じではそうでもないのかな?という気もしました。

しかし、8月のメッセージはどうとでもとれるように思います。
受け取り方次第なのでしょう。


溝といえば、自分と他者の間にあるのもとても大きな溝です。
本音と建前や、エゴの自分と自分の本当の気持ちの間の溝とか。
光と闇の境界とか。正義と悪、裏表。

それらが埋まっていくとしたら?

喜びを感じるのか?
脅威、恐怖を感じるのか?

言ってみれば、そういう月なのでしょう。

7月に起こっていた、本筋からずれてしまったものへの修正がもっと深いレベルで起こると考えれば、8月がもっとハードというのもわかる気がします。

でもまあ、8月のメッセージにあるように問題視しないということもできます。
深刻に考えれば深刻になり、気楽に考えれば気楽になるのでしょう。

ケ・セラ・セラですね。



ところで、毎月のメッセージは、自動書記的に書き出しているものです。
これは特別なことではなく、誰にでもできることです。

自分に必要なメッセージが自分で書き出せたら?
自分のインナーチャイルドやハイヤーセルフに話を聞けたら?
自分以外の存在と対話できたら?

自分の枠から出たい人はぜひどうぞ!
オートマティック・ライティング講座


メルマガ登録はこちら! メルマガ登録

現在、マインドの話などはもう一つのブログに載せています。

  

人気ブログランキング  ぜひポチッとクリックお願いします!

angels_fJxUJP9u

話は遡ります。

この話(霊性の時代(4月のメッセージ 追記2))の続きがまだでした。

要約すると、

人間の意識が、自然界の霊的エネルギーとつながりやすくなって、
精霊的な存在とコミュニケーションが取りやすくなっていきそうだけど、
そういうことに関心のある人にだけ現れるだろう、、という話でした。

以下に載せる文章は、上記の「4月のメッセージ追記」を書いた後に書いたものなので、
しばらく前のものです。
日が経ったので、少々書き直した文章を載せます。

***********

今年3月の春分の日を機に、この感覚が広がったなーと感じています。
私には、草木が話すのが聞こえてるわけではないですが、そんな兆しを感じ始めています。

とその頃感じたのですが、今現在はそうでもないです。
これは勘違いや消えたとかではなく、慣れたんだろうなと思います。

「なぜそう思うか?」と聞かれても、「そう感じるから」としか言いようがありません。

妄信的に感覚を信じるのも問題ありですが、
理論的に説明できないことは信じないというのもどうかと思います。

私自身の経験から言うと、説明できなかったけど感じていたことが、
のちに学者さんが理論的に証明、実証したり、そういう証明がされていた
とあとから私が知ったり、ということがありました。

それで、「なんだ、やっぱりそうだったのか」と思いました。
間違ってるかも?と曖昧に過ごした数年がもったいなかったなー、と。

自分で証明できればいいのですが、それができないのが悲しいです。

けれどもそういうこと何度も経験すると、
もっと自分の感覚を信じた方がいいと思うようになりました。


自分なりの追求はしていきます。
自分なりにつじつま合わせをして物語を紡いでいきます。

一人一人がもっと積極的に、自分の世界の物語を紡いでいけば良いと思うようになりました。

一人一人が織りなす世界が縦横無尽に紡がれ、
巨大な一つの世界、この宇宙を作り出していっています。

一人一人が、自分の宇宙の創造に参加しています。


話を戻します。

今までの私は、自分以外の意識存在(幽霊、宇宙人、天使など)と
話をしたいとあまり思いませんでした。
チャネリングも興味なかったし。

神獣や自然の精霊的な存在とはそれなりの関わりはありましたが。

なぜ他存在とのチャネリングに興味なかったかというと、
一番の理由は、

「そうは言っても、それは自分の中の話では?」

という思いがあったからです。

しかし春分以降、もうそこは解禁していいかもなーと思いました。

人間以外のいろんな意識存在と共同創造していく。
その意識存在らが自分の意識内の話であったとしても。


私たちの体は無数の微生物で成り立っています。
一人だと思っている自分は、最初っから複合体、集合体です。

ひとりぼっちになったことはありません。
先祖や霊脈とのつながりもあります。

複数の、自分を構成するものたちや、
そこに関わるものたちとのコラボライフが私たちの人生です。

もちろん外の世界もです。
地球自体がそういう星です。


八百万の神々とは、微生物のことではないかと思ったりもしますが、

あらゆるものには魂が宿る。
言葉という言語だけでなく、エネルギーのやりとりでの対話が成り立つ世界。

昔話やおとぎ話、今なら異世界系のストーリー。
そういう感覚が普通になる世界が遠くない将来、やってくるんだろうなと感じています。

そういう流れで言えば、ポケモンGOはスマホを使って、
バーチャルをリアルの世界に持ってきて融合させたものと言えます。

妖怪などは、感覚の鋭い想像力に満ちた人が、
感じたエネルギーをあのように具現化してみせたのでしょうね。

その頃の時代や平安時代などは、異界と繋がりやすいエネルギー状態だったのでしょう。


令和時代の子供たちは、バーチャルとリアルの区別がつきにくい時代に育ちます。
その感覚はもっと研ぎ澄まされるでしょう。


AIはますます進化します。
場のエネルギーをその人の脳内のイメージとつなげて具現化したり、
脳内でイメージするだけで、その映像が外のスクリーンに映る、

なんてのはそう遠くない未来に実現しそうです。


今月、イーロン・マスク氏が、新しいプロジェクト、
脳直結インターフェイス「Neuralink(ニューラリンク)」を発表しました。

人間の脳に電極を埋め込み、コンピューターと接続し、考えただけで、
外部コンピューターとやりとりできる可能性を秘めたプロジェクトです。

脳内現象と物理現実とがますます融合されていく世界になります。


話がどんどんと飛んでいきますが、
人間の意識も地球の意識も拡大し始めているのでしょう。

何年か前のブログに、地球の目覚めの話を書いたのですが、その流れを感じます。
記事を探したけど、見つからなくて代わりにこれ(第一インパクトの波の補足)を見つけました。


2010年の記事ですけど、今も言えてますね。

「地球の目覚め」ってどういうこと?と思う人もいるでしょうが、
地球にも自我があって、今はまだそれが眠っている状態だったけど、
それが目覚めつつある、という話だったと思います。

人間の個々のエゴとしての自我が全体意識としての自我に成長することで、
地球のそれも融合して、トータルな意識体になっていくのでしょう。

人間の意識だけでなく、自然がもっと”目覚め”ていくことで、
自然との対話がしやすくなっていくと思います。

それは人間の意識が変わるのか、
自然界のエネルギーが変わるのか、

多分、両方でしょう。

人間の意識層と、自然界の意識層と、AIによる意識層と、宇宙の意識層。

人間の意識の進化により、こういうところを意識する人が増えていくと、
その世界観がよりリアルになっていきます。

昔、森羅万象が対話できた時代があったと思います。
それがまためぐりめぐってやってきているようです。



メルマガ登録はこちら!

********************

7/27 京都アートクラス開催!

今月は、身体に注目してアートセラピー的なことをします。
自分の身体、絵の持つエネルギーを感じてみましょう。

詳細&お申し込みはこちらをクリック
残2名です。

********************

現在、マインドの話などはもう一つのブログに載せています。

  

人気ブログランキング  ぜひポチッとクリックお願いします!

7月のメッセージの補足です。

3月からエネルギーが変わった感がありましたが、また変化しそうです。
先月に夏至もあったし、6月30日が「夏越の祓(なごしのはらえ)で、この半年間の穢れを祓い、次の半年間の無病息災を祈願する行事です。
昨日3日は日食の新月。

どのようにエネルギーが変わっていくでしょうか?
これからしばらく少し雲行きが荒くなりそうな気配ですね。


7月のメッセージにも出てますが、すべて「元」に戻すための揺さぶりであり、修正であると思って物事に対応しましょう。

今までの常識や観念、価値観が正しいと思い込んでいると痛いしっぺ返しが来そうです。
今までは「ふうん〜」と流す感じで済んでいたのが、今月からは、自分の実生活にもろに響いてくる感じかも。

メッセージに『内面のせめぎ合いの葛藤が、今月は表面上に現れやすくなる』とあります。

気づかなかった病気や気持ちが表面化したり、
他人事であった災害が自分に降りかかったり、
自分の本当の気持ちに気づいたり、

ずっと水面下にあり、曖昧だったことが表に露わになりやすいエネルギーです。

だからこそ感情的にならず、理性でもって冷静に判断できるようでありたいですね。

今月来月あたりは、感情をガラス越しに客観視している方が過ごしやすいのかも。
これはマイナスの感情に対してであり、プラスの感情は感じた方がいいです。


言い換えれば、

蓋をしていた感情が出てきやすいから、出てきても他人事のように感じましょう。
できるだけ事実のみを客観視して揺れる感情はスルーしなさい。

ということです。

早めの災害対策(心も含め)とともに、「出るもの気にせず、去るもの手放し」で、
7月を乗り切っていきましょう。



メルマガ登録はこちら! メルマガ登録

現在、マインドの話などはもう一つのブログに載せています。


  

人気ブログランキング  ぜひポチッとクリックお願いします!

↑このページのトップヘ