いのちおり - 本来の自分に還るために

さあ、未来の自分に還る旅に出よう!
人生をよりクリエイティブに生きたいあなたに贈る
   悦月(えつき)のブログ(旧ブログタイトル:たまむすひ)
                                    

50

コミュニティが重視される社会に向かっていっていますが、
女性性が主になる時代になるのだから自然な流れだと思います。

その時「コミュニティ」が、ただ単に「人の集まり」というのではなく、
「情報場を共有するグループ」になることが大切だと思います。

「エネルギー場」の共有に気づいているコミュニティ。
なので、肉体的に同じ場にいる必要はありません。


意識的にしろ無意識的にしろ、それを意図する人達が必要になります。
その人たちが形作った「場」(ここでは「情報場の環境」といったがいいかも)に加わるなら、そこにある暗黙の世界観を共有するというか、自分もそのパーツとしてそこに存在する感じ。作った人も同じくパーツ。

パーツといっても、身動きが取れない歯車の一つではなく、全体の中のバランス的に自分が何をすればいいのかがわかるような、そんな感じでしょうか。

一人の身体があっても、手足、内臓、脳、心臓、目鼻口と機能があり、
たくさんの細胞や血液、骨、筋肉、微生物などいろんなものがその人体を形成しています。

「あなたは目だけど、私は鼻ね」というような感じですね。
トータルで人体として機能するわけで、目だけ取り出してもどうにも機能しないわけです。
そんな感じですね。

これは新しいことではなく、以前からあったことですが、『意図する側とそこに組み込まれていく人たち』という構図ではなく、『みんなで作っていく』という感じが増していくと思います。


まだまだこれからの話ですが、一人一人の意識が変わり始め、「コミュニティ」自体がひとつの生き物のようになって、そこにいるひとりひとりがそこに含まれる機能の一部を担うようになるでしょう。

日本はもともとそういう風潮のある国ですが、これからはもっと意図的にそれがなされるようになっていくと思います。

支配層の人たちが自分たちの都合のいいようにそれをしようとする流れと、意識の高い人たちが新しい時代を形成しようと新感覚のコミュニティに取組み始める流れと両方あると思います。


「コレクティブ・エフィカシー」という言葉があります。
「エフィカシー」は、「自分はゴールを達成できる」という自己評価です。
そのグループのみんながそのように思うことで、すごい力が発揮できるようになります。

みなのエフィカシーが高く、共通の大いなるゴールに向かって行動していきながら
お互いが影響しあっていく、、、

これはそのまま「いのち」の活動と言えます。

豊かな森が様々ないのちを育み続け、それ自体が一つの生命であるかのように、
地球もそのような存在なのだから、人間が壊したバランスを取り戻すためにも
人間の意識が変化していく必要があります。

その変容が進むと同時に、その反対のエネルギーも増えると思います。
心が前向きで楽観的になれるか、ネガティブになるかで体験する世界が違ってきます。


今まで人間は、地球は自分たちのためにあると思って好き放題してきました。
が、個としての自我から、ネットワーク状にすべてとつながっていることを認識している大きな自我に移行していくにつれ、『コミュニティとしての地球』の一員(というより地球そのもの)であることの認識と、高まるエフィカシーを感じていくと思います。

シシ神さまはそんな感覚なんだろーなーとふと思いました。
人はシシ神さまを殺してしまったけど、たくさんの人がシシ神さま的感覚になれる時代が
この先やってきたらいいなと思います。
 

メルマガ登録をぜひどうぞ! → メルマガ登録

セッションメニューはこちら!


人気ブログランキングへ ←ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

前回の記事で、

『女性の内的集合宇宙、宮的育み、、つまりは内面で育てていく作業。
 孵化作業みたいなもんですね。』

と書きましたが、今日はそれについて。

もしかすると以前もどこかに書いたかもしれませんが、
女性の質のひとつとして「育む」ことがあると思います。
男性は、外側に構築していくことにたけてますね。

一番のそれは「子を育てる」ことでしょう。
一人の人間を育てていくのですからたいへんなことです。

父親や他の家族、その他環境などの影響ももちろんありますけど、
やはり生まれてしばらくは母子間のつながりが一番強いでしょう。

十月十日自分の体内で育んできた生命が生まれ出ても、
母子が共有している内的世界は目に見えるかたちでは現れません。

言葉では説明しがたいけれどもそこには育まれたものがあり、
生まれ出てからも「つながり感」や「一緒感」があるでしょう。

「場」を共有しているわけですが、いつもどこかでつながっている感じ。
一緒にいなくても多少離れていても感じる共有している「場」。

ここでいう「場」は、実際にある特定の場所ではないので「ここだ」と限定されません。
共有されているエネルギー場のことです。

母子でなくても、心が繋がっている人同士であれば、感じ得ますね。


女性はもともと共感力のある人が多いですから、ことばにならなくても
なんとなく察知することに長けています。
ずっと昔はもっとその部分が発達していたんだろうなと思います。


縄文時代は、「円」社会でした。
家の造りも円形。村の造りも円形。
円は循環であり、自然の循環した流れに沿って暮らす。

とんがったところがないから戦争が起こらず、1万年以上も続くことができたのでしょう。

火を焚いてそれを囲んで話をすれば、穏やかに腹を割って話せそうだし。

縄文時代に寺子屋みたいなのがあったかどうかわかりませんが、
子供達に何かを教えるのも円になって教えていたかもしれません。

集う時は円形が基本だったのではないでしょうか?


女性たちが手作業や子育てをする時は、今と変わらず、ぺちゃくちゃ楽しくおしゃべりをしたり、歌を歌ったりしながらそれをしていたでしょう。

以前、あるイベント準備で女性たちで手作業をしていましたが、
自然と歌が始まって、みんなで歌いながらやってたことありました。


女性は共感力が強いと思いますが、そういう環境において、
自然と彼女らが育んでいたものがあったと思います。

彼女らが時をかけて作るものは、今なら「祈り」や「願い」という意味合いで解釈されそうですが、織物に込められた思いや、胎児がお腹の中にいる時など、自分が育んでいるものに対する思いを育んでいたと思います。

アーティストや職人さんが作る作品なども同じようなものかもしれません。
魂が込められたものはやはり見た感じからして違います。

心を込めるという意味では、男性女性は関係ないと思いますが、それをその場で共有するという意味では、男性より女性の方がはるかにその方面、強かったと思います。


長い間、男性原理社会だったので、そういうところがおなざりにされ、
統制側にとっては不都合なことなので徹底的に弾圧されてしまいました。

女性の集合無意識は傷つき、今その復活で少しずつ変化していっていますが、これから女性性の時代になっていくにつれ、今一度、女性たちの内的豊かさを取り戻すことが大事だなと思います。


男性の女性性が豊かになることも大事ですが、まずは女性がもう一度、
その集合意識的な「情報場」に気づき、アクセスできるようになることが大事かと思います。

それはふわふわスピ系的なものではなく、あえて言えば、すごく土着な感覚。
大地に根ざしてて、大地につながった女性なら当たり前のごとくしていたこと。

たくさんの魚がひとつの生き物のごとくになって泳いでいるような、
あんな感性が備わっていると思います。

長い間、そのバイパスが遮断されていた感ありますが、再びゲートが開き始めたようです。
言い方を変えると、天体の影響や人々の意識の変化がその情報場の存在を知らしめてくれているということでしょう。

その集合意識のラジオ局にあたる部分は地球の意識なのかもしれません。

これからその感覚、ゆっくりと強まっていくと思います。

女性の精神性を高めることが大事ですね。

男性の精神性は、「神」に向かうというか、直線状に上に行く感じありますが、
女性の精神性は、広がる感じ。共鳴共感して響き合ってその場から四方八方に広がっていく。

この両方がバランスよく混ざり合うと、進化と内的成長と一体感がうまく融合しそうです。



今回書いたような内容のメルマガはこちら →えなふ通信

通常は、こちらのメルマガでは日々の心の持ち方などを書いています → メルマガ登録


セッションメニューはこちら!


人気ブログランキングへ ←ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

昨日は京都でのセミナーでした。

今回のテーマは「自分らしさ」でした。
参加者の方の意識が高く、初っぱなから深い質問が、、、。

今回は私が講義をするというより、みんなでシェアしながら話を進めていくかたちをとりました。いろんな話が出てきて充実したセミナーとなりました。


人によって「自分らしさ」の認識は違いますが、「自分らしさ」という時、
一般的には「自我」が思う自分らしさのことを言うと思います。

つまりは一人の人としての「自分」。
その人がもっているその人らしさ。

「自分らしくありたい」とか「自分がわからない」という時、心の中では
「今の自分はどこか本来の自分とは違う」という気がしているからそのように思うのでしょう。


自分らしさには、「先天的な自分らしさ」と「後天的な自分らしさ」があります。

前者は、原始的な自分、原初の自分、もともとあるもの、ただある状態、自然体。
後者は、経験と学習によって身についたもの。他者との関係性の中で育まれたもの。


今、私たちが生きている社会においては、前者の「原始的な自分、原初の自分」は
小さい頃に心の奥底に押し込めて、出してはいけないものとする傾向にあります。

そして社会に合わせて穏便に忠実に生きていける人に育てられます。
現代はそれが行き過ぎしてしまって、自分を見失った人が多くなってしまいました。

また自分らしさを考えるとき、人間関係の中での「自分」が重視されます。
つまりは人との関係性における自分のあり方に悩みます。


通常「自分らしさ」という時、私たちは後天的に身につけた自分をどうにかしたいと思います。

本来の自分と、自我が望んでいる「理想の自分」が混同され、
本来の自分はこうなっているべきというギャップに悩みます。

それが成長するための原動力になればいいのですが、ギャップに悩むところに止まってしまうと、なかなかセルフイメージが変えられず、苦戦します。


セルフイメージにも二つあります。

一つは過去の積み重ねにより、作り上げられた自分像。
もう一つは、未来記憶の創造により生成される自分像。

どちらをよりリアルに感じているか?でどちらが実現するかが決まります。


また、セルフイメージをいかに変えていくか?のコツもお話しました。

「過去の集積のセルフイメージ」をどうにかしたいともがく人がほとんどですが、
それよりは未来の自分作りに精を出す方が変化が早いです。

このところは実感してみないと、なかなかわかりづらい部分だと思います。
でもいったんこの概念が飲み込めたら変化が加速するでしょう。


途中、雑談のように楽しくおしゃべりをした時間がありました。

そうしたら、一人が「この状態が自分らしいと思う」と一言。

どういう状態か?と聞いてみると、結局「普通」であること。

なんの気兼ねもなく、リラックスして、今ここにいる状態を楽しんでいて、自分がどう見られているとか、どう振舞おうとか考えてなくて、自分を「意識していない状態」。

その時が一番自分らしいねー、となりました。


「自分とは何か?」という話、未来創造の大切さと未来のセルフイメージ作りについて、ネットワーク、縁起、ゲシュタルトなど、どんどんと話が広がっていきました。

こうやって話をすることで、それぞれの内的宇宙が豊かになっていくなあと思いました。
こういうのって、昔は、主に女性が作り出してた情報空間宇宙だったんじゃないかなあと思います。

話が飛びますが、大昔、男性が狩りに行っている頃、女性たちは一緒におしゃべりしながら子育てや手作業をしていたと思います。

子供に話しかけるおとぎ話や昔話、女性たちで作り出す寓話、噂話などもあったでしょうが、女性の感性、情緒面がとても豊かだったのではないか?と思います。

女性は「宮」です。
女性の内的集合無意識はそのまま地球の状況に反映されるのでは?と思います。
深層においては女性の方が地球とのつながりが深いと思います。
男性の場合はもっと「知」の部分だと思います。知的な探求ですね。

女性の価値が落とされ、男性上位社会になり、女性も男性のように生きるようになり、競争社会で揉まれて、その豊かだった内面世界も干からびてしまいました。
同時に、外の世界の地球環境も今のような状態になっています。

これから女性原理が中心となっていく時代に入り、
またそこが豊かになっていくのだと思います。

女性の内的集合宇宙、宮的育み、、つまりは内面で育てていく作業。
孵化作業みたいなもんですね。

それを外の世界で形にしていくのは男性が適しているけど、その前段階のところは女性の無意識なんだろうなと思います。それをもっと意識的無意識にしていく必要があるのでしょうね。


話が飛んでしまいましたが、自分の中ではまた色々とつながりました。
もう少し噛み砕いて、少しずつわかりやすく書きたいと思います。


メルマガ登録をぜひどうぞ! → メルマガ登録

セッションメニューはこちら!


人気ブログランキングへ ←ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

昨日載せた「9月のメッセージ」の補足でメルマガに書いたことですが、

『無数にある選択肢のうちの一つだけを選んでいる』ということに気づくことが大事です。

通常、私たちは、自分が経験している現実はそれしかないと思っているわけですが、
実は無数にあります。

そのなかから一つを選んで「実現させている」んです。

そこに気付かない限りは、その現実は「動かせない現実」としてあなたの前にあります。

が、そこに気づけば、そこからの抜け道も見つかりやすくなります。


現実に固執してしまうと抜け道が見つかりにくくなるというのが歯がゆいところです。

「それをどうにかしなければ」と思うわけですから、
その現実が強化され、ますます抜け道が見えにくくなります。

どうにかするもしないも、ふと横を見たら、違う現実がすでにあるのですね。


というのが「いつもよりチャンス」ということなのでしょう。


右手で重い荷物をもって「重い、重い」といいながら、ますます握りしめてる感じ。
ふと気がついたら、左手もあるじゃんってこと。

それに気づけたら、大きくシフトしますよ

っていう月なんだと思います。


発想の転換というか、視点の移動というか、
今の自分が固執していることの外に出てみることで、初めて見えてくることがあります。

これは人によってその内容は違いますが、すべての人に適応することだと思います。

あなたが今いる現実(あなたが現実だと思っている世界)の外に広がる他の選択や可能性に
気付けるか、気づけないか、それにより、その後の流れが違ってくるようです。

その分岐点となる月になりそうです。


これって、どの人にとっても結構ハードなことだと思います。

いわば、自分の信念を変えることに近いから。

信念は良くも悪くも、自分がそうだと思い込んでいること、信じていることです。
今あなたが体験している現実や信じているセルフイメージなんかもそう。


望む現実を手に入れたい人は今月は自分の思考をしっかりコントロールしましょう。

 ↑
今月は、「こうなりたいと願う」ことの強化ではなく、
「今現在、あなたが信じてしまっていることを疑ってみる」ということです。

簡単に、そして厳しく言えば、
「今持っている自分の思考パターンや信念を捨てろ」ということになります。

今月もまた乗り切っていきましょう!


メルマガ登録をぜひどうぞ! → メルマガ登録

9月は不確定の月です。
つまり何が起こるかわからない、どの方向に向かうかわからない、
その時になってみないとわからない、行き当たりばったりの月です。

枝分かれしていく月となりますが、高速道路で言えば、路線が幾つかに分かれる分岐点で、
今まで一本の道路だったのが、違う方向に何本か道路が分かれていく感じです。
どの道路にいくかで様相は変わっていきます。


が、実際にそのように明確に枝分かれしたタイムラインがあるわけではなく、
発する意識、波長によって変わっていくでしょう。

「類は友を呼ぶ」や「引き寄せ」の感覚が強まると思っていいです。
自分が想像していることや感じているエネルギーに関することに、
より強く引き寄せられます。

引き寄せるというか、自分が引き寄せられてそのようなことを見ているのですが、
自分にとってはそれが現実となります。

無数にある選択肢のうちの一つだけを選んでいる
ということを知っていると知らないとでは雲泥の差となっています。

自己責任、全ては自分が作り出しているといいますが、
その視点に立つことで無数の選択肢も見えてきます。

なぜなら
自分が作り出している現実であれば、自分で変えることができる
ことに気づけるからです。

変えることができるということは違う選択肢もあるということです。
ある点に居続けるのではなく、自分のいる座標を変えることで世界も変わっていきます


自己責任というと、責任を持ってしなければならないと思ってかたくなってしまう人がいますが、そうではなく、自分で自由に座標を変えられる、自分が作り出している世界は自分で自由に変えられるという自由意志に基づくものと思ってください。


混沌とした月ではありますが、突破口となる穴はありますので、
自分に必要なそれを見つけてください。

これはいつもよりチャンスです。

縦横に交差する道路のふとしたところにそれはあるので、
それを見つけた人は迷わず、その抜け穴(道)に入ってください。

それもたくさんある選択肢(道)のひとつですが、
他の道なりになっている道路を選ぶより、一気に一段階シフトします。

大勢の人がレベル1の違う道をいくなか、
はレベル1からレベル2になるという感じですね。
たとえですが。

その「穴」を見つけるには心を遊ばせておく必要があります。
ガチガチの心では見えてきません。

つまり、
自分の考えられる範囲以外の選択肢も受け入れられる器をもっておく
ということですね。

ありえない、絶対ムリ、できないと思うようなこと、
あるいは、今思いつきさえもしないようなこと、
が起こるスペースを自分のなかに作っておいてください。(良い意味で)


そうすることでその抜け道(穴)は見つかりやすくなります。

つまり、今の自分の現実に密着しすぎないということです。
リアルに感じれば感じるほど抜け出れなくなります。


分岐点がたくさんある月です。
自分が本当に望んでいるものを知っている人は迷うことなくそちらに向かえます。

はっきりしない人はまずそこをじっくり内観してみるのもいいでしょう。
その時には今の状況や今の自分を基準にしないようにしましょう。

ではグッドラック。
よい9月をお過ごしください。

「和音」2016.8.31


メルマガ登録をぜひどうぞ! → メルマガ登録

セッションメニューはこちら!


人気ブログランキングへ ←ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

FullSizeRender


今日は独り言です。
これを読んで「そうかー」と納得するごく少数の人に伝えたいので、
あえてブログ記事にしておきます。
ほとんどの人には??だと思うのでスルーしてください。



昨日、思いがけぬ出会いがありました。

2012年前に天河大弁財天社で舞った「うしろの舞」。

その時にちらりと顔出しされた"かみさま"が、昨日、前面にでて、大いに舞われました。

まさかこんなかたちで教えてくれるとは思いもしなかったけど、
ちゃんと受け継がれていっているんだなと思いました。

よかったと思うと同時に確実に時代が移り変わっているのを実感。


さて、うしろの"かみさま"は表舞台に出てこられました。
”かみさま”と書いていますが、一般的に言われる神様のことではないですが、
呼び名がないので。

そして私も軌道修正。
もっと深くこの世界と付き合っていくことになりそう。

もっと繊細に追求していくといくつかの層があるようですね。

長い年月、連綿とあるこの存在というか、存在がない存在というか。
昔「しらたまさま」と名乗ったモノが、実はギリギリラインでのその象徴的姿なのだなと。

それが自分の活動とどのようにつながって現れてくるか、まだわからないけど、
その方向にむかいそうです。


以前、白山大汝峰に行くことで開いた次なる世界への扉。
その後、2年間は現実界での修行。

そして再び車輪は動き出し、また私はお約束ごとに向かうのだな。
私のエンドレスなゴールですね。

その世界と現実界との融合。

めったなことでそれを表したものには出会えません。
私は私なりにそれを表現していくことになるんだろうなと思います。


ところで、「ヌースフィア」をググってみたらこの記事が面白かったです。
ヌースフィア はじめに

バイオスフィアとヌースフィアとサイバースフィア。

それに加えて、このスフィア。

私のコーチングに「トランスフィア・コーチング」と密かに名付けていますが、
なるほどと今思いました。

私のコーチングではそこに目覚める人を増やしていくんだろうなと思います。
私のところに来る人はその傾向のある人が多いようですし。


このブログのカテゴリーに「カムナガラビリンス」という項目があります。
「これはなんですか?」と以前聞かれたことがありますが、
今日みたいな「マイストーリー」的な話につけた名前です。

自分の内深くに潜む神話ですね。
こういう流れは自分で予想し難いのでおもしろいです。


メルマガ登録をぜひどうぞ! → メルマガ登録
メルマガでは、充実した人生が送っていけるような心のあり方のヒントをお伝えしています。

セッションメニューはこちら!


人気ブログランキングへ ←ポチッと応援を!いつもありがとうございます m(_ _ )m

前回からの続きです。
前回の記事を読んでない人は先に読まれるがいいと思います。→価値観の優先順位1


「何を優先順位の上に持ってきているか?」は自分がやりたいと思っていることと
反対のことになっていることはよくあります。

「ダイエットしたい、でも食べたい」、、みたいな。

ここで、「ダイエット」と「食べたい欲求」とでバトルをすると、
最後には「食べたい」が勝つでしょう。だからリバウンドとなります。

「ダイエットする」ことがあなたの本来の目的ではないのに、
ダイエットにフォーカスしてしまうので、本心とズレが生じます。


ダイエットした先にある数々のこと。

健康になる。
モテる。かっこよくなる。きれいになる。
パートナーができる。
着たい服が着れる。
動きやすくなる。
人に羨ましがられる。
変身願望がある。
etc.


それらのどれかが欲しいからダイエットしようとします。

なのに、ダイエット自体を目標とすると、
「本当はダイエットしたくない」ということになりかねません。


わかります、これ?

これを認識しないと、「・・なりたい」と思っているのに、それができない自分を見て、
ますます落ち込み、自己嫌悪になってしまいます。

あなたにそれができる能力がないのではなく、
あなたが何を優先順位の上に持ってきているのかに気づいていないだけです。

自分が望まないことを優先順位の上に置いているのなら、即やめるべきでしょう。


自分が思い込んでいる価値観に気づくこと、
そしてそれを欲しい未来の価値観に変えること。


すごく簡単な話のなのですが、自分のことは見えにくいので気付きにくいです。
願いが叶わない人は自分がしている設定を見直してみましょう。
きっと「〜したい、なりたい」より重要視しているものがあります。

やること自体は決めてしまえば、あとは自動運転みたいなものだからやるんですね。
「希望」ではなく、「予定」にしてしまいましょう。


メルマガ登録はこちら! → メルマガ登録

セッションメニューはこちら!


人気ブログランキングへ

私たちは、やらないといけない状況になれば、やります。
どうにかして時間を作り出して必死でやります。

「必ずやる!」と決めてしまえば、できます。

が、あとまわしにできることや逃げ道があるときはやらない可能性が大きいです。

切羽詰まって「それ以外道はない」ぐらいにならないと、なかなか本気で行動しません。


自分にとっての優先順位をはっきりさせましょう。

やりたいことの優先順位と価値観の優先順位を一致させること。
優先順位の高いことからすること。

それをはっきりさせてないと、うやむやになって、
あれもしたい、これもしたい、けどできない、、、となったり、

やろうと思ってトライしたけど、できなかった、、、なんてことが起こります。

それは自分の中で暗に決めている優先順位に気づいていないんですね。

それをするより他に守りたい(維持したい)ものが本当はあります。
でもそれに気づいていないことが多々あるのでややこしくなります。


自分は起業する!と決めて、その方法を探したみたら、
アフィリエイトはある、物販はある、ブログやSNSを書くといいらしい、など
方法がいろいろと出てきて、あれよこれよと調べて学んでみたけど、まだ起業してない、、、

という人は多いようです。

それは優先順位が「起業する」より「起業のための勉強をする」になっているのでしょうね。
そしてもしかしすると「現状維持」が「変化する」よりも優先順位が高くなっているかもしれません。

私たちは往々にしてこのようなことをしています。


「・・になりたい」というとき、もし「でも」「だって」「とはいっても、、」という言葉がその続きにつくのなら、あなたの優先順位は、その言葉の後に続くことが上になっているはずです。

お金を稼ぎたい、でも働きたくない、
結婚したい、でも自由が欲しい、
起業したい、でも安定収入を手放したくない、
成功したい、でも今の自分には無理だろう。


この迷いは行動を鈍らせますし、やらない理由をいくらでも作り出します。

「でも、だって」がつく人は、後者のほうを優先しがちですが、前者を望んでいるつもりなので葛藤が起きます。

自分が本当にしたいというより、親や社会の刷り込みで「そうしたい」と思っているつもりで、本音は「そうしなければならない」と感じている場合も後者が優先されるでしょう。

本当にそうしたいと思ってはいても、不安が先立ってできないという場合は
「失敗しない」ということが優先順位の上に来ているのでしょう。

それらはあなたのどんな価値観が優先順位の上に来ているかによります。

「しあわせになるにはお金が必要だ。」
「結婚するとしあわせになれる。」
「起業すると収入が安定しなくなる。」
「自分は成功できる器でない。」

など。

それに気づき、たとえば、「しあわせになるにはお金は関係ない」というように、自分の前提となっている考え方、価値観を変えることで、あなたの人生も変わっていきます。


価値観の優先順位2


メルマガ登録をぜひどうぞ! → メルマガ登録

セッションメニューはこちら!


人気ブログランキングへ

あなたの名前を見てあなただけへのメッセージを書き下ろします。
受付は8月8日まで!
     
「自分に捧げる言葉・あなたへのメッセージ」



コーチングコースを受けられたN.Sさまから感想をいただきました。
 ↓ ↓ ↓

Q : なぜあなたはこのコースを受けたいと思いましたか?

これから生きていく方向が、漠然としていたので、しっかり定めたい。
雑念をなくして、まっすぐな気持ちで音楽にとりくみたいと思いました。


Q : 受ける前のあなたはどんな感じでしたか?

やりたいことはあるけど、自信がなく、
経済力をつけるアイデアも勇気もなく、ふらふらしていました。
昔から自分の中心軸が不安定で、人にどう思われるかが気になり、
こんなに歳とってしまって…自信がなく、独身で…
今までなにやってたんだ!と責めて続けていて、
自分がほんとに大嫌いでした。


Q : 終わってみて、どう変化したと思いますか?


不思議と自分が好きになっています。
なので、人にどう思われるかが、まったく気になりません。
すごく楽になっています。
落ち込むときもありますが、無駄に考え込まなくなったかも?

続けているピアノもまだまだ未熟だけどOK!
やりたいことがはっきりして、自信がでてきている。
もう、こんなに歳とって…無理だろうというのが、
ほとんど消えてしまいました。

なんだか…すごいわ〜。


Q : 6回のセッションを通して、気づいたこと、感じたことなどあれば教えてください。

3回目くらいから、サクサク行動している自分に気づきました。
歌を始めるなんて、思ってもみなかったです。
スムーズに結果は出るし。

何よりも、悦月さんと二人のスペシャルな時間は、
わくわくドキドキでした。興味深くとても楽しかったです!


Q : どういう人がこのコースを受けるといいと思いますか?

現状に満足できず、さまよいがちの人。


感想書きながら、あらためて驚いています。
こんなに変化しているんだ…と。
すごいですね〜

先日も、新しくはじめた仕事で、失敗やらかしてしまいました。

なぜこんなことしちゃったんだろう?と自問したら、
「腰が据わっていない!」でした。

お金を稼ぐことに対して中途半端な姿勢だったんです。
(浮かれてました)

生活のため、好きなことを続けるため、
体使ってもっと働こうと思います。
8月にいきなり、ライブハウスで
歌の練習させてもらえることになりました。
びっくりです!

-----------------------


ありがとうございました!

コーチングセッションをしていると、こちらが驚くような変化を遂げる人が多いです。

人それぞれのステージがありますので、そのプロセスはいろいろですが、
まずはみなさん、だんだんとネガティブトークが消えていきます。

そして以前は考えていなかったことやできると思っていなかったことに向かって
いつの間にか行動を始めておられます。

つくづく限界を作っているのは自分だなと思います。
その限界がなくなっていけば、人はなんでもできるようになります。

コーチングについてはこちらをクリック!


あなたの名前を見てあなただけへのメッセージを書き下ろします。
受付は8月8日まで!
     
「自分に捧げる言葉・あなたへのメッセージ」

メルマガ登録をぜひどうぞ! → メルマガ登録


人気ブログランキングへ

あなたの名前を見てあなただけへのメッセージを書き下ろします。
受付は8月8日まで!
     
「自分に捧げる言葉・あなたへのメッセージ」

geese-flying_GJBmPvYd

空を飛ぶ鳥のように、あなたも大きく羽ばたきなさい。

地に足をつけたままでいるのもいいけれど、
どんどんと山に登っていくように、上を目指して進んでいけば、
いつの間にやら遠くまできていたことに気づくでしょう。

自分が空を飛べるとは思いもしないかもしれませんが、
思うことは自由だから、あなたは何でも想像できます。

水の上を歩くことだって、空高く飛ぶことだって、
あなたの想像の中では何でもできます。

まずは想像の中で羽ばたきなさい。
思いっきり羽を広げ、好きなように飛んでみなさい。

あなたの思考が制限をかけるようなら
そんなものは捨ててしまいなさい。

肉体的にはいろんな制約があるけれど、
想像の中にそれを持ち込む必要はありません。

あなたの自由な心こそが自由な世界を生み出します。

空高く舞い上がり、好きなところを訪ねていってください。

心をまず自由にして大きな空間を感じてみてください。
白いキャンパスに新しく絵を書く気分で、
あなたの未来を思い描きましょう。

  (M.Nさまへのメッセージ 160109)



感想をいただきました。ありがとうございます。
 ↓

ありがとうございました。
 とてもわかりやすいメッセージでした。
 
 「想像の中で羽ばたきなさい」

 今年は仕事を始めようと思っていました。
 24年ぶりに。
 でも、正直不安が一杯です。
 それを察したように、
 「心をまず自由にして大きな空間を感じてみて…」
 と、思考の制限を捨てるようにとアドバイスしてくれました。

 やりたいことはイメージできているので、
 後は自分を信じるだけです。

 楽しんで仕事をしている未来を思い描いていこうと思います。



あなたの名前を見てあなただけへのメッセージを書き下ろします。
受付は8月8日まで!
     
「自分に捧げる言葉・あなたへのメッセージ」


メルマガ登録をぜひどうぞ! → メルマガ登録

セッションメニューはこちら!


人気ブログランキングへ

↑このページのトップヘ