いのちおり - 本来の自分に還るために

人生をよりクリエイティブに生きたいあなたに贈る
   悦月(えつき)のブログ(旧ブログタイトル:たまむすひ)
                                    

あなたの知っているあなたの身体が、実はその通りでないとしたら?

あなたは自分の姿を鏡で見ているから、自分がどんな身体をしているか、
知っているでしょう。

体重何キロで、身長が何センチで、痩せている、太っている、
たくましい、貧弱、巨乳、貧乳、色黒、色白、などなど。

鏡で見ているその姿を自分の姿だと信じているけれど、
それがもしあなたの記憶が作り出しているに過ぎないとしたら?


どういうことかというと、

物質次元を主体とするのではなく、情報次元を主体とすれば、
記憶の蓄積があなたに今の世界をもたらしています。

まだ無垢な赤ちゃんの頃から、いろんな出来事があり、いろんな経験をし、
いろんなことを聞かされ、「こうあるべき」というのをたくさん知りました。

その積み重ねの結果が、あなたが今見ているあなたの姿であり、あなたの世界。


太っているあなたは、その姿になるような記憶を積み重ねてきて
結果として、あなたの記憶が太った肉体を見せています。

あなたがそのように認識して太った身体を感じているから
人もそれを察知して、同じような身体を見ています。

つまり情報が先。

蓄積された過去の情報がもたらすイメージが
あなたの肉体をそのように見せています。


私たちは、物質ベースで長いこと生きてきていますから、
この信念はそう簡単には変えられません。

すでに信じ込んでいる信念を変えるために、
今度は物質ベースで、ダイエットしたり、筋トレしたりします。


また、身体の境界も、自分の肉体の境界、つまり皮膚が境界、と思っていると、
そんな風に感じます。

今後、人間の身体も人工化していく部分が増えていくでしょうが、
義手義足や、高いところの枝を切るためのカッターなども
身体の一部と感じられることあります。

舞やダンスで、長い布や棒、輪などを使う場合もそうですね。


ラバーバンド実験というものがあります。
衝立を境に、目の前に偽の手を置きますが、皆、自分の手であるかのように反応します。





実は、これぐらい身体境界は曖昧です。
自分の思い込みが、”あなたの身体”という外観を作り、その境界を作っています。

この実験からもわかるように、視覚情報と身体情報が一致していたら、
自分の体と認識します。

目の前にある手が偽物でも、
自分の手のように見えたら痛みや恐れを感じます。

それは自分の肉体でない部分を
あたかも肉体であるかのように脳が勘違いしています。


ポケモンGOで、ボールを投げるときに、指で画面のボールをなぞって投げますが、
その距離感や強さが指の感触とマッチしています。

指の投げ感と、画面の中でのボールの飛び具合が
絶妙に一致するのですごいなと思います。

画面上の架空のボールを投げているのに身体感覚が一致しています。
それも指先の感覚です。

今では他にもそんなゲームは山ほどあるんでしょうが、
自分の身体の境界がどこか?というのは実は曖昧です。


自分の身体の境界(つまり自分の身体)も、
自分の身体の様相も脳の思い込みが作り出してるもの、
記憶から生み出されているものと言えます。

そのデータが書き変われば、
太っていた人が痩せたり、若々しく見えたりします。

人と自分との境界は自在になります。

しかし細胞レベルの無意識下の情報は滅多なことでは書き変えられません。
ある程度までの変化なら可能です。

まとめると、

”物質が先、情報があと” ではなく、”情報が先、物質があと” 。
あなたが思っている自分の容姿は、過去の記憶の集積が見せている。

という話でした。

その情報(記憶)が、今のあなたの姿を見せているから、
情報が変われば、あなたの姿も変化するでしょう。


メルマガでは主に心の話を書いてます! メルマガ登録

  

人気ブログランキング  ぜひポチッとクリックお願いします!

storyblocks-vintage-blossoming-orchard-branches

2月はひらける月です。
新しいことが始まります。

海が目の前に一面にひらけているように、スカッとした爽やかさがあります。
すでに春の息吹が感じられるような清々しさがあります。

12〜1月にかけてあったどんよりとした重さは一掃され、
目の前の曇りが晴れたような爽快さを感じるでしょう。

遠くまで見渡せる景色のように思考も澄んできて、
いらないものはもう必要ないと取り除く準備ができたような、
そんなエネルギーの月です。

目の前にひらけた、爽やかな空気に触れている方が気持ちいいので、
今まであったごちゃごちゃした空気感にはもう戻りたくないと感じます。
すごく小さい視点で、ちまちまとこだわっていたように感じます。

この広い爽快な風景が今までは見えてなかったんだなということに気づきます。

もっと気持ち良い清々しいものに触れると、
そうでない気の重いところには戻りたくない。

今回はけっこう多くの人が、案外すんなりと前に広がる清々しい領域に進み始めます。

今までえんやこらと悩んでいたことがウソのようです。

こだわりが消えたというか、なぜ動けなかったか、こだわっていたかも
わからないような目が覚めたような感覚です。

突然、目が覚めた感があるかも知れません。

そういう意味で楽しい過ごしやすい月になるでしょう。

あまり重さはなく、気楽にやりたいことをやっていけばいいやと考えられます。

力が抜けるというか、ややこしく考えるのが面倒くさいと感じます。

「いいや、行っちゃえ」と見切り発車するというか、どうでもいい感あります。

結果を気にするより、今の自分が心地よい方がいいと感じます。

なので、結果が出るかでないかと悩んで行動に移さないより、
今、動かないのが心地悪いからとりあえず動いとく、みたいなスタンスになります。

動いたとしても、その先どうなるかとか、あまり気にしません。

全体的に楽観思考になっているのでしょうか?

無駄に考えすぎない月になりそうです。

今を楽しむことがしやすい月ですので、
ぜひ先を慎重に考えるのではなく、今を楽しんでお過ごしください。

そうすることで、結果的には良い結果がもたらされることになりそうです。

では楽しい2月をお過ごしください。

「和音」2018.2.2


メルマガ登録はこちら! メルマガ登録

  

人気ブログランキング  ぜひポチッとクリックお願いします!

vvv-0216-img_0303-2937

うちの猫はよく獲物を捕まえて来ます。

小動物ではスズメ、ネズミ、モグラ、
爬虫類や昆虫では、トカゲ、ヤモリ、芋虫、蝶、バッタ、カマキリなど。

もぐらは食べませんが、スズメやネズミは丸ごと食べます。
バッタや芋虫、羽虫は食べることありますが、他は食べません。

これらのことを最初はとても複雑な気持ちで見ていました。
このブログにも何度かその話を書きました。

観察していると、捕まった獲物の多くは本気で逃げてないように見えます。
猫に弄ばれて死ぬことを選んでいるような?

なので、こちらが捕まえて逃がすのも悪いような?
せっかく猫のために捕まったのになんで逃がすの?と言われるような気がします。

でも「逃げていいよ」と伝えたスズメ数羽は何かが伝わったのか、実際に逃げました。

自然界の何かしら人間が知らない理が作用しているのではないか?
と思っていましたが、こんな話を本で見つけました。

ライオンがシマウマの喉に噛み付いているように見えるのは、
実際は急所である頸部を狙ってるんだそうです。

シマウマには怖いとか痛いとかを感じる余裕はなく、
あるのは脊髄反射で感じた感覚だけとなり、それは実は恍惚感なんだそうです。

シマウマはライオンに頸部を噛み切られて動けず、死を待つだけですが、
この時シマウマは恍惚感で満たされ、
脳内からはオピオイドという生体麻薬が分泌されるため、
痛みや恐怖を感じることがないまま安寧の状態となり、
ライオンに身を任せて食べられていくんだそうです。

中国では、古くから針による麻酔が知られています。
針による刺激によって中枢神経にモルヒネ様物質を生成させ、
生体麻酔作用によって痛みを感じさせません。

(参考文献:「音響免疫療法」西堀貞夫著)

猫に捕まえらた生き物も似たような作用を受けているのかもしれません。

逃げられる状態なのに逃げないのは、恐怖で体が硬直してしまったからか?
とか思いましたが、できればこちらの恍惚感のほうがいいですね。

人間が死ぬ時も、こちら側の世界から見ていると苦しそうでも
逝く人は恍惚感に浸っていると聞いたことあります。

そうだといいですね。



メルマガ登録はこちら! → メルマガ登録


人気ブログランキング ←ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

hand-holding-white-empty-paper_zkhhEqSu
境界ってなんでしょう?

物と物と分ける区別。

あなたと私を分けるもの。

私を私たらしめるもの。


私たちは自我を認識し始めた時から、境界を認識しています。

まずは自分の肉体としての境界。

これは私の身体であって、あなたのものではない。
あなたの身体はあなたの身体であって、私のものはない。

そういう認識。

じゃあ、道具を使った時はどう?

剪定するときに高いところに手が届かないから、
長い剪定ハサミを使う。

それはあなたの身体の一部? それとも別個のもの?

それは道具だから、身体じゃないよね、という場合。

義肢の場合はどうでしょう?

本来の肉体ではないけど、十分に肉体の役割をなしている場合。


人間の家族。
そこにペットの犬や猫もいたら?

それは家族じゃない?それとも家族?

ペットは家族だけど、義肢は身体ではない?


境界は定義づけでしかない。

物事を区別するのにその方がわかりやすいから。

名前を持つものは皆、境界を持っています。

これはそういうお約束ごとの世界にるから。

区別しないと、境界をつけないと認識できないというルールの中にいるから。

でもその境界があるおかげで、いろんなことができます。

競争もできるし、恋愛、ビジネスもできます。

国家、人種、個人、すべてにおいて
あなたはあなたという境界があるおかげで、
他者、他のものという存在を得ています。

しかし同時に、そのために、悩み事、孤独感、生きていく辛さなども生じます。
争いごと、戦争も、国境という境界があるために起こります。

宇宙人が攻めてきて、地球人 vs 宇宙人みたいな境界線に変わったら
今まで戦争してた人たちが協力する可能性もあります。

境界は変えることができます。


元々、境界は、それがなかったところに新たに付加されたものです。

無意識にそれに従っていますが、
その設定が変えられると気づけば、
その境界があるために苦しむこともありません。

どんどんといろんな境界が曖昧になってきています。

「信念」も境界です。
どう設定するかは自由なので、
できるだけ広い視野が入るような境界を設定したいものです。


メルマガ登録はこちら! メルマガ登録

  

人気ブログランキング  ぜひポチッとクリックお願いします!

IMG_3060

日本では、モノに魂が宿るとします。
年数を経たものはとくに神聖視されるか、妖怪と化すか。

日本の家は、昔は木と土と紙だったから、実際、生きていました。
良い素材で作られた昔の家は、実際、生き物みたいです。

植物は根っこで連絡を取り合ってると言います。

家も長年の時が過ぎれば、魂を得ていてもおかしくありません。
通常は、住んでいる人の気が移っていくのでしようが。

もしあなたの家が下に根を張ってるとしたら?
あなたがどんな気持ちでその家に住むのか、それが彼らの栄養素かも?

あなたの毎日を見守り、観察し、どこかに報告しているかもしれません。


レアンドロ・エルリッヒ展に行ってきました。
この展覧会は、普段の視覚、感覚がいかにあいまいかを教えてくれます。

私たちは、ある限定された知覚、認識によって現実を認識しています。
あなたが体験している現実はあなたがそう知覚しているからにすぎません。

例えば、ハエはあなたとはまったく違う世界を体験しています。

今あなたが見ている世界は、あるお約束ごとに則って、
その前提に従って認識をしています。

その前提が崩れてしまうと、
絶対だと思った世界はいとも簡単に崩れていきます。

現実の曖昧さに気づいていくと、創り出すことの大事さに気づきます。

あなたの認識があなたの現実を見せてくれています。

あなたの認識が変われば、現実も変わります。
意図的に認識を変えるなら、あなたの世界もそれに応じて変容します。


メルマガ登録はこちら! メルマガ登録

  

人気ブログランキング  ぜひポチッとクリックお願いします!

graphicstock-calling-of-the-dragonmagician

先日載せた『まわりの影響を受けやすい女性たち』の記事に
ヒットした人が多かったようです。

自分も「えなフィー」かも?と思ってメルマガ登録してくれた方が
たくさんいらっしゃいました。

「えなフィー」とは私にやってきた言葉ですが、
簡単に言えば、感受性が強く、周りの影響を受けやすい
巫女体質、霊媒体質的な女性のことです。

詳しくは、『まわりの影響を受けやすい女性たち』をご覧ください。

「えなフィーリング」という一斉遠隔ヒーリングを毎月していたので、
そこからこの名前が来たんだと思います。

以前、女性性を活性化するという護符「えな符」を配布していたので、
その流れを汲んでいます。今は配布は終了しています。


えな(胞衣)は、後産の際に体の外へ出される胎盤や卵膜などのことを言います。
民俗学的に胞衣にはいろんな話があります。

生命の神秘。
まさにあの世とこの世を繋ぐものです。

昔は大切なものとされていた胞衣がいつしか汚物とされ、
今は条例により、専門業者により処理されなければならないことになっています。

象徴的ですね。

「えなフィー」な人々が、自己尊厳を失って自分を低く見積もるようになったのも
決して歴史の流れを無視できません。

でも今、また元に戻る動きが生じてます。

えなフィーな人たちが新しい認識を得て変わっていく時期となりました。

敏感な分、傷つきやすく、それが自分を責める方向に向かいがちですが、
しっかりと自己尊厳と自信を取り戻し、感受性や感性を役立てるべき方向に用いれば、
今までと違う人生になっていくでしょう。

今までは男性原理が強い社会でしたから、
彼女らはそこに馴染めず、辛かったでしょう。

新しい流れが始まってきましたので、自己変革していきましょう。

このブログや「えなふ通信」(女性のみ)で
またそのことについて書いていきますね。


通常のメルマガ登録はこちら! メルマガ登録

  

人気ブログランキング  ぜひポチッとクリックお願いします!

26169939_1695681490489112_6141317309661662575_n


美内すずえ先生の「ガラスの仮面」の月影先生の日めくりカレンダーから。

これはお遊びなんですが、楽しいので、ぜひやってみてください。

願望実現したいと願っているのに叶ってない人、
なかなか物事がうまくいかなくてふさいでいる人
自信がない人、
前に進みたいけど不安や恐れがある人、
毎日がんばっている人、
夢に向かって進んでいる人、
何かに挑戦している人、

などに。


何をするかというと、月影先生と同じことをするだけ。

いまにわかるわ、いまにね!

といって、手の甲を口に当てて

オーホホホホ...」と声高らかに笑うだけ。

自分の叶えたいことを思い浮かべてするとなお良いです
エフィカシー上がって楽しくなります。


メルマガ登録はこちら! メルマガ登録

  

人気ブログランキング  ぜひポチッとクリックお願いします!

woman-alone-on-top-of-the-clouds-reading-her-bible_HQgiQyfx0

アンダーグラウンド的に続けているメルマガ「えなふ通信」から。

12月のえなフィーリングレポートで、イザナギとイザナミの話が出てました。
年末にきたメッセージは、その部分をもっと癒す必要あり、ということ。

次に進むのにまだ癒すべきエネルギーがあります。
かなり根っこの部分です。
このあたりのエネルギーは「えな符」に通じます。

イザナミの傷。
女性性の集合意識の修復。

先月のヒーリングレポートに
「深層からじわじわときて、表に現れるのは少々時間がかかる」
とありましたが、今、それに取り掛かるべき時期となりました。

年末に「えなフィー」という言葉が出てきました。
また新しい言葉が生まれました。

「えなフィー」とは、あちらとこちらの世界の媒介役になるような
巫女的性質を持った女性たちのことです。
男性原理の時代が始まった後はいい方向に機能してませんでした。

感受性が高い人たちなので、周りの影響を受けやすく、人のことが気になります。

人の気を我が事として受けやすく、ストレスになりやすいので
人付き合いはあまり好きではありません。

争いを好まず、平和主義で、自分がスポンジのような役となり、
周りの毒を無意識に吸収してしまいがち。

そのせいもあるのか、被害者意識や自己否定になりやすいです。

とはいえ、そんなことをしているとは当人は気づいていない場合が多いかも。

周りに気を使い、自分に自信が持てず、迷いが生じます。
人と一緒にいるのがストレスになりやすく、大衆、体制、多数派を苦手とします。

自然や内なる世界に親しみを覚え、もっとそういう世界と繋がりたい
と思う反面、その方面の能力が開花することに恐れを感じています。

自分の才能を発揮したらどうなるんだろう?という恐れがあるのは、
過去世でそういうことをして叩かれた記憶があるのかもしれません。

もしかすると魔女狩りの被害者たちの集合意識につながっているのかもしれません。

が、そのところにつながってしまうとしたら、
自分の中に何かそれに関連する感情や記憶があるということでしょう。

もともとこれらの人たちは見えない世界とコミュニケーションをとり、
それを現世の人たちに何らかの形で伝えてきた人たち。

巫女タイプの人たちです。
女性シャーマンですね。

必ずしも巫女やシャーマンをしていたとは限りませんが、
そういう媒介者的な役割を担っています。

今までの世界はそういう女性たちにとって辛いことが多い時期でした。
仲間はいないし、虐げられているし、変な人だと思われるし、理解されない。

なので、自分のそういうところは出さないようにして周りに合わせて。

キラキラ系、ポジティグ系、ワクワク系などの明るい系がいい、みたいな雰囲気もあったし。

そういうことも含め、イザナミの傷ついたフィールドを回復させる必要性が
今、また浮上してきています。

今までも何年もかけて調整されてきたフィールドではありますが、また
働きかけが必要な時期になったようです。


自分が「えなフィー」に該当すると思った人は、
えなふ通信」に登録してみてください。解除はすぐできます。(女性のみ)

あなたが探しているものがそこにあるかもしれません。
密かに月1〜3回配信しています。

通常のメルマガはこちらです メルマガ登録

  

人気ブログランキング  ぜひポチッとクリックお願いします!

blue-sky-with-mountain-silhouette_SvHgTkuhfg

1月は始まりの月です。

毎年のことですが、今年1年をどう過ごしたいのか、目安をつけましょう。

計画は未定。
その通りになるとは限りませんが、
「自分はこうなったらうれしい」ということを書き出しておくと良いです。

現実的なものを一つと、非現実的に思えるものを一つ。

後者は「まさか、そんなこと起こりっこない」と思えるようなこと、
でも実現したらうれしいことです。

それぞれ10個ぐらい書いておきましょう。


さて1月ですが、今月は陰謀の月です。

何が陰謀かというと、物事には時として、
表向きと裏向きになされていることがあります。

本音と建前という言葉があるように、
あなたの中の本音と建前、本心と上っ面な心、
自分でもわかっていない心の奥底の思い、

そういうものが浮上しやすくなります。

自分でもすっかり忘れていた思いや気持ちなどが
ふとした瞬間に沸き起こってくるでしょう。

まだこんな感情や思いがあったんだということに遭遇しても
そんな気にしなくていいんです。

そこに関わるというよりは、前を見て進んでいけばいいんです。

また、子どもの頃から持っていたけど、
忘れてしまっていた願望なども浮上しやすくなります。

そちらは無視せずに注意を払う方がいいでしょう。

そこには宝物が隠されています。
あなたが長年望んでいたものを手にいれるきっかけを与えてくれるでしょう。

子供の頃の楽しかったこと、好きだったこと、嬉しかったことなどは
思い出しやすくなります。

その思い出が出てきたらちゃんとつかまえてください。

でないと、すぐに消えていってしまいます。

多くの人が「ああ、もう、それは昔の話だし」とフタをしてしまいがちですが、
そうするより、その思いを実現してあげる方がいいです。

その思いもまたエネルギーですから、
それを何らかの現実的なエネルギーに変換することで、
変化が生じ、今まで見えてなかった次の展開が見えてきます。


社会的にも同じことが起きます。

社会を一つの生物ととらえて見ましょう。
いろんな悩みや葛藤を抱えていますね。

この社会が始まった頃の「こんな社会にしていきたい」という純粋な思い、
それが子供の頃の思いと思えばいいです。

嘘ばっかりの競争の中で疲れ切って、
権力を追い求めている自分を見て、

「子供の頃はあんな思いを抱いていたのになあ」
とふと思い出す瞬間もありましょうが、

もうこんな大人になってしまったのだから
後には引けないと破滅の道に向かいます。

運よく子供心が首をもたげ、純粋な頃の心に共鳴し、
そちらを実現させたいという思いの方が強くなれば、
違う流れにもなっていきましょう。

政府や国家のような大きな組織は動かせないと思うのではなく、
結局のところ、エネルギーの強さです。

総量として、純粋な子供の頃に思いを抱いたビジョンと、
今ある野望や絶望と、どちらのエネルギーが強くなるかという話です。

なので人ごとではなく、あなた自身の中のそれの比重が
どのくらいなのかに比例していきます。

結局はあなたの中の話になっていきますが、
いい世の中になってほしいと思うなら、
自分の中のそういうエネルギーが増せばいいのです。

多くの人々がいいエネルギーを持てば、そちらの方が勝ちます。

が、今のところ多くの人が、人や世界のことなどおかまいなしです。

自分の幸せや成功、家族の幸せぐらいにとどまっており、
他のことなんてどうでもいいと思っています。

他の国のことは関係ないとか、自分と関係ない人はどうでもいいとか、
自分自身のことにしろ、おなざりにしている人が多いので、
エネルギーは今のところ ” 勝手に暴走 ” 方向に向いています。

何があっても自業自得。
自分の中のエネルギー値の割合の問題です。

すべては自分ごととして見て、「自分にできることは何か?」と考えて
行動していくことによって、エネルギー値は変わっていきます。

一人でも多く、それをすることで、案外簡単に変わりえます。

が、今は人のことはどうでもいいと思っている人が多すぎます。
また生き方を見直さなくてはならないような大事件が起きる前に、
気持ちをシフトさせたいものです。

長くなりましたが、そういうエッジのところにいることを
もっと自覚してもいい頃です。

人は切羽詰らないと自分を変えようとしない癖がありますが、
『「人間らしさ」とは何か?』を今一度、真剣に考えてみましょう。

自然という素晴らしい教師が地球にはいるので、
もう一度原点に戻ることをお勧めします。

それを心して、できることを実行に移してください。

「和音」2018.1.2


メルマガ登録はこちら! メルマガ登録

  

人気ブログランキング  ぜひポチッとクリックお願いします!

あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いいたします

さて、年初ですので、2018年のメッセージを出しました。
graphicstock-purple-abstract-space_SKZlFW0Xsqg

2018年はいろんなことが開花し始める年です。

あなたの才能、今まで水面下で進められてきたプロジェクト、
地底に溜まったエネルギー、人の心に蓄積されてきた思念、

よく言えば、才能開花のように長年ずっとあったけど
表出していなかった部分が出てきますが、

悪く言えば、抑えていたものが出てくる。

ネガティブ感情だとか、嘘偽りや騙していたこととか、
あまり隠し事ができなくなっていきます。

言ってみれば、才能は、抑圧している部分が解放される
ことによって発揮されるものと言えるでしょう。

また多くの才能はストレートに発揮されると
従来の社会枠に収まらないケースが多々なので、
暗に封印されてきたとも言えます。

学校教育なんてまさにそうですね。

社会に役立つ才能は伸ばすけど、
ルールを壊してしまうような天才性は早々と封じてしまう。


そういうものも今年は噴出しそうです。
ので、いろんなことが起こり得る1年になり得ます。

人間の規範やルール、統制という面から見れば、
混乱に見えるので大変なように思えますが、

アナーキーな視点にいる人にとっては
やっと解放されて、本来の状態に戻っていく、

そんな混乱時代に見えます。

社会全体においても、一人一人においても、
秘めていた本当の思いや願望などが出てきます。

自分の本当の思いに気づいた人は、もうそれに向かうしかないですよね。
それに従わない選択肢もありますけど、従わない方があとあと辛くなるでしょう。

本当の気持ちを実現していくには、
今の自分や生活を変えないといけないくなってしまうので、
そこの葛藤は起こります。

けど、それは一時的です。

そこを飛び越えてしまえば、
今まで以上に生き生きといける生活が待っています。

誰にとっても転換期な年になるでしょう。

一見、バタバタといろんなことが起きているように見えますが、
すべては新しい世に向けて起こっていることです。

そこを理解して、常に明るい未来像を持ちながら進んでいかれると
来年には素晴らしい飛躍をしている自分に気づくことでしょう。

いろんなことを経験してください。

今年は特に前向き、楽観的にいることが大事です。
では良い一年を

「和音」2018.1.2


メルマガ登録はこちら! メルマガ登録


  

人気ブログランキング  ぜひポチッとクリックお願いします!

↑このページのトップヘ